アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


ブランド公式アプリはオムニチャネルの肝となるか

ブランド公式サイトでの通販にとどまらず、今や公式アプリは重要なマーケティングツールとなっています。ユーザーにとっては商品を購入できることはもちろん、ポイントが貯まるなどのメリットが、そしてアプリ提供者側にとっては顧客データの一元化によって商品開発に生かせるデータ分析ができるなどのメリットがあります。

まずはサイト・アプリ市場調査ツールのeMark+を用いて、人気のアパレルブランド公式アプリについて分析します。2019年10月のユーザーランキング(カテゴリ:ライフスタイル)を参考に、以下の人気のアプリを取り上げます。

■PAL CLOSET(パルクローゼット)(PAL CO.,LTD.)
■URBAN RESEARCH(urbanresearch)
■NANO・UNIVERSE(nano・universe)
■ONWARD(オンワード)(ONWARD KASHIYAMA CO.,LTD.)
■BEAMSの公式スマートフォンアプリ「WeBEAMS」(株式会社ビームス)

※2019年10月アプリ起動ユーザーランキングより、上位にランクインしたアパレルブランドから5社を選定(ユニクロ、GU、H&Mなどのファストファッションを除く)。

アクティブ率が高いアプリは?

まず、それぞれのアプリの利用ユーザー数と所持ユーザー数、アクティブ率を比較します。

『CIAOPANIC』『mystic』などを展開する『PAL CLOSET』が圧倒的なユーザー数を獲得していました。特にアクティブ率が非常に高く、ユーザーが日常的に利用していることがわかります。
次にアクティブ率が高いのが『NANO・UNIVERSE』でした。

ちなみに、アクティブ率をファストファッションブランドと比較すると、ユニクロ(66.8%)とセオリー(62.5%)が非常に高く、その他ブランドはおよそ40%程度。所持ユーザーが多い『URBAN RESEACH』 と『BEAMS』は今後の展開に期待したいところです。

アパレルブランド公式アプリ利用ユーザー数・取得ユーザー数

アパレルブランド公式アプリ利用ユーザー数・取得ユーザー数

2019年10月アプリインストールユーザー数ランキングより抽出(カテゴリ:ライフスタイル)

各ファッションブランドアプリの特徴は?

次に、それぞれのアプリのコンテンツ、機能面での特徴をまとめながら、アクティブ率の差はどこにあるのかを探ります。

<PAL CLOSET(パルクローゼット)> 提供元:PAL CO.,LTD.
コンテンツ・機能
・グループ店舗と公式通販サイトの購入金額に応じてポイントが貯まる(スマホ会員証)
・クーポン、イベント案内
・年間購入金額に応じた特典
・お気に入りブランドの最新情報
・Amazonペイメント

<URBAN RESEARCH> 提供元:urbanresearch
コンテンツ・機能
・購入金額に応じてポイントが貯まる(スマホ会員証)
・店舗の在庫状況が確認できる
・スタッフのコーディネートを参考にできる
・店舗取り置きサービス
・楽天ペイ、Amazon Pay、キャリア決済

<NANO・UNIVERSE> 提供元:nano・universe
コンテンツ・機能
・購入金額に応じてポイントが貯まる(スマホ会員証)
・年間購入金額に応じた特典
・店舗来店でチェックインポイント付与。NANO・UNIVERSE以外の提携店舗でもチェックインポイントが貯められる
・クーポン、イベント案内、豊富なネット限定商品、ネット割(NANO割)
・楽天ペイ、キャリア決済

<ONWARD(オンワード)> 提供元:ONWARD KASHIYAMA CO.,LTD.
コンテンツ・機能
・購入金額に応じてポイントが貯まる(スマホ会員証)
・店舗チェックインポイント
・コーディネートカタログ毎日更新
・楽天ペイ、キャリア決済

<WeBEAMS> 提供元:株式会社ビームス
コンテンツ・機能
・購入金額に応じてポイントが貯まる(スマホ会員証)
・店舗チェックインでバッジ付与。貯まるとノベルティに交換。
・キャリア決済

5つのアプリについて特徴を確認しましたが、自社EC、スマホ会員証、キャリア決済(PAL CLOSETを除く)などの施策はどれも整っており、使いやすさにも大差はないように思われました。

その中でも、バーチャルで試着できたり、店舗取り置きサービスなど、URBAN RESEARCHがサービス面で一歩リード、オンライン限定サービスが豊富なNANO・UNIVERSEがEC戦略において一歩リードという印象です。

男女比や年代構成には差が見られた

続いて、アプリ利用者の性別や年代構成を比較します。

アプリ所有者男女比

<アプリ所有者・男女比>
PAL CLOSETが9割以上が女性。
→男性向け商品もあるにも関わらず他アプリと大きな差がある
BEAMS、NANO・UNIVERSEは男女比がほぼ均等であった。

期間:2019年1月〜12月

アプリ所有者年代比

<アプリ所有者・年代比>
20代、30代が多いのは NANO・UNIVERSEとURBAN RESEARCH、
50代、60代が多いのはONWARD。ONWARDはキッズ・ジュニア商品も多く、
他4アプリとはユーザー層が異なると考えられる。

期間:2019年1月〜12月

アクティブユーザーは30代、40代の女性。ECサイトのアプリ化も進む

PAL CLOSETのアクティブ率の高さはユーザーの女性比率にあるでしょう。また、時間的にも余裕があり、自分と家族のファッションに興味がある30代、40代のユーザーをしっかり囲い込んでいる事もわかりました。

NANO・UNIVERSEのネット戦略の強さも注目です。他ブランドが行なっていない自店舗以外のスポットでのデータ収集も、今後のマーケティングに大きな影響を与えることになりそうです。

スマホで便利に買い物ができるようになった背景に、各ブランドの新たな取り組み、攻めの戦略が見えてきました。今後の展開が楽しみです。

調査概要

株式会社ヴァリューズが保有するモニター会員のネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年1月~12月におけるアプリの行動ログを分析。

※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。

関連記事

渋谷パルコのデジタル戦略、鍵はWebメディアのリアル店舗? サイト分析から紐解きます

https://manamina.valuesccg.com/articles/766

2019年11月にリニューアルオープンした渋谷パルコ。国内唯一のメディア連動店舗や、リアルとデジタルを融合させた様々な仕掛けが注目の次世代商業施設です。そんな今話題の渋谷パルコの特徴やユーザー属性、認知度などについて調査・解説します。

ファストファッション市場の5ブランドを調査。ユニクロやZARAの戦略とデジタルユーザー数を探る

https://manamina.valuesccg.com/articles/612

2019年10月をもってフォーエバー21が日本市場から撤退しました。ファストファッション企業がECの成長著しいアパレル市場を生き残るには何をすべきなのでしょうか。5つのファストファッションブランドのウェブサイトとアプリを比較し、eMark+を用いてユーザー数の動向、ユーザー数獲得の施策などを分析してみます。

ファッションECで前年比の訪問者数が54%増のサイトも。巣ごもり消費と新型コロナ影響の関係を探る

https://manamina.valuesccg.com/articles/818

外食産業や観光業をはじめ、あらゆる業界に深刻な売上不振をもたらしている新型コロナウイルス。しかしそんな中で、“巣ごもり消費”でEC売上が向上していると言われているのがファッションECです。本稿では、外出自粛の影響で、実際にファッションECが伸びているのか、またどのような影響が現れているのか、実態を調査していきます。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「マイクロD2C」です。生産者が自社のECショップを通じて消費者へ直接販売するビジネスモデルD2Cは近年急速に浸透し、アパレルや食品など、様々なブランドが生み出されています。また、新型コロナの影響でEC需要が高まる一方で、店舗での対面接客の機会は減少。ウィズコロナでD2Cは一層注目されると予想します。そこで今回は、今年も勢いを増すであろうマイクロD2Cを2021年のトレンドトピックとしてピックアップ。話題のブランドを紹介するとともに、D2Cプラットフォームのユーザー傾向をDockpitを使って調査していきます。


Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazonが提供するID決済サービス『Amazon Pay』。Amazonでのショッピングにはもちろん、Amazonのアカウントを利用してAmazon以外の提携サイトでも決済できるサービスです。ID決済はファッションブランドや食料品などのオンラインストア、ネットコミックなどのデジタルコンテンツなどで導入が進み、身近な決済手段となってきました。今回はそんな『Amazon Pay』の利用状況や導入企業、楽天ペイとの比較などについて「Dockpit」を用いて分析します。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


オムニチャネルの次に来る「OMO」とは?「O2O」との違いも説明

オムニチャネルの次に来る「OMO」とは?「O2O」との違いも説明

オンラインとオフラインが融合した顧客体験を提供する「OMO(Online Merges with Offline)」が、オムニチャネルの次に来るマーケティング概念として注目されています。OMOの概念や特徴、オムニチャネルやO2Oなどの似た概念との違いについて説明します。


キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

政府主導のポイント還元事業を機に、急速に普及したキャッシュレスアプリ。数百億規模のキャッシュバックキャンペーンで一躍注目を浴びたPayPayをはじめ、d払いやauペイ、楽天Pay、LINEPayが肩を並べています。導入負担の少なさから、加盟店も続々と拡大。最近では、新型コロナ感染予防策としてキャッシュレス決済を利用する人も増えています。本稿では、そんなキャッシュレスアプリに着目。主要アプリのユーザー数推移や、地域・年代別の利用傾向を調査しました。


最新の投稿


コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,998人を対象に、住宅・旅行・家電といった高額商品の2021年の購入意向および予算・購入時期をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>(ドックピット)」を用いて、旅行や家電などに関する消費者の年間検索動向も分析しました。


【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「マイクロD2C」です。生産者が自社のECショップを通じて消費者へ直接販売するビジネスモデルD2Cは近年急速に浸透し、アパレルや食品など、様々なブランドが生み出されています。また、新型コロナの影響でEC需要が高まる一方で、店舗での対面接客の機会は減少。ウィズコロナでD2Cは一層注目されると予想します。そこで今回は、今年も勢いを増すであろうマイクロD2Cを2021年のトレンドトピックとしてピックアップ。話題のブランドを紹介するとともに、D2Cプラットフォームのユーザー傾向をDockpitを使って調査していきます。


急上昇ワードに“年賀ハガキ 当選 2021”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/17~2021/1/23)

急上昇ワードに“年賀ハガキ 当選 2021”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/17~2021/1/23)

2021年1月17日~1月23日週の検索急上昇ワードでは、1月17日に『2021年用 お年玉付年賀はがき』抽選会が行われ当選番号が決まったことを受けて、「年賀ハガキ 当選 2021」など年賀はがき関連の検索が急増しました。全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

ブラウザでのユーザー行動や広告の効果測定に欠かせない「Cookie(クッキー)」。Cookieの仕組みとプライバシーの関係は?マーケティング担当者が知っておくべきCookieの基礎知識を紹介します。


Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazonが提供するID決済サービス『Amazon Pay』。Amazonでのショッピングにはもちろん、Amazonのアカウントを利用してAmazon以外の提携サイトでも決済できるサービスです。ID決済はファッションブランドや食料品などのオンラインストア、ネットコミックなどのデジタルコンテンツなどで導入が進み、身近な決済手段となってきました。今回はそんな『Amazon Pay』の利用状況や導入企業、楽天ペイとの比較などについて「Dockpit」を用いて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング