米国主要アパレル企業におけるデータ活用・DX最新事例

米国主要アパレル企業におけるデータ活用・DX最新事例

技術の進歩や消費者の変化に伴い、大きな変動を起こしているアパレル市場。 DXの波はアパレル業界においても、新たなビジネスモデルや新しい価値提供の創出につながっています。この記事では、米国アパレル業界からギャップ、ヴィクトリアズ・シークレット、アメリカンイーグルの3社を取り上げ、データ活用やテクノロジー導入の最新事例について紹介します。


米国アパレル業界の動向

2022年、世界での収益が1兆5,000億米ドル(約224兆円)を超え、右肩上がりに推移しているアパレル市場。

そのうち米国アパレル市場の収益は約3,120億米ドル(約46兆円)を占めており、世界最大の市場規模を誇っています。

インターネットやSNSが経済活動に大きな影響を与える中、Eコマースによる収益が急成長している点が特徴で、今後もさらなる拡大が見込まれています。

【参考】U.S. apparel market - statistics & facts

世界トップ企業ランキング

世界のアパレル専門店における2022年の売上高ランキングは以下のとおり。トップ10のうち、米国からは3社がランクインしています。

順位

企業名

売上高

前年増減

1

インディテックス

スペイン

4兆6019億円

17.5%

2

H&M

スウェーデン

2兆8033億円

12.4%

3

ファーストリテイリング

日本

2兆3011億円

7.9%

4

ギャップ

アメリカ

2兆374億円

−6.5%

5

プライマーク

アイルランド

1兆2412億円

37.6%

6

ルルレモン

カナダ

1兆581億円

29.6%

7

ネクスト

イギリス

8731億円

11.4%

8

ヴィクトリアズ・シークレット

アメリカ

8277億円

−6.5%

9

アメリカンイーグル

アメリカ

6510億円

−0.4%

10

しまむら

日本

6161億円

5.6%

https://www.wwdjapan.com/articles/1561223をもとに作成

ここからは、世界トップ企業にランクインしたギャップ、ヴィクトリアズ・シークレット、アメリカンイーグルの3社について、DX・データ活用の取り組みを紹介します。

Gap(ギャップ)の取り組み

減収減益となり苦境に立たされているギャップですが、CEOの交代や大規模なリストラ、事業整理といった改革を進め、長期的な視点での回復を目指している最中です。そんな同社における近年の取り組みを紹介します。

「TrueFit」とのパートナーシップ

洋服を購入する場合、多くの顧客がフィッティングをしますが、ECサイトではそうもいきません。サイズや着用イメージの合わない商品は顧客を満足させることができず、返品されてしまうでしょう。

こうした問題を解決するために提携したのが、AIディスラプターである「TrueFit」。TrueFitは、ユーザーが自身のボディサイズやよく着用するブランドのサイズなどを登録することで、そのブランドでのベストなサイズを割り出し、着用感などを教えてくれるサービスです。

TrueFitを活用すると、これまでよりも高い精度でサイズを推奨できるようになります。その結果、サイズの合わないストレスや返品にかける手間を削減でき、顧客満足度の向上につながるのです。

【参考】True Fit for Shoppers

バーチャル試着室「Drapr」の買収

ギャップは、バーチャル試着室のスタートアップ企業「Drapr」の買収を行いました。

Draprは、ユーザーが自身のサイズや体型に基づいた3Dアバターを作成し、オンライン上でバーチャルフィッティングができる技術を提供しています。自分の体に試着させることができるため、その服を自分が着た時にどのように見えるかを客観的に把握できます。

バーチャルフィッティングの技術は、オンライン購入へのハードルを下げると同時に返品リスクの削減や顧客体験の向上にもつながるでしょう。

出典:Drapr

【参考】Drapr

返品管理プラットフォーム「Optoro」の活用

2023年3月には、返品管理プラットフォーム「Optoro」との提携を発表しました。

アパレル業界のEコマースでは、イメージと実物のミスマッチが起きやすいため返品のリスクが高まります。一度返品されると、返品の受付・倉庫への保管・再検品・「訳あり」としての値引き再販といった煩雑なオペレーションが発生し大きなコストがかかるため、廃棄せざるを得ない場合も多いのです。

そこで、返品処理と再販を自動化するビジネスモデルに着目したのがOptoro。Optoroのプラットフォームを活用すると、返品された商品はOptoroの倉庫に保管されます。商品は独自のスキャンシステムによって瞬時にデータベース化され、最も高く売れそうな販路に在庫として出荷されます。

Optoroとの提携により返品オペレーションが大幅に効率化されるため、顧客体験の向上によりリソースを集中させることができるのです。同時に、廃棄を減らしてSDGs推進に貢献する取り組みだとも言えるでしょう。

【参考】Optoro

Victoria’s Secret & Co.(ヴィクトリアズ・シークレット)の取り組み

下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットは、セクシーさを訴求した商品やスレンダーな体型のスーパーモデルを起用したショーが時代遅れであると批判を受けました。そこから一転、最近の同社ではダイバーシティ&インクルージョンの推進に注力した、ブランドイメージ刷新のための取り組みが目立ちます。

完全デジタル ブランド「 Happy Nation 」の立ち上げ

ヴィクトリアズ・シークレットは2022年4月、新ブランド「Happy Nation」を立ち上げました。Happy Nationは8歳から13歳のティーン世代をターゲットとした、実店舗を持たない完全デジタルブランド。

Happy Nationはメタバースに進出しており、若者に人気のゲーム内に仮装店舗を登場させ、ゲームの世界で商品を見たり仲間と交流したりできる点が大きな特徴です。

また、ゲーム内で特定の活動を行うことで現実世界での寄付や支援につながる仕組みを整えていて、社会貢献性の高い取り組みにもなっています。

【参考】Victoria’s Secret & Co.|Victoria’s Secret & Co. Launches Happy Nation, a Fully Digital Brand for Tweens

オンラインマーケットプレイス「VS&Co-Lab」の立ち上げ

同2022年、革新性と包括性をもつ新たなブランドを紹介することを目的としたオンラインマーケットプレイス「VS&Co-Lab」がウェブサイト上に開設されました。

VS&Co-Labは、ダイバーシティ&インクルージョンに焦点を当て、下着や水着、ライフスタイルに関連する商品を展開するユニークなブランドのコレクション。ローンチ時にフィーチャーされた19のブランドのうち、75%を女性が設立・所有、または指導しており、女性の活躍を推進するプラットフォームとしても注目を集めています。

同社の強みでもある膨大な顧客データを活用し、新しいブランドと消費者を結び付ける新たな取り組みだと言えるでしょう。

【参考】Victoria’s Secret & Co.|Victoria’s Secret & Co. Announces New Curated Digital Platform Targeting New Customers and Category Growth

American Eagle Outfitters(アメリカンイーグル)の取り組み

10〜20代の若い層から高い支持を得ているカジュアルファッションのアメリカンイーグル。堅調に業績を維持している同社は、一度は撤退した日本にも2022年に再進出を果たしています。SNSネイティブ・デジタルネイティブと言われるZ世代がメインターゲットであるだけに、デジタル技術や最新のSNSを駆使した取り組みが目立ちます。

AI を活用した在庫追跡

アメリカンイーグルは、AIによる在庫追跡技術を全米500店舗に導入することを発表しました。

このプロジェクトを主導するのはソフトウェア会社の「RADAR」。RADAR社は、商品の位置をリアルタイムで自動識別し、在庫の正確さを99%まで向上させることに成功しました。

この先進技術では、コンピューターの視覚技術とRFID(商品などに取り付けられる無線チップを使った追跡システム)を組み合わせることで、店舗の在庫管理を効率化し、常に最新の情報を保つことができます。

店舗スタッフは、アプリやダッシュボードを通じて商品の位置情報を瞬時に確認できるため、在庫切れを防ぐことができ、商品の追加注文や店舗への配送もかなりスムーズになります。店舗受け取りサービスも円滑になり、より快適なショッピング体験を顧客に提供できるでしょう。

【参考】RIS news|Gap, American Eagle, The RealReal, and Fairmount Tire Invest in Digital Transformation

デジタルリセールショップ「RE/AE」 の立ち上げ

2023年4月、アメリカンイーグルは大手中古品プラットフォームの「thredUP」と共同して、デジタルリセールショップ「RE/AE」を立ち上げました。

同ショップはthredUPのRaaS(Resale-as-a-Service)技術を活用しており、顧客が自由にカスタマイズしながら中古のアパレルを購入できます。デジタル化が急速に進む中、デジタルに精通した世代の消費者に対してより効果的なアプローチをするため、RE/AEはデジタルショップとして開設されました。

Z世代の古着ニーズに応えるために誕生したRE/AEでは、80年代以降のアメリカンイーグル製デニムやジャケット、アクセサリーなどさまざまなアイテムを展開しています。商品からは品質の高さや寿命の長さがうかがえ、使い捨てファッションからの脱却が期待できるでしょう。

さらにRE/AEは、Z世代に人気のSNS「Snapchat(スナップチャット)」と提携し、Snap ARポップアップショップを展開。ARレンズを用いてバーチャルストアを閲覧したり、AR試着したりといった一連の体験の中で商品が目に留まったら、すぐその場で購入することができます。

このデジタル技術を駆使した循環型ショッピング体験は、サステナビリティの実現とデジタル技術が融合した新しい形だと言えるでしょう。

出典:Snapchat

【参考】Just Style|American Eagle Outfitters, thredUP team on digital resale shop

さまざまなSNSの活用

アメリカンイーグルは、Z世代の消費者に人気のさまざまなSNSを活用してプロモーションを行っています。2022年のホリデーシーズンにはTikTok・Roblox・Snapchat・BeRealを用いてユニークかつ魅力的なホリデープロモーションを展開しました。

以下にそれぞれの概要を紹介します。

TikTok

フレンドギビング(友人同士で祝うサンクスギビング、ここ数年で浸透してきた新しいカルチャー)の週末に、TikTokで「#AEHolidayCard」のハッシュタグチャレンジを開催。クリエーターが、お気に入りのアメリカンイーグルのアパレルを紹介するコンテンツを投稿しました。

Roblox

Roblox(ロブロックス)はZ世代に人気のオンラインゲーミングプラットフォーム。ホリデーシーズン中には、人気の仮想目的地「Mount Crescent」でホリデーマーケットを開催しました。プレイヤーにアメリカンイーグルのユニークなデジタル衣服とアクセサリーを提供したプロモーションです。

Snapchat

Snapchatでもホリデーシーズンのバーチャル体験を提供。ユーザーがホリデーをどこで過ごすか決めたら、その目的地とアメリカンイーグルからのおすすめコーディネートを仮想的に展示するというプロモーションでした。

BeReal

BeReal(ビーリアル)は、1日1回不規則に訪れる通知に合わせて2分以内に無加工の写真を撮影してコミュニティ内で共有するというアプリ。「飾らない日常」を共有するSNSとして注目を集めています。アメリカンイーグルは毎日新商品を紹介する写真を投稿し、その日のおすすめ商品として選んだ10点をユーザーが割引価格で購入できるというプロモーションを行いました。

【参考】ChainStore Age|American Eagle launches holiday promotions on BeReal, TikTok, Roblox

まとめ

この記事では、米国主要アパレル企業におけるデータ活用・DXの最新事例を紹介しました。

業界を牽引するこれらの企業に追随し、国内アパレル企業においても続々と革新的な取り組みが展開されており、今後もさらなる注目が集まることと予想されます。

本メディア「マナミナ」を運営している株式会社ヴァリューズでは、これまでデータ分析事業で培った⾼度な分析メソッドと独⾃ノウハウを活かし、企業のDX推進を支援するサービスを展開しています。
詳しくは下記リンクからご確認ください。

DX推進支援|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/service/dx/

企業様ごとの状況や課題に応じた完全オーダーメイド⽀援の「コンサルティング」、 データ活⽤において広く共通する課題を解決する、⾃社開発プロダクトと他社ツール の提供をおこなう「プロダクト」の組み合わせで、最適な内容をご提案いたします。

この記事のライター

フリーライター。JRグループ会社にて経理・総務として勤務。
子育てとの両立のためWebライターに転身。3児の母。
バックオフィス業務関連の記事を中心にBtoBライティングを手がける。

関連する投稿


データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

社内外の様々なデータを可視化し、グラフを組み合わせて表現することで、データの傾向やパターンを明確にし、分析の精度を向上させる「BIダッシュボード」。関係者間の正しい情報共有や共通理解の促進も期待できます。本レポートでは、Tableauをはじめとする様々なBIツールの導入や構築支援を行ってきたヴァリューズが、これまでの活用事例を厳選して紹介します。業務改善や意思決定に利用するダッシュボードについて、具体的なイメージが欲しい!という方にもおすすめです。


ファッション通販サイトのポジショニングを分析! 20代に人気「GRL」を4P分析で紐解く

ファッション通販サイトのポジショニングを分析! 20代に人気「GRL」を4P分析で紐解く

新型コロナウイルスの蔓延を経て、ファッション業界でもオンラインショッピングの利用が急拡大しました。実店舗よりも選択肢が増える状況下で、多くの支持を集めるブランド「GRL(グレイル)」「ユニクロ」「GU」「SHEIN(シーイン)」に注目し、好調の理由を分析します!


Z世代のお金の使い方・働き方の最前線「ラウド・バジェティング」「リゼンティーズム」| 海外トレンドに見るビジネスの種(2024年6月)

Z世代のお金の使い方・働き方の最前線「ラウド・バジェティング」「リゼンティーズム」| 海外トレンドに見るビジネスの種(2024年6月)

海外からやってくるトレンドが多い中、現地メディアの記事に日々目を通すのはなかなか難しいもの。そこでマナミナでは、海外メディアの情報をもとに世界のトレンドをピックアップしてご紹介します。今回は、Z世代を中心に広がっているお金の使い方や働き方の価値観について紹介します。


【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

【自治体・DMO向け】 分析事例から学ぶ、効果的なデータ活用術|セミナーレポート

自治体のブランディングやマーケティングにおいてデータの活用は不可欠です。しかし、「具体的な活用方法が分からない」「ナレッジやスキルの不足で業務負荷がかかっている」等のお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。データ活用には様々なアプローチ方法がありますが、中でもゴールを設定し段階的なステップや実現方法を考えることが重要です。本セミナーでは、ヴァリューズがこれまでに実施した自治体様とのデータ活用・分析事例を通じて、有意義なデータ活用を実現するアプローチ方法を解説。Webサイトアクセスの分析やBIダッシュボードの構築、日々のデータ集計業務の効率化等の事例もご紹介しました。※本セミナーのレポートは無料でダウンロードできます。


決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

決済者が抱えるDX課題の1位は「新規営業を強化したい」【コミクス調査】

株式会社コミクスは、同社が運営するクラウド・SaaSサービスの情報プラットフォーム『kyozon』会員を対象に、決済者のDX(デジタルトランスフォーメーション)課題に関する調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

生成AIを知っている小学生は23%・保護者は53% そのうち利用に肯定的な保護者は約7割【ベネッセコーポレーション】

株式会社ベネッセコーポレーションは、全国の小学3年生から小学6年生とその保護者に、ChatGPTなどの生成AIの認知、利用経験や今後の利用意向、利用する上で大事だと思うことなどについてアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年8月5日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/07/01〜2024/07/07)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ