マスクで注目、アイリスオーヤマのデジタル集客を深堀り!コーポレートとECサイトの連動も強みか

マスクで注目、アイリスオーヤマのデジタル集客を深堀り!コーポレートとECサイトの連動も強みか

独自の商品開発でヒット商品を続々と生み出し、国内マスク生産など新型コロナへの迅速な対応も注目を集めたアイリスオーヤマ。本稿では、そんなアイリスオーヤマを深掘りします。サイトのユーザー推移や流入元・人気コンテンツを、市場分析ツール「eMark+」を使って調査し、アイリスオーヤマの集客構造を紐解きます。


アイリスオーヤマ、なぜ今話題に?

生活用品メーカーのアイリスオーヤマは、2009年に家電市場に参入して以降、消費者目線を重視した商品開発でヒット商品を続々輩出。話題のアイテムが揃う「なるほど家電」シリーズは、「両面ホットプレート」や「ノンフライ熱風オーブン」などのアイデア商品が話題となりました。それらは利便性に優れ価格も手頃で、大手メーカーとの差別化によりファンの心を掴んでいます。

また、新型コロナ感染拡大への対応も大きな反響を呼びました。アイリスオーヤマは、深刻なマスク不足の状況を受け、これまでの中国拠点に加えマスクの国内生産を開始。このほか、通気性に優れた「ナノエアーマスク」や非接触で発熱者を検出する「AIサーマルカメラ」など、コロナ禍の需要に合わせた商品化が注目されています。

さらに、今後の計画としてネット通販事業の拡大や飲料水事業への参入、新卒採用枠の拡大を発表。コロナ禍で日本中が経済危機に陥る中でも、失速することなくビジネスを展開しています。

アイリスオーヤマは、新型コロナ以前から「危機に強い会社」と評されてきました。東日本大震災の時には、電力不足に対応しLEDを増産し、食品事業へ進出。環境の変化を捉えた動きの素早さが、アイリスオーヤマの「強さ」の秘訣と言われています。

本企画では、そんなアイリスオーヤマを深掘り調査。新型コロナ対応で一躍注目を集めたアイリスオーヤマのコーポレート・ECサイトのユーザー動向から集客構造を研究し、強さのわけに迫ります。

過去半年のユーザー数推移を調査

まず、アイリスオーヤマのコーポレートサイトと公式通販サイト「アイリスプラザ」の過去半年のユーザー推移について、国内主要Webサイト・アプリの分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使って調査します。

集計期間:2020年2月~7月、対象デバイス:PC&スマートフォン

どちらも4月にユーザー数が増加。特に通販サイトは2月~4月で3倍以上に急成長しています。4月は緊急事態宣言が発令され、一般消費者や医療機関においてマスクの品薄が深刻化した時期。アイリスオーヤマは3月末にマスクの国内生産を開始を発表しており、マスク増産の話題がユーザー拡大に影響したと推測できます。

4月急成長の理由は?コンテンツランキングをチェック

では、具体的にサイト内のどのページにユーザーが多く訪問していたのか、人気コンテンツをeMark+でチェックしてみましょう。

こちらは、過去半年のアイリスオーヤマのコーポレートサイトのコンテンツランキングです。

集計期間:2020年2月~7月、デバイス:スマートフォン

上位10コンテンツのうち、マスクに関するページが7つを占めていました。3位にはマスクカテゴリの商品ページがランクインしています。下記のようなページです。

やはりマスク生産が話題となり、コーポレートサイトに訪れたユーザーが多くいたことがうかがえます。

では、訪問者はどのような経路でサイトに流入したのでしょうか? SNSなのか、検索によるものなのか、あるいは広告の影響か。同様にeMark+を使って、コーポレートサイトの過去半年の流入元を調べます。

集計期間:2020年2月~7月、デバイス:スマートフォン

こちらのデータによれば、検索による流入が最も多いことが分かります。どのようなキーワードで検索されたのでしょうか。

集計期間:2020年2月~7月、デバイス:スマートフォン

ここでも「マスク」のキーワードが目立ちます。

以上の分析から、アイリスオーヤマのマスク生産の情報について気になったユーザーは、「アイリスオーヤマ マスク」のようなワードでWeb検索を行い、コーポレートサイトの情報に触れていたと考えられます。

通販サイトの集客構造を研究

これまでの分析内容を参考にアイリスオーヤマの通販サイトの集客戦略を考察します。

アイリスオーヤマは、コロナ禍のニーズに応じてマスク増産を決断。大幅な訪問者増に成功しました。このような動きのしなやかさが「アイリスオーヤマは危機に強い」と評されるポイントであることは冒頭で触れましたが、時流に即した商品化と話題作りは、危機的状況に限らずアイリスオーヤマの強みと言えるでしょう。

過去半年のユーザー推移をもう一度見てみると、4月のピーク時以降、一旦は落ち着いたものの、元の水準へ戻るのではなく、7月には半年前からおよそ1.5倍に成長しています。

アイリスオーヤマはマスク増産を発表後、既存商品の生産に加え、6月には夏用マスク「ナノエアーマスク」を発売。7月には巣ごもり需要と熱中症対策に役立つ「ポータブルクーラー」を発売するなど、コロナ対策や季節需要に応える新商品を続々と打ち出しています。

このようにアイリスオーヤマは、時流に即した斬新なアイデア商品をコンスタントに開発することで世の中の関心を引き、集客に結びつけていると考えられます。インパクトのある商品はメディアで取り上げられる機会も多く、推し商品にはテレビCMの活用もしています。

また、デジタルプロモーションも積極活用しており、公式Twitterでは掲載記事や新商品紹介、自社製品のレビューなどを発信し、ユーザーとのコミュニケーションを活性化しているようです。

エッジの立った商品を軸に、PRと宣伝の両輪をうまく活用して話題を盛り上げ、一層の注目を集める。この一連の波を継続することで賑わいを保っているのではないでしょうか。

また、コーポレートサイトと通販サイトもうまく連動されています。アイリスオーヤマのコーポレートサイトでは、マスク増産や新商品情報などを発表する場であるとともに、商品情報がひとつひとつ掲載されており、通販サイトへの導線も貼られています。コーポレートサイトを訪れたユーザーが商品情報、通販サイトへと辿りやすく、離脱も抑えられるでしょう。

社会情勢や消費行動の変化に柔軟かつスピーディーに応じ、独自の商品開発力で集客を伸ばすアイリスオーヤマ。時にはユニークなアイデアで消費者を驚かせ、次はどんな商品が出てくるのかと目が離せないファンも多いのではないでしょうか。経済危機にも負けず、力強くビジネスを切り開くアイリスオーヤマがどのような展開を見せてくれるのか。今後の動向に注目です。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。

dockpit 無料版の登録はこちら
分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年2月~7月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

https://manamina.valuesccg.com/articles/943

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。

ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1024

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、ファストファッション業界はどのような影響を受けているのでしょうか? 今回は、ファストファッションの有名ブランドであるユニクロとZARA、H&Mの3ブランドについて、2020年2月~7月までの半年間のWeb集客の状況と、そこから窺い知れる販売戦略について調査した結果を紹介していきます。

なぜmenuはコロナ禍ですぐに導入手数料0円施策を打てたのか?テレビCMも絡めたスピード感のあるプロモの裏側とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1003

2020年4月、マナミナで毎月公開している「ユーザー数急上昇アプリ」連載に、デリバリー&テイクアウトアプリの「menu」がランクインしました。前月比のMAUは+約986.4%という驚くべき数字に。多くの企業・サービスが未曾有の事態に右往左往していた中、なぜmenuはここまでのスピードでプロモーションを展開できたのでしょうか? menuを運営するmenu株式会社の執行役員・佐藤さんへの直撃インタビューから見えてきたこととは。コロナ時代の経営やマーケティングに携わる方、必見です。

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

私たちの生活に必要不可欠な家電。洗濯機、掃除機といった生活家電から美容家電にプロジェクターなど趣味性の高いものまで、そのジャンルや需要は多岐にわたります。さらに新型コロナウイルス感染拡大に伴う新しい生活様式により、新たな需要も生まれつつあります。 今回の調査では、購入者分析=「人」、購入までの情報収集分析=「調べる」、購入場所や購入理由分析=「買う」の3つをテーマに設定。アンケート調査とWEBログ分析をもとに複雑な家電購入の実態を整理しました。(ページ数|40p)


在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

長引くコロナ禍において、自宅で過ごす時間が増えたことは周知の事実です。また、先行き不安から消費行動の落ち込みも見られるというニュースも目にしますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。確かに通常時と同じ対象に支出はしていないかもしれませんが、支出の対象が変化しただけで、実は消費行動は引き続き起きているのではないかと思います。 今回はコロナ禍で逆に需要が高まっていると予測される贅沢家電について、分析していきます。


家電メーカーTop30のサイトユーザー数や集客構造を調査【業界別で見るデジタル集客の勢力図】

家電メーカーTop30のサイトユーザー数や集客構造を調査【業界別で見るデジタル集客の勢力図】

ヴァリューズが提供するマーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」では、業界ごとのWebサイトユーザー数やユーザー属性、集客構造等を一元的に把握できる「業界分析」が行えます。本連載「業界別で見るデジタル集客の勢力図」ではそのデータの一部を掲載し、マナミナ編集部のライターが読み解きます。今回取り上げるのは家電メーカー。業界の市場調査や提案資料を作成される際など、実務にぜひご活用ください。


メーカー・プランナー・リサーチャーの3つの視点で語る中国デジタルマーケティングの攻略法

メーカー・プランナー・リサーチャーの3つの視点で語る中国デジタルマーケティングの攻略法

「訪日中国人の爆買い」風景が新型コロナによって国内から消え去って約1年。代わりに高まっているのが日本企業による越境ECの取り組みです。デジタル先進国とも呼ばれ、消費者の生活にデジタルが浸透する中国においてデジタル市場を攻略するには何をすべきなのでしょうか。パナソニック株式会社(以下、パナソニック)の西岡さん、株式会社フルスピード(以下、フルスピード)の三島さん、株式会社ヴァリューズ(以下、ヴァリューズ)の子安のそれぞれ3人の視点から、中国デジタルマーケの攻め方を語ります。


家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

Web広告の出稿量は年々増加しており、マス広告主体であったビジネスの集客構造は大きな転換期を迎えようとしています。特に、2020年はコロナ禍の影響を受け、実店舗とECの販売割合を戦略的に見直す企業も増えています。今回は、「耐久消費財」の3ジャンルに絞り、Web広告の出稿量が伸びているのかどうかを探っていきます。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング