仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

ユーザーエクスペリエンスマップとして、UI設計で使用されてきた「カスタマージャーニーマップ」は、顧客の経験価値を上昇させるために注目を集めているマーケティングの手法です。カスタマージャーニーマップを作成する上では、ターゲットユーザーの分析が欠かせません。ここでは、「正確なデータの収集」や「顧客情報の獲得」が必要となり、VALUESの「eMark+」シリーズが有効です。カスタマージャーニーマップの作成をお考えの方は、以下をご一読いただき、ぜひ無料利用をお試しください。


カスタマージャーニーとは

カスタマージャーニーは、マーケティング施策をより効果的に行うために活用される、「顧客が自社の商品やサービスを購入・利用するまでにたどるプロセス」のことです。

カスタマージャーニーを可視化し、カスタマージャーニーマップを作成することで、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、ECサイトの売り上げの向上やサービスの利用といった成果を出すことができるようになります。

・カスタマージャーニーの概要
カスタマージャーニーでは、可視化を行うために「カスタマージャーニーマップ」を使用します。
カスタマーエクスペリエンス(顧客経験価値)を分析し、顧客理解をより深めて効果的な施策へ落とし込むことで、カスタマーエクスペリエンスを向上させます。

ここで大切なことは、顧客の状況にあったサービスを提供し市場での競争優位性を獲得することです。インターネットやモバイルが普及したことで、従来にはなかった新しい方法で顧客をおもてなしすることが可能になりました。カスタマージャーニーを活用することで、効果的な施策を起用することができるようになり、顧客により良い経験と価値を与えて顧客満足度をあげることができます。


・カスタマージャーニーの必要性
複雑化する顧客の行動を正確に捉えて、より効果的なマーケティング施策を企画・実行するだけではなく、成果の改善にも役立つカスタマージャーニー。

「顧客が購入に至るプロセス」を明確にし、顧客の視点を理解するだけではなく、関係者間で認識を共有することで、より効果的な施策を打つことができます。

マーケティングは多くの場合、役割分担がされており、WEB担当だけではなくチラシ担当やマス広告担当、そして店舗での接客担当などがおり、各自が自分の役割から効果的な施策を企画します。
そこでカスタマージャーニーの理解をすることで、役割の中に顧客視点が取り入れられるので、マーケティングの施策も顧客視点を軸に展開していくようになります。

このようにECサイトにおけるマーケティングでも、施策に顧客の視点を取り入れることができるカスタマージャーニーは、非常に重要なポイントといえます。インターネットやモバイルを活用し、顧客のその時々の状況に応じた適切な価値提供を迅速に行うことができるからです。


・カスタマージャーニーマップ
カスタマージャーニーマップは、ユーザーエクスペリエンスデザインで開発されたもので、ペルソナの動きを見える化したものです。そのため、「ユーザーエクスペリエンスマップ」とも呼ばれています。

カスタマージャーニーマップには、状況やマインドそして情報ニーズに行動をまとめます。
情報ニーズを確認することで、どの段階でどのようなコンテンツを提供するか明確にし、コンテンツをどんな媒体で提供するとより効果的に伝わるかを知ることができます。

作成には多彩な手順がありますが、大きく分けて3つが大切なポイントです。

1) ペルソナと行動設計
 → 顧客の目線に立つことを考えペルソナの作成と行動設計を行います
2) フレームワークの作成
 → 縦軸にはペルソナに焦点を当てたものを、横軸には顧客の段階やフェーズをあてはめます
3) 書き込み
 → ペルソナの行動を書き込んでいきます

カスタマージャーニーが抱える問題点

カスタマージャーニーを作成する上で注意したいのが、顧客の分析を行わずに仮説のみで作成をしてしまうことです。顧客の分析を行わず仮説のみでカスタマージャーニーを作成すると、実際の顧客行動との乖離が生まれ、何が正しかったのか振り返ることが難しくなってしまうだけではなく、そもそも振り返ることが少なくなります。

これでは、折角カスタマージャーニーを作成しても効果を期待できません。そのため、カスタマージャーニーを作成する際には、正確なユーザーデータを収集するのが必要不可欠といえます。

・カスタマージャーニーをより正確にするための分析手法
カスタマージャーニーを正確にするためには、ユーザーデータが必須です。
クロスメディア分析、マーケティングリサーチなどの分析を行って必要な情報を集め、データをもとにカスタマージャーニーを作成していきましょう。

・カスタマージャーニーは全体を俯瞰する必要がある
カスタマージャーニーを作成することで、時系列で顧客が抱える問題をピックアップすることができます。
しかし、ひとつひとつの課題を解決することだけに注目してしまうと、ゴールである顧客の満足がおろそかになってしまうことも。全体を俯瞰して、その施策が本当に顧客の満足につながるのかを考えることが大切です。点と点をつないで線にしてみましょう。

・顧客情報獲得方法
マーケティング施策を決める際には、その前提となる顧客情報の獲得方法を考えておく必要があります。
何故ならば、施策の効果を測定できなければPDCAを回すことができないからです。
カスタマージャーニーマップを活用して成果をあげられるのは、検証をきちんと行うことができることが前提です。
検証することができないものは、運用には向きませんので注意してください。

実践!カスタマージャーニーの作り方

ユーザーデータ収集・分析を快適に行うことができるVALUESの「eMark+」を活用することで、正確なカスタマージャーニーを作成することが可能になります。ぜひ「eMark+」シリーズを活用して、カスタマージャーニーを作成してみてください。

・eMark+
eMark+」では、サイトの訪問者やユーザーの性別・年代・エリアなどを分析することができます。

eMark+」は、自社サイトだけではなく競合サイトのアクセス解析も可能な行動ログ分析サービスで、自社と競合との比較はもちろん、競合の動きや市場のニーズの変化をいち早くキャッチすることができます。

カスタマージャーニーを作成するための、正確なユーザーデータを収集したい方は、ぜひ「eMark+」のご利用をご検討ください。

・eMark+ Site Analyzer
Site Analyzer」では、集客施策別の推移や、広告別の集客効果を知ることができます。

またサイト別に、どの集客施策が伸びてきているか等、流入元の変化を把握することが可能です。

・eMark+ Target Focus
Target Focus」では、ターゲットとなる顧客が、どんなサイトをよく閲覧しているかがランキング形式で表示されます。

それを一般モニターと比較することで、ターゲットが見ている特徴的なサイトを割り出すことができます。

また、サイトごとにターゲットユーザーの流入割合がわかるので、広告出稿の際リーチしやすいメディアを探すときに便利です。絞り込みはカテゴリだけではなく性別や年代も可能です。

おわりに

カスタマージャーニーは、仮説ではなく正確なデータに基づいて作成することが大切です。「eMark+」を使用することで、カスタマージャーニーの土台となるデータを収集・分析し、ECサイトのマーケティング施策にお役立てください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

登録社数50,000社以上を誇るクラウド人事労務ソフト「SmartHR」。労務管理クラウド市場の出荷金額において2018年から4年連続シェアNo.1を獲得するなど、その勢いはとどまることを知りません。そんな「SmartHR」を展開する株式会社SmartHRは、データマーケティング組織を設けるなどデータ活用に積極的であることでも知られます。同社の成長にデータ活用がどう影響しているのかを探るべく、同社マーケティンググループ マネージャーの原 望さんに取材しました。


「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「企画力」×「実現力」で、ブランドを輝かせる映像やWebコンテンツ制作が強みのビービーメディア株式会社は、施策提案におけるデータ活用に力を入れています。データを活用することで、他社との差別化にどうつなげているのか、社内での取り組みも含めて、同社MI推進セクターの方々にお話を伺いました。


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


ペルソナの作り方を徹底解説!事例やテンプレートも紹介

ペルソナの作り方を徹底解説!事例やテンプレートも紹介

マーケティングに役立つペルソナの活用方法を、具体的な事例と作り方に役立つ本を通じて学びます。ターゲットを代表する典型的なユーザー像を「ペルソナ」として設定すると、顧客視点のマーケティングになると共に関係者間でターゲット像を共通認識できるメリットがあります。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら