オウンドメディア立ち上げ3周年を記念した読者アンケートで企画力改善を目指す

オウンドメディア立ち上げ3周年を記念した読者アンケートで企画力改善を目指す

データ分析とマーケティング戦略のナレッジを提供するマーケティングメディア・マナミナは、株式会社ヴァリューズがオウンドメディアとして立上げ、2022年7月8日でオープン3周年を迎えました。これを記念して書籍プレゼントキャンペーンを実施し、併せて読者アンケートを行うことで、実態把握と企画力の改善を狙いました。本記事では、同様の試みに興味のあるメディア運営担当者の助けになればと、実施時に気をつけたポイントを共有します。


「現場のユーザーリサーチ全集」を活用したアンケート設計

マナミナ編集部の弥富です。本メディア・マナミナは、「まなべるみんなのマーケティング・マガジン」として2019年7月8日にオープンしました。運営元はデータ分析とマーケティングコンサルティングの領域で業界をリードする株式会社ヴァリューズ。オウンドメディアという位置づけながらも、自社パネルを用いた市場や消費者の調査を通じて、マーケティングに携わる方々に示唆を提供できるよう、内製を中心にコンテンツ作りを行ってきました。

2022年7月に迎えたメディア立ち上げ3周年を記念して、マナミナでは書籍プレゼントキャンペーンを実施。と同時に、読者アンケートも実施して、メディアが読者からどう見られているのか、読者に評価されているポイントはどこか、改善すべきポイントはどこか、といった実態把握調査を行いました。

オウンドメディアにおいて、プレゼントキャンペーンと併せて読者アンケートを実施する手法は、特別珍しいものではありません。一方で、実務のなかで具体的にどのような点を意識すればより効果が得られるかは、あまりネット上でも詳しい情報が出ていないと思います。

こうした現場の担当者の課題を解決するため、リサーチャーの菅原大介さんとマナミナ上で進めてきたのが、「現場のユーザーリサーチ全集」シリーズです。

アンケートの企画者必見!「周年キャンペーン」を活用してユーザー調査を行うメリットとは|現場のユーザーリサーチ全集

https://manamina.valuesccg.com/articles/1761

ユーザー理解の重要性が社内に浸透しない、忙しくてリサーチは後回しにしてしまう……などはマーケティング担当からよく聞く悩み。「リサーチ文化定着への近道に周年キャンペーンを活用するといい」とおっしゃるのは、リサーチャーの菅原大介さんです。今回は菅原さんに周年キャンペーンアンケートを活用した事例をご紹介いただきました。

オウンドメディアの企画を尖らせる「読者アンケート」3つのモデルケース【リサーチャー・菅原大介】

https://manamina.valuesccg.com/articles/1847

Webサイトやブログ、SNS、広報誌など自社で保有するメディアの総称を指す「オウンドメディア」。近年では広告やマーケティングの手段のひとつとしても使われています。いまや多くの企業で立ち上げているオウンドメディアですが、同時に”ある課題”を抱えています。今回ご紹介するオウンドメディアアンケートは、そのようなオウンドメディアが抱える課題解決に役立つといいます。リサーチャーの菅原大介さんにお話を伺いました。

「現場のユーザーリサーチ全集」の位置づけは、マーケティングやプロモーション、メディア運営などの現場で実際に業務に携わる方々の「かゆいところに手が届く」ような、実践的なアンケート設計ノウハウを伝授すること。このような狙いのもと、上記の記事では、実際に聞くと良い質問項目や、回答をもとに得たい考察などを記載しています。

本記事では、今回マナミナが実施した3周年キャンペーン&読者アンケートの実際を解説します。また、その上で得られた回答結果と、導き出せた示唆の一部をお見せします。主にキャンペーン設計者やオウンドメディア運営者など、同業の方々のご参考になればと思います。

※なお、アンケート設計の上では、上記の菅原さんの記事を参考にしました。併せてお読みいただくと理解が深まるかと思います。これまでの菅原さんの記事は下記でまとめていますので、未読の方はぜひ参考にしてみてください。

【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/1877

本記事では、マナミナでこれまで公開してきたリサーチャーの菅原大介さんによる寄稿・取材記事を一覧にまとめました。業界別にリサーチで気をつける観点や、マーケティングアクションと併用するリサーチの枠組みなど、リサーチの手法や考え方を複数のテーマにわたって菅原さんが伝授。いずれも濃い内容となっていますので、本記事をブックマークなどして、じっくりとご自身の学びに役立ててみてはいかがでしょうか。

キャンペーンとアンケートの立て付けを説明

今回のキャンペーンと読者アンケートの立て付けをあらためて解説します。まず、一連の施策における狙いは次のように言語化しておきました。

狙い

  1. 3周年をフックに読者との関係性を深める
  2. マナミナ読者の興味関心の把握、認知情報源や利用中のSNSといった実態を把握し、今後のコンテンツ企画やSNS運営に生かす

上記の狙いを達成するためにアンケートの質問項目を設計することにします。

また、書籍プレゼントキャンペーンは以下のような立て付けに。過去マナミナに寄稿やインタビューでご協力頂いた方々の書籍を10名様ずつにプレゼントしました。

1.クー・マーケティング・カンパニー 音部大輔さん
『The Art of Marketing マーケティングの技法』

2.リサーチャー 菅原大介さん
『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』

3.三井住友海上 木田浩理さん
『データ分析人材になる。 目指すは「ビジネストランスレーター』

4.森経営コンサルティング代表 森泰一郎さん
『アフターコロナのマーケティング』

5.ヴァリューズのデータアナリスト 輿石拓真
『Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny』

なお、書籍の詳細は以下の記事に記載しています。

今回設置した9つのアンケート設問と狙い

次に、アンケートでは以下の9つの質問項目を設置しました。順を追って内容を説明していきます。(※性別、年齢、居住都道府県の基本項目は以下の9つの質問を行う前に設置)

1.マナミナの認知度

最初はマナミナを知っているかどうかを聞きます。設問は「知っておりアクセスしたことがある」「知っているがアクセスしたことはない」「知らない」の3つ。

2.マナミナを知ったきっかけ

どんな経路でマナミナを知ったのか、認知獲得チャネルを聞きます。読者を広げるために、どのような集客手段に注力すべきかが見えるはず。

3.マナミナにどれぐらいの頻度でアクセスしているか

アクセス頻度を聞きます。利用実態の把握から、読者のなかのマナミナの位置づけを定量的に読み取ります。

4.ビジネスやマーケティングの情報収集に利用しているSNS

マナミナへの流入に限らず、ビジネスパーソンが情報収集に利用する媒体を、特にSNSに限って明らかにします。回答形式は複数回答可。選択肢にはFacebookやTwitter、Instagram、LINEなどSNS名が入ります。

5.直近1年間でアクセスしたことがあるマーケティング/ビジネスメディア

同業他社メディアの利用状況と合わせて、市場環境を把握する設問です。こちらも複数回答可。選択肢にはマーケティング系メディア名が入ります。

6.興味関心のあるジャンル

読者が興味関心を持っているテーマを単語ベースで把握します。具体的には、DXや市場調査、競合分析、マーケティング戦略といったワード。これらはマナミナ上で各記事に付与しているタグ(キーワード)と合わせました。この質問も複数回答可です。

7.職種

読者の職種をヒアリング。読者像をブレークダウンしつつ、定量的に把握したい狙いです。

8.これまでマナミナで印象に残っているコンテンツ

この質問は自由回答。マナミナのなかで印象に残っているコンテンツを、記事タイトルベースでヒアリングします。具体的な読者の声を知ることで、今後の企画改善につなげる狙い。なお、この質問は菅原さんの「オウンドメディアアンケート記事」内の「記事評価モデル」を参考にしました。

9.マナミナへのご意見・ご要望

最後に、今後のサービス運営の参考として意見・要望を自由回答で聞きました。

もっとも効果的だったのは「印象に残ったコンテンツ」自由回答

以降は、回答のなかで興味深い示唆が得られたものや、今後につながりそうなものをお見せします。

まずは、4つ目の質問項目「ビジネスやマーケティングの情報収集に利用しているSNS」から。以下のような結果となりました。

「ビジネスやマーケティングでの情報収集」と前置きしたとしても、Twitterが約70%と最大だった点が特徴的です。Twitterでのビジネスパーソンの情報収集はかなり一般的になっているといえるでしょう。

また、もうひとつのポイントとして、Instagramの回答者割合がFacebookを抜いている点が挙げられます。Instagramでの情報収集は、以下の菅原さんのnoteによれば、「テーマに関する象徴的な画を通じたトレンドの現象理解に向いている」といいます。

メディア運営上、読者の情報収集回路を知っておくことで、適切なチャネル戦略の設計につながります。やはりTwitterは情報収集の中心チャネルとなっており、いかに攻略するかが大きな鍵だといえるでしょう。

次にお見せするのは、「6.興味関心のあるジャンル」の結果です。複数選択可とし、関心の高かったトップ5のジャンルは以下のようになりました。

1位 マーケティング戦略(73.9%)
2位
データ分析手法(68.5%)
3位 市場調査(64.1%)                     
4位ユーザー調査(52.2%)
5位DX(51.1%)

「マーケティング戦略」が最大となっており、読者の課題として戦略設計面を重視する方が多いことがわかりました。また、次点は「データ分析手法」となっています。以上の2テーマについては、同一人物が持っている興味だという可能性もあるでしょう。データをどうマーケティングに生かすかというテーマの記事は、現状マナミナでも読者の反応が高くなっています。このように、キーワード単位での興味関心を数値化することで、企画の方向性を整理しやすくなります。この点で非常に有意義なデータでした。

最後に、個人的にもっとも良かったと感じた設問は、「これまでマナミナで印象に残っているコンテンツ」でした。たとえば最近のコンテンツでいえば、「デジタル・トレンド白書2022」や「Googleアナリティクスガイド」「メンズ美容のセグメンテーション」「ヤクルト1000調査」などがバイネームで上がってきました。

「ヤクルト1000調査」を除けば、いずれも普段GAで見て数字がそこまで出ているわけではないコンテンツです。しかし、印象に残ったものとして挙げられるということは、読者のパーセプションが変化した可能性が高く、コンテンツの効果が示唆されています。オウンドメディアがマーケティング目的という性質を持つ上、このことは大きな意味を持つでしょう。

記事の成果を数字で把握することももちろん大事ですが、ユーザーに深く刺さったかどうか、どうパーセプションが変化したかという観点は非常に重要です。そうしたコンテンツが浮き出てきた時点で、この設問の価値は非常に高いのではないでしょうか。

最後に

今回はアンケート設問数との兼ね合いと、どこまで記事名がバイネームで出てくるか分からなかったこともあり、「マナミナで印象に残っているコンテンツとして上記を選んだ理由」までは尋ねませんでした。

しかし今後の企画改善を考えてみると、それらのコンテンツが読者の記憶に残った理由が分かれば、評価される企画の再現性が高まり、さらに良かったと思います。この点は今回の反省点として次回に生かせると良いかもしれません。

また次回は、ユーザーの体験談を募集し、コンテンツ制作に反映する「投稿募集モデル」を試すのも良いかもです。

本質は企画ネタを読者から募るという設問です。設問を3つに分解することで答えやすくする工夫はしているものの、回答のハードルはやや高いでしょう。ある程度読者がついていないと精度の良い回答を得るのは難しいかもしれませんが、次回は十分良い回答を得られる規模にまで、マナミナというメディアが成長してきていると感じました。

オウンドメディア運営現場からのレポートは以上となります。ぜひ参考にしてみてください。

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、フリーランスの編集者・ライターとして独立。マナミナでは主にデータを活用した取り組み事例の取材記事を執筆しています。

関連する投稿


エシカル消費 ~ 利他心と未来

エシカル消費 ~ 利他心と未来

消費とは自己満足のためにあるのか、それとも、社会循環のためでしょうか。近代経済学の既存理念の枠を超え、現代の消費に対して供給者・生産側に「倫理観」や「利他心」はどのように存在し得るのか、そしてそれらの理念をもとに、持続可能な未来経済へとどう繋げていくべきなのか、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年、withコロナが日常生活に定着する中、消費者の動きやZ世代による新しい消費スタイルなど、多様なトレンドの兆しが見られました。2022年12月に開催したセミナーでは、象徴的なトピックスとマーケティング・リサーチ業界の新潮流について、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2023年へと繋がるトレンドを考察。本稿では、そのレポートをお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

クルマの情報や魅力、楽しさなどを発信する自動車メディア。今回は、数多くある自動車メディアについて調査します。自動車メディア市場の概観や勢力図、ユーザー属性などについて分析していきます。


新年に読むべき本は?2022年に出たマーケティング戦略本7選+1

新年に読むべき本は?2022年に出たマーケティング戦略本7選+1

マーケティング戦略に携わるなら、新しい技術や社会的なトレンドのキャッチも大事な要素。そのために取り組みやすいのは、最新の本を読むこと。そこで、今回は2022年に刊行されたマーケティング戦略にまつわる書籍を7冊紹介します。


サーキュラーエコノミー ~ 循環型社会の到来

サーキュラーエコノミー ~ 循環型社会の到来

年々注目度が増し、避けては通れなくなりつつある「SDGs」。この目標達成に即した企業活動として、現在注目されている「サーキュラーエコノミー(=循環型経済)」。企業の事業展開において、廃棄物も汚染物も出さないという理念に基づき、収益を創造してゆくこの事業モデルの必要性、そして現代における「再生・再利用」への問題に関する示唆も含め、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら