カインズの通販サイトがコロナ影響でユーザー急増!成長を遂げるホームセンターEC市場を調査

カインズの通販サイトがコロナ影響でユーザー急増!成長を遂げるホームセンターEC市場を調査

新型コロナウイルスの影響で外出制限が続き、小売業界は大きな岐路に立たされています。そんな中で、ホームセンター業界は特にオンラインショップで売上を大きく伸ばしているようです。今回はホームセンター大手5社を取り上げ、オンラインショップのユーザー数推移や検索キーワードなどから、好調の理由を調査します。


大手ホームセンター5社のECサイトのユーザー数を比較

分析対象とした大手ホームセンターは
・カインズ
・コーナン
・DCMホールディングス
・コメリ
・ナフコ

の5社です。それぞれの売上規模や店舗数などを以下の表にまとめました。年間売上トップはカインズ。オンラインショップのユーザー数は2位のコーナンを大きく突き放しており、同社の売上を支えていると考えられます。

ホームセンター5社比較

ホームセンター5社比較
年間売上高は各社IR情報より(2020年8月時点)。千万以下切り捨て。

カインズ:www.cainz.com/shop/
コーナン:www.kohnan-eshop.com/shop/
DCM:www.dcm-ekurashi.com
コメリ:www.komeri.com/top/
ナフコ:nafco-online.com

ホームセンター通販のカインズ

コーナン公式サイト

ホームセンター通販 DCMオンライン

ホームセンター通販コメリドットコム

ホームセンターナフコの公式オンラインストア

カインズオンラインショップ、新型コロナ影響で急増

次に各社のオンラインショップに訪れたユーザー数の年間推移を確認します。各社、新型コロナウイルスの影響でユーザー数が増加していることがわかります(赤枠が新型コロナ影響)。

特にカインズのオンラインショップは2020年3月以降ユーザー数が急増。もともとオンラインでは他社の追随を許さない圧倒的なユーザー数を維持していましたが、コロナ禍がさらなる追い風となりました。

オンラインショップ訪問ユーザー数推移

オンラインショップ訪問ユーザー数推移

期間:2019年8月〜2020年7月
デバイス:PC&スマートフォン

スマホ利用率がオンライン成長の鍵⁈

次に、ユーザー属性を比較します。下のグラフのとおり、男女比はいずれも男性比率が高い中、カインズの女性比率は47.7%と他社と比較して高いことがわかります。
年代は40代がボリュームゾーン、コメリは50代、60代が多くみられました。

また、オンラインショップの使用デバイスを比較すると、カインズのみスマートフォン比率が高いことがわかりました。

オンラインショップ訪問ユーザー属性

オンラインショップ訪問ユーザー属性

期間:2019年8月〜2020年7月
デバイス:PC&スマートフォン

使用デバイス比較

使用デバイス比較

期間:2019年8月〜2020年7月

同時検索は「営業時間」よりも「通販」「オンライン」

続いて、ホームセンターの各社名と合わせて検索されているキーワードから、ユーザーのニーズを探ります。
※期間は新型コロナ影響を受けた2020年3月〜7月に設定。
※カインズのみスマートフォンユーザーが多いためデバイスをスマートフォンに指定。

各社とも、社名と共に「オンラインショップ」「通販」、実店舗の「営業時間」が多く検索されていました。すべてのホームセンターで、実店舗の営業時間よりもオンラインショップが検索されていることからも、オンライン好調の流れがみえてきます。

カインズは「マスク」など感染予防関連キーワードが人気

それぞれの検索キーワードを詳しくみていきます。

カインズ:
「マスク」が同時検索キーワードの上位に。マスクを含む品薄商品の抽選販売も話題になりました。そのほかには「ゴミ箱」「自転車」などの商品も検索されました。これらもウイルス対策に関連していると考えられるでしょう。

コーナン:
オンラインサイト名「コーナンEショップ」が多く検索され、同サイトが認知されていることがわかります。商品で検索されたのは「防炎レース」「すだれ」でした。

DCM:
DCMブランドが上位を占めました。商品名で検索されたのは「寝具3点セット」でした。

コメリ:
オンラインサイト名「コメリドットコム」が多く検索され、同サイトが認知されていることがわかります。商品で検索されたのは「合い鍵」関連でした。

ナフコ:
商品名で検索されたのは「ソファ」「オフィスチェア」などの家具が多くみられました。「巣ごもり」やリモートワークによる需要が伸びたと考えられます。

カインズは「マスク」や「ゴミ箱」など具体的な商品名で検索された回数が多いようですが、他社は「オンラインショップ」「営業時間」が多く検索されています。

ホームセンター各社同時検索キーワード

ホームセンター各社同時検索キーワード

期間:2020年3月〜7月
デバイス:PC(カインズのみスマートフォン)

まとめ

新型コロナウイルス禍でホームセンター業界が好調です。オンラインショップの利用者を増やしていることが要因の一つと考えられます。

主要ホームセンター5社のオンラインショップを分析すると、他社に先んじてユーザーの囲い込みに成功していたカインズが、新型コロナ影響で大幅にユーザーを獲得。マスクやゴミ箱、自転車など、ウイルス感染対策グッズが多く検索されました。

また、すべてのホームセンターで、実店舗の営業時間よりもオンラインショップが検索されていることからも、オンラインシフトの波は確実にきていると考えられるでしょう。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を使用し、2019年8月~2020年7月におけるユーザーの行動を分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニター(20代以上男女)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。サイトに訪れるユーザー数や属性など、無料でお使いいただける機能もあります。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。



dockpit 無料版の登録はこちら


関連記事

中国でライブ配信×ECのライブコマース市場が急成長!|中国ライブコマースに関する調査報告書

https://manamina.valuesccg.com/articles/1079

ライブ配信とECを掛け合わせたサービス「ライブコマース」。中国のライブコマースは2016年に登場し、2019年以降、成長期を迎えています。<br>中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、TikTokや快手(クワイショウ)などの中国ライブコマースに関する調査報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|37p)

Web施策を次に活かす効果測定とは?行動喚起ユーザー倍増に成功した解析手法を紹介|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1069

Webキャンペーンやコンテンツ拡充などのデジタル施策は、「ターゲットへ届いたか」「狙った行動喚起に繋げられたか」などの効果測定を適切に行うことで、新たな発見を得られ、それを踏まえた次の施策を検討することができます。 そして、それらのフィードバックには自社サイトで得られる閲覧状況を把握するだけでなく、サイト外でのユーザー行動分析が有効です。9/16にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、これらの効果測定に役立つWEB行動ログデータを活用したユーザー調査手法を紹介。実際のECサイトでの分析事例をもとに解説されました。本稿は、そのレポートをお届けします。

「コロナ影響による『おうち時間』『在宅ワーク』~増えたおうち時間でどの家具が注目されているか」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1002

withコロナの新しい生活は、私たちの住まいに対する意識にも変化をもたらしました。長い時間を過ごす場所であるからこそ、自宅をより快適な空間にしたいと思う人も多いはずです。コロナ禍において、暮らしを彩る家具業界はどのような影響を受けているのか分析しました。(ページ数|9p)

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連するキーワード


EC コロナ影響 eMark+

関連する投稿


2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022年は行動制限のない夏ということもあり、ウィズコロナの生活様式を守りつつ、旅行予約が活況を見せました。コロナ禍で「オンラインでの検討・予約」という流れがさらに定着している今、旅行業界関係者として、どのような顧客とどのような接点を持てばよいか、悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、アンケート調査とWeb行動ログ分析から、夏の国内旅行検討者のトレンドや、宿泊サイトの勝ち負けパターンを解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」「ショールーミング行動の実態」を調査

ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」「ショールーミング行動の実態」を調査

ウィズコロナ時代とも言われる2022年、顧客の獲得戦略を練る上では、消費者が実店舗×ECをどのように活用しているのか、リアルな消費者行動を理解することは必須となるでしょう。そこで今回は、ウィズコロナ時代の「モノの買い方変化」および「ショールーミング行動の実態」に着目し、消費者トレンドを分析。分析には、国内の20~60代の男女6,105人を対象にしたアンケート調査と、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログを用いました。


「インフォデミック」「漫画アプリトレンド」など...ベスト記事「ランキング」編

「インフォデミック」「漫画アプリトレンド」など...ベスト記事「ランキング」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第7弾の今回は「ランキング編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

コロナ禍の「旅行」「飲料」業界など...ベスト記事「動画編」

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第6弾の今回は「動画編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

ヴァリューズでは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。今回は、その中から注目の12領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。「デジタル・トレンド白書2022」はwithコロナ・ライフスタイル編、消費財・耐久消費財編の2部構成になっています。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(第2部:ページ数|118p)


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら