大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2020年8月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

8月の急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「eMark+」画面より)

1位は前月比+1238%の富士フイルム公式オンラインショップ

それでは早速、ランキングの1位から詳しく見ていきましょう。

1位:富士フイルム ビューティー&ヘルスケア online

1位は富士フイルムの化粧品・サプリメントのオンラインショップ「富士フイルム ビューティー&ヘルスケア online」でした。

経営の多角化を図ってきた富士フイルムは、実は化粧品・サプリメント領域にも進出しています。このサイトの急上昇の要因はなんでしょうか。eMark+でサイト内のコンテンツランキングを確認してみましょう。

「富士フイルム ビューティー&ヘルスケア online」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位のページのUU数が非常に多いことが分かります。実際にアクセスしてみると、このページは糖質ケアサプリメント「メタバリアEX」のLPとなっていました。

では、富士フイルムはどのような集客方法を採用していたのでしょうか。eMark+ではWebサイトへの流入元を分析することができます。この機能を使って集客施策を見てみましょう。

「富士フイルム ビューティー&ヘルスケア online」のセッション数流入元(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

外部サイトからの流入が圧倒的に多いとわかります。さらに流入元の詳細を見ると、ポイント系サイトが複数ランクインしていました。同社はポイント施策による集客でサイト訪問者数を急上昇させたと考えられます。

本メディア・マナミナで公開した先月の急上昇サイト記事でも、サプリメントを取り扱う健康食品通販サイト「味の素ダイレクト」がランクインしていました。新型コロナによる外出自粛、運動不足の影響から、サプリメント需要の高まりが指摘されていますが、それを裏づける結果と言えるかもしれません。

2位:LINE占い

2位にランクインしたのは、LINEが提供する占いサービス「LINE占い」でした。

どのようなページに注目が集まったのかコンテンツランキングで確認しましょう。

「LINE占い」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位と2位のページのUU数が非常に多いことが分かります。実際にアクセスすると、1位はLINE占いで人気占い師の運勢占いのページとなっていました。

ではどのような経路でユーザーが訪問したのか流入元を見てみましょう。

「LINE占い」の流入元セッション数(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

「LINE占い」の流入元・外部サイトランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

外部サイトからの流入が目立ちます。さらに流入元の外部サイトの内訳を見ると、「LINE BLOG」や「LINEポイントクラブ」が上位にランクインしていました。8月は関連サイトからの流入が増え、サイトの急上昇に繋がったと言えるでしょう。コミュニケーションアプリ・LINEのアクティブユーザーの多さを活かすなど、LINE占いはオウンドメディアや関連サイトを活かして利用者を集めたのではないでしょうか。

3位:NEC LAVIE公式サイト

3位はNECの個人向けノート・デスクトップパソコンの公式通販サイト「NEC LAVIE公式サイト」でした。

同様に、急上昇の原因をコンテンツランキングで探っていきましょう。

「NEC LAVIE公式サイト」のコンテンツランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

ランキング1位は、以下のようなNECの広告限定優待クーポンが掲載されているページでした。こちらは、NEC Directの広告からアクセスすると、PC購入の際の割引クーポンがもらえる設計となっています。

次に流入元も確認しましょう。

「NEC LAVIE公式サイト」の流入元セッション数(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

一般広告からの流入が半分以上を占めています。詳細を確認すると、ディスプレイやアドネットワーク、アフィリエイトなどの広告プラットフォームが目立ちました。リモートワーク化の時流をつかみ、お得な値段でPCを買えることをデジタル広告で訴求した結果、訪問者数が上昇した可能性が考えられます。

GoogleやSony、コカ・コーラも上位にランクイン

その他上位にランクインしたサイトには、大手企業のデジタル広告施策の影響がうかがえました。早速みていきましょう。

6位:Google ストア

6位に「Google ストア」がランクインしていました。こちらはGoogleのデバイスやアクセサリを購入できる公式オンラインストアです。

Googleは8月20日にスマートフォン「Google Pixel 4a」を発売して注目を集めましたが、どうやらこのことと関連があるようです。コンテンツランキングで確認しましょう。

「Google ストア」のコンテンツランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

1位はGoogleストアのトップページでしたが、2位は「Google Pixel 4a」の商品ページでした。その他にも、「Google Pixel 4a」の関連ページが複数上位にランクインしています。

ではどのような経路によるユーザー訪問が上昇したのか、対象月の8月と、1ヶ月前の7月の流入元を比較して分析してみましょう。

「Google ストア」の7月の流入元セッション数(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

「Google ストア」の8月の流入元セッション数(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

7月と8月の流入元を比較すると、自然検索や外部サイトからの流入セッション数は大きく変化していません。一方で、8月は一般広告からの流入が大幅に増えたことが分かります。

流入元の内訳を見ると、アドネットワークからの流入が大半でした。8月に新作スマートフォンを発売したGoogleストアは、話題となった新商品の広告施策によって集客に成功したのかもしれません。

7位:Sony Reader Store

7位はソニーが提供する電子書籍の総合書店「Sony Reader Store」でした。Reader Storeは電子書籍の販売に加え、そのまま購入した書籍をスマホやタブレット・パソコンから読めるサイトとなっています。

では急上昇の要因はなんでしょうか。コンテンツランキングで確認してみましょう。

「Sony Reader Store」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

1位のページのUU数が圧倒的に多いことが分かります。実際のページが以下です。

こちらは新規入会者対象のクーポン配布ページでした。ソニー社では電子書籍・マンガサイトへの広告費投下が功を奏し、訪問者数の増加につながったのではないでしょうか。

8位:Coca-Cola Park

8位はコカ・コーラの会員サイト「Coca-Cola Park」でした。

急上昇の原因をコンテンツランキングから探ってみましょう。

「Coca-Cola Park」のコンテンツランキング(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」に関するページが上位に多数ランクインしていました。8月17日に始まったこちらのキャンペーンは、綾鷹を購入し、QRコードを読み込んで抽選に参加することで商品が当たるものです。

このプロモーションでは吉岡里帆さんを起用して「おうち時間を充実させよう」というメッセージを発信し、時節にあったコミュニケーション設計となっていました(参考:プレスリリース)。併せて「#綾鷹とひと工夫で旨み豊かな食卓」の動画をYoutubeで公開し、認知獲得を図っています。消費者のモーメントに合わせた綾鷹のキャンペーンが、本サイトの集客に効果を上げたと考えられます。

まとめ

最後に8月の急上昇サイトと、その増加要因をまとめます。

上位には富士フイルム、ソニー、NEC、Google、コカ・コーラなどの大手企業のデジタル広告施策の影響が目立ちました。

1位の「富士フイルム ビューティー&ヘルスケア online」は、外部のポイントサイトも活用し、集客に成功したと考えられます。また、3位の「NEC LAVIE公式サイト」、6位の「Google ストア」も、それぞれ適切な広告配信によってユーザーを集めたと言えるでしょう。

特に、8位の「Coca-Cola Park」は綾鷹のキャンペーンが集客効果をあげたと推測できます。こちらは、吉岡里帆さんを起用して時節にあったメッセージを発信しており、withコロナのキャンペーン施策の好例とも言えるでしょう。

新型コロナの影響により大手企業各社のデジタル戦略への投資傾向が高まっているとされています。今回の急上昇サイトで訴求されていたプロダクトは、サプリメントやPC、スマートフォン、電子書籍・マンガなどです。いずれも現在の状況と紐付けて考えられることから、大手各社がデジタル広告への投資を進めていることを裏づける結果と言えるかもしれません。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのeMark+を使用しています。急上昇サイト分析機能は無料ですので、より詳細なデータを知りたい方はぜひ見てみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

withコロナで一次産業の救世主に!?話題沸騰中の食べチョクのユーザー像にWebサイト分析から迫る

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、大きな影響を受けている農業や漁業などの一次産業。その生産者達の救世主となり、サービスを急成長させている産直ECサイトの「食べチョク」。そんな急成長を見せる「食べチョク」のユーザーの特徴、サービス成長の背景をヴァリューズの新ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して調べていきます。


通販のトレンドキーワードからヒット商品の兆しを探る。Google Pixel 4aやアディダスマスク、思考の整理学などがスコア上位に

通販のトレンドキーワードからヒット商品の兆しを探る。Google Pixel 4aやアディダスマスク、思考の整理学などがスコア上位に

2020年8月に検索回数が急上昇したキーワードをまとめ、世間の関心ごとからヒットしている・注目を浴びている商品について、最新トレンドを分析します。この夏に多数の人が関心を寄せた商品について、消費者のインサイトを探っていきましょう。


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

データに基づく意思決定!マーケティングに効くデータ分析とは

複雑かつ大量のデータを容易に収集できる現代では、データに基づくマーケティングが盛んになっています。集めたデータは分析して初めて、企業の意思決定に使える「生きたデータ」になります。マーケティングにおけるデータ分析の方法や具体的な事例、参考になる書籍を紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング