“16Personalities” is drawing attention among Gen Z: Its growing popularity is due to “job-hunting” and “social media”?

“16Personalities” is drawing attention among Gen Z: Its growing popularity is due to “job-hunting” and “social media”?

The 16Personalities personality test is becoming popular among young people. Celebrities have also shared the results of their personality diagnosis on their social media. When we researched the usage trends of 16Personalities, we found that Gen Z is using it for job-hunting and writing their profiles.


Hello! I'm Haru, a freshman at Waseda University.
I'm an active member of my university's academic on-campus club "Marketing Study Group," and as an intern, I'm conducting research and writing MANAMINA articles. Be sure to read until the end! Thank you!

What is 16Personalities?

16Personalities is a personality test that categorizes personalities and a person's character from 16 personality types based on the answers given in a questionnaire of 93 questions. You can take the test for free on their official website.

An example of "16Personalities" personality types (partial excerpt)

This figure below exhibits the changes in the number of people visiting the 16Personalities website (https://www.16personalities.com), and you can see that the traffic has started to increase at the beginning of 2023. What kind of people are visiting their website?
We will study the data using VALUES' online behavioral data analytics tool "Dockpit," which allows you to analyze competitor websites and research trends based on behavioral data that is updated monthly, all accessible within a browser.

“16Personalities” website: changes in the number of visitors
Period: July 2022 – June 2023
Devices: PC, smartphone

What kind of people are using 16Personalities?

Now let's look at the user attributes of the people visiting the 16Personalities website.

Starting with gender, the male-to-female ratio is approximately 4:6, indicating that there are more female users than male users.

"16Personalities" website: male-to-female ratio of visitors
Period: July 2022 - June 2023
Devices: PC, smartphone

Next, for age, 50% are in their 20s, with young people accounting for the majority.

"16Personalities" website: visitors by age group
Period: July 2022 - June 2023
Devices: PC, smartphone

Furthermore, if you look at the annual household income, you can see that it is slightly lower than the average among Internet users as a whole.

"16Personalities" website: annual household income of visitors
Period: July 2022 - June 2023
Devices: PC, smartphone

From the above, it can be seen that many people in their 20s, women, and people with an annual household income slightly lower than the average use 16Personalities. In other words,

Females who have just started working or are students = Generation Z women
are the primary users of 16Personalities


Why does this segment use 16Personalities the most?

What are users interested in?

Next, we will investigate why Gen Z women are the main users. For the analysis, we used online behavioral data and questionnaire data, and use VALUES' analytics tool "story bank" (only available in Japanese) that can aggregate the movements before and after specific online behaviors as well as user attributes among target users.

The following data is the ranking of websites viewed by 16Personalities users in the 180 minutes before and after their visit.

"16Personalities" website: ranking of websites viewed 180 minutes before and after visit
Period: July 2022 - June 2023
Devices: PC, smartphone

Specifically, No.2 "Mochilabo," No.3 "Shutsutsu no Kyokasho," No.5 "arweb" and No.8 "NET ViVi" are ranked in, and from this, we can see that

Job-hunting websites and beauty websites

are the most popular.
Let's take a look at the ranking of popular apps used among 16Personalities visitors as well.

"16Personalities" website: ranking of apps used 180 minutes before and after visit
Period: July 2022 - June 2023
Devices: Smartphone

Camera apps and photo-editing apps such as No.2 “Meitu” and No.6 “SNOW” ranked high.
Based on the above, it can be said that visitors of the 16Personalities website use the diagnosis results for

• self-analysis for job-hunting
• creating profiles/bios for their social media, etc.

Conclusion

In this research, I investigated the 16Personalities personality test, which is becoming popular among the public. The findings are that

(1) Gen Z women are considered to be its main users
(2) The results of the personality test are used for job-hunting and social media purposes

I, too, am Generation Z, and many people around me are doing self-diagnostics and posting them on social media. Letting others know your personality may have a role in deepening relationships.

However, it may not be as well known to the public yet. Considering that celebrities are talking about it on social media, I think it will become more popular in the future. It is definitely worth keeping an eye on!

About Dockpit

▼Data from Dockpit was used in this case study. Dockpit is an online behavior analytics tool provided by VALUES, Inc., and it allows you to access online behavioral data (updated monthly) via your browser so you can research competitor websites and investigate trends. There is a FREE version of Dockpit, so if you are interested in using it, please register below.

dockpit Get free version

※日本語での記事はこちらをご確認ください

Z世代から注目を浴びる「16Personalties」。人気の理由は「就活」と「SNS」?

https://manamina.valuesccg.com/articles/2605

今若者の間で流行り始めている16Personalities性格診断。芸能人が自身のSNSで診断結果を共有している投稿を、見かけた方も多いのではないでしょうか。そんな16Personalitiesの利用動向を調査したところ、Z世代が就活やプロフィール作りに活用している様子が見えてきました。

この記事のライター

Born and raised in the Bay Area, U.S.A, I was fascinated by the different social and purchasing behaviors between Japanese and American consumers. I studied communication for undergrad and international marketing for my graduate studies. My professional background is in bilingual recruitment and Japanese-English translation.

関連するキーワード


Z世代

関連する投稿


Z世代がサロンを探すときは“ハッシュタグ”と“実例数”を重要視?【僕と私と調査】

Z世代がサロンを探すときは“ハッシュタグ”と“実例数”を重要視?【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、全国のZ世代を対象に、サロンに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第17弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「イマーシブ・フォート東京」「変な家」「新生活」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。イマーシブ・フォート東京が刺さるのはどんな人?映画化で話題の「変な家」と、マンガ広告が生み出す購買活動とは?、Z世代のニーズに刺さる家電のサブスクリプションとは?など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

日本の消費を活気づける「推し活」。実は10代の8~9割以上が「推し対象あり」と回答しているという結果も。本ホワイトペーパーでは、推し活市場の現状や、推し活にかける時間・金額などの行動実態、コラボ企画といったマーケティングとの接続について調査し、推し活への理解を深めていきます。


最新の投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアは車を共同利用するサービスで、日本にシェアリングエコノミーの考え方が広がるとともに普及しました。今回は国内の主要な13のカーシェアサービスのWebサイトを訪問した人のデータから、カーシェア業界の市場規模やどのような層が関心があるのかを調査していきます。


スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

株式会社ネオマーケティングは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「スポーツの推し活」をテーマにインターネットリサーチを実施し、結果を公開しました。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析は、顧客の購買プロセスを可視化することで、自社の現状の課題を明確化するために行います。 売り上げをアップさせるためには、マーケティングファネルの概念を理解した上で、分析結果に基づいた効果的な施策を行う必要があります。 しかしながら、マーケティングファネルには種類があり、目的や課題によって利用するファネルが異なります。 そこで本記事では、マーケティングファネルの種類や事例に加え、やり方や円滑に分析できるツールについてご紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ