マーケターの「あったらいいな」をカタチに!REAL Target Monitor®誕生秘話(連載第1弾)

マーケターの「あったらいいな」をカタチに!REAL Target Monitor®誕生秘話(連載第1弾)

ヴァリューズが新しくリリースした「REAL Target Monitor®」は、戦略上重要なターゲットのリアルな動きをモニタリングできる、オーダーメイド型KPIダッシュボード。マーケターの「こんなことができたらいいな」から生まれたツールです。本記事では、REAL Target Monitor®がどのように誕生したか、開発の裏側をお届けします。


【話者紹介】

REAL Target Monitor®とは?

自社がリーチしていきたい消費者(戦略ターゲット)をリアルにモニタリングできる、自社専用の環境を構築します。ターゲットはVALUESモニター会員から選定し、プロモーション実施期間中/期間後のWeb行動(ファクトベース)をモニタリングします。

分析価値のあるユーザーに絞って、その動向を把握したい





岩間:REAL Target Monitor®が誕生した背景には、データプロモーション事業の事業責任者である齋藤さんの原体験があると聞きました。ぜひ詳しい話を教えてください。










齋藤:特定のユーザーに目印をつけて、その動きをモニタリングしていた話のことですね。

私が前職のネット証券で、マーケティングに携わっていたころの話です。当時、自社を含め複数の口座を使い分けているユーザーは総じて収益性が高い、いわば高LTVユーザーであるということを、調査を通じて把握していました。このような戦略上重要なユーザーを対象として、ネット上の動きをモニタリングしていたんです。










岩間:そのモニタリング方法というのは、もしかして…










齋藤:ヴァリューズの行動ログデータを使っていました。私は前職でヴァリューズのクライアントの立場だったんです。自社と他社の両方に接触しているユーザーの動き(取引顧客の流出入)を確認できるのは、ヴァリューズの行動ログだけでした。ヴァリューズの行動ログが、国内最大級だからこそできたことだと思います。

具体的には、自社のドメインと他社のドメイン、あと自社のマイページと他社のマイページにそれぞれ接触しているユーザーたちに目印をつけたうえで、動きをチェック。自社への流入の動き、他社への流出の動き、それぞれの数字の推移を、経営メンバーに報告するダッシュボードにおいて毎月欠かさず報告していました。

自社に流入してきたユーザー数が多くなったら、その時実施していた施策の有効性を改めて確認したり、逆に他社に流れてしまったら、状況を把握して施策をチューニングしたりするというように活用していました。

このように、日本のネット人口全体を漫然と眺めるのではなく、自社にとって意味のある集団の動向を定点的に把握することが、事業経営において大きな意味を持つと思っていました。




狙いたいユーザーが実際に動いたか?を検証しないと意味がない





岩間:その後ヴァリューズにジョインされたということですね。前職時代の経験から、ずっとREAL Target Monitor®のようなツールを作りたいと考えられていたのですか。










齋藤:どちらかというと、ふと思い出したという感じでしょうか。

昨年の夏、社内のデータアナリストに、彼が担当していた機械学習のプロジェクトについて話を聞きたいと、私から声をかけました。弊社にはシャッフルランチ、シャッフルディナーの社内交流企画があるのですが、そのイベントを勝手に二人で開催したのがきっかけです。








齋藤:彼とはオンライン飲み会をして、ヴァリューズの行動ログの可能性や集客施策の課題など、いろいろな話をしました。その中で、ファネルの中央から上を狙おうとする施策は、効果検証がフワッとしているよねという話題になったんです。狙いたいユーザーが、その広告を見て実際に行動を起こしたのかをきちんと計測できなければ、「たくさんの人が見ました」という話で終わってしまうのではないかと。

その時ふと「昔、ヴァリューズのデータを使って、ターゲットに目印をつけて行動をチェックしていたな」と前職時代のことを思い出しました。




「不戦敗」ユーザーを炙り出し、ピンポイントで施策を打てた





岩間:その後、どのようにREAL Target Monitor®というツールを開発していったのですか。










齋藤:オンライン飲み会後も、そのエンジニアとは継続して話し合いをしていました。その中で、「今持っている案件で、データを作ってみよう」ということになり、フセンパイ(自社サイト未接触、かつ競合サイト接触の「不戦敗」ユーザー)を課題とされていたワインECのクライアント様にコンセプトチェックのための事例となっていただくことへのご協力をお願いしたところ、ご快諾いただけたんです。








齋藤:早速そのクライアント様がターゲットとする競合EC接触かつ自社未接触という特定ユーザーに目印をつけ、行動をモニタリングしてデータを作ってみたところ、ターゲット層の中にいるフセンパイの日本国内の推計値とその後の接触状況の数字がポンっと出てきて…。その後施策を打つと、そのクライアント様にフセンパイユーザーが接触し始めている様子が見てとれました。

これがREAL Target Monitor®のプロトタイプです。社内のエンジニアにBIツールで表現してもらいつつ、「これは新しいKPIになるのでは」と社内で話していました。そこからです、このプロジェクトがぐっと前に進みはじめたのは。




「戦略ターゲット(仮説)=LTVが高いユーザー」も証明





齋藤:もう一つ、戦略ターゲットの行動をモニタリングすると同時に、実際自社サイトに入ってきたユーザーのLTVが高いかどうかも確認しました。なぜなら、戦略ターゲットを設定した段階では、「戦略上重要なのは、このユーザーだろう」というあくまで仮説に基づいているものであるため、本当にそのユーザーが狙うに値するターゲットとして正しかったのかを確認するべきと考えたからです。弊社は事例化にご協力をいただいてたクライアント様のCRM領域も支援しているため、新規ユーザーの購買金額を集計しているのですが、新規ユーザーの購買金額の昨対比率が、弊社の支援開始後、すなわち戦略ターゲットとの接触を意図的に増やすことをもくろんだ施策を通じて、堅調に100%を上回ってく様子が確認できました。

つまり、戦略ターゲットがLTVの高いユーザーだったということを証明できたことになります。










岩間:なるほど。戦略ターゲットが実際に自社サイトに接触してきてくれるかのモニタリングと、接触してきたユーザーが狙い通り収益性が高いユーザーなのかの検証は、セットで行うべきなのですね。両方のピースがそろって初めて、施策の目的が達成されるということです。




「ターゲットに軸が置かれているのが面白い」





岩間:ここまで事業会社様の反応をお聞きしましたが、代理店の方の反応はどうでしたか。










齋藤:大手調査会社でPR戦略を担当されている方に、プロジェクト初期の頃、REAL Target Monitor®のまだ企画書ベースの状態のものと、プロトタイプの原型をお見せしたことがありました。すると、「これいいですね!」と言っていただいて。「ターゲットに軸が置かれているのが面白い。これは期待できますね」と。戦略ターゲットに対してのリーチ率をシンプルに表現できている点が特徴的と評価していただきました。「ぜひ多くの方に使っていただきたい」とREAL Target Monitor®を様々な企業様に提案し始めてくださっています。










岩間:どんどんREAL Target Monitor®が広まり、いろいろな方に喜んでいただいていることを感じますね。










齋藤:ありがたいですね。このように、自分が企画に携わったものに対して、クライアント様から良い反応をいただけると素直に嬉しいですし、大きなモチベーションになります。また、今回のプロジェクトのように、みんなで案を持ち寄って、新しい価値を一緒に作ろうとしている雰囲気が、自分は好きなんだということを改めて感じました。










岩間:REAL Target Monitor®は、齋藤さんをはじめ、マーケターの「あったらいいな」をカタチにしたものなのですね。ありがとうございました。

活用イメージが具体的に湧くように、続く第2弾では「REAL Target Monitor®は具体的にどのようなマーケティング課題を解決するのか」について深掘りしていきたいと思います!




▼「戦略ターゲット発想」についてはこちらもあわせてお読みください

「引っ越し」検討者への効率的なアプローチ法は? | 「戦略ターゲット発想」シリーズ

https://manamina.valuesccg.com/articles/2338

ターゲットの解像度が低い。ターゲットを策定しても、施策になかなか落とし込めない。これらは、デジタルマーケティング戦略を考えるうえで陥りがちな課題です。そんなお悩みを解決するのが、消費者のWeb行動ログデータにもとづいた「戦略ターゲット発想」。今回は、新型コロナの影響で都市部から郊外へと人口移動が進む中、「引っ越し」の検討行動に着目し、どんなユーザーにどのような集客を行っていくべきか、「戦略ターゲット発想」から解説します。

▼第2弾、第3弾の記事はこちらから

刈り取りに留まらない、認知施策の効果検証や初回流入のきっかけ把握も可能に!REAL Target Monitor®が解決するマーケティング課題(連載第2弾)

https://manamina.valuesccg.com/articles/2308

ヴァリューズが新しくリリースした「REAL Target Monitor®」は、戦略上重要なターゲットのリアルな動きをモニタリングできる、オーダーメイド型KPIダッシュボード。事業会社から代理店まで、「こんなサービスが欲しかった!」といった声があがっています。本記事では、REAL Target Monitor®が具体的にどのようなマーケティング課題を解決するのかをお伝えします。

ユーザーの「価値観」でなく「行動」ベースでのターゲット設定が重要。REAL Target Monitor®活用のコツ(連載第3弾)

https://manamina.valuesccg.com/articles/2309

ヴァリューズが新しくリリースした「REAL Target Monitor®」は、戦略上重要なターゲットのリアルな動きをモニタリングできる、オーダーメイド型KPIダッシュボード。ファネルの中央から上を狙う施策において、ターゲットの動きをKPIとしてモニタリングできたり、初回流入のきっかけを把握できたりするなど、まさに多くのマーケターが待ち望んでいたツールです。本記事では、REAL Target Monitor®の活用ポイントをお伝えしていきます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は、3年前倒しで売上目標1兆円を達成した後、コロナ禍でも様々な取り組みを実行してきました。新たに中期経営戦略として策定された「SHIFT 2025 and Beyond」には、どのような想いがあったのか。自社ブランディングを成功させるために必要な視点も合わせて、マーケティングのプロフェッショナルである魚谷氏にヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は社長への着任後、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」となることを宣言し、資生堂のオリジンをしっかり出しつつも、様々な取り組みを実行。100年先も輝き続ける会社を目指し、短期目線ではなく中長期での成長実現に向け、取り組んできた想いや狙いをヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


競合分析とは?フレームワークを活用して効率的に分析する手法を紹介

競合分析とは?フレームワークを活用して効率的に分析する手法を紹介

市場での競争を生き残るために欠かせない競合分析。マーケティングで効果を出すためにポイントとなる競合分析の進め方や、効率的な分析に役立つフレームワークやツール・テンプレート、競合分析のまとめ方や活用方法を解説します。


【3/25(月)開催セミナー】経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法 – リサーチャー菅原大介さんが進め方とアウトプットを事例で解説

【3/25(月)開催セミナー】経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法 – リサーチャー菅原大介さんが進め方とアウトプットを事例で解説

ユーザーリサーチの調査手法をまとめた記事がnote公式マガジンにも選出されているリサーチャー・菅原大介さんによる「経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法」解説セミナーを3月25日(月) 17:00〜18:00に配信します!上場企業の中期計画作成に際し活用されているリサーチデータの事例をはじめ、情報収集や環境分析の効果的な進め方を、3C分析や競合調査、ケーススタディを交えて解説します。また、経営方針の整理や討議に役立つSWOT分析やバリュープロポジションキャンバス、リーンキャンバスといった成果物についても具体例をご紹介します。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ