中国で睡眠障害市場が急拡大。スリープテック製品も流行|中国トレンド調査

中国で睡眠障害市場が急拡大。スリープテック製品も流行|中国トレンド調査

中国では近年、睡眠障害者の増加によって睡眠障害市場規模が急速に大きくなりました。伝統的な安眠サポートグッズはもちろん、最先端のテクノロジーを用いた商品も続出しています。今回の記事では、中国の睡眠障害市場の現状と展望について分析しました。


中国の睡眠障害市場

睡眠障害市場は、不眠症や不十分な睡眠症候群などの睡眠障害を持つ者のニーズによって形成された市場です。安眠をサポートするための安眠グッズのジャンルは様々で、例えば、快眠枕や耳栓などの伝統的な安眠グッズもあれば、安眠ミストやスリープ系ガジェットのようなテクノロジーデバイスもあります。

中国中央電視台財経チャンネル『第一時間』の報道によれば、中国の睡眠障害市場の規模は4000億元(約6.5兆円)を超えており、2030までには1兆元(約16兆円)を超えるそうです。

中国睡眠研究会が昨年3月に公開した『全国民が自宅待機期間中の中国国民の睡眠白書』によれば、中国では3億を超えた人々が睡眠障害を患っています。そのうちの75%以上は23時以後に入眠し、25%近くは25時以後に入眠すると言われています。

また、自宅待機期間中、中国人の寝る時間帯は全体的に2〜3時間後退し、24時以降に就寝する人数はコロナ前より40%上昇、睡眠障害に関する検索量も43%増長したと、睡眠障害の傾向がある人数が増えていると考えられます。

自宅待機期間中の休み時間に関するグラフ

安眠サポートアプリ「Snail Sleep」による『2020国民睡眠報告』では、Snail Sleepのユーザーの平均睡眠時間は6時間46分であることが報告されています。特に、若者は寝る時間帯が遅く、お年寄りは睡眠時間が短い、北京や上海などの主要都市の住民の平均睡眠時間は他の地域の住民よりも短い、といった特徴があります。

中国の安眠グッズ市場の現状と展望

Tianyanchaのデータによれば、中国では2,400社以上の企業が「安眠」や「不眠」などの「睡眠」と関わる商品の経営・販売を目的としています。また、こういった睡眠関係の企業の62%はこの5年間に設立されており、特に2020年には470社も増加しました。

同じくTianyanchaのデータにより、アイマスクや耳栓、ディフューザー、安眠ミストなどの商品を経営・販売している企業は2692社にも達し、広東省や浙江省などに分布しています。また、これらの企業も半数近くはこの5年間に設立されています。

睡眠関係企業の数

スリープテック製品の流行

スリープテックとは、睡眠中にテクノロジーを活用して睡眠状態を把握することであり、前記の伝統的な安眠グッズ以外に、中国ではスリープテック製品も流行っています。

中国家電製品研究院測定技術研究所が発表した『2019年中国睡眠テクノロジー白書』では、スマートバンドやスマートウォッチなどの睡眠トラッカー製品の市場はこれから最も成長すると予測されました。

実際に、Samsungは2015年にイスラエルの医療機器会社「EarlySense」を合併吸収し、Appleは2017年にフィンランドの睡眠追跡デバイスと睡眠追跡アプリを販売しているテクノロジー企業「Beddit」を吸収合併するなど、世界中の大企業がスリープテックに焦点を当てて行動しています。

中国でも、HuaweiやXiaomiなどの企業はスリープテック製品を開発・販売しています。例えば、Huaweiは2018年に快眠モード付きのアロマライトを発売し、非侵襲的脳波観測設備メーカーの「回車」はスマートアイマスクを発売しました。

非侵襲的脳波観測設備メーカーの「回車」のスマートアイマスク

スリープテック製品の流行はまだ始まったばかりであり、スマートバンドやスマートベッドなどの製品の効用も睡眠の観測に止まっています。また、一部のユーザーはスリープテック製品の効果について懐疑的な態度も取っています。しかし、急速に発展しているテクノロジーを活用して良質な製品を開発できたら、そこには大きな商機があるに違いないでしょう。

快眠サポートアプリの普及

中国ではモバイル向けの快眠サポートアプリ市場の活性化も著しいです。
App Store上で「睡眠」と検索すれば、Snail Sleepや潮汐、小睡眠、睡眠助手など、20以上の快眠サポートアプリが表示されます。そのうち、Snail Sleepは2020年だけで1,800万以上のユーザーデータを収集することができました。

快眠サポートアプリの主な機能は、睡眠時間や寝返り回数などの記録と、浅い眠りからの目覚ましサービスなどがあります。

特に、Snail Sleepは安眠をサポートする基本的な機能だけでなく、ECアプリとしても利用することができます。Snail Sleepの「Snail mall」では、Snail Sleepが独自に開発したスマート枕などの安眠グッズをはじめ、化粧品や雑貨、食品などを販売しています。また、アプリ内で寝言記録をシェアをすることなど、SNSアプリとしても利用することができるため、ユーザーのロイヤルティが高いと言われています。

SnailSleepの快眠サポート機能

独特の寝かしつけサービス

睡眠障害の問題が深刻化している中、中国では大人の寝かしつけサービスが数年前に誕生しました。

このような寝かしつけサービスを提供する人は寝かしつけ師と呼び、仕事内容はWechatやテンセントQQなどのインスタントメッセンジャーソフトを用いて絵本を読み聞かせたり、歌を歌ってあげたりすることです。寝かしつけサービスの料金は1時間あたり60〜80元(約980〜1,300円)が相場となっています。

また、快眠サポートアプリである「小睡眠」は、2017年から吳克群(Kenji Wu)や王鴎(Angel Wang)など100名以上の芸能人を集めて、絵本の読み聞かせをレコーティングし、そのナレーションをユーザーに提供しました。この芸能人による寝かしつけサービスはとても大人気で、登場してからわずか9ヶ月で、2億超のユーザーによって利用されました。

一方、R18のASMR作品が存在しているように、エロティックな寝かしつけサービスを提供するところもあります。中国では子供に悪影響が出ることを防ぐために、公共でのアダルトビデオなどの鑑賞は禁止されており、エロティックな寝かしつけサービスも厳密に言うと、法に触れている要素もあるようです。例えば、昨年9月に、寝かしつけサービスを提供するアプリ「Lizhi」はこのような理由で一部のサービスを停止するように命じられました。

まとめ

スマート枕、快眠サポートアプリ、寝かしつけサービス。中国の睡眠障害者は睡眠を改善するために様々な方法を試してきたと同時に、睡眠障害市場の拡大を促進しました。

前記のように、安眠グッズの効果の不十分性や非合法性があるなど、中国の睡眠障害市場はまだまだ問題点もありますが、潜在市場は非常に大きく、これからも引き続き拡大すると考えられるでしょう。

<参考文献>

「熬夜时代迎“睡眠经济”黄金期?行业过半企业都是近5年才注册的」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1690586288674639196&wfr=spider&for=pc
「年轻人的睡眠经济,前途堪忧!」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1690766020763640076&wfr=spider&for=pc
「你还在“熬”生命吗?超3亿中国人有睡眠障碍,却使睡眠经济趋好」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1690485086086223719&wfr=spider&for=pc
「超3亿人存在睡眠障碍催生万亿睡眠经济,这两大行业受益明显」
https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_9765677
「超3亿人失眠,千亿级睡眠经济兴起」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1683614023447193615&wfr=spider&for=pc
「“睡眠经济”睡着了吗?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1676600943486826760&wfr=spider&for=pc
「2020全民宅家期间中国居民睡眠白皮书」
https://www.jianshu.com/p/e729e33eea64
「小睡眠升级睡眠服务2.0 携手爱豆哄你入睡」
https://m.chinaz.com/mip/article/1119405.shtml

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連するキーワード


中国市場 中国トレンド調査

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

2022年10月11日からの入国者数上限の撤廃・個人旅行の解禁などで、街にはさまざまな国の訪日観光客の姿を見ることも多くなった昨今。これからどれほどのスピードでコロナ以前の状態に戻るのでしょうか。本レポートでは、「台湾・タイ・中国」の人々にアンケート調査を実施。加えて、ヴァリューズに所属する外国籍スタッフへのインタビューも交え、訪日観光に対するリアルな声をまとめました。(ページ数|43ページ)


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら