訪問ユーザー数急上昇サイトを調査。ミレニアル世代向けニュースメディアやdグルメの成功理由は

訪問ユーザー数急上昇サイトを調査。ミレニアル世代向けニュースメディアやdグルメの成功理由は

2019年6月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをチェック。6月のトレンドを調査しました。


UU数増加率1位は「Newsphere」、2位は大正製薬のECサイト

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

デバイスはPCとスマートフォンの合算。ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に即して推計。

1位はポップなニュースマガジン、ECサイトも上位にランクイン

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:Newsphere

前月と比べてサイトを訪れた人が一番増加していたのは、ミレニアル世代向け国際ニュースメディア「Newsphere」でした。

中でもどのようなコンテンツが注目を集めていたのか見ていきましょう。

「Newsphere」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「世界で最も美しい顔ランキング」や自動車のニュースなど国際ニュースの中でもキャッチーな話題がそろっていますね。ページごとのユーザー数の偏りは比較的小さいですが、ユーザー数上位11ページを比較すると、うち4ページが車関連のニュースとなっています。

次に流入元サイトの分析から急上昇の理由を分析してみましょう。

「Newsphere」のセッション数流入元(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

上のグラフに見られるように、外部サイトからの流入が最大で、次いで検索、ノーリファラーとなっています。外部サイトの内訳はどのようになっているでしょうか。

「Newsphere」流入元の、2019年6月の外部サイトランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

流入元サイトを見ると、「gooニュース」や「Googleニュース」など、ポータルサイトのニュースページからの流入が多いことがうかがえます。

ここで、比較の対象として前月5月の流入元サイトを見てみましょう。

「Newsphere」流入元の、2019年5月の外部サイトランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

5月と6月の流入元を比較すると、流入元に違いがあることがわかります。5月の方が多様なサイトからの流入が見られますが、5月には6月に流入元の1位と2位を占めたユーザー数の多いニュースサイトの「gooニュース」、「Googleニュース」からの流入がないことがわかります。

以上の状況から、先月よりもユーザー数が2.5倍まで増えたことには、大手ポータルサイトのニュースのトピックスに選出されたことが関係あると言えるのではないでしょうか。

2位:大正製薬 ダイレクトオンラインショップ

2位の「大正製薬ダイレクトオンラインショップ」は、大正製薬のECサイトです。2019年1月から2019年6月のユーザー数の推移を見てみましょう。

「大正製薬 ダイレクトオンラインショップ」2019年1月から6月のユーザー数推移(対象デバイスはPC, Androidスマートフォン、「eMark+」画面より)

2019年1-6月のユーザー数推移を見てみると、1-3月にかけて下降、3-5月はほぼ横這いであったものが、6月にはおおよそ2月の水準に戻っています。

次にアクセス獲得経路を見てみましょう。

「大正製薬 ダイレクトオンラインショップ」のセッション数流入元(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

上図のように、流入元がほとんど外部サイトであることがわかります。

3位:dグルメ

3位のdグルメは、料理のレシピからレストランのクーポンに至るまで食に関する情報を総合的にまとめたサイトです。

こちらのサイトも前月と比較してUU数を2倍に増やしていますが、コンテンツからその理由を読み解いてみましょう。

「dグルメ」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

コンテンツランキングを見てみると、上位3位と6位を占める「dグルメ4周年記念企画!使えば使うほどポイントが積み上がる!|dグルメ」というページタイトルが目につきます。

これらのページは、1日1回アクセスすることで1ポイント=1円として使える「dポイント」が貯まるキャンペーンの特設ページです(下図参照)。このキャンペーンがUU数の増加に貢献していたと考えられるでしょう。

トラフィック獲得経路も確認してみましょう。流入元を見てみると、検索による閲覧はほとんどなく、大半が外部サイトからの流入であることがわかります。

「dグルメ」のセッション数流入元(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

さらにその流入元のサイトを見てみましょう。

「dグルメ」流入元の、2019年6月の外部サイトランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

流入元のサイトを見てみると、上位8サイトのうち5サイトがdocomo系列のサイトであることがわかりました。

4月の急上昇メディアとして浮上した「楽天ポイント加盟店サービス」と同様に、多岐にわたるビジネスを展開するdocomoの各サイトでキャンペーンを宣伝し、トラフィックを獲得しているようです。

4位「メディカルノート」のUU数増加は手足口病の影響か

ここからは4位以下でUU数増加の原因が面白そうなものをいくつかピックアップしていきたいと思います。

まずは4位の「メディカルノート」。流入元を調べると1位から3位とは異なり、検索による流入が大半を占めています。この点から、ユーザーの関心が高まったことで検索件数が増えた何らかの事象との関係が予想されます。

「メディカルノート」のセッション数流入元および2019年6月の検索キーワードランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

そこで検索に用いられたキーワードを調べてみたところ、セッション数の1位、3位、7位が「手足口病」を含んでいました。

手足口病は夏の流行病です。今年2019年の夏は手足口病が千葉県でかなり流行しており、心配してインターネットで調べるうちに「メディカルノート」に辿り着いた可能性が考えられます。

7位「自然食研」はしじみ習慣のキャンペーンが寄与

また、7位の「自然食研」はコンテンツランキングに特徴がありました。

ランキング上位10位を見ると、そのすべてが同社の主力商品の一つである「しじみ習慣」のキャンペーンページになっています。

「自然食研」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

ここでPV比率が16.7%にもなっている1位のディレクトリを開いてみると、以下のようなページになっていました。

このカプセル自動販売機を回し、当たりが出ると試供品がもらえる仕組みとなっています。当たりが出るまで何回でも回せるため、実質的には試供品のサービスなのですがゲーム性を持たせてあります。

コンテンツランキングの上位10位はことごとく「しじみ習慣」の試供品キャンペーンに関するページでした。

まとめ

最後に2019年6月の急上昇サイトの、注目の訪問ユーザー数増加要因をまとめます。

1.ポイントや試供品の無料配布
「dグルメ」や「自然食研」のように、そのページを訪れるだけ、あるいは簡単な操作をするだけでポイントがもらえたり、試供品がもらえるという動機付けは当然ながら有効のようです。

2.外部サイトからの呼び込みがカギ
急上昇メディアを分析した結果、「メディカルノート」のように特定のテーマでの検索流入が増える場合もありましたが、基本的には外部サイトからの流入が急上昇の要因でした。楽天やドコモでは自社サイトでのPRにより確実にUU数を伸ばしており、「Newsphere」のUU数の増加もポータルサイトからの流入によるところが大きいことがわかりました。

今回取り上げたトレンドや他社事例を活用し、キャンペーン施策立案などのマーケティング活動に活かしてみてください。

関連する記事

【2019年版】男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

https://manamina.valuesccg.com/articles/526

世の中のユーザーがどんなアプリを利用しているかを、実際の行動ログから調査してみました。

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

競技ごとにスポーツマーケティングの動向をとりあげる連載企画。3つ目の競技は、昨年9月20日~11月2日のワールドカップで日本中、いえ世界中を熱狂させた「ラグビー」です。


急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

1月に入ってじわじわ検索ユーザーが増えるキーワードが「バレンタイン」。今回は「バレンタイン」関連の検索キーワードについて、ユーザー動向や人気のコンテンツをサイト分析ツール「eMark+」を使って探ります。


コンテンツのサブスク「cakes」を調査。noteとの併用状況を考察すると…

コンテンツのサブスク「cakes」を調査。noteとの併用状況を考察すると…

デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」とは一体どのようなサービスなのか、また同様のサービスである「note」との違い、共通点、そしてつながりは何なのか。ユーザー数、ユーザーの流入元、コンテンツランキングを調べ、サービスの特徴を考察しました。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


最新の投稿


STP分析でセグメンテーションする具体的な方法

STP分析でセグメンテーションする具体的な方法

自社にとって優位なマーケティング戦略を練るうえで欠かせないフレームワークSTP分析。今回STPのうちのS=セグメンテーションについて、市場を細分化する具体的な方法やポイント、事例をご紹介します


いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

競技ごとにスポーツマーケティングの動向をとりあげる連載企画。3つ目の競技は、昨年9月20日~11月2日のワールドカップで日本中、いえ世界中を熱狂させた「ラグビー」です。


急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

1月に入ってじわじわ検索ユーザーが増えるキーワードが「バレンタイン」。今回は「バレンタイン」関連の検索キーワードについて、ユーザー動向や人気のコンテンツをサイト分析ツール「eMark+」を使って探ります。


Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

検索結果に表示にされるGoogleマイビジネスに悪意ある口コミや低評価がされていると、事業に悪影響があります。こうした「不適切な口コミ」は一定の基準に基づき削除できます。具体的には「禁止および制限されているコンテンツ」の項目いずれかに合致している口コミは、ポリシー違反として違反報告するとGoogleの判断で削除されます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら