成功事例を参考に!マーケティング戦略が上手な企業

成功事例を参考に!マーケティング戦略が上手な企業

自社製品・サービスを普及させるためにはマーケティング戦略が必要です。その重要性、必要性は理解していても実際に戦略を立案する段になるとどうすればよいのか悩まれるのではないでしょうか?こうした場合は、マーケティング戦略の事例、とりわけ成功事例をもとに考えるのが効率的です。


「マーケティング戦略」とは?

自社や自社製品を提供する「顧客」は誰か、顧客にどのように見てもらいたいか、そして、それに対してどのような商品・サービスを幾らの価格帯でどのような手段で提供していくか、これらを考えるのがマーケティング戦略の基本です。

また、顧客と自社や製品の関係を構築(コミュニケーション)する部分の計画も、マーケティング戦略に含まれます。

インターネット・スマートフォンの普及によって企業と顧客の接点が増加、そして消費者のニーズや価値観の多様化によって、マーケティング戦略の重要度はより一層高まっています。

マーケティング戦略とは?立案方法から事例まで

https://manamina.valuesccg.com/articles/1106

自社の商品・サービスを市場に普及させるには、一貫したマーケティング戦略が必要です。企業のマーケティング戦略立案に使われる3C分析・STP分析・4P分析などのフレームワークや、有名企業のマーケティング戦略事例をご紹介します。

マーケティング戦略の成功事例

成功事例は数多くありますが、今回はマーケティング戦略のお手本と言っても過言ではない企業の事例を紹介します。

P&Gのマーケティング戦略事例

マーケティング戦略について学ぶ道程において、P&Gを避けて通ることはできないほど、P&Gのマーケターは卓越したマーケティングの知識や理論を持っているとされています。

P&Gの数あるヒット商品のなかに、紙おむつ「パンパース」があります。いくつかあるマーケティングストーリーから、そのひとつをご紹介します。

パンパースのブランド力を活かし、販路拡大のために低価格帯商品が市場に投入されることとなりました。しかし、この商品は売上的には厳しかったといいます。その代表的な理由として

・予算の都合上、大々的な広告を行わなかった
・パッケージを目立つイメージカラー(オレンジ)に変更

といったものが挙げられます。品質にはなんら問題のない「パンパースの」低価格帯商品ですが、「パンパースの」であることを周知徹底できなかったことが要因です。

低価格帯のパンパースという存在を周知徹底できなかった=商品を手に取るという過程全体の消費者心理を把握しきれていなかった反省を踏まえ、顧客接点の見直しを行います。

赤ちゃんと母親が最初に触れ合う場所、それはほとんどの場合、病院です。病院でパンパースを手にとってもらい、高価格帯商品には「病院(産院)に選ばれてNo.1」とパッケージに記載することで、母親に対しての安心感を与え、退院後の継続利用につなげるという流れによって、高価格帯商品のセールスは成功しました。このように、P&Gのマーケターは消費者心理、ニーズの理解に努め、失敗してしまったとしてもその理由や改善点の抽出に注力し、最終的には成功に導く……というスキルに長けていると言えるでしょう。

P&G出身のマーケターは他企業でも数々の成功を収めています。以前、マナミナでも記事にしたUSJの業績をV字回復させた立役者・森岡 毅氏、元資生堂CMOで現在パーセプションフローモデル啓発をリードしている音部大輔氏を筆頭に、多くのP&G出身のマーケターが活躍されています。ちなみに他社で活躍するP&G出身のマーケターは「P&Gマフィア」とも呼ばれています。

スタジオアリスのマーケティング戦略事例

1990年前半に子供専門の写真館をスタートさせた「スタジオアリス」。少子化によって縮小している子供市場において、オープンからおよそ20年で約350億円に売り上げを伸ばし、子供写真館の最大手となった同社のマーケティング戦略は、他社との差別化という部分で参考にするべき点が多くなっています。

七五三など、成長の節目を写真に残す場合、ほかの写真館ではあらかじめ着物を着付けたりといった準備が必要です。しかし、スタジオアリスには豊富な衣装が用意されており、着付けやメイクもそこで完結できるようになっています。つまり、スタジオアリスの場合、普段着で行くだけで写真撮影が完了してしまうカジュアルさがあります。

そして、料金体系は一律料金にし、金額の不安も払拭しています。ほかにも独自のサービスを用意していますが、従来の写真館では「着物を自前で用意しなければならない」「料金体系が不明瞭」といった、いわゆる写真館業界の“常識”を崩すことによって、多くの顧客獲得に成功しました。

このほかにもマタニティ向けのサービスも展開し、産後にもお得に写真撮影できるようにして顧客のリピート率を上げる施策もおこなっています。

ライフネット生命のマーケティング戦略事例

STP分析、4P分析といったマーケティング戦略立案に必要なフレームワークがありますが、こうしたワークフレームを実践的に利用する際の事例として最適と言えるのが、ライフネット生命のマーケティング戦略です。

市場を顧客ごとに細分化して自社が狙うべき層をセグメントし、ターゲットに対して自社製品(サービス)が価値あるものとして捉えてもらうために、競合と差別化できるポジションを見つけるためのワークフレーム「STP分析」。ライフネット生命のSTP分析をチェックしてみます。

S=Segmentation(セグメンテーション):
30代〜40代という、生命保険加入の点においては若年層。この世代にはインターネットでの購買活動に抵抗感がないため、24時間インターネットで申込みができる生命保険会社である、同社の業態と合致しています。

T=Targeting(ターゲティング):
セグメントされたユーザー層は結婚、子供の誕生といったライフステージの変化と共に出費の増大が気になる世代。したがって、保険料は低額にしてコストを抑えたい。

P=Positioning(ポジショニング):
低価格、わかりやすいというのがライフネット生命の最大のポイントです。わかりづらい保証内容や約款など、保険はとかく難しい……と感じさせる同業他社との差別化を実現しています。

横浜DeNAベイスターズのマーケティング戦略事例

2012年~2018年の間、観客動員数を約110万人から約203万人に増やすことに成功した「横浜DeNAベイスターズ」。その原動力となったマーケティング戦略は、比較的オーソドックスで、こちらもSTP分析に当てはめると理解しやすくなっています。

S=Segmentation(セグメンテーション)
球場からほど近い職場に勤めており、仕事後に観戦に訪れてビール片手に試合の雰囲気を楽しむ20代後半~30代のサラリーマン。

T=Targeting(ターゲティング)
年に数回、球場に足を運ぶ程度のライトなファン。同僚や恋人、家族を誘ってのリピートを狙います。

P=Positioning(ポジショニング)
横浜のイメージである「おしゃれさ」をテーマにし、「横浜らしさ」を印象づけるために、選手やスタッフのユニフォームのデザインを変更したり、椅子の色を青一色にすることでブランドイメージの向上に努めました。

売上に貢献するユーザーはコア層なのは間違いありませんが、ビジネスを拡大する観点からすると新規顧客の開拓も必要不可欠となります。横浜DeNAベイスターズのマーケティング戦略は後者を重視した戦略に注力した結果、動員数の増加を実現しました。

同じプロ野球球団において、マーケティング戦略が際立っているのが「北海道日本ハムファイターズ」です。横浜DeNAベイスターズはファンサービスやイメージの具現化など、どちらかといえば野球外での強化によって来場者数を獲得しましたが、北海道日本ハムファイターズは、ドラフトにおいてその年にもっとも活躍した選手を指名したり、独自のカリキュラムで選手を育成して強いチームづくりを目指し、「チームの勝利でファンに喜んでもらう」という戦略を採っています。

ユニクロのマーケティング戦略事例

グローバル展開をするカジュアルウェアブランド「ユニクロ」。ユニクロのアイテムに個性はありませんが、それが逆に同社のブランドの個性となり、トレンドや年齢、性別にさほど左右されない点から支持を集めていると言えそうです。では、このユニクロを「4P分析」の観点からチェックしてみましょう。

Product(製品)
ユニクロの製品=服は「LifeWear」と定義され、美意識のある合理性、シンプルで上質、細部への工夫という要素から成り立っています。

組み合わせの自由度の高さは、老若男女問わず手に取りやすいといったファッション性のほかにも「ヒートテック」や「エアリズム」といった機能性に富んだ商品も展開しています。

Price(価格)
ユニクロのターゲットは、ファッションに敏感な人ではなく、どちらかといえばファッションに興味がない人です。こうした人が買いやすい=安いという価格設定となっています。安くてそれなりのデザイン、そして機能性が高い、つまりコスパの高い服を手に入れられるという印象づけにつなげています。

Place(流通)
ユニクロでは、企画・生産・物流・販売というプロセスを自社で一貫して行っています。したがって「Place(流通)」に関しての外部へ発注するコストの大幅削減を実現しています。

Promotion(販促)
イメージを伝えるTVCMのほか、折込チラシ、Web広告、自社アプリなど多くのチャネルでPR活動を行っています。ここで特徴的なのは、チラシ類の場合、目玉商品(セール商品)を設定し、顧客の目を惹くようにしている点です。その商品を目当てに来店した顧客からほかの商品の購入につなげ、客単価アップを実現させています。

日本マクドナルドのマーケティング戦略事例

商品に異物が混入していた問題などが重なり、2015年12月にはおよそ350億円という赤字を記録してしまった日本マクドナルド。しかし、1年後の2016年の12月期はおよそ50億円の黒字転換に成功します。その裏にはさまざまなマーケティング戦略・施策があったことは想像に難くありませんが、ここではとくに代表的なものを紹介します。

V字回復の原動力のひとつに、SNS(とくにTwitter)、自社アプリ、Webメディアを活用したプロモーション活動の成功が挙げられます。TVCMではなくSNSなど、おもにWebメディアの積極利用の背景には、予算の問題(=TVCMを出稿できる予算がなかった)がありました。

日本マクドナルドがとくに注力したのはTwitterによるSNSマーケティング。その理由は「自分がいうより周囲の推薦が効く」という、いわゆる「インフルエンサーマーケティング」によるものです。なお、インフルエンサーと言えば有名人という図式を想像しますが、この場合インフルエンサーは、有名人である必要はありません。

また、商品を推薦してもらうためにユーザーからハンバーガー名を募ったりするなどし、ユーザー参加型のツイートによって新規顧客の獲得につなげています。

STP分析と4P分析

ライフネット生命や横浜DeNAベイスターズ、ユニクロの紹介部分で「STP分析」や「4P分析」について触れました。STP分析の目的は、市場を細分化しターゲットとするポジションの絞り込み、4P分析の目的は、マーケティング要素を組み合わせマーケティングミックスを実現するためのものです。

これらの解説は以下のリンクで詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

マーケティング戦略を本から学ぶ

マーケティング戦略について紹介しましたが、本から学ぶのもとても有効な手段です。その際にぜひ参考にしていただきたいのが、以下のリンクです。こちらの記事もぜひご一読ください。

まとめ

自社の業績を伸ばすためには、市場やニーズの多様性に応じて他社との差別化、自社の強みのアピール、すなわちマーケティング戦略が今後さらに必要になってきます。マーケティング戦略を実践にあたっては、今回紹介した事例を参考にするのはもちろんですが、各社がどのように他社との差別化を図っているのか、そしてそれをどのようにアピールするのかという部分を自社に当てはめて想定するのが重要です。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング戦略 事例

関連する投稿


3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析のやり方は?マーケティング戦略での必要性と実践のコツ

3C分析とは、経営戦略やマーケティングを練るために利用できるフレームワークです。多角的かつ客観的にビジネスを分析できます。本記事では、3C分析のやり方を中心に、スターバックスの事例や他のフレームワークを交えて解説します。


リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

デジタル社会の発展と共に、シェアやレンタルなど商品・サービスの購入による永続的な所有をしない新しい消費スタイル「リキッド消費」が広まり、注目されています。その背景と、所有から利用へのトレンドの要因を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏に解説いただきました。


オウンドメディア立ち上げ3周年を記念した読者アンケートで企画力改善を目指す

オウンドメディア立ち上げ3周年を記念した読者アンケートで企画力改善を目指す

データ分析とマーケティング戦略のナレッジを提供するマーケティングメディア・マナミナは、株式会社ヴァリューズがオウンドメディアとして立上げ、2022年7月8日でオープン3周年を迎えました。これを記念して書籍プレゼントキャンペーンを実施し、併せて読者アンケートを行うことで、実態把握と企画力の改善を狙いました。本記事では、同様の試みに興味のあるメディア運営担当者の助けになればと、実施時に気をつけたポイントを共有します。


レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

「昭和レトロ」、「平成レトロ」などレトロブームとも呼ばれる現象があちらこちらで見受けられます。「これからのマーケティング戦略を考える上で、レトロや復刻版から学ぶべきものは大きい」と語るのは、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏。なぜレトロブームは起きるのか、レトロと消費の関係性について、考察いただきました。


データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

登録社数50,000社以上を誇るクラウド人事労務ソフト「SmartHR」。労務管理クラウド市場の出荷金額において2018年から4年連続シェアNo.1を獲得するなど、その勢いはとどまることを知りません。そんな「SmartHR」を展開する株式会社SmartHRは、データマーケティング組織を設けるなどデータ活用に積極的であることでも知られます。同社の成長にデータ活用がどう影響しているのかを探るべく、同社マーケティンググループ マネージャーの原 望さんに取材しました。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら