検索が急上昇したキーワードから2019年を振り返る。そして、2020年ヒットの兆しは…?

検索が急上昇したキーワードから2019年を振り返る。そして、2020年ヒットの兆しは…?

令和元年、2019年も残すところ、あと1ヶ月。今年はどんなトピックやサービスが注目を集めたのでしょうか。マナミナ編集部では、インターネット行動データから2019年1月~10月で検索者数が増加している検索ワードの平均上昇率を算出し、今年話題となったキーワードをランキング化。検索データから2019年を振り返り、2020年に向けたヒットの兆しを探ります。


スマホ決済アプリ元年となった2019年。「ペイペイ」が大躍進!

検索キーワードの上昇率ランキング2019年版、まずは1位~10位を見てみましょう。

検索キーワードの上昇率ランキング【2019年】1位~10位

検索キーワードの上昇率ランキング【2019年】1位~10位

※集計期間:2019年1月~10月

トップ10に「ペイペイ」「PAYPAY キャンペーン」「PAYPAYとは」と、3つのキーワードがランクインしたスマホ決済アプリの「PayPay」。まさに2019年はスマホ決済アプリ元年といっても過言ではないでしょう。

特に、消費税増税がスタートした10月からは、政府が打ち出したキャッシュレス決済時におけるポイント還元事業も始まり、各社のキャッシュレス決済サービスに大きな注目が集まりました。検索上昇率1位の「ペイペイ」の検索者数の月別推移を見ると、9月、10月で大きく伸びていることがわかります。

「ペイペイ」の検索者数推移

「ペイペイ」の検索者数推移

PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

同じくキャッシュレス決済では「メルペイ」「SUICA ポイント」などのキーワードもランクイン。メルカリが始めたスマホ決済サービス「メルペイ」は2019年2月にサービス提供を開始し、最近では、きゃりーぱみゅぱみゅや有名YouTuberを起用したTVCMもよく見かけます。

今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた「〇〇ペイ」。日常利用や幅広い世代で普及が進み、2020年もその動向から目が離せません。

その他、トップ10では、2位に「即位礼正殿の儀」が入りました。令和元年が始まった5月1日以降、様々な皇室行事への関心が高まる中で、10月22日に宮中で行われた「即位の礼」の日は2019年限定の国民の祝日となり、大きな関心を集めました。

日本中が“ワンチーム”に盛り上がった「ラグビーワールドカップ」

11位~20位を見てみると、15位「ラグビーワールドカップ チケット」、18位「スコットランド」など、ラグビーW杯関連のキーワードが。9位に入っていた「東京スタジアム」もラグビー日本代表が4強をかけて南アフリカと戦った舞台ですが、「スコットランド」など対戦相手国にも注目が高まった今大会。日本はホスト国として2020年東京五輪への学びも多く得たのではないでしょうか。

検索キーワードの上昇率ランキング【2019年】11位~20位

検索キーワードの上昇率ランキング【2019年】11位~20位

※集計期間:2019年1月~10月

タピオカブーム再来の2019年。巷で“タピる”人が続出

若い女性を中心に、爆発的な流行を見せた「タピオカミルクティー」で注目を集めた、「タピオカ」も19位にランクインしました。

検索数の推移では、2019年6月がピークとなっており、本格的なブームとなった夏を迎える前に「タピオカ」自体をネットで調べた人が急増したものと考えられます。

「タピオカ」の検索者数推移

「タピオカ」の検索者数推移

マナミナでは、2019年7月下旬に「タピオカミルクティー」の認知度や、実際に飲んだことがあるかをアンケートで調査。認知度では男性の約50%に対し女性は73%、20%もの開きがあり、女性のうち、およそ4人に1人は「飲んだことがある」と回答しました。

タピオカミルクティーの認知度をアンケート調査!20代女性の8割が認知、4人に1人の女性は「飲んだことがある」

https://manamina.valuesccg.com/articles/564

株式会社ヴァリューズのアンケート調査の結果と、「タピオカ」をネット上で検索したモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。タピオカミルクティーの認知度は若い女性を中心に高く、飲んだことのある人の割合も高いことが見えてきました。

専門店だけではなく、コンビニや家庭での手作りなど、一気に裾野が拡がったタピオカブーム。冬はホットタピオカにしたり、わらび餅などアレンジも楽しめるため、2020年は食材としてより定着するかもしれません。また、ポストタピオカとなる次の食トレンドにも注目です。

2020年の本丸「東京オリンピック」をはじめ、車や高速道路の定額制サブスクも登場

最後に、トップ100までにランクインしたキーワードのうち、2020年もヒットが予想される「兆しトピック」を、ダイジェストで見ていきましょう。

24位「TOKYO 2020」、28位「オリンピック チケット」

いよいよ2020年7月24日から開催される東京オリンピック・パラリンピック。2019年はチケットの抽選販売が行われ、大きな盛り上がりをみせました。2020年春からは聖火リレーも始まり、夏に向けて注目度は最高潮に達すると見込まれます。

53位「KINTO」

「KINTO」は2019年7月にトヨタ自動車が提供開始した、頭金なし、任意保険・自動車税もコミコミで、月々定額で車を所有できるサブスクリプションサービス。若者には乗り始めやすさ、高齢者も契約期間中に免許返納する場合は解約金がいらないなど、気軽さがポイントです。

【KINTO】愛車サブスクリプション -トヨタの新サービス -

63位「ドラ割」

NEXCO東日本が始めた高速道路のお得な定額プランが「ドラ割」。期間限定・事前申込み・ETC利用が条件となりますが、対象エリア内は定額で乗り降り自由、レジャー施設や宿泊施設での割引サービスも付くそうです。北海道や東北周遊などのフリーパスがあり、今年、台風被害を受けた千葉県も観光促進を目的に『南房総観光応援フリーパス』が発売されています。

ドラ割 | ドラぷら

今回は、検索者数が伸びたキーワードから2019年を振り返りました。ネット上では本格的なブームが到来する前に、言葉の意味を検索して調べるような行動も見られるため、ヒットの兆しを掴みやすいといえるでしょう。

2020年はどのようなキーワードが人々の関心を集めるのでしょうか。マナミナ編集部では、検索ログやWeb行動ログ、アンケート調査などのデータをもとに、トレンドを予測していきます。お楽しみに!

関連記事

2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/691

2019年に集客に成功した広告キャンペーンをまとめました。サイト分析ツール「eMark+」を使い、訪問ユーザー数が前月比で急上昇したものをピックアップしています。広告キャンペーン設計に活かしてみてください。

盛り上がるラグビーW杯、検索キーワードも急上昇!

https://manamina.valuesccg.com/articles/609

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ一次リーグで快進撃を見せる、ラグビー日本代表。5日の対サモア戦は日本テレビが生中継し、瞬間最高視聴率が46・1%という驚異的な数字をマークするなど、列島の興奮度が高まっています。ラグビー関連でどのようなキーワードが検索されているのか、どのようなコンテンツが人気なのか、性年代別の傾向と合わせて調査してみました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

2020年7月5日~7月11日週の検索急上昇ワードでは、観光庁が新型コロナウイルスで急減した消費を喚起するため、トラベル事業について7月22日から旅行代金の割引を先行的に開始すると発表した「Go To キャンペーン」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

「検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?」の第二弾。株式会社ヴァリューズの保有するネット行動ログデータのうち、6月15日〜21日の検索急上昇ワードをTableauで可視化し、切り出したデータから見えるトレンドを、マナミナ編集部が株式会社ヴァリューズ副社長・後藤賢治と、データマーケティング局マネジャー・入場紀明にインタビューしました。今回はどんなワードが出現するでしょうか。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年6月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。2位は総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」。2020年9月以降、キャッシュレス決済で最大25%のポイント還元が得られる「マイナポイント」の申込が7月1日からスタートのため、事前にマイナポイントアプリをインストールするユーザーが急増したと考えられます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

金融編第1回では各社の戦略を概観し、銀行と証券/資産運用サービスの利用状況から金融事業に関し一日の長がある楽天をKDDI(au)が追う構図を確認しました。今回はそうした動向をふまえつつ金融事業の主戦場である決済アプリバトルのその後、そして金融事業の相乗効果を考察してみます。


最新の投稿


ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

伸長する中国市場への越境ECを伸ばしていきたい国内各社ですが、中国消費者の購買行動や嗜好をつかむのに手間取り、適切な商品開発やマーケティングができていない場合も多い状況。そこでライオン株式会社ではヴァリューズの中国オンラインチャット調査を使用し中国の生活者の実態把握を行いました。ライオンでリサーチ業務に携わる高木優さん、ヴァリューズの姜に取材します。


急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

2020年7月5日~7月11日週の検索急上昇ワードでは、観光庁が新型コロナウイルスで急減した消費を喚起するため、トラベル事業について7月22日から旅行代金の割引を先行的に開始すると発表した「Go To キャンペーン」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


注目集まるD2Cのペット用品事例

注目集まるD2Cのペット用品事例

メーカーが消費者と直接取引をするビジネスモデル「D2C」が注目されています。健康志向を受けて拡大するペット用品の分野でも、国内外でD2Cの事例が出ています。


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

「検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?」の第二弾。株式会社ヴァリューズの保有するネット行動ログデータのうち、6月15日〜21日の検索急上昇ワードをTableauで可視化し、切り出したデータから見えるトレンドを、マナミナ編集部が株式会社ヴァリューズ副社長・後藤賢治と、データマーケティング局マネジャー・入場紀明にインタビューしました。今回はどんなワードが出現するでしょうか。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら