広がるBaaSの事例を解説「第一生命NEOBANK」の利用者数や特徴は?

広がるBaaSの事例を解説「第一生命NEOBANK」の利用者数や特徴は?

「BaaS」とは金融機関以外の企業が金融サービスを提供することを意味します。小売業がこれら決済システムを導入した結果、利便性や顧客満足度の向上が実現した事例もあります。今回は、住信SBIと第一生命が提供するスマートフォンアプリ「第一生命NEOBANK」の登録利用者について調査しました。


BaaSにより拡大された金融サービス

BaaSとは「Banking as a Service」の略称です。銀行が行っているサービスや機能を、さまざまな企業が自社サービスに取り入れて金融サービスを提供することを意味します。銀行には「預金」「融資」「為替」の3つの大きな業務がありますが、これらを提供するにはライセンスや業務上の仕組みが必要です。そのため、これまでは金融機関以外の企業が決済や送金などのサービスを提供するのは難しい状況でした。しかしIT技術の活用で、金融機関以外の企業でも金融サービスの提供が可能になりました。

BaaSの一例として「UNIQLO Pay」があげられます。会員証のアプリに銀行口座やクレジットカードを登録すると、会計時にQRコードを読み込むだけで決済可能です。このUNIQLO Payの導入でスムーズに会計でき、レジの待機時間の短縮も実現されました。実にBaaSの活用で利便性や顧客満足度の向上につながった好事例だといえるでしょう。自社サービスに決済機能を加えてサービス提供するパターンはすでに多くの事例があります。

今回、BaaSの具体的な事例として「第一生命NEOBANK」をとりあげます。2023年1月11日に開始したばかりの新しいサービスで、スマートフォンひとつで銀行取引が完結したり、0歳からの口座開設ができたりする点が魅力です。「第一生命NEOBANK」のアプリ利用者にはどのような特徴があるのでしょうか。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、調査・分析しました。

住信SBIと第一生命が提供する第一生命NEOBANK

住信SBIネット銀行と第一生命保険株式会社が提供する銀行サービスが「第一生命NEOBANK」です。住信SBIネット銀行の銀行代理業者として、第一生命が各種銀行サービスを提供する仕組みです。利用者は「住信SBIネット銀行 第一生命支店」の口座を開設する必要がありますが、通常の住信SBIネット銀行とは異なる第一生命からの独自サービスを受けることができます。

第一生命NEOBANKには以下の5つの特徴があります。
・残高照会や銀行振込、ATMでの入出金などがアプリで完結。
・24時間365日、ATM利用手数料とほかの金融機関への振込手数料がそれぞれ毎月5回まで無料。
・住信SBIネット銀行としては初の0歳からの口座開設が可能で、口座間の振込手数料は何度でも無料。
・口座開設時にスマホデビットかデビット付キャッシュカード(リアルカード)のいずれかの選択が可能。
・強固なセキュリティー対策がされており、生体認証でのログインも可能。

スマートフォンアプリですべての銀行取引が完結するため、店舗に行く必要がないのが大きな特徴です。また口座開設時にカードレスの「スマホデビット」を選択すれば、財布を持たずに買い物もできます。スマートフォンひとつで時間や場所にしばられることなく銀行取引ができるのは、まさにBaaSの成功事例だといえるでしょう。

図:第一生命NEOBANKトップページ

アプリ利用者数は4ヶ月で3倍以上に増加

「第一生命NEOBANK」のアプリ利用者の属性数をみていきましょう。

まずアプリ利用者数推移です。サービス開始は2023年1月11日です。1月時点では20万程度だったユーザーが5月には75万程度と、4ヶ月で3倍以上に増えています。利用者数増加の背景としては、開業記念で最大6,000円相当のプレゼントキャンペーン(※1)やデビットカード20%還元キャンペーン(※2)などの実施が考えられます。

(※1)第一生命NEOBANK 開業記念キャンペーン
(※2)第一生命NEOBANK デビットカード20%還元キャンペーン

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者数推移

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者数推移
期間:2022年12月~2023年8月
分析ツール:Dockpit
デバイス:スマートフォン

次にアプリ利用者の性別です。男性は女性の約3倍と、男性のほうが第一生命NEOBANKに関心を持っていることがわかります。

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の性別

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の性別
期間:2022年12月~2023年8月
分析ツール:Dockpit
デバイス:スマートフォン

次は年代です。40代がもっとも高く25%を超えています。30代も約25%であるため、30,40代の関心が高いとわかります。20代は約8%と30代の3分の1程度で、関心が低い傾向にあります。生命保険会社が提供する金融サービスであるため、生命保険、資産形成や住宅・教育ローン等があまり身近ではない20代は、関心を持つ人が少ないと考えられるでしょう。

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の年代

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の年代
期間:2022年12月~2023年8月
分析ツール:Dockpit
デバイス:スマートフォン

最後は世帯年収です。400万円を境にインターネット利用者全体よりも世帯年収が低い層と高い層にわかれている点が特徴的です。インターネット利用者全体よりも年収400万円未満は少ない傾向にありますが、400万円を超えると多くなっています。とくに年収1,000万〜1,500万円の高収入層はインターネット利用者全体との差が大きくなっています。

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の年収

図:「第一生命NEOBANK」アプリ利用者の年収
期間:2022年12月~2023年8月
分析ツール:Dockpit
デバイス:スマートフォン

アプリ利用者はマネー、投資への関心が圧倒的に高い

「第一生命NEOBANK」はスマートフォン専用アプリで銀行取引を行います。Webサイトを使わずアプリで完結する金融サービスの利用者は、どのようなジャンルに興味関心があるのでしょうか。以下の図は、アンケートにより興味関心を調査した結果です。横軸が特徴値、縦軸がリーチ率を表しています。右上にいくほど、分析対象者がインターネット利用者全体よりも特徴的に興味関心があるジャンルを示しています。

図:アプリ「第一生命NEOBANK」利用者の興味関心

図:アプリ「第一生命NEOBANK」利用者の興味関心
期間:2022年8月〜2023年7月
分析ツール:story bank
デバイス:スマートフォン

マネー、投資への関心は圧倒的に高いとわかります。経済への関心が高いのは、マネー、投資と関連があるためだといえるでしょう。スマートフォンにも特徴的に興味関心を持っているとわかります。第一生命NEOBANKはスマートフォンアプリで銀行取引が完結するため、もともとスマートフォンへの関心が高い層から注目されていると推測できます。
また意外にも保険へのリーチ率は約10%と低いことがわかりました。「保険会社による金融サービス」よりも「住信SBIネット銀行の新サービス」の印象が強いユーザーが多いのかもしれません。ユーザーの興味関心を高めるには、提携サービスの認知度も重要だといえるでしょう。

まとめ

今回はBaaSの事例として「第一生命NEOBANK」のアプリ利用者の特徴や興味関心を調査しました。

BaaSとは「Banking as a Service」の略称です。従来は銀行のみで展開していたサービスや機能を、企業が自社サービスに取り入れて金融サービスを提供することを意味します。BaaSにより利便性や顧客満足度の向上が実現した事例は多々あります。

今回とりあげた「第一生命NEOBANK」は、住信SBIネット銀行と第一生命保険株式会社が提供する銀行サービスで、スマートフォンで銀行取引が完結するため金融機関の店舗に行く必要がなく、またカードレスで財布を持たずに買い物できる点が大きな特徴のひとつです。

「第一生命NEOBANK」のアプリ利用者数が4ヶ月で3倍以上に増えているのは、キャンペーン実施が背景にあると考えられるでしょう。第一生命NEOBANKには女性よりも男性のほうが関心を寄せており、年代では40代がトップです。世帯年収は1,000万〜1,500万円でインターネット利用者全体との差が大きく出ています。

story bankによる調査では、「第一生命NEOBANK」アプリ利用者はマネー、投資への関心が圧倒的に高いとわかりました。「保険」のリーチ率が約10%と低いため「生命保険会社が提供する金融サービス」のイメージは強くないのかもしれません。利用者の更なる興味関心を高めるには提携サービスの認知度がひとつのポイントになるでしょう。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

Webライター。転職、キャリア、美容、不動産、金融ジャンルの記事を執筆中。新卒からシステムエンジニアとして働いていました。ライティングにおいては、わかりやすい文章を書くことはもちろん、どこかくすっと笑えるような、読み手が温かい気持ちになれる記事を書くことを心がけています。

関連する投稿


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

人気デリバリーアプリ「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」のポジション分析 | コロナ初期からの変化は?【2024年最新版】

ここ数年で需要が高まったデリバリーアプリ。コロナ禍に利用し始めた人も多いのではないでしょうか。デリバリーサービスが注目され始めて数年が経った今、需要はどう変化したのか、また各社アプリを今利用しているのはどのような人たちなのか、人気デリバリーアプリの「Uber Eats」「出前館」「menu」「Wolt」を比較しながら分析します。


平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

平成女児に人気再燃のセーラームーンとプリキュアはなぜ数十年にわたり愛される? ファン層の特徴から分析!

30周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」と20周年を迎えた「プリキュア」。この2つの作品名を聞いたことがない方はいないでしょう。セーラームーンは特に女性人気が高く、プリキュアは男女どちらからも愛されているようです。本記事では、この2つの作品のファンについてより深く分析します。また、ファンの特徴から作品が愛される理由を考察します。


Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

Social media usage among seniors! Mainly YouTube, with significant growth in TikTok usage

There’s often a lot of focus on social media use among young people. But we also want to look at trends among “digital seniors.” We will investigate seniors’ usage of Facebook, Instagram, X (formerly Twitter), YouTube, and TikTok, analyzing usage characteristics and comparing them to usage among those in their 20s.


シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

シニアのSNS利用実態を調査!YouTubeに集中も、TikTok利用の伸びが顕著

若者のSNS利用が注目されがちな昨今。一方、「デジタルシニア」の動向も注目しておきたいところです。今回は、Facebook・Instagram・X(旧Twitter)・YouTube・TikTokについて、シニアの利用実態を調査。20代と比較しながら、シニアのSNS利用の特徴を分析します。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ