コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


緊急事態宣言下はWebサイト利用も大きく変動

今回は、2020年4月1日から6月10日までの期間で、国内の主要Webサイト全体の日別UU数の推移を調査し『どのあたりでトレンドが変化したのか?』を分析しました。

総じて、4月7日に首都圏、大阪、兵庫、福岡の7都府県で緊急事態宣言が発令されて以降は日別変化の波が多発しており、外出自粛要請の中で、ネット上では情報収集や消費行動が活発化していたことがうかがえます。

期間中、最も日別UUの変化が激しかったのは5月10日。5月4日に緊急事態宣言の延長が発表され、ゴールデンウイーク週の最終日となる日曜日にあたります。

その後、5月25日に全国で緊急事態宣言が解除された後は、WebサイトUU数の変動も緩やかになりつつある様子が見てとれます。

変化点別サイト数の推移

変化点別サイト数の推移

※2020年4月1日~6月10日

【変化点前後の主な出来事】

  • 4月7日(火) 

 緊急事態宣言が東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県を対象に発令

  • 4月16日(木)

 緊急事態宣言の対象が全国に拡大

  • 5月4日(月)

 安倍首相が緊急事態宣言の延長を決定

  • 5月14日(木)

 39県で緊急事態宣言が解除される

  • 5月25日(月)

 東京、神奈川、埼玉、千葉の関東1都3県と北海道についても緊急事態宣言を解除

 ※宣言期限の31日より早く全国で解除された

高機能な夏用マスクや食材宅配サービスは需要継続か

緊急事態宣言の発令から解除という、国内消費者の日常生活に大きな変化をもたらしたこの期間。外出自粛の中、ネット上やデジタルでの行動が活発化しましたが、具体的にどのようなサービスが伸びていたのか、株式会社ヴァリューズが保有するモニターパネルの消費者ネット行動ログから調査しました。

下図は、ユーザー数の増減率を示す増減スコアをもとに、利用者が伸びたWebサイトをランキングにしたものです。

日次UUが増加したサイト

日次UUが増加したサイト

この中から、今後も需要の継続が見込まれるサービスを見ていきましょう。

まず、「食材宅配のOisix(オイシックス)」が3位にランクインしています。日次の増減推移を見てみると、5月上旬と6月上旬にユーザー数が急上昇していました。

「オイシックス」サイトの増減推移

「オイシックス」サイトの増減推移

※「uu_ex」:日次の推計UU数、「cp_avg」:期間別平均UUを示す

オイシックスでは、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医療従事者を食で応援しようと、“食品の物資支援をワンストップで提供する「WeSupport」”を4月20日に設立。食品協賛をするサポート企業を募り、新型コロナウイルス感染症の予防や治療にあたる医療従事者への食品の無償支援を行っています。

また、5月22日からは外食業支援の「Oisixおうちレストラン」企画において、ミシュランの星付きレストランや予約困難店のシェフと協業し、アフターコロナのニーズにマッチさせた新しい食卓提案としての商品販売をスタート。サービス特性を活かしながら「応援消費」の意識の高まりにもいち早く対応し、コロナ禍でも食を通じた支援施策を次々と展開しています。

オイシックスプレスリリースより

4位に入った「ミズノ」、12位の「スーツのAOKI」は高機能マスクで話題になりました。

スポーツブランドのミズノは水着や陸上ウェアに用いる伸縮性に優れたストレッチ素材をマスクに採用。5月15日に発売し2万枚が即日完売したそうです。同社では新たに夏用マスクも開発し、抽選制で販売しています。

ミズノの『アイスタッチ』マウスカバー¥1,320(本体価格:¥1,200)
(ミズノプレスリリースより)

スーツのAOKIでも「抗菌・洗えるマスク」を、5月1日から予約販売開始しました。
下図のように、AOKI公式オンラインショップのユーザー数は販売開始日に急伸。例年、3月~4月にかけては新生活やフレッシャーズの需要で利用者が伸びる傾向にありますが、昨年同時期と比べても、今年のユーザー数がいかに爆発的に伸びているかがわかります。

「スーツのAOKI」サイトの増減推移

「スーツのAOKI」サイトの増減推移

※「uu_ex」:日次の推計UU数、「cp_avg」:期間別平均UUを示す

高機能マスクに関しては、ユニクロのエアリズムマスクをはじめ、中川政七商店による天然素材ガーゼのマスク抗菌スーツを活用した青山商事の夏マスクなど、各社独自の機能性や特徴を打ち出しています。これから夏に向けて需要の高まりはしばらく続くと見込まれます。

「Relux」など高級宿の予約サイトが復調の兆し

また、6月以降の動きでは、キュレーションに特化し、プロが厳選した高級ホテル、旅館が予約できる宿泊予約サイト「Relux」に注目です。先に紹介したランキングでは14位に入りました。

「Relux」Webサイト

緊急事態宣言が段階的に解除された5月後半からユーザー数がじわじわと増え始め、6月には大きく伸びています。旅行やお出かけに関してもいわゆる「3密」を避けたい意識はしばらく続くと考えられ、上質なおもてなしを提供する高級宿でゆっくりと過ごしたいというニーズが高まりつつあるのかもしれません。

さらに同社では7月12日までの期間で、国内の旅行需要を喚起するため、 応募者全員に宿泊料金最大20%割引クーポンをプレゼントする「夏さきどりキャンペーン」を実施。8月からは観光庁の「Go To トラベルキャンペーン」も開始見込みで、観光地の再活性化、旅行需要の復活が期待がされます。

「Relux」サイトの増減推移

「Relux」サイトの増減推移

※「uu_ex」:日次の推計UU数、「cp_avg」:期間別平均UUを示す

給付金10万円の使い道は「生活費」「貯金」に次いで「国内旅行」

ヴァリューズが緊急事態宣言解除後に実施したアンケート調査(調査期間:6月17日~23日、回答者:25,382人)で、「あなたは特別定額給付金10万円をどのように使う予定ですか」とたずねたところ、最も多かったのは「生活費(29.6%)」次いで「貯金(20.1%)」でしたが、その次に挙がったのは「国内旅行(12.7%)」でした。

性年代別にみたところ、特に60歳以上の男女で「国内旅行」と回答した人の割合が高くなっていました。シニア層を中心に旅行意欲が刺激されていると考えられます。

特別定額給付金10万円の使い道について

特別定額給付金10万円の使い道について

ヴァリューズが緊急事態宣言解除後に実施したアンケート調査より
(調査期間:6月17日~23日、回答者:25,382人)

ディズニーリゾート、スポーツ配信などエンタメ系も活気の予兆あり

次に、アプリも同様にユーザー数の増減率を示す増減スコアを算出し、4月1日~6月10日までの期間中に利用者が伸びたアプリをランキング化しました。

日次UUが増加したアプリ

日次UUが増加したアプリ

ランキングの1位は東京ディズニーリゾートの公式アプリ「Tokyo Disney Resort App」
日別のUU推移を見ると、5月26日にユーザー数が急増しています。東京ディズニーランドとディズニーシーは新型コロナウイルスの影響により2月末から臨時休園になっていましたが、両パークで購入できるグッズのオンライン販売を5月26日からスタート。購入には「Tokyo Disney Resort App」のアカウントが必要なため、アプリ利用ユーザーが殺到したものと考えられます。

東京ディズニーリゾートは7月1日から営業を再開予定で、6月25日からオンライン予約・購入サイトでチケット予約を開始しましたが、こちらもアクセス集中により接続が不安定になったようです。

「Tokyo Disney Resort App」アプリの増減推移

「Tokyo Disney Resort App」アプリの増減推移

※「uu_ex」:日次の推計UU数、「cp_avg」:期間別平均UUを示す

6月19日にようやく公式戦開幕を迎えたプロ野球ですが、6月2日から始まった練習試合を待ち望んでいたかのようにスポーツナビが提供する「スポナビ 野球速報」アプリのユーザー数も同日に大幅増加していました。その後もユーザー数は高位置で推移しており、開幕に向けたファンの期待感が伝わってきます。

「スポナビ 野球速報」アプリの増減推移

「スポナビ 野球速報」アプリの増減推移

※「uu_ex」:日次の推計UU数、「cp_avg」:期間別平均UUを示す

「スポナビ 野球速報」アプリ

まとめ

緊急事態宣言が出されたコロナ禍においても、医療従事者の支援や応援消費の啓蒙に素早く対応したオイシックス、スポーツウエアや抗菌素材など自社が保有する独自価値を活かしスピーディーに商品開発を展開したアパレル各社のマスク、臨時休園が長引く中、グッズのオンライン販売でファンの期待に応えた東京ディズニーリゾート。

各社とも消費者の意識変化やニーズ・課題をいち早く捉え、自社のサービスで何が解決できるか、何を提供できるかをタイミングを逃さず打ち出しているからこそ、高い注目を集めていると推察されます。
マーケティングにおいて原点とも言える「消費者理解」が、ウィズコロナ時代では改めてその重要性を増しています。

株式会社ヴァリューズでは、消費者ニーズの変化やタッチポイントの変化を確認したいマーケティングご担当者様や、コロナ禍においてのビジネス潮流変化と脅威を発見したい経営企画や新規事業企画等のご担当者様に向けて、“コロナ前後で一体何が変化したのか?”を把握でき、「beforeコロナ」×「withコロナ」を紐解く調査データを提供しております。

調査内容はご要望に応じてカスタマイズも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルスの消費者影響調査のお問合せはこちら

調査データのお問い合わせはこちら

調査概要

株式会社ヴァリューズが保有する国内モニターパネルのネット行動ログから、2020年4月1日~6月10日のデータを抽出し分析しました。
※対象デバイスはPC・スマートフォン
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。アプリのカテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得。メール、Google Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは対象外とする。

アンケート調査に関しては、全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2020年6月17日~23日にアンケート調査を実施(回答者25,382人)。
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計をおこなっている。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


コロナ影響 トレンド調査

関連する投稿


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナウイルスの流行に伴い、お酒の個人消費が増えていると見られています。実際にどれほど進んでいるのでしょうか。本記事では市場分析サービス「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を用いて、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査し、消費マインド変化の考察を試みます。


イケア、ディズニーにマイナポータルAP…アプリでのEC開始や10万円オンライン申請でユーザー数を伸ばしたアプリとは【2020年5月】

イケア、ディズニーにマイナポータルAP…アプリでのEC開始や10万円オンライン申請でユーザー数を伸ばしたアプリとは【2020年5月】

2020年5月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回は<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。5月のトレンドを調査しました。


コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

新型コロナの影響でリアルライブイベントの開催が困難となり、この春~夏にかけて開催予定だったアーティストライブは軒並み中止に。野外音楽フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL」も中止が発表され、ファンから落胆の声が広がっています。そんな中、ミュージシャンやアイドルの収益機会となり、ファンとアーティストを繋ぐ方法として、エンタメ界が新たな可能性を見出しているのが「投げ銭」サービス。今話題の「投げ銭」は、実際にユーザーからどれほど注目され、浸透しているのか?その実態を調査しました。


保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

一昔前、保険は自宅や職場に訪れる各保険会社の営業担当者から加入するのが一般的でした。しかし、現在ではそういった光景は減りつつあり、代りにさまざまな会社の保険を扱う来店型の保険ショップや、Web 上の保険比較サイトが増加しています。また、ネットで手続きを行うダイレクト型保険も浸透し、より手軽に保険へ加入できるようになりました。そんな中、新型コロナウイルスの蔓延により、人との接触をできる限り減らす新しい生活様式での日常がスタートしました。withコロナの生活は人々の保険の選び方にどのような影響を与えているのか、eMark+を用いて分析してみました。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら