一人の顧客を徹底的に掘り下げる顧客分析手法 ~「n1分析」とは?

一人の顧客を徹底的に掘り下げる顧客分析手法 ~「n1分析」とは?

統計やマーケティングにおいて、分析結果の有意差を出すために必要な「n数」。分母を増やすのではなく、一人の顧客を徹底的に分析することで顧客理解を深める手法が「n1分析」です。


n1分析とは?その特徴とメリット

n1分析とは「ひとり」のユーザーと徹底的に向き合って分析するマーケティング手法です。元P&Gの西口一希氏が著書で提唱しています。「ひとり」は少なすぎるのでは?と感じられるかも知れませんが、これはいわば、顧客起点の発想です。ひとりを徹底的に分析することで、より本質的な理解を得ることが目的なのです。

ユーザー分析といえば、大人数を母数とする統計分析がまず思い浮かぶかもしれませんが、「なぜそれがヒットしたか」を導くことはできても、「次にどんな手を打てば新しい市場(ユーザー)を開拓できるか」を知るにはあまり適していません。n1分析は、次の一手を知るための手法なのです。

n1分析の進め方

まずはターゲットとなる顧客の定義や規模感を把握します。顧客の定義ができていないと、販促施策の是非を正しく認識できません。顧客の定義は「5セグマップ」「9セグマップ」の作成によって理解しやすくなります。

5セグマップの作成

5セグマップとは、商品やサービスの認知や購買経験の有無、購買頻度によって「ロイヤル顧客」「一般顧客」「離反顧客」「認知・未購買顧客」「未認知顧客」の5つの分類します。

効率的なマーケティング投資のために、どのセグメントに投資すればどの程度の売上を見込めるのかを見極めるのにこのフレームワークは活用できます。

9セグマップの作成

5セグマップに次回購買意向(ブランド選好)、現在購買頻度を加え、顧客分類をより細かくしたのが9セグマップです。

9セグマップにもとづくと、どんなアイデアが販売促進において効果的か(9セグマップにおいて左から右に遷移させる)、またブランディングにおいて効果的か(下から上へ遷移させる)を検証できます。

また、9セグマップで顧客層を理解する最大の利点は、誰に何を尋ねればよいアイデアを見つけられるかを検討できる点にあります。そして、ここでターゲットとなる顧客像を絞り込めます。

ひとりの具体的な顧客を思い浮かべる

9セグマップの右上に遷移してもらう施策を考えるなかで、顧客の声をヒアリングしてその行動や心理状況を理解するようにします。この際、ひとりの具体的な顧客を思い浮かべ、その人物の心を動かす、刺さる訴求方法を考えるようにします。

ひとりの心を動かすものは、同じセグメントに属するほかの顧客にも十分通用するという原則があるからです。

n1分析での成功事例

認知度を上げるためTV CMを打った「スマートニュース」の事例

ニュースアプリ「スマートニュース」は、2016年頃に成長が鈍化。5セグメントでの顧客層の整理の結果、「未認知顧客」が多いと判明します。この層へのオンライン広告は効果が低いため、テレビCMを展開。

このほか、英語チャンネルなども交え「日常的に使いたくなるサービス」に行き着き、さらなるユーザー増に結びつけました。

ギフト需要を取り込んだ「L’OCCITANE(ロクシタン)」の事例

コスメブランド「L’OCCITANE(ロクシタン)」における購入者の8割はギフト目的だったという顧客実態があったため、ギフト需要を取り込むべく、数種類のミニサイズハンドクリームセットなどを販売しヒットしました。

それだけではなく、プレゼントされてよかったので、自身で使うために購入するケースが多かったため、プレゼント目的で購入した顧客にスキンケア用品のサンプルを渡しました。それによって自分用にも買う人が増加し、売上向上に結びつきました。

事業成長のアイデアは、一人の顧客を深く知ることで生まれる。「SmartNews」急成長の仕掛け人が語るN1分析の重要性|Experience Insights #1|CX Clip

https://cxclip.karte.io/topic/experience_insights_01/

スマートニュースのマーケティング戦略顧問であり、2019年に著書『実践 顧客起点マーケティング』を上梓した西口一希さんに、顧客起点マーケティングのあり方と実践方法について伺いました。

n1分析の注意点

「ひとり」のユーザーと徹底的に向き合って分析する……となると、データが少なく、経営層の理解を得づらいのでは、という懸念が出てくるかもしれません。

その対策として、n1分析の結果だけではなく、9セグマップをもとにしてその顧客がどのセグメントに属していて、同じセグメントにはどれぐらいの顧客がいるのか、そしてその中で施策の効果を期待できるのはどれぐらいの割合になるのか、そして施策案のテスト結果などをデータで示します。

このほか、ひとりの人物にインタビューする際の質問が難しい、という問題も出てきます。この対処法は、その人物がどのセグメントに属しているかを把握してインタビューに臨むこと。これによって、質問のポイントを絞れ、問題とその解決策の深堀りをしやすくなります。

まとめ

「n1分析」という言葉は目新しいかもしれませんが、顧客起点の発想自体は特別なものではありません。今回はB2C目線で紹介しましたが、もちろんB2Bでもn1分析は有効です。

手がける商品やサービスを待っている人。まずはその人たちの声にじっくり耳を傾けると、いままで気づかなかったなにかに気づけるのがn1分析の最大のメリットと言えます。

関連記事

新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/825

「一人1デバイス」が当たり前となったデジタル時代。今、マーケティングにおける購買行動のセオリーが変わりつつあります。デジタル化によって何がどう変わったのか。私たちを取り巻く膨大な情報により変化した購買検討行動。それらを新しい概念で紐解こうと共同研究された「バタフライ・サーキット」が、宣伝会議主催のデータマーケティングカンファレンス2020で紹介されました。

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

https://manamina.valuesccg.com/articles/970

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


フレームワーク 顧客分析

関連する投稿


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


SWOT分析例や企業事例 3選!分析の精度を高める 3つのコツ

SWOT分析例や企業事例 3選!分析の精度を高める 3つのコツ

自社のマーケティングを検討する際、自社だけでなく、ビジネスを取り巻く環境の分析が欠かせません。ビジネスでの成果を高めるための分析に使えるのがSWOT(スウォット)分析です。 しかし、SWOT分析を行ったとしても分析の質が高くなければ効果はでません。そこで本記事では、SWOT分析の基礎に加え、企業のSWOT分析事例や分析の精度を高めるコツについて解説します。


3C分析の競合分析はどう進める?勝ち方や注意点、フレームワーク

3C分析の競合分析はどう進める?勝ち方や注意点、フレームワーク

3C分析のフレームワークは、自社のマーケティングや経営戦略に活かせます。中でも競合分析は「ライバル企業に勝つためにはどうしたらいいか?」「他社と差別化した商品・サービスとは何か」を考える上で重要です。本記事では、3C分析の競合分析に特化し、具体的な進め方や有名企業の事例を紹介していきます。


3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析とは、経営戦略やマーケティングを練るために利用できるフレームワークです。多角的かつ客観的にビジネスを分析できます。本記事では、3C分析のやり方を中心に、スターバックスの事例や他のフレームワークを交えて解説します。


音部大輔氏に聞く!ビジネスレビューの技術 ~ 事業を持続的に成長させるPDCA設計のポイント ~|セミナーレポート

音部大輔氏に聞く!ビジネスレビューの技術 ~ 事業を持続的に成長させるPDCA設計のポイント ~|セミナーレポート

マーケティング活動の「振り返り」が正しく行えていない。そう感じる方も多いのではないでしょうか。外部組織に任せているなどの理由から、客観的な「振り返り」ができておらず、「振り返り」のクオリティコントロールをどうすべきかというお悩みも多く耳にします。本来、事業やブランドを持続的に成長させる上で重要な役割を担うビジネスレビュー。このビジネスレビューをどのように行い、どう利活用するべきか。本セミナーでは、クー・マーケティング・カンパニーの音部大輔氏を迎え、企業におけるビジネスレビューや「振り返り」の実態、重要性などについてお話を頂き、後半ではビジネスレビューの具体的なフォーマットを用意し、構成や記入法について解説しました。


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ