マーケティングの基本3要素、フレームワーク・コピー・プロダクトを分かりやすく学べる本を紹介します

マーケティングの基本3要素、フレームワーク・コピー・プロダクトを分かりやすく学べる本を紹介します

マーケティングについてイチから学びたいと考えている人に向けた本3冊+αを紹介する企画。マナミナを運営する株式会社ヴァリューズのマーケティング・コンサルタント、秤谷大河さんに挙げてもらいました。長期休暇の間などに、時間を取ってじっくりと読んでみてはどうでしょうか。


マーケティングの基礎から実務まで掴める本

こんにちは。ヴァリューズの秤谷と申します。

今日はマーケティングをこれから学びたい学生の方や実務でも役立つ本を探している方に、初学者向けのおすすめ本を紹介していきますね。

株式会社ヴァリューズ 秤谷 大河(はかりや たいが)
同志社大学を卒業、一橋大学の大学院へ進みMBA(経営学修士)を取得後、新卒で株式会社ヴァリューズへ入社。広告代理店やメディア事業会社など大手クライアントを顧客に抱え、マーケティングコンサルタントの第一線として活躍しつつ、マネジャーとしてチームをマネジメントしている。

選んだ3冊のテーマは、「マーケティングのフレームワークが学べる本」「ターゲットに届ける力を磨ける本」「独自性のあるプロダクトづくりが学べる本」です。領域がかぶらない3冊を意識して本を選定しました。

最近はいろんな商品がコモディティ化してきているので、差別化が難しくなっています。そこで重要なのは、プロダクトにより独自性をもたせ、ターゲットにちゃんと届くような表現ができるかだと、私自身感じています。

そこで「フレームワーク・キャッチコピー・プロダクト」といった重要な部分をおさえつつ、特に「独自性」や「ターゲット理解」がインプットしやすい本をセレクトしました。これから学ぶ方であれば、順番に読むとインプットしやすいと思います。

また、私が最近読む本の多くはマネジメントの本で、その中でも特に社会人1年目の方に読んでいただきたい1冊があります。これはリーダーシップについて書かれた本なのですが、私は10ページ読んだだけで心が震えました(笑) 。これから社会人生活を歩んでいく上でとても参考になる本だと思います。

1.わかりやすいマーケティング戦略 

まず1冊目は、マーケティングとは何か?から基礎のフレームワークと事例までおさえている、マーケティング人生の土台となる本です。

わかりやすいマーケティング戦略(新版)

▼おすすめポイント
・初心者でもわかりやすい説明
・フレームワークなど基礎を網羅できる
・事例も豊富でインプットしやすい
・仕事(マーケテイング業務)の土台になる良書
・手のひらサイズでソフトカバー、持ち運びも読みやすさも◎

MBA入学最初の授業で著書の沼上先生の授業を受講し、基礎教材だったことがきっかけで手に取りました。今では表紙もボロボロになるほど読み返しています

内容やフレームワークはかなりベーシックなことが書かれていますが、基礎こそが王道です。この本に記載されているフレームを使いこなせれば、ほとんどのお客さんの信頼を得て一緒に議論ができるようになります。自身の経験も踏まえて、仕事の土台になる本だと実感していますね。

時代が変化していても読み続けられるのは王道のフレームワークは変わらないから、そして実務でも重要だからです。この本は手のひらサイズで持ち運べるので、マーケティング知識をすぐに補えるのも良いですね。いつもそばにあると安心できる一冊だと思います。

これからマーケティングを学ぶ学生や、社会人1、2年目でフレームワークを叩き込みたい人に読んでほしい本です。また実務でマーケティングを経験されている方にもおすすめしたいですね。自分の業務内容を振り返ってみたとき、この作業にはこんなフレームワークを使ったらいいんだなどと、整理にも使えますよ。

2.ここらで広告コピーの本当の話をします。

キャッチコピーはマーケティングにおける重要な要素のひとつです。この本を読むと、普段見かける広告の見方すら変え、日常から学びを得られるようになる一冊。そしてとっつきやすさはピカイチです。

ここらで広告コピーの本当の話をします。

¥ 1,870

▼おすすめポイント
・どうしたらターゲットに刺さるのかを学べる
・イメージしやすくラフな文章で面白く学べる
・キャッチコピーはクリエイティブ要素だけでなくマーケティング力
・コピーライターの視点を得ることができる
・Kindle Unlimited で無料で読める

有名な広告コピーでは、例えばJR東海の「そうだ 京都、行こう。」がありますね。パッと伝わりやすくキャッチーで、京都に行ってみようかな、と考える機会を消費者に与えます。

このようなキャッチコピーのセンスは、天性のあるクリエイティブな人が生み出している印象を持ってしまいがちです(私自身そう思っていました)。しかしこの本を読んで、広告コピーの土台にはマーケティングがあり、ちゃんと消費者のことを理解した上で広告コピーを考えていると分かりました。天性やセンスではなく、まさに”マーケティング”である。自身の見方や考え方を変えてくれた一冊でしたね。

また、「打ち出したい商品が競合の商品と比較して独自性があるかどうか、が非常に重要なポイントである」というUSP(Unique Selling Proposition)の概念についても書かれています。

消費者を理解するための本は世の中に溢れていますが、顧客に刺さるコミュニケーションや言葉の開発という点で非常にフラットに書かれているので、分かりやすく学べると思いますよ。内容もすらすらと入ってきて読みやすいので、初学者におすすめしたいですね。

3.たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング 

事業成長に必要な根っこの部分を抑えている本です。事業側視点で書かれたN1分析の具体例が書かれていて、実務で足踏みするときにも答え合わせとして使える一冊です。

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング

¥ 2,160

▼おすすめポイント
・プロダクト(商品)の独自性をどうやったらつくれるかの手引書
・N1分析と具体的な実例の豊富さ
・マーケティング実務経験者のサポートとして使える
・数少ない事業側視点から書かれたN1分析の実例
・実務経験者が見ると納得感のある本

この本は、プロダクト(商品)をそもそもどうやって作っていくか?という製品そのものについての話が、実例を基に書かれています。

ある商品を売り続けるには、商品そのものの価値と、それを効果的に伝えられるか、この両面が噛み合ってはじめてうまくいきます。どちらも大事なのですが、この本はその中でもプロダクトアイデア、つまり商品の独自性をいかに持たせることができるかにポイントを置いて書かれています。そして、その独自性はどうやってつくっていくのかを「N1分析」から考えていくのです。N1分析といえばこの著者ですね。

N1分析とは、実在するひとりの顧客においてどういうきっかけで心理の変化が生じ、購買行動にいたったのかを分析していく手法です。ポイントは、ひとりを深掘りすること。全体の傾向をつかむことも重要ではありますが、商品の独自性をもたせる上では特にひとりに着目することが重要だと説いています。

具体的には、著者が実際にN1分析を行って事業を伸ばしてきた実績をもとに、豊富な事例の中で解説されています。実例が豊富なので分かりやすいですし、マーケティングに関わる仕事をしている方であれば、実務で足踏みしてしまうときにもその原因に気づけるのではないかなと思いますね。

私は国内の大手事業会社のクライアントに、データを基にしたマーケティングリサーチとコンサルティングを行うヴァリューズという会社に務めています。そこでN1分析は主業務にも関わってくる内容なのですが、リサーチ系の会社がN1分析の重要性を説く本はよく出ています。

しかし、実際にその手法を使ってみてどうかという具体的事例や、事業側からみたメリットを解説する本は意外と少ないんですね。だからこそイメージがつきやすく、事業会社のマーケターの方が参考にできるところもおすすめの理由です。

番外編:リーダーシップの旅 見えないものを見る 

リーダーシップは大層なものじゃなく、ふとしたときに芽生えた気持ちと衝動がリーダーシップになり得るという、発見と勇気を与えてくれる一冊です。

リーダーシップの旅 見えないものを見る

生まれながらにしてリーダーの素質を持った人がなるべくしてリーダーになるわけではなく、誰でもその種は持っている、とこの本では書かれています。特に、リーダーシップという言葉が嫌いな人に向けて書かれているところが面白いポイントです(笑)。

たしかに多くの人は電車の中で席を譲ろうとか、赤ちゃんを抱えたお母さんの手助けをしようとか考えますよね。そんな正義感が芽生えたときの内なる衝動がリーダーシップにつながるそうです。この本はマネジャーになった4年前に手に取ったのですが、最初の10ページにそう書いてあってグッと来てしまいました(笑)。

読み終わって、あらためて現場やメンバーから「芽」があがってきたら実行させてあげられる環境を作るのが大事だなと思いました。芽をつまずに「やってみよう」の声を尊重して完遂させるサポートをしてあげる体制構築、組織環境の整備の必要性を意識的にもっておくことが大事だと思わせてくれましたね。

この本は特に節目のタイミングで手にとってほしいです。例えばこれから社会人になる人や、部下がついたり増えたりする人、これまでと違ったことをやる人など。そういうタイミングでこの本を手に取ると、背中を押してくれると思いますよ。

最後に

ここまでマーケティング初学者向けの本を3冊と、社会人人生を送る上で勉強になるリーダーシップの本を紹介してきました。最後にお伝えしたいのは、本との向き合い方です。

私は新しい「知」を取り入れるために本を読んでいましたが、最近ではそれに加えて、本は自分の思いや考えを言語化する作業をサポートしてくれるものだな、と感じ始めています。言ってしまえば、本が自分の考えを代弁してくれる、という感じです。

継続的な新しい知のインプットに加えて、なんとなくふんわりとしていた思考を、自分の言葉に昇華していくこと。この2つのサイクルをどんどん回していくと自分の語彙が増えていくはずです。そんな、本との付き合い方をしていくといいんじゃないかと思います。

今回紹介した3冊+αの本がみなさんのお役に立つことを願っています。

関連記事

4P分析とは?マーケティングミックスに活用

https://manamina.valuesccg.com/articles/623

4P分析は企業が販売戦略を決める際に使わるフレームワークでProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販促)の頭文字を取った用語です。ニーズを満たした製品を、適切な価格で適切な流通で効率よく販促できれば、売上拡大につながります。

マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

https://manamina.valuesccg.com/articles/553

STP分析はマーケティングのフレームワークで、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取ったもの。新規参入にあたって、市場全体の中でどの分野を狙い、自社が競争優位なポジショニングはどこかを決めるのに役立ちます。

競合調査の代表的フレームワーク3種(3C分析・4P分析・SWOT分析)

https://manamina.valuesccg.com/articles/589

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握するために行う「競合調査」。ビジネスの競合調査でよく使わているフレームワークが3C分析・4P分析・SWOT分析です。各フレームワークの概要と分析方法、使い分けをご紹介します。

この記事のライター

マナミナ編集部ライター。医療系新規事業部を経て、現在医療系メディアの編集長をしています。インタビューやまとめ記事がメイン。料理したり植物を育てることがすきです。

関連する投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

複雑かつ大量のデータを容易に収集できる現代では、データに基づくマーケティングが盛んになっています。集めたデータは分析して初めて、企業の意思決定に使える「生きたデータ」になります。マーケティングにおけるデータ分析の方法や具体的な事例、参考になる書籍を紹介します。


マーケティング戦略とは?基本から立案までを解説

マーケティング戦略とは?基本から立案までを解説

自社の商品やサービスを消費者に、どのように差別化して届ける(購入してもらう)かを考え、そこで出た結論を実行に移すのがマーケティング戦略の基本です。マーケティングの「戦略」を立案し実行するには具体的にどうしたらよいでしょうか。


【2020年版】マーケティング知識のインプットにおすすめのメディア10選

【2020年版】マーケティング知識のインプットにおすすめのメディア10選

本サイト「マナミナ」では、データマーケティングを軸にリサーチとプランニング、マーケティングの最新情報をテーマにしていますが、マーケティング担当者であれば、アンテナを広く張りたいもの。今回はマーケティング関連の情報源となるメディアをご紹介します。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


最新の投稿


4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

中国では、立ち上げからわずか4年しか経っていない新興の無糖飲料ブランド「元気森林」が現在大人気です。今回は、国民の健康意識の向上をはじめとした、その成功の秘密を分析しました。


9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

2020年9月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。9月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

2020年10月18日~10月24日週の検索急上昇ワードでは、新型コロナウイルス感染拡大で売上が落ち込んだ商店街を支援する政府の「GoTo商店街」事業に注目が集まったほか、公開直後から一大ブームを巻き起こしている『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)などのキーワードで検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

外出自粛やリモートワークなど、我々の生活を大きく揺るがした新型コロナウイルス。「ウィズコロナ」という言葉も浸透し、新しい生活様式が定着しつつあります。メディアでは感染状況や対策と合わせて経済動向が報じられ、コロナに苦しむ業界の状況やそこへの国策は、関心の高いトピックです。 ヴァリューズでは、これらのトピックを我々に届けるメディアに着目。最新情報を集約するメディアは市場の象徴的存在であり、メディア分析によって業界のトレンドを掴むことができます。9/29のセミナーでは、旅行、不動産、求人業界にスポットを当てたメディア分析を実践。変化が著しい今、必要性が高まるメディア分析を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング