変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

「検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?」の第二弾。株式会社ヴァリューズの保有するネット行動ログデータのうち、6月15日〜21日の検索急上昇ワードをTableauで可視化し、切り出したデータから見えるトレンドを、マナミナ編集部が株式会社ヴァリューズ副社長・後藤賢治と、データマーケティング局マネジャー・入場紀明にインタビューしました。今回はどんなワードが出現するでしょうか。


”検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?”の第二弾をお送りします。今回もヴァリューズの保有するネット行動ログデータから、検索急上昇ワードをTableauで可視化。期間は緊急事態宣言解除後、県をまたいでの移動が解禁となり、東京では休業要請も全面解除となった6月19日を挟んだ6月15日〜21日の週次データを用いて、オンラインでインタビューを行いました。

※第一弾の記事はこちら

「機能性」見事にブランディングした「ユニクロ」

「エアリズムマスク」の検索が急上昇

後藤:まず、ランキング上位は「ユニクロ」の「エアリズムマスク」でした。梅雨の時期の蒸し暑さもあって、シーズナル商品という点でも検索が伸びたのでしょう。
いくら暑くともウィズコロナのご時世ではマスクをしないわけにもいかないですし、そこにこの機能性マスクというのは話題性が高くて当然かと思いました。
ただ、別の視点からみてもこの「ユニクロ」がすごいなと思ったのは、通常、デザインやセンスで先導するアパレル業界の中で、「ユニクロ」は「機能性」で見事にブランディングできているということですね。

入場:確かに「エアリズム」自体の検索も伸びていますね。

後藤:「エアリズム」「ヒートテック」といった「機能性」で打ち出してきた「ユニクロ」であれば、機能性マスクを作るストーリーとして違和感なく受け入れられますよね。
そういったブランド戦略も垣間見える検索結果の一つでした。

図:「エアリズムマスク」検索データ

図:「エアリズムマスク」検索データ

図:ユニクロの「エアリズムマスク」

アフターコロナ・ウィズコロナで男女ともに「スキンケア」が気になる?

後藤:化粧品のカテゴリが気になって見てみたのですが、「ライスフォース」や「オルビス」と言ったスキンケアブランドが伸びていました。どちらかと言うと、メイクアップよりもスキンケアに関心が多く寄せられているのかなと感じました。
なぜ化粧品カテゴリを注目したかと言うと、実を言えば僕自身も、コロナの影響でWEB会議などが多くなって自分の”顔”をよくみる機会が増えたからか、素肌が気になることが多くなって。そういった人は多いのではないかなと思ったんです。

入場:確かに。同じコロナ禍でいうと、今は外出自粛も解けて出勤する人たちも増えましたよね。そのせいか、家電カテゴリでパナソニックのメンズシェーバー「ラムダッシュ」も伸びていたんです。これは「ひげ剃り」といった身だしなみに関心が移ったのかなと思いました。テレワークのみで外出せず顔を見せないで済むのであれば、ヒゲもそらなくてもいいかな、これを機に伸ばしてみようかなという人もいたと思うのですけど、経済が動き出して、人の生活もコロナ前のルーティーンに戻ってきているのかなと。

後藤:そうかもしれません。この週のデータだけでなく、他の週でも「スキンケア」関連は伸びていた覚えがあるので、この動きは次の週にかけても続きそうですね。

入場:「スキンケア」から、今後は「メイクアップ」関連も活況を取り戻しそうな予感もします。

図:「ライスフォース」検索データ

図:「ライスフォース」検索データ

図:「ライスフォース」のキャンペーンページ

図:「ラムダッシュ」検索データ

図:「ラムダッシュ」検索データ

図:「スキンケアシェーバー ラムダッシュ」

「サブスク」がようやく一般ワード化?意味合いも広義に利用

後藤:「サブスク」とか「サブスクリプションとは」といった検索も多くみられました。「サブスク」というワードが世間に出てきて久しいと思っていたのですが、これはどう思います?

入場:サブスクサービスを提供する業界や、我々のような業態であれば認知も早くて当たり前かもしれませんが、もしかすると、最近になってようやく「サブスク」というワードの認知度が上がり、一般化したのかもしれませんね。当たり前のようにテレビで見聞きしたり。だいぶ世間に浸透してきて、そこで「あれ?一体なんだっけ?」と再確認のためにも検索していることが推測できませんか?

後藤:なるほど。確かにテレビで取り上げられたりニュースに出たワードは検索されやすい。

入場:意味やサービスがわかったところで、このコロナ禍で節約志向というのも後押ししているのかもしれませんね。今は色々な業態で「サブスク」を謳っていて、広義に使われているということもあると思います。

後藤:広義に使われて一般化してきた「サブスク」。レイトマジョリティあたりに入ると言えるのかもしれませんね。

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

図:「サブスク」検索データ

図:「サブスク」検索データ

コロナ禍は安値だったガソリン価格。今、気にしてる人たちのお出かけ先は?

後藤:「交通・旅行」のカテゴリを見たところ、「ガソリン比較サイト」が伸びていて、やはり人の動きが感じられました。とはいえ、やはり交通手段はこの検索をみると車移動が多数派なのかなとも。「カーシェア」も伸びていますし。

入場:そうですね。ただ「旅行」となるとまだ少し抵抗があるように見られます。旅行サイトの検索よりも「アソビュー」と言った近郊へのお出かけサイトの方が伸びていますし。ちょっとしたお出かけというつながりで言えば、「美容室」に行く人もかなり増えているようですよ。旅行については今後とも様子見といったところではないでしょうか。

図:「ガソリン価格比較サイト」検索データ

図:「ガソリン価格比較サイト」検索データ

図:ガソリン価格比較サイト「gogo.gs」

図:「アソビュー」検索データ

図:「アソビュー」検索データ

図:お出かけ先、遊び予約サイト「アソビュー!」

まとめ

初回から引き続き毎週にわたりtableauデータをチェック、2度目の対談となった今回。
週次とは言えあまりの検索ワードの移り変わりの早さに、人の行動認知の難しさを感じたという言葉がとても印象的でした。

ふとした軽い疑問をすぐに検索することができる便利なネット社会。それらの膨大な行動ログをいかに活用するか。まずは手軽にトレンドをリサーチできる、このTableauデータのようなツールの貴重さを今回も感じました。

今回特出した検索ワードは次週以降どのように変化していくのか。またどんな新しいワードが出てくるのか、今後の継続調査に注目です。

この週次キーワードデータは有償でのご提供も可能です。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

調査データのお問い合わせはこちら

関連記事

dトラベル、アソビュー!など旅行予約サイトの訪問者数が復活傾向に。GoToとの関連は?【20年6月急上昇サイト調査】

https://manamina.valuesccg.com/articles/909

2020年6月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/955

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“ブラックフライデー 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/15~2020/11/21)

急上昇ワードに“ブラックフライデー 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/11/15~2020/11/21)

2020年11月15日~11月21日週の検索急上昇ワードでは、「ブラックフライデー 2020」に注目。アメリカ発の商習慣である「ブラックフライデー」は11月第4金曜日で、2020年は11月27日。通販サイトや実店舗などで大幅な値引きセールが行われ、一足早くセールを開始したサイトや店舗もあることから、検索が急増したものと考えられます。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

3密回避のアウトドアレジャー、釣り・ゴルフ・キャンプの消費者意識を検索データで分析!グランピングも人気上昇中

コロナ禍におけるレジャーで特に気になるのが、感染リスクをいかに下げるかということ。十分なソーシャルディスタンスを保つことができるのは、アウトドアレジャーの大きな強みです。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を活用し、「釣り」「ゴルフ」「キャンプ」について、感染拡大に伴い世間の関心がどのように変化してきているかを調査します。


「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

「鬼滅の刃」はいつからバズった!?止まない鬼滅旋風を検索データで徹底分析!

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約205億円を記録し、『ハリーポッターと賢者の石(2001年)』の約203億円を超えたと発表されました(興行通信社調べ)。漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数も最新22巻で1億部を突破。そんなヒット作「鬼滅の刃」は一体いつからバズったのでしょうか。そのきっかけは?今回は止まらない鬼滅旋風について検索データを中心に徹底分析してみました。(分析にはヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使用しています)


GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

2020年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


化粧品のアーリーアダプターはどんな悩みを抱えていたのか?Web行動ログを用いたエスノグラフィー調査で明らかにします

化粧品のアーリーアダプターはどんな悩みを抱えていたのか?Web行動ログを用いたエスノグラフィー調査で明らかにします

マーケターが注目するアーリーアダプターをWeb行動ログで分析。これまではアンケートでの意識調査で定義するほかありませんでしたが、Web行動ログで定義することで、より実態に近いアーリーアダプターを発見、分析することが可能となりました。分析方法としてエスノグラフィーを採用。行動観察調査をWeb上で行う、という新しい取り組みです。今回の対象である美容アーリーアダプターはどんな人で、何に注目しているのか、分析していきます。


オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

昨今、OMO(Online Merges with Offline)という、オンライン、オフラインの境界を意識せずに顧客の購買意欲を創出するマーケティング施策が広まっています。オンラインとオフラインの垣根をなくすOMOとは何か、解説します。


Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーである株式会社ヴァリューズで、セミナーも行っている若林さん。初回はそもそもTableauとは何か、BIツールとは何かについて学び、Tableauを実際に利用するイメージを掴みます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ一緒に勉強していきましょう。


コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

コロナ禍で急成長の越境ECマーケティングの成功ポイントを専門家3社が徹底解説!|セミナーレポート

新型コロナ感染拡大によりインバウンド市場が激減した一方、越境EC市場は大きく成長。以前から寄せられていた期待が、コロナを機に一層高まりつつあります。一方、経済社会の劇的な変動に伴い消費者の価値観やニーズが変化し、越境EC市場においてもウィズコロナ戦略が求められています。ヴァリューズでは、コロナ禍で存在感を高める越境EC市場に着目し、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズの2社と共にオンラインセミナー『これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~』を開催。越境ECにおけるプロモーション戦略を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング