中国で大人気のリモートワークアプリ「DingTalk(ディントーク)」を徹底解説

中国で大人気のリモートワークアプリ「DingTalk(ディントーク)」を徹底解説

新型コロナウイルスが「無接触」サービスの発展を促しました。中国では、アリババやテンセントなどがグループウェアで激しい勢力争いを繰り広げ、中国版のSlackとしてもよく知られる、アリババグループの「DingTalk(ディントーク)」がオンライン授業、リモートワークサービスの覇権を握るようになりました。今回は、新型コロナ対策としての「DingTalk」について紹介します。


「DingTalk(ディントーク)」とは

「DingTalk(ディントーク、中国語:「釘釘」)」は、アリババグループが、中小企業を支援するために自社開発した、一体型コミュニケーションおよびモバイルオフィスサービスです。App StoreやGoogle Playストアなどから無料でダウンロードできます。

DingTalk のサービス動画

※DingTalkの中国語のキャッチフレーズ
「三億人に使われるDingTalk、勉強と日常生活をもっと便利に」

「DingTalk 」は業務効率化に役立つツールとして2015 年よりサービスを開始し、1,000 万を超える企業、2億人以上のユーザーに利用されるプラットフォームに成長しました。中国版のSlackとしてもよく知られています。

そして、リモートワークが急速に普及したここ数ヶ月で、「DingTalk(Lite版を含む)」は、中国で最も利用されているオンライン授業・リモートワークアプリとなりました。その他に、「DingTalk」は、世界中の医療専門家が新型コロナウイルス感染症対策に関する情報を共有し合うプラットフォームとしても利用されています。

2020年4月、新型コロナウイルスの影響を受け、ビジネスにおけるビデオ会議やオンライン授業のライブ配信に対する需要がこれまで以上に高まったことから、企業や教育機関を支援するための「DingTalk Lite(ディントーク・ライト)」がリリースされました。現在、「DingTalk」は日本語、英語、中国語に対応しており、日本、シンガポール、香港、マカオのユーザー向けに提供されています。

「DingTalk(ディントーク)」の日本語サイト

「DingTalk」の機能を解説! Slack、Zoomとの相違点とは

では、次に「DingTalk」の機能について解説します。

「DingTalk」には、社内の連絡帳およびチャット、出勤管理、タスク管理といったSlackと共通する機能や、ビデオ会議などのZoomと共通した機能があります。しかしそれだけではありません。「DingTaik」ならではの特徴的な機能は、大きく分けて4つあります。

【1】大規模なオンライン・コミュニケーションを支える1000人の参加者をライブ配信グループに招待できる「ライブ配信機能」、および300人以上が同時にグループに参加できる「ビデオ会議機能」です。これら二つの機能を無料で利用可能なことは、Zoomの有料プランよりお得だと考えられます。

【2】未読メッセージについて相手にリマインドできる「DING機能」です。「DingTalk」はすべての機能を無料で利用することができますが、「DING機能」に関しては、一日に利用可能なDing(リマインド)の回数が決まっており、上限回数を越えると、有料となります。例えば、20人のグループであれば、無料版では、一日で最大40回のDing(リマインド)が利用可能です。

Ding機能の上限回数

【3】従業員や学生が感染の疑いがないか検査するために、毎日の体温を記録する「健康カード機能」です。

健康カード機能

【4】ビデオ会議にA Rを取り入れた「美顔機能」です。

美顔機能
出典:dingtalk.com

以上のような利便性の高い機能が評価され、2020年2月初頭には「DingTalk」は、中国版アプリストアで、最大のメッセージアプリである「微信(ウィーチャット)」を上回るダウンロード数を獲得しました。

中国の新型コロナ対策としての「DingTalk」〜オンライン授業編〜

では、続いて、オンライン教育の観点から、「DingTalk」をみていきましょう。現在、中国では、300を超える都市で、5000万人超の生徒が、オンライン授業のために「DingTalk」を利用しています。

組織&部門管理機能が整備されたため、学校を「DingTalk」に組織として登録し、認証を得ることで外部のメンバーが参加できないセキュアな環境を構築できます。更に、クラスを部門として登録することでオンライン授業を行うことが可能です。

組織&部門管理機能

グループチャットを利用することで、教師と生徒がコミュニケーションを行ったり、授業の予定や注意事項などをアナウンスしたりすることができます。さらに、教科ごとにスレッドがあり、課題などはそこに掲示されます。教師は、生徒らが「DingTalk」内に取り組んだ課題をアップロードすることで、課題を管理することが可能です。

このように授業の準備から課題の回収までサービスを提供できる「DingTalk」は、新型コロナウイルスの影響を受け、政府主導のオンライン教育プラットフォームとして定着し、淘宝(タオバオ)に加えてアリババの代表サービスになりました

中国の新型コロナ対策としての「DingTalk」〜在宅勤務編〜

最後に、会社の総務用プラットフォームとしての「DingTalk」を見ていきましょう。

「Dingすれば、仕事がきます」というキャッチフレーズを掲げている「DingTalk」は、サービス開始初期から、toBサービスをメインに、企業への売り込みを続けてきました。そこに、新型コロナウイルスの流行という追い風が吹いたことで「DingTalk」はより一層、オフィスサービアプリでトップの地位を固めることとなりました。

「Ding一下,使命必达」(Dingすれば、仕事がきます)

「DingTalk」の最新バージョンDingTalk 3.5の更新情報をまとめてみました。

一つ目は、企業のデジタル化、業務効率化、情報セキュリティーをまとめて評価する「DingTalk指数」がリリースされました。

「DingTalk」の導入に当たって「DingTalk指数」を参考にすることで、リモートワークにおける改善点がわかり、リモートワークをより円滑に作業を進めることが可能です。

二つ目は、「企業ホームページ」の新設置です。
企業は従来、「钉钉服务窗」(DingTalkチャット画面)を通してクライアントと連絡を取っていましたが、「企業ホームページ」の設置によって、企業の最新情報を公示できるようになりました。クライアントとなる企業や連携先企業はこの「ホームページ」に訪問することで、最新情報を参考にしながら、直接担当者に連絡することが可能です。

三つ目は、「DING 2.0」です。
ミーティングをワンクリックで予約や、ミーティング向けのタイムカード機能の追加により、All in oneのミーティング開催が可能になりました。

まとめ

在宅勤務の動きが広がる中で、無償提供×テレワークの推進が可能となる機能をすべて搭載した「DingTalk」のおかげで、リモートワークが飛躍的に便利に行えるようになりました。

しかし、コロナによってユーザー数が爆増し、接続の問題についての不満、ビデオ会議ツールの能力の増強を求める声も、「DingTalk」ユーザーの中で高まっています。そのため、コミュニケーションの効率向上、業務管理のデジタル化の完全実現に向けて歩む「DingTalk」の旅路は、果てしなく長いものになるかもしれません。

<参考文献>
日経産業新聞 「コロナで中国IT勢力図に異変(日経BP専門誌から)」 2020/04/09,12面
DingTalk ホームページ https://m.dingtalk.com
DingTalk百度百科 https://baike.baidu.com/item/钉钉/16595044?fr=aladdin

この記事のライター

中国出身の留学生。慶應義塾大学に在学中。

関連するキーワード


中国市場 コロナ影響

関連する投稿


中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

日本国内では、依然として感染拡大の収束が見えない新型コロナウイルス。第3波が懸念されている中国では一定の収束が見られるものの、局地的に感染が発生したケースもあるようです。生活様式の変化だけでなく、経済活動にまで甚大な影響をもたらし続けている今、中国市場でもどのような変化があったのでしょうか。今回はロックダウン前後の中国人のネット利用や購買行動などの変化に焦点を当て、株式会社ヴァリューズがアンケート調査にもとづき開催したオンラインセミナーをレポートします。


ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の20~40代の男女1,071人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大およびロックダウンによって中国人の消費意識がどのように変化したのかアンケート調査を実施しました。


定額給付金、Go To トラベルキャンペーンの消費者動向は?「2020夏の旅行のお金の使い方」レポート

定額給付金、Go To トラベルキャンペーンの消費者動向は?「2020夏の旅行のお金の使い方」レポート

観光の需要喚起を目的とした政府主導の「Go To トラベルキャンペーン」がスタートしました。独自に調査したアンケートと、Web行動ログデータから、今夏の旅行におけるお金について、定額給付金やGo To トラベルキャンペーン(GTT)に関する世間の認知度や消費者動向の違いなどをレポートにまとめました。(ページ数|24p)


「withコロナにおける2020年夏の旅行のトレンド変化」レポート

「withコロナにおける2020年夏の旅行のトレンド変化」レポート

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズでは、毎年、夏の旅行に関するアンケート調査を行っていますが、今年は新型コロナウイルスの影響が色濃く、国内旅行・海外旅行の予定や費用、旅行先選びの重視点などで例年とは異なる結果が見られました。旅行に対して比較的前向き、もしくは自粛傾向にある人たちはどのような層なのでしょうか。調査レポートにまとめました。(ページ数|22p)


「コロナ影響下での『格安スマホ』『格安SIM』検索、ユーザー属性の動向調査」レポート

「コロナ影響下での『格安スマホ』『格安SIM』検索、ユーザー属性の動向調査」レポート

新型コロナウイルスの感染拡大により、以前にも増して私たちの生活に欠かせない存在となったインターネット通信。対面を避けて人と人とを繋ぎ、仕事や学習面でも大きな役割を果たしています。そんな通信業界の中でも近年市場を拡大し続けている『格安スマホ』『格安SIM』に着目し、eMark+を用いて人々の意識の変化を分析しました。(ページ数|9p)


最新の投稿


「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

顧客の購買プロセスを旅にたとえて図式化するカスタマージャーニーマップは、チームメンバーや関係部署間でのカスタマーエクスペリエンスの共通理解を促進できるメリットがあります。このメリットを活かすのにおすすめなのが、カスタマージャーニーマップのワークショップによる作成です。ワークショップ開催にあたってどのようなメンバーを集めるのが最適か、また、ワークショップの円滑化のための施策を紹介します。


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

顧客の購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニーと、それを図式化したカスタマージャーニーマップ。カスタマージャーニーでは「認知・注意」「興味・関心」などの購買ステージごとに顧客とのタッチポイント(顧客接点)と、その際の顧客の行動や感情・思考を洗い出し、そのタッチポイントにおける課題と改善施策を検討します。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら