トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


コスパとタイパが重要視される現在

2023年11月、株式会社日経BPが運営する「日経クロストレンド」から2023年のヒット商品ベスト30が発表され、世間で話題を集めたものが多数ランクインしていました。

ランキングには、低料金のジムや一人世帯向けの食洗器、鍋要らずのパスタなどが挙がっており、昨年はコスパとタイパを掛け合わせたものがトレンドとなっていることが特徴的に感じます。

そこで、なぜコスパ×タイパの商品が流行ったのでしょうか。また、なぜここまでパフォーマンスにこだわったものが多いのかについても解き明かしていきます。

コスパ×タイパ

コスパとは、コストパフォーマンスの略語で日本語では費用対効果と言います。よく「コスパが高い」という言葉を聞きますが、それは支払った費用(コスト)に対して、それによって得られた能力(パフォーマンス)が高いことを指します。要はお買い得商品ということです。

タイパとは、タイムパフォーマンスの略語で、コスパと同様に時間対効果と言い換えられます。つまり、「タイパが高い」とは時間効率が良いということです。

従って「コスパ×タイパが高い」とはお買い得かつ時間効率が良いものという意味になります。
そんな「コスパ×タイパ」の観点で、私たち消費者にとって嬉しい商品を2つほど紹介します。

chocoZAP

1つ目は2023年のヒット商品ベスト30の第2位に選ばれた「chocozap」です。

chocozapHPより引用

「chocozap」はRIZAPグループ株式会社が運営する会員制のジムです。このジムは月額2980円で使い放題ということで、非常にコスパが高くなっています。

また入退会もスマホで簡単に、全店舗24時間365日無休で使え、さらに普段着でトレーニングを行えるという、タイパもかなり高いサービスです。

パキット

2つ目は2023年ヒット商品ベスト30の第9位に選ばれた「パキット」です。

永谷園HPより引用

「パキット」は株式会社永谷園ホールディングスから販売されている一人前用のパスタソースのことです。

これは普通のパスタソースとは違い、麺を生のままパッケージに入れて、電子レンジで温めるだけでおいしく食べられるようになる商品です。これにより、麺を茹でるという作業(コスト)を省くことができるので、コスパは高いと言えるでしょう。また同様に茹で時間も短縮できるので、タイパも高いです。

パーソナル食洗器SOLOTA

3つ目は2023年ヒット商品ベスト30の第27位に選ばれた「パーソナル食洗器SOLOTA」です。

PanasonicHPより引用

「パーソナル食洗器SOLOTA」はパナソニック株式会社から販売されている一人世帯向けの食洗器です

食器を自分で洗う必要がなくなるので、当たり前ですがタイパは以前より高くなりますね。しかし、一人暮らしに食洗器はリッチなのではと思う人がいるでしょうが、この食洗器は手洗いで使う水の約8分の1の水で洗えるようです。

さらに、SOLOTAを月額1290円で利用できるサブスクリプションのようなサービスもあるので、かなりコスパは高いと言えそうです。

コスパ、タイパに関心があるのはどのような人?

ここからはどのような人がタイパやコスパに興味があるのかを毎月更新される行動データを用いて、競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて詳しく調べていきます。

男女比にはさほど違いはない

下のグラフは「コスパ」と「タイパ」というキーワードを検索した人の男女比を表しています。

キーワード検索「タイパ・コスパ」:男女比
調査期間:2023年1月~2023年12月
デバイス:PC・スマートフォン

どちらともそれほど違いはなく、約1対1の比率です。

若い世代の占める割合が高い

続いて、年齢層についても見ていきましょう。

キーワード検索「タイパ・コスパ」:年齢層
調査期間:2023年1月~2023年12月
デバイス:PC・スマートフォン

特に「コスパ」が20~30代に検索している人が集中しています。「タイパ」についても一般的なネット利用者の構成比に比べて、30代が高くなっています。やはり若い世代の人の方がトレンドに敏感なのでしょう。

コスパとタイパは関係している

掛け合わせて検索されたワードも見ていきましょう。

掛け合わせ検索ワード:「コスパ」
調査期間:2023年1月~2023年12月
デバイス:PC・スマートフォン

上図は「コスパ」と共に検索されたワードの一覧です。第2位「ランチ」、第6位「スマホ」、第8位「居酒屋」、第13位「焼き肉」、第15位「寿司」など日常生活に関係したもの、特に食事と掛け合わせて検索されています。

掛け合わせ検索ワード:「タイパ」
調査期間:2023年1月~2023年12月
デバイス:PC・スマートフォン

同じく「タイパ」の方でも見てみると、第1位に「コスパ」がランクインしており、タイパを検索するひとはコスパも意識していることが分かります。

なぜコスパとタイパが最近のトレンドになっているのか

ここまでで、コスパとタイパが若い世代を中心に関心を集めていると分かりましたが、そもそもなぜパフォーマンスへのこだわりが最近のトレンドになっているのでしょうか。

それは、主に二つの理由があると思われます。

技術の進化によるもの

1つ目の理由として、技術の進化によるものがあると考えられます。商品やサービスが高速に生み出されている現代において、消費者は常により新しく、より良いものを求めています。なので、企業はそのニーズに応えるために常にパフォーマンスに目を向けなければいけません。

時間に追われている時代から時間を有効活用する時代へ

2つめの理由として、現代人の時間の使い方が変わったと考察します。コロナ禍を経てリモートワークが普及し、仕事がオンライン上で出来るようになったりすると、通勤時間や業務効率化できた分をプライベートの時間にあてることも可能になりました。そうしたライフスタイルの変化から、様々なこと(家事や趣味)をより短い時間で効率的にやろうという気持ちが芽生えたのではないでしょうか。より早く、より簡単なものを求める風潮は、これからも一定続くと考えられます。

まとめ

今回は2023年からの「コスパ×タイパ」というトレンドに着目して、なぜここまでパフォーマンスを求めるのかについて調べてきました。以下のような調査結果が得られました。


① コスパ・タイパの両方は若者に関心層が多い
② コスパは買い物だけではなく、食事など日常生活に求められている
➂ タイパを意識する人はコスパも意識している
④ パフォーマンスが求められるのは、技術の進化と人々の時間の使いかたの変化によるものではないか


Z世代の私の意見としては、大学・バイト・サークル・家事を行っている身として、大変ありがたい風潮ですね。自由に使える時間が増えることで友人関係を広げたり、自分の趣味に没頭したり、資格勉強が出来たりするようになるので、大学生活がより豊かなものになっていきます。

下記は、タイパについての関連記事です。こちらもぜひ一度ご覧ください。

タイパ×コスパ、今後の動きに注目です。

関連記事

この記事のライター

早稲田大学商学部1年生のハルです。愛知から上京してきて絶賛一人暮らし中。自炊にはまっています。現在マナミナにてインターン中。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


投資を行っているZ世代の4割が月5万円以上投資 投資は「資金に余裕がある人がやること」「専門性が高い」イメージも【僕と私と調査】

投資を行っているZ世代の4割が月5万円以上投資 投資は「資金に余裕がある人がやること」「専門性が高い」イメージも【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、全国のZ世代、ミレニアル世代、X世代の男女を対象に、投資に関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、株式会社ニッポン放送と共同で全国のZ世代を対象に、ラジオやポッドキャストなどの音声メディアに関する意識調査を実施し、その結果を公開しました。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

CCCMKホールディングス株式会社は、全国16~24歳の男女を対象に『Z世代のSNS利用実態や生活満足度との関係性』について調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ