表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

「Google PageSpeed Insights」のスコア改善に役立つ使い方や高速化手法について解説します。SEO会社あるいはSearch ConsoleからWebサイトの表示速度が遅いと指摘されたときに使う「Google PageSpeed Insights」。表示速度の計測結果と高速化のための改善ポイントを示してくれる便利なツールです。


Webサイトの表示速度がSEOに与える影響​​

Webサイトの高速な表示が求められる理由は大きく2つです。Webサイトの表示に時間がかかると離脱率が上がるという調査結果と、GoogleがWebサイトの表示速度を検索順位の決定要素として利用すると公表したためです。

モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかると、53%が離脱する

Webサイトが遅いと離脱率が上がる話には、いくつかの調査結果があります。現代では多くのWebサイトでモバイルからのアクセスの方が多くなってます。低速なモバイル回線で表示に時間がかかるサイトは離脱されやすくなっています。

Googleの2017年の調査によると、モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかると、53%のユーザーが離脱してしまいます。

モバイルのランディングページが完全に読み込まれるまでにかかる平均時間は22秒です。それでも、モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかると、ユーザーの53%が離脱します。(Google,2017)

この数字は有名ですが、Googleのレポート原典は以下のURLです。

Find Out How You Stack Up to New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed

https://www.thinkwithgoogle.com/intl/en-ca/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

It's critical that marketers design fast mobile web experiences. New research shows how various sectors are performing when it comes to mobile page speed.

Googleは検索ランキングの決定要素にWebサイトの表示速度を使用する

Googleは2018年に検索アルゴリズム「Speed Update」をリリースし、表示速度が検索順位に影響することを明らかにしました。そのため、多くのサイト運営者がSEOの要素としてWebサイトの高速化を意識するようになっています。

対象となるのは、ユーザーがかなり遅いと感じるようなページのみで、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。

とはいえ、極端に遅いサイト以外では大きな影響なし

多くのSEO関係者は、ドメインの強さやリンク、コンテンツの品質など従来から大事と言われてきた要素の方が検索順位の大きな決定要素とみなしています。

2018年の「Speed Update」のリリースでも大きな順位変動はなく、その後も表示速度で検索順位が左右されているとはっきり言えるような事例が少ないためです。

検索順位とは、複数のサイトの相対的な順位です。Webサイトの表示速度は、ドメインの強さやリンク、コンテンツの品質などメインの要素が同程度のサイトがあったとき、サブの要素として使われていると考えられています。

とはいえ、極端に遅いサイトでは減点要素になっていることは間違いなく、自社サイトがそういう状況になることは避けた方がよいでしょう。

Google公式提供の計測ツール「Google PageSpeed Insights」

「Google PageSpeed Insights」を使ってWebの高速化を行うとき、大事なのはゴールの設定です。モバイル55〜65点くらいあれば十分で、90点等の高得点は不要です。

「Google PageSpeed Insights」の総合評価は50点以上が合格点で、ある程度の規模の運用中のサイトでモバイル80点を超えるようなサイトはほぼありません。特に、ネットワーク広告が入っているようなサイトでは60点を超えていないサイトも多いでしょう。

なおモバイルとPCのうち、モバイル側を基準とするのは、モバイル回線でPCより低スペックな端末で閲覧するため、モバイルの評価の方が厳しいためです。

競合サイト分析に使えるツール12選

https://manamina.valuesccg.com/articles/1815

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。

「Google PageSpeed Insights」の主要指標とその読み方​​

「Google PageSpeed Insights」では、100点満点の総合評価のほかに、ウェブに関する主な指標の内訳が示されます。

First Contentful Paint(FCP)

First Contentful Paint は、テキストまたは画像が初めてペイントされるまでにかかった時間です。

Speed Index

速度インデックスは、ページのコンテンツが取り込まれて表示される速さを表します。

Largest Contentful Paint(LCP)

最大コンテンツの描画は、最も大きなテキストまたは画像が描画されるまでにかかった時間です。

Time to Interactive

操作可能になるまでの時間とは、ページが完全に操作可能になるのに要する時間です。

Total Blocking Time​​

タスクの処理時間が 50 ミリ秒を上回った場合の、コンテンツの初回描画から操作可能になるまでの合計時間(ミリ秒)です。

Cumulative Layout Shift​​

Cumulative Layout Shift はビューポート内の視覚要素がどのくらい移動しているかを測定する指標です。

各指標の読み方

これらの各指標について計測値が提示されるほか、​​赤▲=​​0–49​​、オレンジ■=50-89、青●=90-100で同類のサイト間での偏差値的な採点が行われます。

一般に、ページの最終的な読込速度はSpeed Index​​で示されます。モバイルで10秒以上かかっていたら遅い部類で、8秒未満等を目指したい所です。

Total Blocking Timeで1000ミリ秒=1秒以上かかっていたら、広告ネットワークやTweetの貼り付けコードなどが影響しています。その処理が終わらないとほかの描画処理が進まないので、500ミリ秒未満等に改善する必要があります。

サーバー遅延の警告が出てFirst Contentful Paint​​が遅い場合は、レンタルサーバーが古く、スペック不足かもしれません。Webサイトを改修するより、別の高速なレンタルサーバーに乗り換えたほうが、良い結果が出ることが多いでしょう。

「Google PageSpeed Insights」によるスコア改善手法

サイトの担当者としてエンジニアに指示を出す場合、技術的な細かい部分まで把握している必要はありませんが、一般にどのようなスコア改善手法があるか、簡単に提示します。

表示速度を遅くする要素​​

一般にこれを入れると10点単位で「Google PageSpeed Insights」の評価が下がるという要素があります。しかし、AdSenseを外すわけにはいかないように、ある程度高速化した後は、この機能を外せば高速化できるけれども...というバーターが発生します。

・巨大な画像
・AdSense等のネットワーク広告
・スライドショー
・Twitter等SNSの埋め込み
・WebFonts

スコア改善に使われる高速化手法​​

「Google PageSpeed Insights」のスコア改善は、レポートで示された指摘事項をそのまま改善していけばよいので、比較的やることが明確です。

画像の最適化でよくあるのは、表示速度より大幅に大きな解像度の画像が使われている例です。PCで1200pxのメインビジュアルを使っていたとして、スマホでは数分の一の横幅でよいはずです。この場合、別画像を用意することでファイルサイズを抑えられます。

また、背景透過等どうしても必要な場合を除き、png画像の使用は避けるべきです。pngをjpgにするだけでファイルサイズが半分以下になります。

そのほか画像やスクリプトの遅延読込、JSやCSSのファイル結合によるリクエスト数削減なども定番の手法で、WordPressなら高速化系のプラグインが各種出回っています。

「Google PageSpeed Insights」は便利!

Webの表示速度が検索順位にも影響するため、サイト運営の担当者が高速化を求められるシーンも増えてきました。しかし、極端に遅いWebサイト以外ではSEO的な影響度も小さいと考えられます。検索順位を上げるためというより、下げられないために行う施策と位置づけた方がよいでしょう。

Webサイトの表示速度の測定や改善にはGoogle公式提供のツール「Google PageSpeed Insights」が定番です。細かい数値指標を計測してくれる上、具体的な改善方法も提示してくれるため、指摘された箇所を提示された方法で改善していけばよく、やることが明確です。

スコア改善のゴールとしては、モバイルの計測結果で50点以上が目安になってきます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SEO ツール

関連する投稿


SEO業者を選ぶ際は「費用対効果」「コンテンツの品質」「実績」を重視【eclore調査】

SEO業者を選ぶ際は「費用対効果」「コンテンツの品質」「実績」を重視【eclore調査】

株式会社ecloreは、20~50代のSEO施策を知っている男女を対象に、SEOに関するイメージ調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析は、顧客の購買プロセスを可視化することで、自社の現状の課題を明確化するために行います。 売り上げをアップさせるためには、マーケティングファネルの概念を理解した上で、分析結果に基づいた効果的な施策を行う必要があります。 しかしながら、マーケティングファネルには種類があり、目的や課題によって利用するファネルが異なります。 そこで本記事では、マーケティングファネルの種類や事例に加え、やり方や円滑に分析できるツールについてご紹介します。


SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

狙っているキーワードで上位を獲得している競合サイトを分析して良い部分を自社サイトに取り入れましょう。すべてのサイトを見るのは大変なので、効率的に競合分析するには競合サイトの見つけ方が大事。メインの流入キーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトと比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

Googleが2024年3月のコアアルゴリズムアップデート(March 2024 core update)をリリースしました。今回はコアアップデートとあわせて、スパムに関する新しいポリシーも導入されています。


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

人流がコロナ前に戻り、ここ1、2年は各地で色々な施設がオープンしています。そんな最新のスポットで重要になってくるのは、今後の評判を左右する「アーリーアダプター」による評価や影響ではないでしょうか。今回は、最近話題の施設から「イマーシブ・フォート東京」「豊洲千客万来」「麻布台ヒルズ」の3つをピックアップして、各施設の公式Webサイト訪問者からアーリーアダプターの特徴を深掘り調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ