企業のコアファンはメルマガに潜む?「メルマガ会員アンケート」の重要性【リサーチャー・菅原大介】

企業のコアファンはメルマガに潜む?「メルマガ会員アンケート」の重要性【リサーチャー・菅原大介】

業務の効率化、またコロナ禍の影響もあり、スピーディーかつスムーズなコミュニケーションが求められるようになった昨今。チャットツールの導入が急速に加速し、メールでの情報共有が減ってきています。そんな時代の流れがある中でも、企業は「メルマガ」配信に注力しているとおっしゃるのはリサーチャーの菅原大介さんです。その証拠として、カスタマーサポートセンターやフォームにはメルマガに関する問合せが異例の量、届いているというのです。詳しく伺っていきましょう。


注目されるメルマガとユーザーの声

――メール以外のコミュニケーション化が進む中、今回菅原さんが「メルマガ」に着目された理由を教えてください。

菅原大介(以下、菅原):リサーチャーとしてユーザーの声や顧客の見方、いわゆるVOC(Voice of customer)には常に注目しています。ユーザーの声は事業内容やサービス内容など様々ありますが、メルマガに関するものは一定数かならず入ってきます。これは見過ごせません。

――メルマガに関する問い合わせが一定数あるということですが、これはなぜでしょうか? またどのような声が寄せられていますか?

菅原:メルマガはユーザーの不満になりやすい要素を持っています。特定の企業に関わらず、配信通数の多さや配信時間帯、Web上で配信解除ができないというダークパターンなどの声があがりがちです。ユーザーごとに最適なコンテンツの配信の精査が必要なのも、メルマガの特徴ですね。

――菅原さんはこれらの改善に「メルマガ会員アンケート」をおすすめされていますね。メルマガ会員アンケートとは、どのようなアンケートでしょうか?

菅原:メルマガ運営を考えるうえで、ユーザーが何に不満を持ち、どこにメリットかを感じるのかを知ることはとても重要です。そんなときはメルマガでアンケートを投げかけるといいですよ。もともとアンケートを告知する手段として利用されることが多いメルマガは、アンケートフォームへの遷移アクションへと結びつきやすく、相性の良さは抜群です。

【関連】自社の動画コンテンツ運用を改善する「動画視聴者アンケート」2つのメリットとは?【リサーチャー・菅原大介】

https://manamina.valuesccg.com/articles/1943

業務課題を解決するための要点を抑え、適切なアンケート質問をリサーチャーの菅原大介さんが指南する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、「動画視聴者向けアンケート」のメリットや手法、具体的なアンケート設計を解説いただきます。

【関連】SNS運用担当の仕事価値が高まる「公式SNS運営アンケート」注目すべきメリットとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1817

TwitterやInstagramなど、いまや企業の顧客接点にも欠かせない存在となっているSNS。しかしSNSは運営の良し悪しが判断しづらく、ビジネス上の価値を示すために頭を抱えることは多いのではないでしょうか。そこで「SNSの実態把握や効果測定にユーザーアンケートを活用してみては」と話すのはリサーチャー・菅原大介さん。「公式SNS運営アンケート」のメリットと方法を教えていただきます。

「メルマガ会員アンケート」2つのメリット

――メルマガ会員アンケートを行うメリットは何ですか? 具体的に教えてください。

菅原:メリットは大きく2つ、まず1つ目は配信要件を最適化できることです。メルマガはユーザーにいち早く有益な情報を届けられる半面、配信数の多さや配信時間帯はユーザーの煩わしさへと繋がりやすく苦情が出やすい要素です。そういった意味でメルマガは、数あるマーケティング施策の中でも群を抜いて不満を呼び込みやすい性質をもっています。

メルマガを行う場合、まずはユーザーの習慣や希望を知ることはマストといえるのではないでしょうか。積極的に不満の要因を確認し、自社ビジネスとの両立を模索してください。

――メルマガ会員アンケートの2つ目のメリットは何でしょうか?

菅原:事前予約が可能なメルマガでは、1日や週を通じて目いっぱいのスケジュールが組まれがちです。こういった配信枠の固定化運用では、ユーザー側からすると内容が一方的な告知ラッシュに見えてしまいすぐに飽きられてしまいます。そこで読者アンケートを使用し、配信するメルマガの種類ごとの意義や効果を検証するのです。メルマガの内容がその後のユーザー行動にどのような影響をもたらしたかも分析できます。

――メルマガはオートメーション化が進みやすいからこそ、個別のニーズに役立てるアンケート実施には意義がありますね。

「メルマガ会員アンケート」の3つのモデルケース

――質問要素が幅広く存在しそうなメルマガ会員アンケートですが、目的ごとにどのようなアンケート設計をしたらいいでしょうか?

菅原:ユーザーの閲読習慣や頻度、メルマガに対する重きなどを尋ねたい場合は「実施把握モデル」がオススメです。

実施把握モデル

上記の画像にもある通り、一般的な閲読習慣や種別の閲読頻度、参照状況などで構成されます。まずは一般的な閲読習慣の質問を通じて、店舗や媒体・企業単位でメルマガを見る習慣があるかどうかを尋ねます。自社ユーザーがメルマガに対して粘着性が強いか弱いかを把握できます。次にメルマガごとに読者の閲読習慣を定量的に確認しつつ、最後にメルマガに対する評価や企業がユーザーにもたらす影響度を確認するのです。

――実施把握モデルを行なっている企業の事例があれば、教えてください。

菅原:パ・リーグのプロ野球球団「オリックス・バファローズ」のメルマガ会員アンケートです。オリックス・バファローズではイベントやチケットなどのテーマごとに分けてメルマガを配信していて、このすべてを調査対象としアンケート設計をしていました。
自社のメルマガを読むか読まないかだけではなく、球団のファンがメルマガに対してどのような志向性を持っているかを尋ねる質問はアンケートならではですよね。施策の有効性を知る手がかりとなります。

――実施把握モデルではユーザーとメルマガの基本的な関わりが得られますね。もう少し具体的なメルマガ運用の戦略がほしい場合、どうしたらいいでしょうか?

菅原:そういったケースでは「希望聴取モデル」がいいですね。希望聴取モデルは実施頻度や配信時間など、最適な運用ルーティンを模索する調査モデルです。

希望聴取モデル

まず希望頻度や希望時間帯の質問を通じて、読者にとって最適な配信の要件を確認。つぎにメルマガに登録しているけれど見ていないユーザーの理由を探ります。文字やコンテンツ量もユーザーへの影響度合いが高いので、定期的にフィードバックを受けるのがいいかもしれませんね。

――希望聴取モデルも企業事例があれば、教えてください。

菅原:飲食や美容、病院などの店舗・施設情報を紹介するローカルサービスのネット予約アプリ「EPARK」のメルマガ読者アンケートの例を紹介します。EPARKでは配信するメルマガごとに、ユーザーの不快度を確認するフィードバック機能を実装しています。不快かどうかを問う質問で「はい」を選択すると、不快理由を尋ねるアンケート画面に遷移すします。不快理由の質問では配信数・特典・企画内容・配信時間などの実施要件あるいは構成要素を提示して、不快の原因を究明することで最適化を目指すのです。このステップが退会・解除に至らない予防線となっているようです。

――先立ってユーザーの退会・解除を予防できるのはありがたいですね。他にも菅原さんオススメのアンケートはありますか?

菅原:「効果測定モデル」も知っておいてほしいです。アンケートでは日々のWeb行動の解析では追い切れないデータも得られます。

効果測定モデル

まずはユーザーがブランド情報にたどり着く際、メルマガがどのくらい寄与しているかを見極める。近年は速報性に加えて、まるで特集のような記事性の高い内容も評価される要因になっています。つぎに希望情報とその後の行動変化の質問を通じて、ユーザーがメルマガに求める情報と実際に起こしたアクションを把握するのです。ユーザーへの情報発信というと、プッシュ通知やSNSだと思われがちですが、メルマガは商品サービスにも強い誘導力があります。

――効果測定モデルも企業事例はありますか?

菅原:実態把握モデルで紹介した、オリックス・バファローズが行っていました。今回はメルマガの内容面に焦点を当てた質問構成となっています。まずホームページやSNS、会報誌、そしてアプリなど様々なプラットフォームを並べ、メルマガの優位性を確認します。つぎにメルマガで読みたい希望の情報を尋ね、最後にメルマガがキッカケでどの程度、事業貢献に繋がったかを尋ねます。

コアファンになりやすいメルマガ運営は注力したい

――マーケティングという視点において、菅原さんはメルマガ運営に力を入れるべきだと思いますか?

菅原:そうですね。メルマガはほかのプラットフォームと比べて、コアファンになってくれるユーザーが多く潜んでいます。だからこそメルマガ会員アンケートを通して、ユーザー属性やニーズを詳細に把握し、最適化していきたいのです。

――メルマガ会員アンケートの実施間隔はどの程度あけるのがいいでしょうか?

菅原:アンケートだけを実施するメルマガであるのか、通常のメルマガにアンケート要素を含ませるのかにもよります。ただ少なくても年に1度は実施し、ユーザーデータを更新していくことをオススメします。コアファンが多いからこそ、ユーザーの小さな変化も見逃さないようにしたいですね。

▼今回菅原さんにお話しいただいた周年キャンペーンでのアンケート施策については、菅原さんのnoteでもまとめられています。ぜひ併せてお読みください。

メルマガ施策の改善ならメルマガ会員へのアンケートで|菅原大介|リサーチャー|note

https://note.com/diisuket/n/n5043bc7603c3

企業のカスタマーサポートセンターのコールや問合せフォームには、メルマガに関するものが少なくなく、「配信数が多い」「配信時間帯が夜遅い」「登録解除できない」などをメインに、マーケティング施策としては異例の量の苦情が集まってきます。 この企業側からの一方通行的な施策に対する見直しを求める声が上がる一方で、もちろんメルマガはユーザーに有用な情報をもたらす存在として、新着メルマガ・おすすめメルマガ・クーポンメルマガ・特集メルマガなどの利点は、よく認識されています。 メルマガ運営を考えるうえで難しいのは、何が不満要素で何がメリットかはユーザーによって異なることです。そのため、近年は顧客の志向

菅原大介

菅原大介
リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で出版社の株式会社学研を経て、株式会社マクロミルで月次500問以上を運用する定量調査業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業でマーケティング戦略・中期経営計画・UXデザインを担当する。

会社では小売・サービスの分野における市場調査・ユーザーリサーチ・プロダクトリサーチを担当し、自身もマーケティング・広報・店舗開発の実務経験を有する。また、スタートアップから大企業まで各規模のIT企業でリサーチ組織の立ち上げ経験を持つ。

個人でも「リサーチハック」をキーワードに、リサーチの魅力や技能を普及させる著述・講演活動に取り組み、業界・職種・施策・課題ごとの調査設計やデータ分析のノウハウが、マーケティング・調査メディアでの寄稿やセミナー・研修会で好評を得ている。

主な著書に『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』『新・箇条書き思考』(ともに、明日香出版社)がある。

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

女性系メディアの運営に4年携わり、現在は子育てをしながらフリーランスとして活動中。みなさんの”選択肢のひとつ”になるような、役に立つ記事をお届けしたいです。

関連する投稿


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

アイデアを画像や動画で発見・保存・整理できる「Pinterest(ピンタレスト)」。“ビジュアル探索プラットフォーム”として、SNSとは異なる独自ポジションを築き、全世界で毎月4億人超のオーディエンスが利用しているといいます。そんなPinterest は2022年6月に日本国内でも広告事業を開始し、広告出稿先としても注目を集めています。マナミナ編集部では、Pinterest ユーザーの購買やアクションとの関係性を行動ログデータから独自調査。広告プラットフォームとしてのポテンシャルを探るとともに、Pinterest Japan ビジネスマーケティングリードの石井恵子さんに、今後のPinterestアドの展望についてもお話を聞きました。


いま、あの年代でウケているアプリは? ~ 2022年の最新トレンドアプリを年代別で調査してみた(アンケート編)

いま、あの年代でウケているアプリは? ~ 2022年の最新トレンドアプリを年代別で調査してみた(アンケート編)

昨今『オンライン×オフライン』の形態がますます注目を集める中、『オフラインとオンラインを使い分ける』というユーザーの姿が、調査から見えてきました。今回は、定量データからトレンドアプリを調査した前回の記事を踏まえて、アンケート調査を実施。アプリユーザーの声から、トレンドアプリの実際の使い方や魅力を、さらに詳しく深掘ります。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら