高まる「メンズ日傘」需要。トレンドを支えるのは若年層よりも中高年層?

高まる「メンズ日傘」需要。トレンドを支えるのは若年層よりも中高年層?

男性の美容意識の高まりを背景に、ドラックストアでは「メンズ〇〇」といったような、男性用の美容品がここ最近増えてきています。今回は2023年にヒット商品となった「メンズ日傘」に注目。なぜヒットしたのか、関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


メンズ美容のトレンド

ここ数年で男性の美容意識はかなり高まりました。ドラックストアでは「メンズ〇〇」といったような男性用の美容品が増えています。日常生活でヘアケア用品や香水、お風呂上りに保湿液などを使っている人も多いのではないでしょうか?

そんなメンズ美容業界ですが、株式会社日経BPが運営する「日経クロストレンド」の2023年のヒット商品ベスト30にて、「メンズ日傘」が第14位にランクインしていました。

日傘といえば、主に女性が使うイメージがあったのですが、なぜ ”男性用” が去年のヒット商品に選ばれたのでしょうか。今回はそこを深堀していきます。

メンズ日傘とは

メンズ日傘とは言葉の通り、男性用日傘のことを指します。普通の日傘と何が違うの?ということですが、特に大きな違いはありません。

例えば、レイングッズ国内売上トップを誇る「ワールドパーティー」から販売されている傘の中に男性&男女兼用の日傘があります。

ワールドパーティーHPより引用

日傘=女性のためのものというのは今や昔。しかし、本当に男性用の日傘が今年人気だったのでしょうか。毎月更新される行動データを用いて、競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて見てみると、確かに今年の夏に「メンズ日傘」と検索した人は去年よりも多くなっています。

「メンズ日傘」:検索者数月次推移
調査期間:2022年1月~2023年10月
デバイス:PC・スマートフォン

では、なぜ “今年” メンズ日傘が人気だったのでしょうか。

なぜメンズ日傘がヒットしたのか?

メンズ日傘が売れた背景として挙げられるのは、酷暑でしょう。2023年の夏の平均気温は1946年の統計開始以降、北日本と東日本で1位、西日本で1位タイとなる記録的な暑さとなりました。

日本気象協会より引用

メンズ日傘の関心層は?

ここからはどのような人がメンズ日傘に興味関心をもっているのか、詳しく調査していきます。

まずは「メンズ日傘」と、どんな言葉が一緒に検索されているかを見ていきましょう。

「メンズ日傘」:検索候補
調査期間:2022年1月~2023年10月
デバイス:PC・スマートフォン

見てみると、No.2に「無印」、No.6に「ワークマン」が入っています。
無印良品のHPなどを見てみると、日傘が売られていることが分かりました。

無印良品HPより引用

日傘を売っているところは他にもたくさんあります。しかし、なぜ「無印」「ワークマン」の二つが多くの人に検索されているのでしょうか。

無印良品やワークマンが販売する傘はどちらもシンプルなデザインになっています。そのため、落ち着いた服によく似合い、スーツで出勤する人にとってはありがたい特徴です。

さらに、掛け合わせて検索されたキーワードについても見てみましょう。

「メンズ日傘」:掛け合わせワード
調査期間:2022年1月~2023年10月
デバイス:PC・スマートフォン

先程と同様にNo.3に「無印」No.10「ワークマン」というワードが入っています。また、No.1「かっこいい」、No.2「折りたたみ」、No.5「軽量」などデザインや機能性を意識したワードもランクインしています。

機能性が高い日傘だと、心理的にも物理的にも持ち歩きやすくなりますよね。

以上のことから、「メンズ日傘」と検索する人は日傘にシンプルなデザインや機能性を求めているのではないかと考察でき、それらのニーズを満たした商品を販売しているのが無印良品やワークマンといったブランドだと考えられます。

最後に年齢層も見てみましょう。

「メンズ日傘」:検索者年齢層
調査期間:2022年1月~2023年10月
デバイス:PC・スマートフォン

若い世代よりも中高年世代の人の方が多くの割合を占めています。

このようなトレンド商品には若者の方が抵抗が少なく、興味関心が集中するのではと私は思ったのですが、なぜ中高年の方が高い結果になっているのでしょうか。

1つの要素として、年齢による体力の衰えがあるのではないでしょうか。特に今年の記録的な暑さをしのぐため、中高年層で日傘への関心が高まり、「メンズ日傘」の検索増にもつながったと考えられます。

まとめ

今回は「日経クロストレンド」発表の2023年ヒット商品ベスト30にも選ばれた「メンズ日傘」について調査してみました。分かったことは、

①「メンズ日傘」と検索する人は機能性とシンプルなデザインを求めている
②若年層よりも中高年層の方が検索者の割合が高い
➂その理由は今年の酷暑が関係している

でした。

酷暑や紫外線対策に有効な日傘の需要が高まってきているということは、他の美容領域、例えばベースメイクなどにも今後男性の関心が若い世代だけではなく、中高年世代でも高まっていくのではないでしょうか。

Z世代の私の意見としては、7月頃は大学のキャンパスで日傘を持っている男性をよく見かけたので、やはり同世代には受け入れられやすい印象があります。しかし、まだまだ日傘を持つのに抵抗がある人もいるようなので、今後の動きに注目です。

メンズコスメの最新動向2023!購入実態や美容へのモチベーションとは?年代別の違いを調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/2553

メンズコスメ市場が拡大を続ける今日。スキンケア用品・ヘアケア用品だけではなくメイクアップ用品を利用する男性も増加しているようです。そんななか、メンズコスメの購入実態には年代間で違いがあるのか、男性視点での身だしなみ・美容の動機とは何なのか、2023年の最新動向を調査・分析しました。

男性内の美容意識の差異を分類し可視化。6つの「メンズ美容クラスター」を発表

https://manamina.valuesccg.com/articles/1471

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男性16,027人を対象に、美容商材の購入や美容・身だしなみに関する価値観のアンケート調査を実施しました。さらに、アンケート回答やWeb行動ログをもととして、美容意識の差異を複数のグループに分類する因子クラスター分析をおこない、「メンズ美容クラスター」として公開しました。※詳細なレポートは無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。

コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

https://manamina.valuesccg.com/articles/2079

女性ファッション業界ではお馴染みの骨格診断。自分の魅せ方を知るため、体験するにはとても楽しいコンテンツです。骨格診断は女性人気が高いイメージですが、メンズ自身のニーズの高まりは見られるのでしょうか。また、骨格診断を活用したビジネスは今後どうなっていくのか。海外で長年ラグジュアリーブランドに従事してきたビューティーアナリスト、東風上尚江が、業界のプロの目線から考察します。

この記事のライター

早稲田大学商学部1年生のハルです。愛知から上京してきて絶賛一人暮らし中。自炊にはまっています。現在マナミナにてインターン中。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ