EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリューションを提供してきた株式会社ヴァリューズ。今年10月、そのeMark+をより進化させた新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をリリースしました。Dockpitは他の分析ツールとどのような点が異なるのか。eMark+も愛用いただいていた、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生さんに、Dockpitが実務にどう役立ちどんな課題を解決するのか、お聞きしました。


ディノス・セシールECのWeb分析戦略とは

―ディノス・セシールのEC責任者である石川さんですが、現在どのような業務をされているのか、あらためて教えてください。

当初、「カタログ・テレビ通販を中心としていたディノス・セシールにeコマースの売り場を作る」ことを目標に、設立させてもらった新しい組織がEC本部でした。

その後Webの運用が形になってからは、足元の数字づくりはチームのメンバーに任せ、私は今後のビジネスの種を作るような仕事に携わっています。カタログ・テレビ通販に対してテクノロジーでレバレッジを効かせられる領域を探り、ディノス・セシールの両事業を横断してプロジェクトを多数回す、といったことですね。

株式会社ディノス・セシール CECO 石川森生(いしかわ・もりう)さん
ディノス・セシールのCECO(Chief e-Commerce Officer)として、既存の枠組みを超えるサスティナブルなECビジネスを構築するというミッションを実践している。

―そんなディノスセシールのECサイト運用ではどのようにWeb分析ツールを使っているのでしょうか?

基本的にはGA(Googleアナリティクス)をベースに見ています。有償版のGoogleアナリティクス360を利用し、「Google Cloud Platform」のサービス群に含まれる「BigQuery」で会員情報と連携、BIによる分析やMAによるシナリオ設計を行う、というのが大枠ですね。

GAを見る必然性としては、我々はプロモーション企画で月に100本程度のLPを運用しており、そのパフォーマンス分析を行うからです。ただし、デイリーで見なければいけない指標はGAにログインしなくても確認できるようにしています。例えばデイリーの売上目標に変動が起こったときなど、セッションベースで状況を見なければいけないときのみGAで見る形です。

―LP運用では検索エンジン最適化(SEO)が重要ですが、コンテンツ制作の際にはどのような外部データを活用しているのですか?

スタティックなキャンペーンを打つとき、運用のルーティンの中ではSEOのためのキーワード選定ツールを恒常的に使っています。これは、企業側の目線ではないユーザー目線の言葉を選ぶためです。

例えばLP内に意図せずして業界用語を使ってしまう場合はよくあります。ユーザーはその言葉を使いませんし、別のワードで検索するので、当然LPは検索にヒットしなくなってしまう。また、商品名には「ふわふわ」のような感性的なワードがよく入っていますが、これも機能的な言葉や素材軸に落とす必要があります。

キャンペーンを打つ際はSEOを意識した言葉選びが重要ですが、最近ではいわゆる商品担当=MDも、このようなWeb側の事情を捨て置けなくなっていますね。商品詳細に情報を入れるときに、感度の高いMDはSEOを気にして言葉を調べるといった利用シーンも起こってきています。

Dockpitの強みはキーワードと属性がセットなところ

―石川さんは新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使ってみて、どのような印象をお持ちになりましたか?

今まで利用していたeMark+は、新しい事業カテゴリを攻めたりするときにデータを深掘り、市場や競合への考察を推進するツールいう印象でした。これはデータの独自性があるからこその特徴だと思います。一方で課題としては、担当をつけて毎日にらめっこをするツールとしては、事業会社ではなかなか難しいとも感じていました。

その点を踏まえていただいたのか、今回「Dockpit」としてリブランディングされたツールではUI改善も行われていて、運用チームが毎日使うことを前提に作られているという印象でした。日々のデータを見るリサーチに特化されていて、より特定業務に使いやすくなったかなと思いますね。

新ツール「Dockpit」のキーワード分析機能では、特定ワードのユーザー数推移や性年代、居住地域といった属性の分析がブラウザ上で分かりやすく行える

―ありがとうございます。具体的にはDockpitをどのようなシーンで使用したのでしょうか?

直近では、キーワード分析機能を使って「オフィスカジュアル」のワードを調べました。Dockpitで見るとこのワードの検索ボリュームは月4万件ほどで、1枚のスタティックページで作るページとしては全然アリです。

ポイントはDockpitではユーザー属性が見られる点です。実は「オフィスカジュアル」の年代別属性を見ると、比較的若い層が中心となっていました。すると、ディノス・セシールのターゲットユーザーとは少しズレてしまいます。

そこで、Dockpitのキーワードレコメンド機能である「類似ワード」を使って別のキーワードを探した結果、「通勤服」を選定しました。このワードだと50代や60代がメインで見ているので、狙う層としてはぴったりです。このように、キーワードと属性がセットで見られるツールはあまりないので面白いと思います。

さらに、キーワードの検索数推移を時系列で見られる機能「季節比較」も良いですね。例えば「オフィスカジュアル」という言葉と共に検索されるワードが「季節ごとにどう違うか」を把握できます。これを使って、ページのメンテナンスをするタイミングを年間スケジュールに組み込んだりもしていました。

今後の展開は?デジタルマーケターの課題も

―今後のECサイト運用の展開としてどのような方向性を考えているのか、教えてください。

LPページには、例えば「運動会ファッション」程度の粒度まであり、相当な範囲を網羅していると考えています。そこで、現在は新しく追加しなければならない要素はないかなど、ブラッシュアップのフェーズです。

そうした中で、先ほども少しお話ししましたが、マーチャンダイザーがDockpitを使ってくれるとよいなと思っています。半年や1年という長期スパンで商品企画を考えていくときに、顧客の声を吸い上げるところから商品を作るような動きを、ルーティンの中で進めていけたらより良いでしょうね。そんな使われ方をDockpitでは望むべきかなと思います。

また、これはECデータについて常に思っていることなのですが、コンバージョンに近いファクトベースのデータが欲しいです。SEOコンテンツでは、セッションは取れているが結局コンバージョンにつながらない、という場合も多々あります。現状ではセッションをKPIとして追いかけていますが、やっぱり「ココを改善したらコンバージョン率が上がる!」と分かるとテンションが上がるわけですね。

デジタルマーケターは最終的な成果ではなく中間コンバージョンを追うことにともすると寄りがちです。ただ、本当は最終的な売上がもっとも重要だという意識は、常に忘れずに心がけていきたいですね。

―成果を出すためにいかにルーティンに落とし込めるかを意識されている点が印象でした。Dockpitを通じて、マーケターさんの事業課題の解決にもっと寄り添っていければと思います。本日は貴重なお話をありがとうございました!

取材協力:株式会社ディノス・セシール

競合も業界もトレンドも簡単分析!「Dockpit」

https://www.valuesccg.com/dockpit/

消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現します。直感的なダッシュボードで、誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析。短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。(提供:株式会社ヴァリューズ)

dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、デジタルマーケティングのテーマを中心とするフリーランスの編集ライターに。

関連する投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、大きな影響を受けている農業や漁業などの一次産業。その生産者達の救世主となり、サービスを急成長させている産直ECサイトの「食べチョク」。そんな急成長を見せる「食べチョク」のユーザーの特徴、サービス成長の背景をヴァリューズの新ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して調べていきます。


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング