ネットスーパーECのUI改善のため購入にかかる時間を競合と比較した事例とは【データアナリストが語る現場のデータ分析】

ネットスーパーECのUI改善のため購入にかかる時間を競合と比較した事例とは【データアナリストが語る現場のデータ分析】

本連載「データアナリストが語る現場のデータ分析」では、ヴァリューズのデータ分析チームが実際に行なったプロジェクト内容を語り、そこから得られた知見や分析の手法などを解説していきます。今回のテーマはネットスーパーECサイトのUI改善。ユーザーのスムーズな購買体験の障害となっていた箇所を洗い出し、改善策を提案したプロジェクトとはどのようなものだったのでしょうか。


ネットスーパーEC、UI改善の背景

こんにちは。ヴァリューズデータ分析チームの和田です。本連載「データアナリストが語る現場のデータ分析」では、ヴァリューズのデータ分析チームが実際に行なったプロジェクト内容を語り、そこから得られた知見や分析の手法などを解説していきます。

株式会社ヴァリューズ データアナライズグループ マネジャー
和田尚樹(わだ・なおき)

今回のテーマはネットスーパーECサイトのUI改善。ユーザーのスムーズな購買体験の障害となっていた要素をデータ分析で洗い出し、改善策を提案したプロジェクトです。

まずはプロジェクトの背景からお話ししましょう。クライアントは大手スーパーマーケット企業で、ネットで食料品を買うことがまだまだ一般的ではなかったタイミングから既にECサイトを展開していました。ただ、生鮮食品を扱うネットスーパーの領域では、通常のECよりもオペレーションが複雑という点が前提としてありました。

例えばAmazonのような大手ECモールでは、発注があるとAmazonの倉庫でピッキングして、運送会社による配送という流れになります。しかしネットスーパーでは、発注があるとリアル店舗の商品をピックアップし、店舗が配送をするオペレーションとなっていました。

このような背景から、ネットスーパーECサイトのユーザーは、まずリアル店舗を選択し、その後商品を選ぶという購買手順を踏みます。しかし、ステップの煩雑さなど、言語化は難しいが「なんとなく使いづらい」という印象がありました。そしてクライアントも同様の課題感を持っており、問題点を明らかにしたいというご依頼をきっかけに、本プロジェクトが始まったのです。

ページ滞在時間を競合と比較分析

今回のプロジェクトの目的としては、ネットスーパーECサイトのUIにおける問題点を洗い出し、改善策を導くことです。そこでまず、サイトとしてUIにどんな課題があるのか、全体観を掴むところから分析を始めました。

そのために、競合2社とクライアントのECサイトで「ユーザーが商品購入までにかかった時間」について、購買頻度でユーザーをヘビー/ミドル/ライトの3層に分けて比較分析します。そしてページカテゴリごとの滞在時間の差から、スムーズな購買への障壁となっている箇所を洗い出すことにしました。

まず、サイト全体の滞在時間をまとめたものが下のグラフです。

※ライト・・・購買完了セッションのうち、初めて当該サイトで購買したユーザー
ミドル・・・購買完了セッションのうち、年に2回以上、10回未満当該サイトで購買したユーザー
ヘビー・・・購買完了セッションのうち、年に10回以上当該サイトで購買したユーザー

このグラフから、初めて購入までたどり着いたユーザーについて、自社サイトと比べると競合Aの方が滞在時間が短く、スムーズに買い物を済ませていそうなことが分かります。自社サイトでは滞在時間のピークがやや右に寄っていますが、競合Aはより短時間帯にピークがあります。

このことは、データの中央値を取ってみるとより明らかになります。

購入完了までの時間

この折れ線グラフにより、自社サイトと競合B(それぞれ青色、緑色の線)では、初回購入のタイミングではまだサイトの使い方に慣れていなく、買い物完了までにかかる時間が長くかかっているようです。一方、競合Aではライトからヘビーまで購入完了までの時間が一定。サイトの直感的な使いやすさからか、初回でも購入までの時間があまり変わらないと考えられます。

では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか? この点を明らかにするために、今度は個別カテゴリーページごとの滞在時間を3サイト間で比較し、スムーズさを阻害しているサイトの箇所を洗い出しました。

下のグラフでは、カテゴリ別×ヘビー/ミドル/ライト×3サイトでの滞在時間を比較しています。

上記の表には項目が多くありますが、まずひとつ目のポイントとして、競合Aと自社について、ヘビーユーザーを比較してみましょう。すると、競合AではTOPの滞在時間が長い一方、自社では短いことが分かります。そして、自社では商品カテゴリーページや、商品検索結果の滞在時間が長くなっていました。

実は競合AではTOPページで主要な買い物が済む設計になっていました。おそらくこの方が使い勝手がよく、最終的に買い物が早く済むのではないかと考えられます。

さらにふたつ目として、「カートの中を見る」ページでも競合Aと自社で大きな差が読み取れます。実際のUIでは、競合Aではカートの中身を見るためにページ遷移が必要なく、ポップアップで確認できる仕様になっていました。一方、自社サイトでは毎回ページ遷移が挟まっています。これが滞在時間の長さにつながっていると考えられました。

まとめ

以上の分析から、UI改善の基本方針として次の2点が挙げられます。

1.商品カテゴリーページ内ではなくTOPページにある程度の機能を集中させ、買い物を可能にする
2.「カートの中を見る」アクションを簡略化する

このように、競合サイトと自社サイトについて、滞在時間という切り口でページごとの滞在時間の差分を見比べることで、改善策を洗い出すことができました。

また、今回の分析事例はサイトのファネル設計の見直しともつながっている話です。ただしネットスーパーECでは、例えば保険の申し込みサイトのように1回ゴールすればOKという設計ではなく、何度も繰り返し使ってもらえるかが重要。こうしたLTVを改善する施策の洗い出しにも、この分析手法は使えるはずです。

最後に本稿をまとめます。UI改善では細かくA/Bテストなどを用いて計測をしていくのも良いですが、前段階として大方針を見直すことが重要だと思います。そう考えた際、今回の分析は局所的なページ配置の最適化だけではない、全体設計の検証に役立つ事例でしょう。

分析では弊社・ヴァリューズ保有のモニターによるWeb行動ログデータを使用しています。この分析手法に関するご質問や、こんなデータ分析ができないかなど、ぜひお気軽にご相談ください。

自社データと市場環境データを同時に可視化・活用|データ分析に関するお問い合わせ

関連記事

EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1017

国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリューションを提供してきた株式会社ヴァリューズ。今年10月、そのeMark+をより進化させた新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をリリースしました。Dockpitは他の分析ツールとどのような点が異なるのか。eMark+も愛用いただいていた、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生さんに、Dockpitが実務にどう役立ちどんな課題を解決するのか、お聞きしました。

Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

https://manamina.valuesccg.com/articles/859

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が新卒研修のウェビナーに潜入。そもそもBIとは何か、Tableauで何ができるのかを学びました。

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1086

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。

この記事のライター

「マナミナ」を運営している株式会社ヴァリューズのデータアナライズグループです。統計解析のRやデータ可視化のTableauなど、データ分析に詳しいメンバーが集まっています。

関連する投稿


「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


競合サイト分析に使えるツール12選

競合サイト分析に使えるツール12選

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


テンプレートで競合分析を効率的に行う方法

テンプレートで競合分析を効率的に行う方法

マーケティング戦略の一環として行われる競合分析。競合分析の実行にあたっては、フレームワークの利用が効率的になります。フレームワークの概念とともに、どのように調査した内容をテンプレートにまとめて分析に活かすのかを解説します。


3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析とは、経営戦略やマーケティングを練るために利用できるフレームワークです。多角的かつ客観的にビジネスを分析できます。本記事では、3C分析のやり方を中心に、スターバックスの事例や他のフレームワークを交えて解説します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら