ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

「eMark+(イーマークプラス)」のKeyword Finderを使うと、性別・年代・地域などの属性や、業界にターゲットを絞って人気のキーワードを知ることができるのをご存知でしょうか?SEOやリスティングのキーワード対策に役立ちます。


「Keyword Finder」は、株式会社ヴァリューズが提供するインターネット行動ログ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のメニューの1つで、検索キーワード調査に特化しています。

eMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder

ターゲットごとの人気キーワードがわかる「キーワードランキング」

キーワードランキング」は指定した属性や業界ごとのキーワードの検索ボリュームや、曜日別や時間帯別のトレンド、実際にアクセスしたページなどがわかる機能です。

PCデータのキーワードランキングを見るには?

1.eMark+のスタートメニューから、Keyword Finderの「キーワードランキング」を選択
2.「PCのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
3.【絞り込み条件】の『検索ユーザー属性』または『カテゴリ/サブカテゴリ』の[選択する]ボタンをおすと、選択のウィンドウが表示される
4.「男性」など見たい属性にチェックを入れて[選択を確定]ボタンをおす
5.「条件保存&集計開始」をクリックする

まずは、男性のキーワードランキングをみてみましょう。『検索ユーザー属性』で男性を選択して集計を開始します。

Keyword Finder キーワードランキング ユーザー属性を選択

※【絞り込み条件】は、『検索ユーザー属性』または『カテゴリ/サブカテゴリ』のいずれか、もしくは『検索ユーザー属性』と『カテゴリ/サブカテゴリ』の掛け合わせからも選択できるので、目的にあわせて分析が可能です。

集計が完了すると下図のように最新1ヶ月のキーワードランキングが表示されます。その数は3,000ワードにもおよびます。
※絞り込み条件によって、表示数は異なります。

Keyword Finder キーワードランキング 集計結果

上位には、YouTube、Amazon、Yahoo!などのワードが並んでいます。

ランキング表では、各キーワードのユーザー数、セッション数の他に、自然検索セッション数やリスティングセッション数などもわかるようになっています。

また、『比較月1』、『比較月2』も1ヶ月前から12ヶ月前まで設定できるので、比較したい月を選択して集計することが可能です。

Keyword Finder キーワードランキング 比較月

検索しているユーザーはどんな人?

「ユーザー属性」を選択すると、検索したユーザーの性別・年代・地域などの属性がわかるようになっています。表示形式もユーザー数と構成比で選択できたり、グラフも円グラフや横棒グラフなど見やすいように簡単にカスタマイズすることが可能です。

Keyword Finder キーワードランキング ユーザー属性

性別や年代を軸に検索キーワードをマッピング

属性別マップ」をクリックすると、ユーザーの“年齢”を縦軸に、“未既婚”を横軸にとり、「男性」が検索したキーワードをマッピングした結果が表示されます。
※今回は検索ユーザー属性が「男性」で設定されているので横軸を“未既婚”に変更して再検索してますが、デフォルト値は横軸が“性別”になっています。

性別や年代により検索されているワードの違いがわかるようになっているので、ターゲットユーザーに効率の良いキーワードを発見することができます。

また、属性軸は性年代以外にも年収子供有無などからも選択することができます。

Keyword Finder キーワードランキング 属性別マップ

検索後にどんなページにアクセスしているか?

キーワードにカーソルをあて右クリックして、「ランディングページ一覧」を選択するとランディングページがランキング形式で表示され、どんなページに流入しているかを確認できます。

「ランディングページ一覧」の他にも、「流入ホスト一覧」や「曜日別詳細」、「時間帯別詳細」などもわかります。

Keyword Finder キーワードランキング ランディングページ一覧

Yahoo!の「ランディングページ一覧」を見てみると、上位の顔ぶれはYahoo!のサイトトップ、Yahoo!ニュース、ログインページ、Yahoo!ショッピングなどとなっていました。

ユーザーが何を求めて検索しているか確認しやすく、ニーズに合わせたランディングページを設定することに役立ちます。

Keyword Finder キーワードランキング ランディングページ一覧

スマートフォンデータのキーワードランキングを見るには?

Keyword Finderはデバイスごとにデータが分かれています。スマートフォンのデータを見る手順を簡単にご紹介しましょう。

1.eMark+のスタートメニューから、Keyword Finderの「キーワードランキング」を選択
2.「スマートフォンのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
以降は、PCデータと同様の手順になります。

この記事でご紹介した「Keyword Finder」のキーワードランキングは有料機能となっていますが
ユーザー数の多いサイトがわかる「サイトランキング」や、指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」などは無料で利用することができます。

まずは無料版に登録して、実際にeMark+を体験してみてくださいね。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 競合分析 eMark+

関連する投稿


自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。


Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

インターネット百科事典『Wikipedia』でよく見られているコンテンツを時系列で見ると、世の中で話題の出来事、ユーザーの関心の動向が見えてくるのでは…。そこで今回は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、Wikipediaで過去半年の間に話題になったトピックを振り返ります。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


急上昇ワードに“リングフィットアドベンチャー”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/11/3~2019/11/9)

急上昇ワードに“リングフィットアドベンチャー”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/11/3~2019/11/9)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。


Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

インターネット百科事典『Wikipedia』でよく見られているコンテンツを時系列で見ると、世の中で話題の出来事、ユーザーの関心の動向が見えてくるのでは…。そこで今回は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、Wikipediaで過去半年の間に話題になったトピックを振り返ります。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら