生成AI検索体験(SGE)の認知は約4割 SGEが本実装されても自分の目で情報を探す傾向あり【ナイル調査】

生成AI検索体験(SGE)の認知は約4割 SGEが本実装されても自分の目で情報を探す傾向あり【ナイル調査】

ナイル株式会社は、Googleの新たな取り組みである生成AIによる検索体験「SGE(Search Generative Experience )」の認知度と、SGE使用時のユーザー検索行動についてアンケート調査を実施。その結果を公開しました。


Google検索利用者の約4割が「SGEを知っている」

普段からGoogle検索を利用している552名に、SGEを知っているか聞いたところ、61.4%が「知らない」、38.6%が「知っている」と回答しました。

「SGEを使ったことがある」と回答したのは約6割、その内「毎日利用している人」の割合は約2割

SGEを知っていると回答した人のうち、「使ったことがある」と回答した人は59.6%、「使ったことがない」は40.4%でした。また、SGEを使ったことがあると回答した127名に、SGEの使用頻度を聞きました。

最も多い使用頻度は、同率1位で「週3~4日(24.4%)」「週1~2日(24.4%)」、次いで「毎日(21.3%)」「週5~6日(21.3%)」で使用している人が多いことがわかります。

SGE使用時の検索行動として、最も多い回答は「スナップショット内に表示された記事コンテンツを見た)」

続いて、SGE使用時にどこを見て回答を得たか、という問いに対して、最も多い回答は「スナップショット内に表示された記事コンテンツを見た(51.2%)」が約5割でした。

次いで、「スナップショットに生成されたテキストを見た(44.1%)」、「スナップショットを見たあとに、「サジェストされた質問」を見た(41.7%)」と回答しました。

SGEの説明を聞いた上で「使ってみたい」と思う人は約4割

SGEを知らないと回答した339名に、以下のテキストにて説明をした結果、「使ってみたい(39.5%)」と約4割が回答しました。

SGEとは、Googleの新機能で、生成 AI による検索体験ができるものです。例えば、通常のGoogle検索同様に、キーワードを入れて検索すると、AIが回答を自動生成し、一番上に表示されます。これにより、記事を読むことなく、回答が得られる可能性が高まります。

一方で、「わからない(32.4%)」、「使いたいと思わない(27.7%)」と回答した人は、全体の6割を占めていることがわかりました。

SGEを知っているが、利用したことがない理由1位は「使い方がわからない」

SGEを知っているものの、利用したことがないと回答した86名に、利用していない理由を聞きました。1位は「使い方がわからない(41.9%)」、2位「使いたいと思わない(20.9%)」3位「使いたいが時間がない(18.6%)」と回答しました。

SGEを使いたくない理由1位「今のGoogle検索で満足だから」2位「なんか怖いから」

SGEを知っている上で使いたくない人と、SGEの説明を受けた上で使いたくないと回答した112名に、理由を聞きました。

SGEを使いたくない理由1位は「今のGoogle検索で満足だから(37.5%)」、2位「なんか怖いから(27.6%)」3位「使い方を調べるのが面倒だから(16.9%)」でした。

本調査から、想定していた以上にSGEの認知度が高いことがわかりました。一方で、本調査は20~40代の会社員が多かったため、ニュース等で知る機会が多かったものと思われます。

SGE使用時の検索行動では、「スナップショット内に表示された記事コンテンツを見た」と回答した人が51.2%と最も多い回答となりました。このことから、SGEが試験運用ではなく実装されたとしても、自分の目で情報を探しにいくユーザーの存在を感じられます。

また、SGEを使いたくない理由として「今のGoogle検索で満足だから」が37.5%となったことからも、ChatGPTを使用しない人がいるように、変化を望まない層にとっては、受け入れにくいものとしてSGE、また生成AIを認識していることも考えられます。

調査概要

・調査期間:2023年9月21日~25日
・調査方法:インターネット調査 fastask利用
・調査対象:Google検索を利用している全国男女552名
※20代20.3%、30代40%、40代33.7%、50代6%
※公務員4.2%、経営者役員0.4%、会社員52.5%、自営業2.7%、専業主婦(主夫)9.2%、パートアルバイト17.8%、学生3.4%、その他9.8%

出典元:ナイル株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000414.000055900.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


電通デジタルとJTB、観光地域づくりにおけるマーケティング支援で協業

電通デジタルとJTB、観光地域づくりにおけるマーケティング支援で協業

株式会社電通デジタルと、株式会社JTBは、持続可能な観光地域づくりに向けたマーケティング支援において協業することで合意したことを発表しました。


エムシーデジタル、最新LLMモデルの「GPT-4o」「Gemini 1.5 Flash」を法人向け生成AIサービスに搭載

エムシーデジタル、最新LLMモデルの「GPT-4o」「Gemini 1.5 Flash」を法人向け生成AIサービスに搭載

エムシーデジタル株式会社は、同社が開発を進める法人向け生成AIサービス「Tachyon 生成AI」に、最新の大規模言語モデル(LLM)である「GPT-4o」「Gemini 1.5 Flash」を搭載したことを発表しました。


外注費が増加傾向にあるカテゴリは「動画制作・写真撮影」が最多 次いで営業代行や業務効率化に関連するカテゴリが上位に【ランサーズ調査】

外注費が増加傾向にあるカテゴリは「動画制作・写真撮影」が最多 次いで営業代行や業務効率化に関連するカテゴリが上位に【ランサーズ調査】

ランサーズ株式会社は、フリーランスへの依頼、及び専門会社や制作会社への業務代行・制作依頼を含む"外注経験"があるビジネスパーソンを対象に「外注費の増減に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ