【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

若者を中心に世界中で多数のユーザーを抱える動画配信プラットフォーム「TikTok」。そのユーザー像はどんな人なのか、ユーザーの属性や興味関心を寄せている分野を媒体資料とWeb行動ログデータをかけ合わせて分析していきます。


コンテンツが多様化するグローバルDL数20億以上のSNS「TikTok」

「TikTok」は、中華人民共和国のByteDance社が運営する、スマートフォン向けのショートビデオプラットフォームです。ユーザーは自身で作成した15秒~1分ほどのショートムービーを他のユーザーに向けて発信するか、もしくは同じように他者が作成した動画を視聴する、というのが基本的なサービスの使い方です。

その他、TikTokでは作成した動画に「倍速再生」などの各種エフェクト(視覚効果)をかけることもでき、短い尺の動画ながら、誰でも視聴者を楽しませるユニークな作品を投稿できるような仕組みとなっています。

サービスのグローバル展開、利用方法の特徴

出典:「TikTok」媒体資料(2021年8月時点)

媒体資料から、TikTokのプラットフォームの1つ目の特徴としては、世界150か国・75言語というグローバル展開の規模の大きさが挙げられます。

TikTokは、中国では「Douyin(抖音)」というサービスで展開されており、2016年9月にローンチされました。サービスインから1年足らずで1億を超えるMAU(中国/タイ のユーザー数合算)にまで急成長しています。その後、日本国内でも流行を見せ始めた2018年を経て、2021年現在では世界150か国以上での展開と、5億人を超えるMAUを誇るプラットフォームにまで成長しています。

媒体資料には、利用ユーザーの平均視聴時間が62分(2021Q1)という記載もあり、1人あたりのユーザーが1時間以上もTikTokでの動画視聴を行っていることがわかります。さらに、2020Q1では52分だった平均視聴時間が、約1年間で10分も視聴時間が伸びていることも特筆すべき数値です。

ユーザーの人気を集めるジャンルとその変遷

最新の媒体資料では、サービスが流行し始めた当初と比較して、TikTok内での人気ジャンルに変化が生まれていることにも触れられています。

出典:「TikTok」媒体資料(2021年8月時点)

人気が上昇している動画には、「フィットネス」「楽器・歌」「料理・グルメ」といった、より"実用的な"ジャンルが挙げられています。同じく、「アニメ・漫画」「エンタメ」といった娯楽ジャンルや、「ペット」「赤ちゃん」などのいわゆる"癒し系"のジャンルも伸びが大きいようです。一方、世間一般が持つ"TikTokに投稿される動画のイメージ"だと思われる、「ダンス」「口パク」「自撮り系」などのジャンルは、ここ2年ほどで人気が下降傾向にあるようです。

実用的な動画や全世代に広く求心力のあるコンテンツが伸びてきていることから、TikTokは徐々に、流行し始めた頃の一部セグメントだけが興味を持つコンテンツ中心ではなくなってきていると考えられます。YouTubeなどに代表される多目的・多角的なコンテンツを提供するプラットフォームとして成長しているのではと推測されます。

こういった傾向を生んでいるのは、大きく下記3つの背景があるからではないかと筆者は考えます。

・TikTokが特定のセグメントに限定されないユーザーまで広く浸透したことで、発信されるコンテンツの偏りが減り"一般化"が進んでいる
・Instagramの「ストーリー」など、他プラットフォームでもショートムービーの認知や実装が進んだ結果、TikTokと併用するユーザーが増えている
・特に「フィットネス」や「料理・グルメ」などのハウツー系コンテンツは、ショートムービーとの相性が良いため投稿数が増えている

このように、動画プラットフォームを取り巻く全体的な変化も相まって、TikTokに投稿されるコンテンツがバラエティ豊かなものになりつつあるのでは、と感じます。多様なコンテンツが投稿されるようになったことで、ユーザーの平均視聴時間がさらに伸びている可能性もありそうです。

この媒体資料から読み取った内容を元に、次は定量的なデータからTikTokユーザーのインサイトを探ってみましょう。

TikTokユーザーが興味関心を寄せるジャンルをWebログデータで分析

ヴァリューズのWeb行動ログデータを用いて、TikTokユーザーが興味関心を持っている分野を定量的に分析していきます。

「歌手」「俳優」「ダイエット」…女性の好むジャンルに人気が集まる

まずは、TikTokユーザーが興味を持つそれぞれの興味分野を、「リーチ率」と「特徴値」という2つの指標へプロットした図を見てみます。

上の図の縦軸「リーチ率」と横軸「特徴値」は、以下の定義に基づいて算出されています。

リーチ率
対象者のうちアンケートで当該項目に回答した人数の比率
特徴値

対象者が一般的なネット利用者と比べて特徴的に利用するサイトや起動するアプリ、

検索するワード、興味関心のあるジャンル等を可視化するための指標。

(対象者のリーチ率)ー(ネット人口全体のリーチ率)で計算

端的に言えば、「リーチ率」が高いほど興味・関心を持っているユーザーが多いジャンルです。加えて、「特徴値」は一般的なネットユーザーと比べ顕著に出ている分野ほど高くなる数値なので、「リーチ率」と合わせて考えると、グラフ右上に位置するジャンルほどTikTokユーザーが特有に興味・関心を持っているジャンルだと考えることができます。

実際に右上に位置する分野を見てみると、「歌手・ミュージシャン」「俳優・女優」といった項目に、TikTokユーザーが大きく関心を寄せていることがわかります。これは、媒体資料にあった「エンタメ」「楽器・歌」といった人気上昇傾向にあるジャンルを想起させます。同じく、「ダイエット」というジャンルに関心が高いことも、資料にあった「フィットネス」分野の人気が上昇していることを裏付けるものとなっています。

逆に、「マンガ」「ゲーム」「アニメ」といったサブカルチャーに興味がある TikTokユーザーは相対的に少ないようです。同様に、「お酒」「車」「スポーツ観戦」といったジャンルに興味を持つユーザーも多くない様子。この"興味を持つジャンル"・"興味を持たないジャンル"を俯瞰して見る限り、TikTokの利用ユーザーは男性よりも女性の割合が大きいと推測できると思います。

ジャニーズ関連サイトの併用が目立つ

TikTokのユーザーが閲覧している、その他のサイトをランキング形式(特徴値で降順/上位20サイト)でまとめると以下のようになります。

ランキングを見ると、ジャニーズ関連のサイトが1位・3位・5位・7位・8位にランクインし、上位を席巻しています(※7位の「FREESTYLE 2020 POP UP STORE」は嵐の大野智さんの個展で販売されたグッズのオンラインショップ)。

これに加え、女性向けの脱毛サービスや美容整形クリニックもランクインしていることから、やはりTikTokには若い女性のユーザーが多く集まっていることが推察されます。

また、4位の「Video Cyborg」(動画ファイルを簡単にダウンロードできるWebアプリケーション)や12位の格安のWiFi商品からは、TikTokの好きな動画を保存したり外出先でも長時間視聴したり…といったへービーユーザーの存在も窺えますね。

併用アプリにはデジタルネイティブ・Z世代の特徴が大きい

最後に、TikTokユーザーが多く利用するアプリのランキング(特徴値で降順/上位20サイト)も見てみましょう。

ランキングを見ると、多くのユーザーが「Instagram」「Twitter」「Facebook」といったSNSを併用している様子です。加えて、「メルカリ」「Amazon」といったEコマースのアプリも併用が多く、デジタルネイティブな特徴を持つ"Z世代"に属するユーザーが多そうな印象です。

「Amazon Prime Video」や「Tver」、「ABEMA」といったVODも上位にランクインしているのは、動画視聴という観点でTikTokユーザーとの親和性が高いためでしょう。その他、「LINE MUSIC」や「Spotify」といった音楽ストリーミングサービスや、「Uber Eats」「SNOW」といった若者の利用が多いアプリも多く並び、やはり若年層がメインユーザーになっていることが窺えます。

TikTokユーザーの特徴をまとめる

ここまで分析してきた内容から、最新の「TikTok」ユーザーの特徴をまとめると以下のとおりです。

• ここ数年は「エンタメ」や「フィットネス」「料理」などの実用的なジャンルの動画人気が高まり、反対に「ダンス」「自撮り」といったジャンルの人気は低下傾向
• 「マンガ」「ゲーム」「スポーツ観戦」といった男性の好むコンテンツよりも、「ミュージシャン」「俳優」といった女性的な分野に興味関心が高い
• 男性アイドルへの関心の高さや併用アプリに若年層の特徴が大きいことから、ユーザーのボリュームゾーンはZ世代を中心とした"若い女性"である

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
期間:2020年8月~2021年7月
n=2,000人
TikTokのアプリ利用の前後180分の行動ログから分析
※モニターは全国の20代以上男女

こちらの記事もチェック!

TikTokが人気になった理由を、下記の3つの観点から解説した記事が、株式会社PLAN-Bの情報発信メディア「PINTO!」に掲載されています。

TikTokが人気になった理由

こちらの記事も合わせてぜひ、ご覧ください。

今話題のSNS、TikTokとは?人気の理由と基礎を解説! | PINTO! by PLAN-B

https://service.plan-b.co.jp/blog/im/23712/

TikTokは中国のメディア企業である「Bytedance」が運営するサービスで、15~60秒のショートムービーを投稿・閲覧できるSNSプラットフォームです。 10代20代の若い世代を中心に利用者が伸びており、企業として…

▼本メディア・マナミナでは各種の媒体調査を実施しています。広告出稿を行う時の参考にしてみてください。

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を分析してみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1053

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査を行い、分析しました。

動画配信市場を牽引する「YouTube」のユーザーってどんな人?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1103

年々拡大しつつある動画配信市場ですが、2024年には3,440億円(※)まで市場規模が成長すると言われています。特に2020年は新型コロナウイルスの影響で生活におけるニューノーマル化も進み、外出を控え自宅で過ごす人が増加し動画配信市場にとっては追い風となっているはずです。また、これまでは若年層を中心に人気を博していた「YouTube」も、この数年で幅広い世代にも受け入れられるようになったのではないでしょうか。今回は動画配信サービスの中でも特に利用者の多い「YouTube」について調査・分析しました。

4大SNSのヘビーユーザーをデータから徹底比較!~ Facebook, Instagram, LINE, Twitterのユーザー特徴を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1118

スマートフォンの普及によって、情報収集源としての役割をますます拡大しているSNS。アプローチしたいセグメントに到達するためには、適切なSNSを広告媒体として活用することが重要です。様々に選択肢がある中で、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、LINE、Twitterそれぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。(ページ数 | 26)

【媒体調査】Amebaブログ閲覧者はどんな人?ユーザーの関心事項を媒体資料×Web行動ログから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1414

媒体資料によれば月間来訪者数は7,500万人である国内最大規模のブログサービス「アメーバブログ」。アメーバブログはメディアミックスなどクロスメディアの手法を使ってマスメディアと連携し、ユーザーやページビューを増やしてきました。今回はそんなアメーバブログユーザーの特徴を、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータを参考にしながら分析してみました。広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立ててみてはいかがでしょうか。

【媒体調査】Yahoo!系の動画サービス「GYAO!」のユーザー像を媒体資料×Webログデータから読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/1459

月間1,550万UB(ユニークブラウザ)を誇るYahoo!の動画配信サービスである「GYAO!」。昨今のVOD市場の拡大も後押しし多くのユーザーを集める「GYAO!」について、媒体資料とWeb行動ログデータを用いて利用者の嗜好や興味を分析、メディアの特徴を探ります。

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


ZenlyやMirrativなど...多様なSNSを使い分けるZ世代のインサイトとは?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

ZenlyやMirrativなど...多様なSNSを使い分けるZ世代のインサイトとは?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマは、現代のマーケティングにおいて欠かせない「SNS」です。Z世代は「SNSネイティブ」と呼ばれるほど、SNSとの親和性が高いイメージがありますが、実際はどのようなアプリが使われていて、ミレニアル世代とはどのような違いがあるのでしょうか。Z世代ならではの使い方など、リアルな声を取り入れつつ、最新の利用実態を調査していきます。


2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届けする本連載。2023年第1弾は、SNSマーケティング先進国における動きなど、2022年の主要SNSの動向を振り返り。今後の予測や対策すべきポイントについて解説します。押さえておくべきは、「ワンストップ送客」「短尺動画」「インフルエンサー収益化強化」の3点です。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


有料オンラインライブのニーズはコロナ収束後も続く? お笑いライブを題材に検証してみた

有料オンラインライブのニーズはコロナ収束後も続く? お笑いライブを題材に検証してみた

コロナ禍でリアルライブ開催に制限がかかる中、急成長を遂げた有料オンラインライブ。様々なジャンルで広く普及していますが、その一つにお笑いライブも含まれます。 2020年M-1グランプリのマヂカルラブリー優勝以降、「地下芸人」と呼ばれる地上波ではないライブの舞台で活躍する芸人への注目度が一層高まりつつある昨今。 お笑いライブシーンを題材に、リアルライブ再開後も一形態として定着しつつある有料オンラインライブの可能性を推察します。


【2022年ヒット商品】SPY×FAMILY、Midjourneyなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「ライフスタイル」編

【2022年ヒット商品】SPY×FAMILY、Midjourneyなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「ライフスタイル」編

「ヤクルト1000」が流行語大賞にノミネートするなど、様々なヒット商品が生まれた2022年。そこで今回は、ヒット商品が人々の心を捉えた理由と、どのような軌跡で盛り上がりを見せていったのか、Web行動ログデータとアンケート調査結果を用いて分析しました。「食編」「美容・ファッション編」「ライフスタイル編」の3カテゴリに分けて、レポートしていきます。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら