「ハズキルーペ」公式サイトを徹底分析

「ハズキルーペ」公式サイトを徹底分析

『ハズキルーペ、大好き!』はネットユーザーを動かすか?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、テレビCMなどで注目を集めている「ハズキルーペ」について調査・分析しました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、ハズキルーペの公式サイトについてユーザー数推移、属性などを調査しました。
※集計期間:2017年9月~2019年3月
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測

考察サマリ

テレビCMがサイト訪問者数に大きく影響

「ハズキルーペ」はHazuki Company株式会社が自社ブランドとして立ち上げたメガネ型拡大鏡で、『ハズキルーペ、大好き!』や『小さすぎて読めない!』などのフレーズが印象に残るテレビCMで注目を浴びています。

そこで、今回は「eMark+」の「Site Analyzer」を用いてハズキルーペの公式サイトの訪問者の動向や属性などを見てみました。テレビCMとの相関などについても考察します。

まず、「ハズキルーペ」公式サイトのユーザー数について調べました【図1】。
ユーザー数は好調に推移し、独創的なテレビCMを投下後に、ユーザー数も増加していることがわかります。

【テレビCM第1シリーズ:2017年後半~】
舘ひろし、松野未佳起用による第1シリーズ「親子でデート編」。ネットニュースなどでも話題になったことから「ハズキルーペ」の認知度が上昇したことが考えられ、ユーザー数も増加しています。

【テレビCM第2シリーズ:2018年前半~】
渡辺謙、菊川怜起用による第2シリーズで『ハズキルーペ大好き!』、『小さすぎて読めない!』のセリフでさらに話題を作り、ユーザー数はテレビCM投下前の1.8倍に急増しました。

【テレビCM第3シリーズ:2018年後半~】
武井咲、小泉孝太郎を起用、高級クラブを舞台に物語が進行し、ユーザー数もさらに増加しました。

【テレビCM第4シリーズ:2019年前半~】
その後、2019年3月まで新作はなく、ユーザー数も減少、約50,000人まで下がったところで新たに松岡修造をテレビCMに起用。待ちに待った続編ということで、2019年3月は112,000人まで増加しリカバリーに成功しています。

サイト訪問者の6割以上は男性、40代以上が全体の4分の3を占める。

次に、「ハズキルーペ」公式サイトの訪問者属性について調べました。男女比は男性が64%となっており男性割合が高いことがわかりました【図2】。

年代では40代が28%と多く、40代以上で全体の4分の3を占めています。また、商品特性から考えても、10代、20代が合わせて24%というのは多いことが考えられ、テレビCMの影響で若年層にも興味関心が広がっている様子がうかがえます【図3】。

「ハズキルーペ」は小さい文字でもよく見えると言えど老眼鏡ではなく、拡大鏡(ルーペ)。ターゲットは老眼に悩むアラフォー以上の世代を中心に、ネイルなど細かい作業をする人、ゲームをする際に利用する人など、幅広いのかもしれません。

また、「ハズキルーペ」公式サイトのデバイス別の訪問者利用状況を調べたところ、平均して6割以上がPC利用ということがわかりました。テレビCMで若者に人気の武井咲を起用したり、その独創的な構成がSNSやネットニュースで話題になっているものの、メインターゲット層が中高年のためか、スマートフォンユーザーの割合はさほど増えていないようです【図4】。

流入経路は圧倒的に「自然検索」。「ハズキルーペ」指名検索で認知度抜群。

最後に「ハズキルーペ」の公式サイトへの流入元を調べたところ、自然検索のシェアが圧倒的に多く、インターネット広告からの流入量は比較的少ないことがわかりました。
テレビCM、店頭PRなどが主な販促戦略であることが考えられます【図5】。

自然検索でのキーワードを詳しく見てみると「ハズキルーペ」単体のブランドワードが大多数を占め、次いで「鼻パッド」や「選び方」、「CM」などの掛け合わせワードが上位にあがっていました【図6】。

キーワードを見てもわかるように「ハズキルーペ」単体ワードで検索されていることから、商品認知度が高いことがうかがえました。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 CM

関連する投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら