新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策を成功させる企画立案のプロセスとは?

新事業、Webマーケティング施策の企画立案プロセスでは、Webマーケティングを実施する際は、市場分析とSTPの策定段階で、より具体的な情報やデータを収集することが大切なポイントです。より具体的なデータを集めることができれば、次のフェーズに進む前に現在検討している企画の良し悪しを判断することが可能になります。


目標設定

Webの目標設定は、根拠をもって設定を行わないと意味がありません。
例えば、広告費が売り上げを上回っていたら、利益を出すことができませんよね。

そこで、ECサイトの場合では製品やサービスの購入、企業サイトや情報サイトの場合には問い合わせや資料請求などの成果地点であるCV(コンバージョン)と売り上げを紐づけることによって、「CV1件にかけるコスト」に対して1つのCVを得るためにかかる費用である「CPA」の上限を決定することが大切です。

上限CPAは、Web施策や戦略を考える上で大切なポイントになります。

Webサイト内の特定のページが表示された回数を表すPV数や、ある決められた集計期間の間にWebサイトに訪問したユーザー数を表すUU数に関しては、ECサイトよりも広告掲載料による収益にポイントを置いているメディアの指標として使用されることが一般的です。

市場分析

市場分析では、市場や顧客理解を深めることによって、より効果的なWebマーケティング施策を企画することができます。

商品サービスからマーケティング施策を企画するのではなく、顧客の本当のニーズをとらえるために「プロダクトアウトからマーケットインへ」という流れが加速しています。
供給側の力が強い場合には、プロダクトアウトは効果的ですが、ECサイトのように顧客のニーズが多様化して選択側が強い場合には、マーケットインで施策を企画・立案するのが効果的。そのために大切なのが「市場分析」なのです。

ここでは、主に「市場分析」を行う際に用いられる2つの手法をご紹介します。

・3C分析
マーケティングに欠かせないとされる3C分析では、3つのCである「Customer(=顧客)」「Competitor(=競合企業)」「Company(=会社)」の分析を行います。

「どのような顧客が存在するのか?」「顧客のニーズとは?」という観点で分析や調査を行いますが、注意したいのが「顧客のニーズ」をきちんと掘り下げて調査を行うことです。

そのためには、顧客の声に耳を傾ける必要があり、アンケート調査やインタビューなどを行って、顧客の声を集める必要があります。


・顧客の声を集めるリサーチ手法
Webアンケートは、手軽に利用することができ低価格でかつ多くの意見を集めることができます。
インタビューは、顧客に対する拘束時間が発生し謝礼を払うケースも多いですが、知りたい情報を深堀することができます。

ただ、Webアンケートやインタビュー調査では、ユーザーは過去の記憶に対して不確かな回答をしてしまったり、本音を話してくれなかったり、無意識的な行動が調査結果に反映されないなどの課題もあります。

こうした従来の「Asking(質問)」型の調査だけでなく、最近では「Listening(傾聴)」型の調査に注目が高まっています。

ユーザーの口コミやTwitter等でのつぶやき、検索キーワードや実際のインターネット行動ログなど、世の中に既にある情報やデータを収集してインサイトを発見する調査手法です。

ヴァリューズのインターネット行動ログ分析「VALUES eMark+
Asking型のアンケート調査とListening側の行動ログを組み合わせた、ハイブリッドなリサーチといえます。行動ログ調査は既に過去のデータも蓄積できているため、スピーディかつ低コストで分析を進めることができます。

STPの策定

STPマーケティングとは、フィリップ・コトラー博士が提唱した効果的に市場を開拓することができるマーケティング手法の1つ。

「Segmentation(セグメント)」「Targeting(ターゲット)」「Positioning(ポジショニング)」の3つの単語の頭文字を取ってSTPと呼ばれています。


・Segmentation(セグメント)
顧客のニーズにあわせて、市場を複数の切り口で分けることです。
例えば、製品のグレードをセグメント化する場合。
顧客のニーズによって、「普及品」「中級品」「上級品」などの切り口で分けます。


・Targeting(ターゲット)
ターゲットの選定では自社が提供できる価値に対して、顧客が求めているニーズのマッチングをすることが重要です。
自社の参入するべき市場を選定するためには、複数のセグメンテーション軸の組み合わせを行いましょう。


・Positioning(ポジショニング)
ターゲットとなる顧客に、自社の製品やサービスを選んでもらうための立ち位置を決めることです。
ターゲットのニーズを満たすだけではなく、競合他社との違いを明確に押し出し、自社のオリジナリティを確立します。

eMark+」の競合サイト分析なら、自社だけではなく競合他社のサイアクセス解析も可能です。

計画策定

現実に即したロードマップを作るためには、サイトの事業計画をもとに、計画の策定を行う必要があります。

「やるべきこと」を明確にした計画を策定することで、効果的なマーケティング施策を企画・実行をすることができます。そのためには、サイトの役割を明確にした事業計画を立てる必要があります。
なぜならばサイトに求めるものは事業者によって大きく異なり、それにより事業計画も施策も異なるからです。

計画策定にお悩みの方は、『Site Analyzer』をご利用いただくことによって、様々なサイトの集客施策を簡単にチェックすることができます。

競合サイトや、マーケティング施策で参考にしたいサイトをチェックして、自社の事業計画策定にお役立てください。


・ロイヤルカスタマーとは
ロイヤルカスタマーは、単に売り上げの上位にいる顧客のことではありません。
繰り返し商品やサービスを購入をしてくれたり、さらに他の顧客へも宣伝をしてくれる顧客のことです。
つまりロイヤルカスタマーとは、サイトの運営に欠かすことができないターゲットなのです。

実行

マーケティング施策を実行したら、中期視点でチューニングを行い、効果を高めましょう。最初の想定通りにすべの施策が上手くいくわけではありませんよね。

アクセス解析を行いPCDAサイクルを効果的に回せるように心がけましょう。

より具体的なデータを集めることができれば、次のフェーズに進む前に現在検討している企画の良し悪しを判断することができます。
データ収集だけではなく、分析や解析も行うことができる『eMark+』や『Site Analyzer』は、マーケティング施策のチューニングでも活躍します。


・PDCAサイクル
「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」」「Action(改善)」の4つの単語の頭文字をとった言葉で、生産管理や品質管理を円滑に進めるために考え出された概念です。
業務を継続的に改善するために使用されます。


・チューニングのために
CVからマーケティング戦略の再定義を検討し、商品やサービス路取り巻く内部環境と外部環境に変化がないか確認をします。

そしてこれまでの知見を戦略に組み込んで、場合によってはペルソナやセグメントの見直しやリソースのチューニングを行うことも大切です。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


どの「転職サイト」が人気?2019年の転職市場を振り返る

どの「転職サイト」が人気?2019年の転職市場を振り返る

1月~3月は年度の切り替え時期前ということもあり、転職市場が活発化すると言われています。そこで、今回は数ある転職サイトの中から2019年の年間訪問者数上位5サイトに絞って、ユーザーの動向や人気のコンテンツなど「eMark+」を使って調査・分析します。


キリンのオンラインショップ「DRINX」がユーザー数を伸ばす。12月急上昇サイト調査

キリンのオンラインショップ「DRINX」がユーザー数を伸ばす。12月急上昇サイト調査

2019年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをランキング化し、12月の急上昇サイトを調査しました。


製薬会社大手5社のオウンドメディアに注目!ユーザー属性から見えるそれぞれの特色とは

製薬会社大手5社のオウンドメディアに注目!ユーザー属性から見えるそれぞれの特色とは

オウンドメディアと言うと、日本では一般的に、企業が運営するウェブマガジンやブログなどを指す言葉ですが、持続的な集客媒体としてこれらを活用する企業が増えてきています。今回はその中でも私たちの生活において身近な製薬会社に焦点を当て、サイト分析ツールの「eMark+」を用いて分析してみました。


銀行業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第2回】

銀行業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第2回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画。第2回は銀行業界の主要5社、三菱UFJ・三井住友・みずほ・ゆうちょ・りそなをWeb・アプリの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


日本上陸から丸3年、DAZN(ダゾーン)のユーザー数は? スポーツ動画配信サービスを調査しました

日本上陸から丸3年、DAZN(ダゾーン)のユーザー数は? スポーツ動画配信サービスを調査しました

国内外のスポーツを配信しているDAZN(ダゾーン)が、日本に上陸してから丸3年。現在のユーザー数はどのように推移しているのでしょうか。同じくスポーツ動画配信を行うスカパーやWOWOWとのユーザー層の違い、3サービスの特徴をまとめてみました。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら