ネットスーパーECのUI改善のため購入にかかる時間を競合と比較した事例とは【データアナリストが語る現場のデータ分析】

ネットスーパーECのUI改善のため購入にかかる時間を競合と比較した事例とは【データアナリストが語る現場のデータ分析】

本連載「データアナリストが語る現場のデータ分析」では、ヴァリューズのデータ分析チームが実際に行なったプロジェクト内容を語り、そこから得られた知見や分析の手法などを解説していきます。今回のテーマはネットスーパーECサイトのUI改善。ユーザーのスムーズな購買体験の障害となっていた箇所を洗い出し、改善策を提案したプロジェクトとはどのようなものだったのでしょうか。


ネットスーパーEC、UI改善の背景

こんにちは。ヴァリューズデータ分析チームの和田です。本連載「データアナリストが語る現場のデータ分析」では、ヴァリューズのデータ分析チームが実際に行なったプロジェクト内容を語り、そこから得られた知見や分析の手法などを解説していきます。

株式会社ヴァリューズ データアナライズグループ マネジャー
和田尚樹(わだ・なおき)

今回のテーマはネットスーパーECサイトのUI改善。ユーザーのスムーズな購買体験の障害となっていた要素をデータ分析で洗い出し、改善策を提案したプロジェクトです。

まずはプロジェクトの背景からお話ししましょう。クライアントは大手スーパーマーケット企業で、ネットで食料品を買うことがまだまだ一般的ではなかったタイミングから既にECサイトを展開していました。ただ、生鮮食品を扱うネットスーパーの領域では、通常のECよりもオペレーションが複雑という点が前提としてありました。

例えばAmazonのような大手ECモールでは、発注があるとAmazonの倉庫でピッキングして、運送会社による配送という流れになります。しかしネットスーパーでは、発注があるとリアル店舗の商品をピックアップし、店舗が配送をするオペレーションとなっていました。

このような背景から、ネットスーパーECサイトのユーザーは、まずリアル店舗を選択し、その後商品を選ぶという購買手順を踏みます。しかし、ステップの煩雑さなど、言語化は難しいが「なんとなく使いづらい」という印象がありました。そしてクライアントも同様の課題感を持っており、問題点を明らかにしたいというご依頼をきっかけに、本プロジェクトが始まったのです。

ページ滞在時間を競合と比較分析

今回のプロジェクトの目的としては、ネットスーパーECサイトのUIにおける問題点を洗い出し、改善策を導くことです。そこでまず、サイトとしてUIにどんな課題があるのか、全体観を掴むところから分析を始めました。

そのために、競合2社とクライアントのECサイトで「ユーザーが商品購入までにかかった時間」について、購買頻度でユーザーをヘビー/ミドル/ライトの3層に分けて比較分析します。そしてページカテゴリごとの滞在時間の差から、スムーズな購買への障壁となっている箇所を洗い出すことにしました。

まず、サイト全体の滞在時間をまとめたものが下のグラフです。

※ライト・・・購買完了セッションのうち、初めて当該サイトで購買したユーザー
ミドル・・・購買完了セッションのうち、年に2回以上、10回未満当該サイトで購買したユーザー
ヘビー・・・購買完了セッションのうち、年に10回以上当該サイトで購買したユーザー

このグラフから、初めて購入までたどり着いたユーザーについて、自社サイトと比べると競合Aの方が滞在時間が短く、スムーズに買い物を済ませていそうなことが分かります。自社サイトでは滞在時間のピークがやや右に寄っていますが、競合Aはより短時間帯にピークがあります。

このことは、データの中央値を取ってみるとより明らかになります。

購入完了までの時間

この折れ線グラフにより、自社サイトと競合B(それぞれ青色、緑色の線)では、初回購入のタイミングではまだサイトの使い方に慣れていなく、買い物完了までにかかる時間が長くかかっているようです。一方、競合Aではライトからヘビーまで購入完了までの時間が一定。サイトの直感的な使いやすさからか、初回でも購入までの時間があまり変わらないと考えられます。

では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか? この点を明らかにするために、今度は個別カテゴリーページごとの滞在時間を3サイト間で比較し、スムーズさを阻害しているサイトの箇所を洗い出しました。

下のグラフでは、カテゴリ別×ヘビー/ミドル/ライト×3サイトでの滞在時間を比較しています。

上記の表には項目が多くありますが、まずひとつ目のポイントとして、競合Aと自社について、ヘビーユーザーを比較してみましょう。すると、競合AではTOPの滞在時間が長い一方、自社では短いことが分かります。そして、自社では商品カテゴリーページや、商品検索結果の滞在時間が長くなっていました。

実は競合AではTOPページで主要な買い物が済む設計になっていました。おそらくこの方が使い勝手がよく、最終的に買い物が早く済むのではないかと考えられます。

さらにふたつ目として、「カートの中を見る」ページでも競合Aと自社で大きな差が読み取れます。実際のUIでは、競合Aではカートの中身を見るためにページ遷移が必要なく、ポップアップで確認できる仕様になっていました。一方、自社サイトでは毎回ページ遷移が挟まっています。これが滞在時間の長さにつながっていると考えられました。

まとめ

以上の分析から、UI改善の基本方針として次の2点が挙げられます。

1.商品カテゴリーページ内ではなくTOPページにある程度の機能を集中させ、買い物を可能にする
2.「カートの中を見る」アクションを簡略化する

このように、競合サイトと自社サイトについて、滞在時間という切り口でページごとの滞在時間の差分を見比べることで、改善策を洗い出すことができました。

また、今回の分析事例はサイトのファネル設計の見直しともつながっている話です。ただしネットスーパーECでは、例えば保険の申し込みサイトのように1回ゴールすればOKという設計ではなく、何度も繰り返し使ってもらえるかが重要。こうしたLTVを改善する施策の洗い出しにも、この分析手法は使えるはずです。

最後に本稿をまとめます。UI改善では細かくA/Bテストなどを用いて計測をしていくのも良いですが、前段階として大方針を見直すことが重要だと思います。そう考えた際、今回の分析は局所的なページ配置の最適化だけではない、全体設計の検証に役立つ事例でしょう。

分析では弊社・ヴァリューズ保有のモニターによるWeb行動ログデータを使用しています。この分析手法に関するご質問や、こんなデータ分析ができないかなど、ぜひお気軽にご相談ください。

自社データと市場環境データを同時に可視化・活用|データ分析に関するお問い合わせ

関連記事

EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1017

国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリューションを提供してきた株式会社ヴァリューズ。今年10月、そのeMark+をより進化させた新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をリリースしました。Dockpitは他の分析ツールとどのような点が異なるのか。eMark+も愛用いただいていた、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生さんに、Dockpitが実務にどう役立ちどんな課題を解決するのか、お聞きしました。

Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

https://manamina.valuesccg.com/articles/859

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が新卒研修のウェビナーに潜入。そもそもBIとは何か、Tableauで何ができるのかを学びました。

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1086

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。

この記事のライター

「マナミナ」を運営している株式会社ヴァリューズのデータアナライズグループです。統計解析のRやデータ可視化のTableauなど、データ分析に詳しいメンバーが集まっています。

関連する投稿


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第3回はTableauへのデータ接続と簡単なグラフの作成について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。


変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

国内最大規模の消費者パネルを活用したデータマーケティングと、データとファクトに基づいたデジタルプロモーションのプロフェッショナルとして、2020年12月3日に開催された「MarkeMedia Days」にヴァリューズが登壇。コロナ禍でより捉えにくくなった消費者行動の中で、CVに至る「刺激」と「情報」を行動ログから解析し、より質の高い施策に繋げるプロモーション戦略について、株式会社ヴァリューズ ゼネラルマネジャーの齋藤義晃が解説しました。 <b>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。</b>


DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

リモートワークが主流となった昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層望まれるようになってきました。そこでよく聞かれるのが、実際にどのように推進していけば良いのかわからない、推進力のある人材が不足している、などの悩みです。大規模なシステムを導入する前に、既に手元にあるデータをいかに活用するか、それが円滑かつ着実なDXの方法です。「正しい一歩目とは、まずは現場に小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていくことだ」と、ヴァリューズでデータアナリストとして活躍する髙木は述べます。12/3のセミナーではセルフ型BIツールTableauを用いた事例を交えながら、DXを進めていく方法を解説しました。


スタバファンはいったいどんな人なのか?アプリ利用者の行動特徴からペルソナを分析

スタバファンはいったいどんな人なのか?アプリ利用者の行動特徴からペルソナを分析

気になるブランドや商品のペルソナについてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は確固たるブランドを確立している『スターバックス』についてです。スターバックスファンにはいったいどんな特徴があるのか。Web行動ログデータとアンケートデータを用いて人物像を分析していきます。


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング