ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


ECマーケティングの特徴と戦略

ECサイトの集客経路はネット比率が高く、サイト内での行動など行動履歴もログで追えることが多くなっています。その結果、ECサイトのマーケティングでは大量のデータを活用するデータマーケティングが可能です。

一般にECの売上は「アクセス数(集客)× 購入率(CVR)× 客単価=売上」という方程式によって算出します。アクセス数はECサイトに訪れた人数。購入率(CVR)は注文件数÷アクセス数、客単価は売上÷注文件数によって求められます。

集客から購買意思決定・リピート購入等を含め、ユーザーに自社商品を発見・購入してもらい、継続して利用してもらうための戦略や戦術を立てる活動が、ECマーケティングの要となります。

ECマーケティングの「集客」対策で使われる主な手法

リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告・アフィリエイト広告

ECサイトの集客に使える広告系の手法としては、リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告・アフィリエイト広告などが挙げられます。

リスティング広告とは検索連動型広告のことで、指定したキーワードで検索したときに、検索結果に広告が表示されます。クリックごとに課金されるので、それを上回る売上が期待できるページを出稿します。

ディスプレイ広告とはコンテンツ連動型広告のことで、Webサイトやアプリにテキスト・画像・動画またはそれらの組合わせた広告が表示されます。課金単位は表示回数とクリック回数両方のパターンがあります。

購入意欲が高いユーザーを狙うリスティング広告と比べ、潜在的なユーザーにブランディングや認知も含めてアプローチするのに適しています。大手ではGoogle系のGDNとYahoo! JAPAN系のYDNがあります。

このほか、ファッションや健康系ではSNS広告、問い合わせや購入に対する成果報酬型のアフィリエイト広告を活用する集客方法もあります。

SEO・コンテンツマーケティング

検索結果の上位に掲載されていれば、Web広告に頼らなくても恒常的な検索流入が期待できます。しかし、競合や大手もSEOに取り組んでいて、必ず結果が出る施策ではないことや、即効性がない点は注意が必要です。

SEOの意味って知ってますか?【今更聞けない】

https://manamina.valuesccg.com/articles/387

SEO対策をして上位表示をするのは、マーケティング担当者にとって課題となる点です。普段何気なく使っているSEO対策という言葉。実際の意味や、検索エンジンへの対策をする目的とは何でしょうか?今更聞けないSEOの意味を分かりやすく解説していきましょう。

SEOを学習するためのおすすめ本

https://manamina.valuesccg.com/articles/419

最近、書籍やインターネットでも「SEO」という言葉を目にしたり耳にする機会は増えたと思います。インターネットが普及し、ビジネスを成長させて集客をアップさせる上で「SEO」は欠かすことのできない対策です。そのため、SEOについて学習しておきたいという人も多いですが、SEOに関する書籍は非常にたくさん出版されています。そこで、たくさんあるSEO本の中から、SEOについて分かりやすく学ぶことができるおすすめの本を紹介していきます。

「コンテンツマーケティング」とは、商品の販売ページ以外に情報を発信するページ(サイト)をつくり、商品販売につなげることです。

ひとつの例としてECサイトでアパレルを扱っているとします。ECサイトへ集客するために別にファッションサイトを立ち上げ、トレンドや着こなしなどユーザーが役に立つと感じる記事をアップしていきます。そして、その記事内で自社のECサイトへ誘導、という流れです。

コンテンツマーケティングにおいてもキーワード選定などのSEOの概念が欠かせないので、SEOの基本は確実に覚えておきましょう。

ECマーケティングの「購入」対策で使われる主な手法

ランディングページ最適化(LPO)

Web広告やSNSからの誘導で最初に流入するページをランディングページ(LP)といいます。LPを魅力的なものにしてコンバージョン率を上げるための施策がLPO、ランディングページ最適化です。

色や画像などのパーツを機械的にA/Bテストしたり、郵便番号を入力すると住所を自動入力するなどのフォーム入力補助機能を活用して、LPを見た人が途中で離脱せず購入に至る率を上げます。

サイト内検索

ユーザーがECサイトを訪れた際に目的の商品にたどり着きやすくするために、検索機能の充実は欠かせません。一般的なワード検索以外にもカテゴリー、サイズ、価格で検索、ソートできるようにすると、サイト内の滞在時間延長にもつながります。

レコメンド機能

「あなたにおすすめの商品」「この商品をお求めのお客様はこちらの〜」といった、商品の検索や閲覧履歴から取得された情報を表示するのがレコメンド機能。レコメンド機能には、潜在的な購買意欲を刺激し、ほかの商品もチェックするサイト内の回遊的な効果や、客単価の向上が見込めます。

「カゴ落ち」対策

カゴ落ちとは、購入を完了する前にカートから離脱、つまりカートには入れたものの購入には至らなかったというケースを指します。

カゴ落ちの理由でもっとも多いのは、支払い時にかかる追加コスト「送料・税金・手数料」がかかることを確認して、というものです。このことから、カゴ落ちを軽減するためには、できるだけ送料を圧縮(場合によっては無料にする)し、追加料金が発生することを事前に通知しておくことが重要です。

そのほか、入力フォームのフィールド数を減らす、安全性を保証するトラストマークを利用する、サイトスピードを向上させるといった改善策が挙げられます。

UIの見直し

ここでのUIとは、ECサイトの利便性やわかりやすさを指します。ユーザーが便利に、快適に買い物ができるかどうか、客観的に見直す必要があります。

具体的な例として、Amazonを思い出してください。同社のショッピングページは、ビジュアル的には決して美しいとまで言えるものではありませんが、ユーザーが求める商品を迷わずに探し出せ、利便性を追求しています。直帰率を下げ、コンバージョン率を上げるために、ユーザーの目的=便利な買い物ができるページレイアウトを心がけましょう。

ECマーケティングの「再訪」対策で使われる主な手法

クーポン・会員ポイント

商品購入の際、次回購入時に割引されるクーポンや会員ポイントの付与は、ユーザーを囲い込み、再訪してもらえる割合を増やします。

リマーケティング広告

一度でもECサイトの訪問歴があるユーザーを対象に広告を配信するリマーケティング広告。サイトに訪問=多少なりとも興味や関心があるので、クリック率が高くなります。

メルマガ

商品を購入し、メールアドレスを登録したユーザーへのメルマガ配信という手法は、リピートユーザーやスリープユーザーにアプローチしやすいという特性があるため、広く用いられています。なかなか開封してもらえないという問題があるので、これを克服するための工夫が必要です。

ユーザーの立場になってマーケティング戦略を立てることが大切

ECマーケティングの戦略についてトータルで言えるのは、いかにユーザーファーストの視点でECサイトを運営するか、です。まずは基本的な部分をしっかり念頭に置き、その上で上記のような戦略の立案、施策の実行が重要になります。

関連記事

【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

https://manamina.valuesccg.com/articles/902

EC運営で困った時や、今より売れるヒント探しを目的とした方に向けた3stepガイド。「ECを効率的に勉強したい」「他社ECの事例を知りたい」「D2Cについて知識をつけたい」そんな思いに応えたブック型記事になっています。ステップ順に見ていけばEC運営の基礎知識も身につき、自社ECの課題点や改善点が把握できるように記載しています。

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

データマーケティングに役立つツール7選。DMPや統合ツール、MAをまとめました

https://manamina.valuesccg.com/articles/624

コンピューターやインターネット、スマホの普及により大量のデータが集まる時代。この大量かつ複雑なデータをマーケティングに活用するには、高いスキルとノウハウを持った人材、そして多くの時間が必要です。データの整理・集計や広告の最適化をツールで自動化できれば、費用や時間を節約できるとともに専門知識がない人でもデータマーケティングができるようになるメリットがあります。今回は大量のデータを活かすためのデータ統合ツールやマーケティングオートメーションのツールをご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


EC マーケティング戦略

関連する投稿


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


Web行動ログデータで読み解く"ロイヤル顧客"のリアル|日本マーケティング協会共催セミナーレポート

Web行動ログデータで読み解く"ロイヤル顧客"のリアル|日本マーケティング協会共催セミナーレポート

公益社団法人日本マーケティング協会と株式会社ヴァリューズによる共催セミナーが開催されました。本セミナーのテーマは、「ロイヤル顧客のリアル」。自社の商品を継続的に購入してくれるロイヤル顧客ですが、効果的なアプローチが分からずお悩みを感じている企業も多いのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズの持つ行動ログとアンケートによってロイヤル顧客の実態を調査し、企業がロイヤル顧客マーケティング施策において重視すべきポイントを、データサイエンティスト協会 事務局長/新生フィナンシャル株式会社 CMOの佐伯 諭氏を迎えディスカッションしました。


市場規模拡大中!日本ブランド人気は?東南アジアのEC利用実態(タイ・ベトナム・インドネシア)

市場規模拡大中!日本ブランド人気は?東南アジアのEC利用実態(タイ・ベトナム・インドネシア)

海外進出先として有望な東南アジア。特にインドネシアは人口規模が大きいこともあり、ECの市場規模も大きく、今後の拡大傾向も強いと予測されています。本レポートでは、タイ・ベトナム・インドネシアの3か国について、よく利用されているECサイトや利用重視点、利用金額や決済手段などを調査。日本商品の購入実態についてもまとめています。


キーワードは「価値創造」。日本のマーケティングの未来像を語る【日本マーケティング協会会長 藤重氏×ヴァリューズ代表 辻本】

キーワードは「価値創造」。日本のマーケティングの未来像を語る【日本マーケティング協会会長 藤重氏×ヴァリューズ代表 辻本】

コロナ禍を経て大きく変わりつつある企業の経済活動。日本企業のマーケティング活動の現在地と未来図、そしてマーケターが取り組んでいくべきことは何か。日本マーケティング協会会長 藤重氏とヴァリューズ代表 辻本による対談をレポートします。


Temu, the emerging Chinese e-commerce platform | Its number of users and user persona comparing with SHEIN

Temu, the emerging Chinese e-commerce platform | Its number of users and user persona comparing with SHEIN

Following the popularity of “SHEIN,” the Chinese e-commerce company “Temu” continues to grow its recognition. It began its service in Japan in July 2023, but what kind of people are Temu’s first users? We will research the actual usage surrounding the website and app while comparing it with that of SHEIN.


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ