アンケートの企画者必見!「周年キャンペーン」を活用してユーザー調査を行うメリットとは|現場のユーザーリサーチ全集

アンケートの企画者必見!「周年キャンペーン」を活用してユーザー調査を行うメリットとは|現場のユーザーリサーチ全集

ユーザー理解の重要性が社内に浸透しない、忙しくてリサーチは後回しにしてしまう……などはマーケティング担当からよく聞く悩み。「リサーチ文化定着への近道に周年キャンペーンを活用するといい」とおっしゃるのは、リサーチャーの菅原大介さんです。今回は菅原さんに周年キャンペーンアンケートを活用した事例をご紹介いただきました。


周年キャンペーンと一緒にアンケートを行うと良い理由

――菅原さんはマーケティング・リサーチの重要性を社内に広める方法として「周年キャンペーンアンケート」の実施をおすすめされています。まず、これはどのようなアンケート調査ですか?

菅原大介(以下、菅原):周年キャンペーンはいわゆる「○周年企画」という打ち出し方で行うプロモーション企画です。そこで、この周年キャンペーンと絡めてアンケートを実施すれば、効率よくマーケティングに活用できるデータが得られると考えています。特にアプリやWeb系サービスのマーケティングと相性が良いですね。

―― なぜ、この「周年キャンペーンアンケート」がおすすめなのでしょうか。

菅原:周年キャンペーンの目的は大抵の場合、大きく分けて2つあり、ひとつはサービスの認知獲得、もうひとつはセールなどの販促です。そのほか例えば大手ファッションサイトなどでは、SNSや特定のカテゴリーを対象にした周年キャンペーンを行う企画も見受けられます。

調査の文脈でよくあるのが、いくら担当者がユーザー調査をしたいと意気込んでいても組織としての意思決定や実行体制がついていなく、実現が遠ざかる……ということ。しかし収益を生み出す周年キャンペーンと同時にアンケートを行うことで、組織として前向きな姿勢でユーザー調査に臨めるのです。さらに調査テーマに柔軟性や万能性を持てることもメリットですね。

――「周年キャンペーン」を行うのにおすすめの事業領域や分野はありますか。またスタートアップか大企業かといった、企業の規模によっておすすめ度合いは変わりますか?

菅原:業界や業種は問わず、どの企業も行なっていいと思います。一方で、企業の規模や成熟度によって周年キャンペーンの位置づけは変わってきます。

スタートアップの場合は資源(予算や人員)が限られているため、集約して自分たちの主要事業に対して確実に手を打っていくことが必要です。一方、大企業のケースだと定常的にマーケティング系施策が運用されている場合が多いため、周年のプロモーション企画はマンネリ化を打破するような位置づけが多いでしょう。ただどの企業においても、事業の節目を迎えるタイミングにユーザーの声が聞ける点はよいところだと思います。

「周年キャンペーンアンケート」の4つのメリットと留意点

――周年キャンペーンのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

菅原:周年キャンペーンのメリットは主に4つあり、①実施時期を特定できる、②リーチが最大化される、③検証事項が明快である、④予算や人員が厚くなるなどが挙げられます。それぞれ詳しく説明していきますね。

①実施時期を特定できる

アンケートの多くはいつ実施するか、だれが実施するかなどの明確な決まりがありません。担当者の状況が忙しくなるとアンケート調査の優先度は下がってしまいがちです。この点がアンケート企画の弱点だと思うのですが、周年キャンペーンの場合は1年に1回かならず訪れます。実施時期を事前に特定できるため、後回しになりづらいのです。

1年に1回と聞くと少ないと思うかもしれませんが、0と1の差は非常に大きく、1年に1度ユーザーデータが更新されることは組織にとって非常に重要なのです。

②リーチが最大化される

自社で行うユーザーリサーチ(アンケート)の場合、平均的な回収率は想定できますが、実際のところアンケートをやってみるまで回収できるサンプル数は分からない場合が多いです。結果的にサンプル数が十分でないと、準備や実施、分析に係る一連の労力がすべて無に帰すリスクがあるため、取り組みづらい側面があります。

しかし周年キャンペーンのように大型の企画に乗っかってアンケートを行うことで、企画本体に集まるユーザーもアンケートに誘導できます。普段アンケートに回答してくれるユーザーだけでなく、広範囲のユーザーにリーチできます。

③検証事項が明快である

アンケートを実施する際、調査する目的と出口を設計します。通常時のアンケートだと満足度調査や競合調査などを目的としているため、アンケートの結果を見て「役立たない」となるケースも出てきます。一方で周年キャンペーンの場合、検証すべき事項は”目の前のキャンペーンについて”なので、結果が得られなかったということは少なくなります。

④予算や人員が厚くなる

通常の事業会社において調査活動単体で実施予算を得るのは大変なケースが多いです。だれかが調査をやりたいと思っていたとしても、当人がその機能領域の担当でなければ兼務を許可されない事情もあるでしょう。しかし周年キャンペーンの場合、予算や人員が厚くなるため、調査まで予算が回り、全従業員に等しく案件稼働許可が下りやすい状況になっています。

関心の高い人が職種や部門の垣根を超えて関われるので、全社的に盛り上げるチャンスでもあります。

――周年キャンペーンのメリットが多いことがわかりました。一方で周年キャンペーンにおいて、気をつけた方がいい点はありますか?

菅原:アンケート項目の設計には多少気を使った方がいいと思います。販促施策が強く、アンケートの中身から周年キャンペーンを感じられないようなものだとユーザー離脱が起こり、回答率 が下がると思います。ユーザーが喜びそうな、ユーザーと一緒に周年キャンペーンをお祝いする姿勢が見えるアンケート設計が大切です。

「周年キャンペーンアンケート」の3つのモデルケース

――周年キャンペーンでアンケートを行うことで、どのような成果が見えてくるのでしょうか?

菅原:周年キャンペーン企画自体の成果はデジタルマーケティングや広告効果レポートなどで事足りており、アンケートを実施しなくても問題ありません。ただ企業が周年キャンペーン企画でアンケートを行っているのには理由があるのです。

周年キャンペーンアンケートには、①効果測定モデル、②休眠対策モデル、③関心把握モデルと代表的な3つのモデルケースがあります。

①効果測定モデル

菅原:1つ目は効果測定モデルです。周年キャンペーンの効果測定を目的にしたアンケート調査で、最もオーソドックスな調査モデルですね。たとえば参加した企画の内容や、満足度を聞きます。

――効果測定モデルを起用した事例はありますか?

菅原:日向坂46が出演する恋愛ゲームアプリ「ひなこい」の1周年アンケートが挙げられます。「ひなこい」では1周年を記念し、特別ガチャや動画ドラマなど、通常期よりも特別な企画が展開されました。アンケート項目は施策満足や企画要望で各企画への評価・希望を確認し、運営要望のように広く意見を募る質問で構成されています。

この事例から、アンケートでは改善活動のユーザー接点をアンケートチャネルに定め、ふだんフォローしきれないユーザーの声をまとめて吸収する機会と位置づけることが可能です。具体的な取り組みを元にアンケート設計しているので回答精度も高まります。

効果測定モデルはキャンペーンの効果測定ができる最もオーソドックスな調査モデル。サイトやアプリで実施している企画への参加状況(認知含む)や満足状況、運営元への希望事項で設計される。実際に聴取対象とする企画や施策を体験してもらった状態で回答してもらうため、ユーザーから実感を伴った回答を得やすい。

効果測定モデルはキャンペーンの効果測定ができる最もオーソドックスな調査モデル。サイトやアプリで実施している企画への参加状況(認知含む)や満足状況、運営元への希望事項で設計される。実際に聴取対象とする企画や施策を体験してもらった状態で回答してもらうため、ユーザーから実感を伴った回答を得やすい。

②休眠対策モデル

菅原:2つ目の休眠対策モデルは、「休眠ユーザーの原因解明に使う」周年の機会ならではの調査モデルです。周年企画では一時復活が起きやすいため、回答率が劇的に高まります。

――この休眠対策モデルを起用した事例はありますか?

菅原:ロングヒットとなっているタワーディフェンスゲーム「にゃんこ大戦争」のQ周年ユーザーアンケートです。「にゃんこ大戦争」では周年キャンペーン期間にテレビCMを展開し、ユーザーアンケートではそれに呼応するように、休止経験の有無や休止理由の詳細、再開したきっかけを尋ねる質問を設けていました。

アンケート設計で優れているのは、休眠の基準(基準日数・基準月数)が明確に定義されていることと、再開理由もセットで尋ね、有効だった施策を観測していることです。ロングセラー作品だからこそ施策が重厚で、かつ日々進化していることがわかります。

主な質問構成としては休眠経験や休眠者を対象とする休眠理由、再開者を対象とする再開理由。時間の経過とともに行方を追えなく休眠ユーザーについて、一連の施策と質問により原因究明と対策をセットで検証できる。モチベーションがダウンしたユーザーの状況を大規模に定期観測する仕組みとしても定着させやすい。

主な質問構成としては休眠経験や休眠者を対象とする休眠理由、再開者を対象とする再開理由。時間の経過とともに行方を追えなく休眠ユーザーについて、一連の施策と質問により原因究明と対策をセットで検証できる。モチベーションがダウンしたユーザーの状況を大規模に定期観測する仕組みとしても定着させやすい。

③関心把握モデル

菅原:3つ目の関心把握モデルは「ユーザーの興味関心データの収集に使う」調査モデルです。自社で運営するユーザーアンケートだからこそ、ユーザーの特徴がダイレクトに反映されるデータを取得することができ、ユーザー側も回答に積極的な姿勢になっています。

――関心把握モデルを起用した事例はありますか?

菅原:集英社の女性向けマンガが読めるマンガアプリ「マンガMee」の3周年ユーザーアンケートです。マンガMeeではプロモーションの効果測定よりもユーザー情報の取得に力を入れており、ふだんよく使うアプリや休日の過ごし方、興味関心のある物事をはじめ、マンガと日常の接点を探る質問を多く取り入れていました。

このようにアンケートではユーザーの生活全般をヒアリングして、ターゲットユーザーの志向性やジャンル間の関連性の把握に努める用途に向いています。またウェブとリアル両方における消費や関心を押さえることもアプリの運営では重要な観点です。

志向性や関心事に関連する項目は選択肢項目数が多いため、ある程度の回答母数を必要とする。その点で短期集中型で集める周年企画アンケートとマッチする。

志向性や関心事に関連する項目は選択肢項目数が多いため、ある程度の回答母数を必要とする。その点で短期集中型で集める周年企画アンケートとマッチする。

【関連】マーケターが調査予算を得るために持つべき4つの観点とは?リサーチャー菅原大介さんに聞く

https://manamina.valuesccg.com/articles/1624

調査予算を得るために持つべき4つの観点について、リサーチャーの菅原大介さんが詳しく解説します。定点調査などで成果が出ないと調査の意味を問われがちですが、そうならないためには組織理解が重要です。目的と結果を一致させた調査の具体例も紹介します。

【関連】ユーザー理解では「質問の尋ね方」が重要。アスキング調査で見える「第3の選択肢」が事業をドライブさせる

https://manamina.valuesccg.com/articles/1602

最近マーケターの間であらためて注目されている「ユーザー理解」の方法について、「質問の尋ね方」が重要と考えるリサーチャー・菅原大介さんに取材します。その思考法や、アンケートやインタビューなどアスキング調査の意義、調査の枠組みの考え方など、事例を豊富に交えながら語っていただきました。

リサーチ文化定着へ近づくキッカケに

――周年キャンペーンについて詳しくお聞かせいただきありがとうございました。今回伺った周年企画は比較的どの企業でも実施できそうですね。

菅原:そうですね。これから今年の周年記念企画を考える企業も多いと思います。今回お話しした「周年キャンペーンなどの企画にアンケートを絡めること」で、社内のリサーチ文化定着を図ってみてください。

▼今回菅原さんにお話しいただいた周年キャンペーンでのアンケート施策については、菅原さんのnoteでもまとめられています。ぜひ併せてお読みください。

ユーザーリサーチにおける、周年キャンペーンの活用法|菅原大介|リサーチャー|note

https://note.com/diisuket/n/n491c5b80c920

「リサーチの必要性が(社内に・顧客に)理解されないのですが、どうしたらよいでしょうか?」―調査活動の入口に立っている皆さんから私がよくいただく質問です。リサーチとは言わば研究開発の先行投資のようなものなので、決裁者や取引先に価値を事前に認識してもらわなければいけません。 以前まで私はこの質問に対して、「満足度調査」あるいは「競合調査」が組織の中で始めやすいテーマです、と答えてきました。しかし最近では、「始めやすいからと言って続けやすいテーマであるかどうか」はまったく別問題である、と認識をあらためるようになりました(万能型テーマの限界)。

▼マナミナでは菅原さんに今回の「周年キャンペーンアンケート」について詳しく解説いただく無料のオンラインセミナーを開催!下記URLよりぜひご予約ください。

【5/9(月)】アンケートの企画者必見!「周年キャンペーン」を活用してユーザー調査を行うメリットとは|オンラインセミナー

https://www.valuesccg.com/seminar/20220422-4265/

本セミナーは『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』の著者、リサーチャーの菅原大介さんに、「周年キャンペーン」にアンケートを活用するメリットや気をつけたいポイント、参考となる企業事例を解説いただきます。 周年キャンペーンはいわゆる「

この記事のライター

女性系メディアの運営に4年携わり、現在は子育てをしながらフリーランスとして活動中。目標は”子どもと楽しく暮らす”こと。
みなさんが「読んでよかった」と思える記事をお届けしたいです。

関連する投稿


証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座の開設数はここ数年、ネット証券を中心に大きく伸びています。皆さまの周りでも「投資、資産運用を始めたよ」という方が増えてきているのではないでしょうか?本記事では、各金融機関で口座開設する消費者像についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントとデータアナリストが5ヶ月に渡って分析した試みをご紹介します。


競合調査を3時間から20分に短縮!Dockpit導入で変わった制作提案のプロセスとは

競合調査を3時間から20分に短縮!Dockpit導入で変わった制作提案のプロセスとは

名古屋・東京を拠点にさまざまなWebサイト制作を手がけるGrowGroup株式会社。同社では、ヴァリューズのWeb行動ログツール「Dockpit」を導入し、制作提案における競合調査時間の短縮や売上の向上に成功しています。代表取締役の畑中孝仁さんに、導入の背景や成功の秘訣を聞きました。


購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

購入者の「人となり」に合わせた、チャネル別サプリメント市場の訴求方法とは?

コロナ禍で高まった健康意識が追い風となり、サプリメント市場の拡大が続いているようです。さらに、デジタル化・ネット消費の拡大で、サプリメントを含む健康食品が隠れたネット巨大市場になっているとも言われています。オフラインでの購買が盛んなサプリメント市場に、オンラインの購入チャネルの勢力が加わり、今後はますますチャネルに合わせた販売戦略が必要となるはずです。そこで今回は、サプリメント市場全体を捉え、購入チャネル別に市場とユーザー像を分析しました。


データから見る国内観光 ・横浜市来訪意欲調査最新レポート 〜 第4回横浜ビジネスミーティング

データから見る国内観光 ・横浜市来訪意欲調査最新レポート 〜 第4回横浜ビジネスミーティング

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー主催「第4回横浜ビジネスミーティング(2022年3月16日開催)」において、株式会社ヴァリューズ・リサーチャーの海野秋生が財団から委託され実施した、近隣都県からの横浜市への来訪意欲調査の結果を報告。新型コロナウイルスの多大な影響を受けた旅行・観光業界において、これから横浜市が狙うべき市場を予測、解説しました。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告のフォーマットや配信手法を詳しく解説!現場担当者が語るデジタル広告の基礎

検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告のフォーマットや配信手法を詳しく解説!現場担当者が語るデジタル広告の基礎

インターネット広告の中でも特に市場が大きい3つの広告である、検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告について、フォーマットや主要な媒体、配信手法などをヴァリューズのマーケティングコンサルタント・利根川さんが解説します。デジタル広告の基本について現場の担当者目線で分かりやすく学びたい方、必見です。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー