「地政学」から振り返る、2022年ウクライナ軍事侵攻による日本企業への影響

「地政学」から振り返る、2022年ウクライナ軍事侵攻による日本企業への影響

全世界を震撼させた2022年2月のロシアによるウクライナ軍事侵攻。2022年が終わろうとしている今も、その戦況は日々変化し、目の離せない状況が続いています。このような事態を背景に、ロシアにおける経済活動を行なっている日本企業の方向性、そしてグローバルにも影響している様々な問題について、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が、2022年の総括を含め解説します。


ロシアによる衝撃的なウクライナ軍事侵攻。その思惑と逸れゆく戦況

2022年2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始するという、国際政治的に非常に大きな出来事が勃発しました。以降、ロシアを巡る情勢は厳しさを増しました。たとえば、それまで外交・安全保障政策の主軸を中国に置いてきたバイデン政権を中心に、欧米諸国は一斉にロシアに対して厳しい姿勢を貫くようになり、ロシアへの制裁を拡大させるだけでなく、ウクライナへの軍事支援を強化するようになったのです。

侵攻当初、プーチン大統領は短期間のうちに首都キーウを掌握し、ゼレンスキー政権を退陣に追い込み、親ロシア的な傀儡(かいらい)政権を樹立できると考えていました。しかし、戦況が長期化するにつれロシア軍の劣勢が顕著になり、その野望は今や夢物語と化しています。

侵攻から半年が経過して以降、プーチン大統領は一部のロシア国民を強制的に戦場へ送る部分的動員令を発令し、ウクライナ東部南部4州の一方的併合を宣言したことから、それまでロシアに対する非難や制裁を避けてきた中国やインドまでもがロシアに苦言を呈するようになりました。それに加え、プーチンが自らの勢力圏と位置付ける旧ソ連圏諸国からもプーチン批判が聞こえるようになっていきました。

たとえば、2022年11月、プーチン大統領と会談したカザフスタンのトカエフ大統領は、国交樹立30周年を記念する共同宣言に署名した一方、両国関係の一層の協力強化を記すところで、ロシアとカザフスタンは既に主従関係にないことをあえて明記しました。その際、トカエフ大統領は「ロシアによるウクライナ東部南部4州の併合は認められない」と明確に非難し、「ウクライナ問題は対話によって解決すべき」との意思も示しました。

最近のロシア攻撃は、ウクライナの軍事施設とは関係のないインフラ施設(電力発電所など)、民間施設を意図的に襲撃し、ウクライナを経済的にも社会的にも混乱させようと目論んでおり、これらは既にテロ行為とも呼べるものです。そしてその行為自体が、ロシア劣勢の証左であると言えるでしょう。

軍事侵攻の波紋は、ロシア国内における海外企業にも大きく

ウクライナ侵攻は、ロシアに進出する外国企業に大きな影響を与えることにもなりました。欧米とロシアとの対立が先鋭化して以降、ケンタッキーフライドチキンやマクドナルド、アップルやスターバックス、スウェーデンのアパレル大手H&Mなど、世界的な欧米企業が相次いでロシアからの撤退を表明しました。

日本企業の間でも混乱が広がりました。ロシアによるウクライナ侵攻から1ヶ月が経過した2022年3月末にJETROが発表した企業統計(ロシアに進出する企業211社のうち回答した97社が対象)によると、今後、半年から1年後の見通しとして、「ロシアから撤退する」と回答した企業が6%に上り、「縮小する」が38%、「分からない」が29%、「現状維持のまま」が25%、「拡大する」が2%と半数近くの企業が脱ロシアの動きを示しました。JETROはウクライナ侵攻以前にも同様の調査を実施しましたが、その際の結果には「縮小」が17%だった結果を鑑みると、軍事侵攻によって日本企業の脱ロシアが一気に進んだと言えます。
また、2022年9月にJETROは、日系企業駐在員のロシアからの退避状況に関する統計(回答企業は107社)を公表し、同年8月末時点で「全員残留」と回答した企業が23社(21.5%)だった一方、「全員退避」と回答した企業が65社(60.7%)とあり、駐在員の退避も進んでいることが分かりました。
この例に漏れず、プーチン大統領が部分的動員やウクライナ4州の一方的併合を発表したことで混乱はさらに深刻化したことから、大手自動車メーカーのトヨタ、マツダ、日産は相次いでロシア市場から撤退することを明らかにしました。

長期化する軍事侵攻の飛び火は、予想を超え全世界へ

前述のような影響はロシアに進出する企業だけに留まりません。ロシアとそれほど関係がない企業や国際社会自体も大きな影響を受ける事態となりました。大きな影響の一つとして、ロシアによるウクライナ侵攻は食糧や天然ガスの輸出入にも妨げを発生させ、世界的な物価高に拍車を掛けていることが挙げられます。それらにより、各国で物価高に抗議するデモや暴動が発生し、死傷者が出る事態となりました。
たとえば、南米のペルーでは小麦価格が急騰し、これに耐えかねた市民による抗議デモが全土に拡大。飲食店が放火されたり商店が略奪行為にあったりと混乱が生じ、公共交通機関も一時ストップする事態に陥り、ペルー政府は非常事態宣言を発令しました。このような治安機関とデモ隊の衝突はイラクやスリランカなど他の国でも見られました。さらには韓国でも、石油価格上昇によって運送業界を中心に賃上げを求める大規模なストライキが発生、英国やベルギーなど欧州でも物価高に抗議する抗議デモや大規模ストライキが見られました。

終わりの見えない戦況。派生した世界的混乱はいつまで続くのか

さまざまな影響により世界経済が混乱するなか、帝国データバンクが2022年4月に発表した企業調査結果(全国2万4561社対象で有効回答が1万1765社)によると、ウクライナ情勢について、「既にマイナスの影響がある」と回答した企業が全体の21.9%を占め、同様に「今後マイナスの影響がある」が28.3%、「影響はない」が28.1%、「分からない」が20.7%、「プラスの影響がある」が0.9%と、全体の半数近くでマイナスの影響が出ていることが分かりました。
これらのことから、ウクライナ侵攻はグローバルなレベルで企業活動に影響を与える事態となったことがおわかりかと思います。

今後ロシアがどう出てくるかは全く読めません。しかし、すぐにウクライナから軍を撤退させ、プーチン大統領が欧米との対話に路線に舵を切る選択をするとは考えられません。たとえそのような方向に舵を切ることがあっても、それは中長期的スパンでの話です。
現在の混沌とした情勢は来年の2023年にも持ち越されることになり、ロシアから撤退する日本企業の数は増加の一途となることも予想されます。引き続き「地政学」目線で、日本企業をはじめ国際社会の動向に注視していくことが必要となるでしょう。

この記事のライター

国際政治学者、一般社団法人カウンターインテリジェンス協会 理事/清和大学講師

セキュリティコンサルティング会社OSCアドバイザー、岐阜女子大学特別研究員を兼務。専門分野は国際安全保障論、国際テロリズム論など。大学研究者として国際安全保障の研究や教育に従事する一方、実務家として海外進出企業へ地政学リスクのコンサルティングを行う。

関連するキーワード


地政学 組織づくり

関連する投稿


米国大統領選を通じて見る、保護主義化する米国の貿易・経済政策

米国大統領選を通じて見る、保護主義化する米国の貿易・経済政策

日々様々な報道番組でも取り上げられている「もしトラ(もしもトランプ氏の再登板が実現したら?)」。その可能性は「ほぼトラ(ほぼトランプ氏の再登板が決まったようなもの)」とも言われる状況で、選挙後の日米関係だけでなく米中関係にも大きな懸念を早くも生んでいます。本稿では、今日繰り広げられている予備選の考察から選挙後の日米関係の変化の可能性まで、国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏が解説します。


リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

リピートされる観光地を目指したDMP構築とデータ活用組織作り【広島県観光連盟インタビュー】

コロナ禍を経て活況が戻った観光業において、データドリブンの施策を展開する広島県観光連盟(HIT)。本稿では「圧倒的な顧客志向」を掲げるHITでの、VALUESのデータ分析伴走支援サービスを通じたチャレンジに迫ります。


台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

2024年1月。かねてから関心が高かった台湾の総統選選挙において、前政権の意思を引き継ぐ形で頼清徳氏が勝利しました。この結果により親米派は維持されますが、反して中国との関係はどのようになってゆくのでしょうか。また2024年最大の地政学リスクとも言われる米国大統領選挙も予備選挙が始まり、その動向には世界中が注目していると言えるでしょう。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏がそれぞれの大国の行方と地政学への影響について解説します。


2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

世界各地での争乱を背景に、2024年は主要各国で重要な選挙が控えています。選挙結果はその国だけではなく関連国との関係性も変貌させます。先日13日に行われた台湾総統選挙もそのひとつ。前総統である蔡英文氏の政治信念を引き継ぐ頼清徳が勝利したことにより、我が国も注目する中台関係、台湾有事にはどのような変化が起きるのでしょうか。このように世界各国で行われる選挙により生じる懸念材料。今年は世界規模での地政学事情に注目する必要がありそうです。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏が、台湾と米国の選挙にフォーカスして解説します。


インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、「インタビュー実施要項」(調査企画のアウトプット)について寄稿いただきました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ