マナミナ独自の市場調査事例9選

マナミナ独自の市場調査事例9選

消費者ニーズの多様性、市場の成熟化が進んでいる昨今、市場調査の重要性は日に日に増しています。マナミナでは独自の市場調査を行い、様々な業界の調査記事を数多く掲載しています。今回は市場調査に関連する記事や事例を、主にこれから市場調査を始めたいという方に向けてまとめました。


市場調査の方法やレポート掲載サイト、自分でやる場合のまとめ方

市場調査とはなにか?という基本的な部分、類似したワードであるマーケティングリサーチとの違いといった基本的な内容から、市場調査の方法、市場調査の情報源(二次データ)、そして自分で市場調査を行うにあたって便利なフレームワークやレポートのまとめ方までをまとめた本記事をまずはご紹介します。

市場調査の方法やレポート掲載サイト、自分でやる場合のまとめ方

https://manamina.valuesccg.com/articles/1336

商品・サービスの企画・開発において、「市場調査」してからマーケティング施策を立案することが一般的です。市場調査の基本にアンケートやネットリサーチなど市場調査の方法、自分でやる場合のフレームワークやレポートのまとめ方について、情報源をまとめました。

ファストファッション市場の5ブランドを調査。ユニクロやZARAの戦略とデジタルユーザー数を探る

一世を風靡したファストファッションブランドですが、筆頭とも言えた「フォーエバー21」が2019年後半に日本市場から撤退したことから、ファストファッションブランドが生き残るために今後どのような戦略を打ち立てるのかをファッション市場では注目を集めています。

5つの主要ファストファッションブランド「ユニクロ」「GAP」「しまむら」「ZARA」「フォーエバー21」に焦点を当て、それぞれのブランドのWebサイト・アプリの利用状況を調査するほか、UU数やMAU数、またブランドごとの施策を比較し、各ブランドの生存戦略の特徴をつかんでいきます。

ファストファッション市場の5ブランドを調査。ユニクロやZARAの戦略とデジタルユーザー数を探る

https://manamina.valuesccg.com/articles/612

2019年10月をもってフォーエバー21が日本市場から撤退しました。ファストファッション企業がECの成長著しいアパレル市場を生き残るには何をすべきなのでしょうか。5つのファストファッションブランドのウェブサイトとアプリを比較し、eMark+を用いてユーザー数の動向、ユーザー数獲得の施策などを分析してみます。

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を分析してみた

日本国内で“検索エンジン”と言えば、GoogleとYahoo!のいずれかを指すような状況になっています。実際にこれらの国内の検索エンジンシェアは9割超とも言われています。

普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人にはどのような特徴があるのか、例えば年齢層、男女、職業によって違いがあるのか、Googleユーザーと親和性の高いサービスはあるのか、といった調査・分析を行っています。

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を分析してみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1053

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査を行い、分析しました。

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

根強いファンを持ち、ブランドを確立している「無印良品」の差別化戦略について、ユーザーのサイコグラフィック属性や競合との比較から紐解いています。

無印良品の概要、競合の紹介。そしてヴァリューズが保有している消費者モニターのインターネットアクセスログデータから、無印良品、UNIQLO、ニトリのスマートフォンアプリ利用者を抽出した結果から、さまざまなデータを抽出し、無印良品ファンの人物像をまとめています。

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

https://manamina.valuesccg.com/articles/920

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。

スマホ決済アプリ市場の最新動向を調査!PayPayが変わらず独走もファミペイが存在感発揮

大々的なキャンペーンに加え、コロナ禍での「非対面」「非接触」需要が高まって、急速に普及したスマホ決済。

本記事では主要サービスとして、キャリア系のPayPay、d払いやauペイ、EC系の楽天Pay、コンビニ系のファミペイをピックアップし、利用ユーザー数や所持ユーザー数、アクティブ率、年代別属性などの最新動向を調査しています。

スマホ決済アプリ市場の最新動向を調査!PayPayが変わらず独走もファミペイが存在感発揮

https://manamina.valuesccg.com/articles/1408

コロナ禍で「非対面」「非接触」需要が高まり、急速に普及したスマホ決済。コンビニやタクシー、飲食店、医療機関など、利用シーンが広がり、クレジットと並ぶ決済手段として一般化しています。各社からサービスがリリースされ、政府主導のポイント還元キャンペーンが行われたスマホ決済(QRコード決済)元年の2019年から約2年が経ち、業界はどう変化したのか。本稿では、主要サービスとして、キャリア系のPayPay、d払いやauペイ、EC系の楽天Pay、コンビニ系のファミペイをピックアップし、利用ユーザー数や所持ユーザー数、アクティブ率、年代別属性などの最新動向を調査しました。

コロナ禍に関連する市場調査

新型コロナウイルスの感染拡大によって変化した市場はさまざまあります。ダメージを受けた市場、反対に伸長する市場、いずれのケースにおいてもどのように変化しているのかを市場調査の結果を踏まえて紹介している記事をピックアップします。

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

新型コロナウイルス感染拡大の中で、化粧品業界への影響はどれほどなのか。また、消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのかといった点をWeb行動データを基に分析しています。

また、化粧品ECの中でも順調に集客できている企業もあり、それについてもどのように集客数が増えているのかも紹介しています。

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

2020年、コロナ禍の初期段階において、Amazonプライム、Hulu、Netflixは期間限定でコンテンツの無料開放を行いました。

こうした動きの中で各社がどのように利用されていたのかをWeb行動ログで調査。ユーザー数や属性などのほか、こうした各社の無料施策がその後のユーザー増加に結び付けられるのかを検証しています。

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

https://manamina.valuesccg.com/articles/807

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」で調べてみました。

在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

長引くコロナ禍がもたらしてものとして、自宅で過ごす時間の増加があります。その結果として人々の意識は普段の生活をいかに楽しむか、快適に過ごすかといった“日常”に向いてきていると予測されます。

このような状況において「日常を少しでも楽しく、快適に過ごすための贅沢家電」に注目が高まっていると考え、どのような消費者が興味を持っているのかなどを分析しています。

在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1288

長引くコロナ禍において、自宅で過ごす時間が増えたことは周知の事実です。また、先行き不安から消費行動の落ち込みも見られるというニュースも目にしますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。確かに通常時と同じ対象に支出はしていないかもしれませんが、支出の対象が変化しただけで、実は消費行動は引き続き起きているのではないかと思います。 今回はコロナ禍で逆に需要が高まっていると予測される贅沢家電について、分析していきます。

新型コロナの緊急事態宣言で人々の移動手段はどう変わった?カーシェア業界が追い風の背景とは

新型コロナウイルス感染拡大防止措置として、政府より度々発令される「緊急事態宣言」により、人々の移動が制限されるようになりました。それに伴い、外出や観光に対する警鐘が大きくなり、観光・演芸といった娯楽や、外食産業、そして移動そのものを支える交通機関も経済的な逆境に立たされています。

検索データやアンケート調査データを用いて、、緊急事態宣言の前後で起きた移動手段の変化について分析をしています。

新型コロナの緊急事態宣言で人々の移動手段はどう変わった?カーシェア業界が追い風の背景とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1341

新型コロナウイルスの感染予防対策として、度重なる発令がなされている緊急事態宣言。人々の往来が抑え込まれた結果、移動手段や交通機関に対するどのような影響が出ているのでしょうか。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツールによる検索データ、アンケート調査データを用いて、電車や飛行機、新幹線、カーシェアなどの移動手段を人々がどう選択しているのか調査していきます。

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査とインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受け、「旅行・交通・レジャー」関連サイトは昨年から軒並みUU数が下がったものの、今年に入って復調が見られるサイトとそうでないサイトで明暗が分かれているといった情報や、「旅行」自体を検索するユーザーの年齢層や国内の旅行予定地、予算などのデータのデータを紹介し、2021年夏の旅行傾向を分析しています。

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

https://manamina.valuesccg.com/articles/1431

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。

マナミナの独自市場調査

本サイト「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズでは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供しています。

独自に消費者アンケート調査を実施したり、またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用した市場調査を継続的に実施しています。
Dockpitには無料で利用できる機能もありますので、ぜひ下記ボタンよりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 事例

関連する投稿


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


最新スマホアプリインストール数ランキング、インスタが全体3位にランクイン(2022年6月)

最新スマホアプリインストール数ランキング、インスタが全体3位にランクイン(2022年6月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年6月の1位は「マイナポイント」という結果に。2位には「セブン-イレブンアプリ」、3位には「Instagram」がランクインしました。


3C分析の無料テンプレートでのやり方と事例(スターバックス)

3C分析の無料テンプレートでのやり方と事例(スターバックス)

3C(サンシー)分析とは、顧客(Customer)、自社(Corporation)、競合(Competitor)の頭文字をとったフレームワークです。テンプレートで3C分析を簡単に進めたい、事例から3C分析を学んでみたい、という方もいるでしょう。本記事では、3C分析のテンプレートを用いたやり方や事例、注意点を解説します。テンプレートは無料でダウンロードできるため、3C分析を実践したい方は最後までお読みください。


今ビジネスパーソンが注目する市場は?「市場規模」クエリ検索者のデータで調査

今ビジネスパーソンが注目する市場は?「市場規模」クエリ検索者のデータで調査

ビジネスパーソンにとって、様々なマーケットに対し高くアンテナを張っておくことは非常に重要です。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、「市場規模」のクエリで検索をしているユーザーの動向を調査・分析することで、いまビジネスパーソンの興味関心トレンドが上昇している業界はどこなのかを探ります。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら