2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


スマート製品の普及

昨年12月29日に中国の動画共有サイトbilibiliによって「bilibili Z100」というランキングリストが発表されました。このランキングリストではZ世代に最も人気な商品(中国のブランドのみ)TOP100が示されていました。

「bilibili Z100」にランクインした商品を分析してみると、そのうちの42.4%が電子製品やIoT・AI製品、テクノロジー製品だということがわかりました。スマホやパソコンのような電子機器はもちろん、オフィス家具・事務用品や家電製品、乗りもの、ペット用品におけるIoT・AI製品とテクノロジー製品の割合も高めです。

「bilibili Z100」にランクインした商品のうちの電子製品やIoT・AI製品、テクノロジー製品の割合

オフィス家具・事務用品

中国の若者は仕事環境を改善するためになら、オフィス家具・事務用品に金銭と精力を惜しまないところがあります。

仕事と直結するオフィス家具として、電動昇降デスクや人間工学に基づいたオフィスチェアは一番最初に取り入れられる商品です。中国の人間工学椅子ブランド「SIHOO」の動画にはこのようなコメントがありました。

今『SIHOO』のオフィスチェアに座ってこの動画を観ている。最近椅子の購入を検討している友達みんなに人間工学椅子をお勧めしている。1700元(約3万円)はするけど、みんな買ったよ。なぜなら、私は椎間板ヘルニアの手術で6万元(約109万円)も費やしたからさ。

また、いわゆる事務用品とは少し毛色が異なりますが、AIを活用したネックマッサージャーや空気洗浄機・加湿器などの製品もかなり人気のようです。

家電製品

「bilibili Z100」にランクインした家電製品は12品ありましたが、そのうちの8割以上がAI製品となっています。

必需品であるエアコンやファンヒーターから、生活を豊かにするプロジェクターまで、とにかくAI技術が導入された物が人気です。また、若年層が最も好むAI家電といえば、やはりロボット掃除機や炊飯器、食器洗い乾燥機などの家事関係の製品のようです。

若年層の家電製品購入時の重視点

このランキングは昨年の初めに天猫(Tmall)が予測した2021年の中国市場のトレンドとも合致しています。

天猫(Tmall)の予測では、中国の若年層は家事をすると幸福感が低下すると感じ、家事から解放されたい欲求が高いため、スマートホーム製品はますます需要が高まるだろうとのことでしたが、実際「bilibili Z100」にランクインした製品と、2021年の中国スマートホーム製品市場規模(5,800.5億元/約10.5兆円)を見ても、その予測には間違いはなかったでしょう。

乗りもの

中国では乗りものに関しても、Z世代はAIを好むようです。「bilibili Z100」にランクインした乗りもののうち、66.7%はAI搭載の自動車や電動自転車、ひいては電動キックボードもAI技術が取り入れられたものの方が人気です。

ペット用品

AI家電と同様、2021年では自動猫トイレや自動給餌器などのペット家電の需要が大きくなると天猫(Tmall)は予想しました。それを裏付けるように、「bilibili Z100」にランキング入りしたペット用品はわずか4品しかない中、そのうちの1つがペット用品ブランド「Petkit」の自動給餌器でした。

美容医療

「2021美容医療業界白書」によれば、2021年の中国美容医療の産業規模は1846億元(約3.36兆円)に、美容医療サービスの消費者は1813万人になる見込みです。

また、2020年の105.7%という前年比と比べて、2021年の伸び率は21.6%であることからも、中国美容医療市場の成長と消費者による急速な需要の増大がうかがえるでしょう。

その最も重要な理由として、男性消費者の増加が挙げられます。

従来、美容医療サービスの消費者は9割ほどが女性でしたが、過去3年間の男性消費者の増加率はいずれも女性を上回っていることが、美容整形アプリ「SOYOUNG」のデータによって示されています。

特に2021年では、女性消費者の対前年同期比増加率が10.78%であるのに対して、男性消費者は65%と、女性の増加率の約6倍でした。付け加えると、美容医療サービスの利用だけでなく、男性化粧品市場の急成長も興味深いところで、中国人男性の美意識の変化を反映しているでしょう。

美容医療サービスの消費者の男女比とそれぞれの対前年同期比増加率

シルバー経済

シルバー経済は高齢者のレジャーや買い物、もしくは高齢者のケアのためのサービスなどを指します。

中国では60歳以上の人口は既に2.64億に達し、総人口の18.7%も占めています。

また、2021年11月11日に行われた中国の年間最大のECセールイベン「W11(ダブルイレブン)」に高齢者ユーザーが積極的に参加したことと、高い購買力を持つ高齢者の対前年同期比が1.9%増という「2021シルバー経済洞察報告」による調査結果から分かるように、中国における高齢者の消費意欲と購買力は高いです。それにもかかわらず、中国のシニア産業の展開はかなり遅れているのが現状です。

この状況に応じて、2021年11月24日に「中共中央国務院による新しい時代における高齢者の就業促進に関する意見」が発表され、シルバー経済の支援と高齢者のケアのためのサービス向上が呼びかけられました。従って、今後のシニア市場を取り巻く環境は次第に整えられていき、それと同時にシルバー経済も大いなる成長を遂げると考えられます。

まとめ

昨年度の中国のZ世代に最も流行ったのはスマート製品であり、これからも流行し続けるでしょう。特に、スマート製品は若年者よりも、むしろ高齢者の方の役に立つと思われますので、これからのシルバー経済の成長を考えると、スマート製品は幅広い年代の方を虜にしていくと考えられます。

美容医療市場も昨年は絶好調でした。また、男性の美意識の変化や高齢者の利用者数の増加、コロナ禍におけるマスク着用による肌トラブルの増加など、様々な要因によって美容医療市場はこれからも更なる成長を果たすでしょう。

<参考文献>
「B站上好评最多的产品,为什么是它们?」
https://www.36kr.com/p/1549373622649990
「B站Z100榜单出炉 揭晓年轻人的百大口碑国货」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1720466802840072541&wfr=spider&for=pc
「用AI营造有安全感的家—— 2021智慧家居趋势报告」
https://www.cbndata.com/report/2795/detail?isReading=report&page=1
「2021年会有哪些新鲜玩意?天猫说了7个字。」
https://m.sohu.com/a/443490173_120538942/
「36氪研究:2019十大巢流生活用户调研报告」
http://www.199it.com/archives/887105.html
「2021医美年终盘点:同比增长21.6%后,行业仍需翻越三座大山」
https://www.36kr.com/p/1548493662169097
「2021年中国男性化妆品市场规模及发展趋势分析」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1699432699204983947&wfr=spider&for=pc
「中国で活発化する「銀髪経済」 コロナ禍で高齢者の情報格差が解消」
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4773a5ff9fc8fb95f7b1dfc5a70e6739fa7960e
「中国老龄人口逼近3亿,“60后”会催生银发经济龙头企业吗?」
https://www.cbndata.com/information/220818
「营销周报|电商平台深入探索垂直领域,冬奥会成品牌营销热点」
https://www.cbndata.com/information/227324
「“老人与蓝海”,布局银发化妆市场是否为时尚早?」
https://www.cbndata.com/information/219813

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

2022年10月11日からの入国者数上限の撤廃・個人旅行の解禁などで、街にはさまざまな国の訪日観光客の姿を見ることも多くなった昨今。これからどれほどのスピードでコロナ以前の状態に戻るのでしょうか。本レポートでは、「台湾・タイ・中国」の人々にアンケート調査を実施。加えて、ヴァリューズに所属する外国籍スタッフへのインタビューも交え、訪日観光に対するリアルな声をまとめました。(ページ数|43ページ)


コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

拼多多(Pinduoduo)は2015年9月にサービスを開始した、中国のECプラットフォームです。 ソーシャルコマースを取り入れたPinduoduoの2022年第2四半期の業績は、予想を大きく回りました。Pinduoduoはどのようにして成功を収めたのか、その理由を解説します。


現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

海外進出。地理的・文化的な距離もある中で、リスクを軽減して効率よく参入を目指すには、適切なリサーチが必要不可欠です。そこでマナミナでは、「中国市場への参入」をテーマに、マーケティングの各フェーズにおいて効果的な調査・分析手法をご紹介する連載をスタート。第1弾の今回は、ヴァリューズの中国人アナリストに最初のフェーズ「市場環境分析」や、中国の最新トレンドについて伺いました。


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら