国交省、東京モーターショー、モンストのキャンペーン……。10月の急上昇サイトを調査しました

国交省、東京モーターショー、モンストのキャンペーン……。10月の急上昇サイトを調査しました

2019年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをランキング化し、10月の急上昇サイトを調査しました。


10月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「eMark+」画面より)

1位には国土交通省。上位には公的機関サイトが並ぶ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:国土交通省 関東地方整備局

 1位は国土交通省 関東地方整備局のサイトでした。

前月よりこれほどUU数が増加したのは、10月に関東地方に上陸した台風19号の影響と思われます。念のため、どのようなコンテンツに注目が集まったのか、eMark+でランキングを確認してみましょう。

国土交通省 関東地方整備局のコンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は京浜河川事務所の「ライブカメラ」、2位は荒川下流河川事務所の「水位・雨量・ライブ映像」のページとなっていました。

京浜河川事務所のライブカメラは多摩川の水位を確認するために確認されていたと思われます。京浜の方では前月比で約3200%、荒川では前月比約11300%ものユーザーが訪れ、改めて台風の影響の大きさがうかがえるでしょう。

2位:東京モーターショー

前回を大幅に超える130万人の来場者数を記録した東京モーターショーが10月の急上昇ランキングの2位にランクインしました。

では、サイト訪問者はどのような経路で閲覧しに来たのでしょうか。流入元を見てみましょう。

「東京モーターショー」のセッション数流入元(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

グラフより、自然検索による流入が最も多いことがわかります。テレビCMを連日放送したり、今回から高校生以下の入場料を無料にするなどして話題を作ったことが、自然検索の増加につながったと思われます。

では、ユーザーはどんなキーワードで東京モーターショーのページに流入していたのでしょうか。

東京モーターショーの自然検索キーワード(対象はPC、「eMark+」画面より)

流入につながった検索キーワードを見てみると、そのほとんどが「東京モーターショー」と当該イベントの名前になっていました。

このことから、既に別チャネルで東京モーターショーのことを認知しており、興味を持ったユーザーがサイトを訪れて情報を得ていたと言えるでしょう。

3位:全国概況

10月の急上昇サイト3位は、国土交通省が運営する川の防災情報ページでした。こちらのサイトのUU数が増加した理由も台風19号の影響によるものと思われます。

1位のサイト「国土交通省 関東地方整備局」が関東地方の河川情報を取り扱っているサイトである一方、こちらのサイトは全国の河川情報を発表しています。複数のサイトを訪れ、状況の理解に努めていたユーザー像が想定できるでしょう。

6周年感謝キャンペーンでモンスターストライクに注目が集まる

ここからは4位以下でUU数増加の原因に特徴があったものをいくつかピックアップします。

まずは4位「モンスターストライク」です。10月10日から31日にかけて外食産業5社と手を組み、超肉祭というキャンペーンを行っていました。

コンテンツランキングを見てみると、やはりこの「超肉祭」キャンペーンがユーザーを集めていたことが分かります。

「モンスターストライク」コンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は超肉祭キャンペーンのURLとなっていました。

今年6周年を迎えたモンスターストライクは様々なキャンペーンをおこなっており、10月は特に外食産業5社(吉野家、松屋、ガスト、モスバーガー、ケンタッキー)と協力して、これら5社でつかえるクーポンを配布していました。この施策が功を奏し、急上昇ランキング4位になったと考えられます。

即位礼正殿の儀に伴う交通規制で警視庁がランクイン

10月の訪問ユーザー数急上昇ランキング、7位には警視庁のWebサイトがランクインしました。

なぜ警視庁のサイトで10月の訪問者数が急上昇したのでしょうか。

コンテンツランキングを見てみましょう。

警視庁コンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は「即位の礼」期間中の交通規制情報ページとなっていました。

即位礼正殿の儀に伴って外国要人が来日し、その影響で都内各地に交通規制がかかるため、警視庁ページにアクセスして規制情報を得ていたと考えられます。

まとめ

最後に10月の急上昇サイトと、その増加要因をまとめます。

10月は観測史上最大級の台風19号が各地に多大な被害を及ぼした月でした。その影響により、防災情報関連のサイトが急激にアクセスを集めたことが特徴だったと言えるでしょう。

また、即位礼正殿の儀に際しての交通規制情報を得るために、警視庁のWebサイトに多くのユーザーが訪れたことも特筆すべき点です。そのほかにも東京モーターショーといったイベントや、広告キャンペーンではモンスターストライクが注目を集めるなど、多くの出来事が起こった月となりました。

マナミナでは毎月の急上昇サイトを定点観測しています。世の中の流れをチェックするためにぜひご活用ください。過去のレポートはこちらからどうぞ。

過去の急上昇サイトレポート記事

ハウス食品がハロウィーンキャンペーンでサイトUU数を大きく伸ばす。8月の急上昇サイト調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/594

8月はハウス食品のハロウィーンキャンペーンサイトや、Yahoo!道路交通情報サイトがランクイン

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Most Popular Websites & Apps [2022 Ranking]! Instagram Surpasses Twitter, Ranking 3rd! Increase in Senior Users

Most Popular Websites & Apps [2022 Ranking]! Instagram Surpasses Twitter, Ranking 3rd! Increase in Senior Users

The number of accesses to websites and smartphone apps from January to October 2022 were researched and ranked. The ranking is based on a comparison with the previous year and usage trends by age group. 2022 is characterized by the growth of Instagram, with Instagram becoming the leading social media among seniors.


物価高騰で“ポイ活”系アプリに関心?全世界が熱狂した「2022FIFAワールドカップカタール大会」の影響で「ABEMA」も急増(2022年11月)

物価高騰で“ポイ活”系アプリに関心?全世界が熱狂した「2022FIFAワールドカップカタール大会」の影響で「ABEMA」も急増(2022年11月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでは、自動的にポイントの貯まるアプリ「タウンWiFi 」や「Tポイント×シュフー」といった物価高騰に少しでも役立つ“ポイ活系”アプリがランクイン。そして、様々な番狂せと華麗なプレーの連続で大いに盛り上がった「2022FIFAワールドカップカタール大会」。その全64試合を生中継したことでユーザーを増やした「ABEMA」にも大きな注目が寄せられました。


【急上昇サイト】Hondaのカーシェアやクラフトビールサービスに見る、魅力的な広告集客と積極的なコンテンツ配信|2022年11月

【急上昇サイト】Hondaのカーシェアやクラフトビールサービスに見る、魅力的な広告集客と積極的なコンテンツ配信|2022年11月

2022年11月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数が急上昇したWebサイトを調査しました。


【2022年ヒット記事集】マーケターが注目した記事は?トレンド・消費者インサイト・業界動向まとめ

【2022年ヒット記事集】マーケターが注目した記事は?トレンド・消費者インサイト・業界動向まとめ

withコロナも3年目となり、外出の自由度が少しずつ戻ってきた2022年。 回復の兆しが見えてきた業界、コロナ禍を逆手に取って勢いを増している業界、と様々見られる中で、世間が注目したマーケティング・トレンドの調査記事はどのようなものだったのか、2022年の人気記事を振り返ります。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら