国交省、東京モーターショー、モンストのキャンペーン……。10月の急上昇サイトを調査しました

国交省、東京モーターショー、モンストのキャンペーン……。10月の急上昇サイトを調査しました

2019年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをランキング化し、10月の急上昇サイトを調査しました。


10月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「eMark+」画面より)

1位には国土交通省。上位には公的機関サイトが並ぶ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:国土交通省 関東地方整備局

 1位は国土交通省 関東地方整備局のサイトでした。

前月よりこれほどUU数が増加したのは、10月に関東地方に上陸した台風19号の影響と思われます。念のため、どのようなコンテンツに注目が集まったのか、eMark+でランキングを確認してみましょう。

国土交通省 関東地方整備局のコンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は京浜河川事務所の「ライブカメラ」、2位は荒川下流河川事務所の「水位・雨量・ライブ映像」のページとなっていました。

京浜河川事務所のライブカメラは多摩川の水位を確認するために確認されていたと思われます。京浜の方では前月比で約3200%、荒川では前月比約11300%ものユーザーが訪れ、改めて台風の影響の大きさがうかがえるでしょう。

2位:東京モーターショー

前回を大幅に超える130万人の来場者数を記録した東京モーターショーが10月の急上昇ランキングの2位にランクインしました。

では、サイト訪問者はどのような経路で閲覧しに来たのでしょうか。流入元を見てみましょう。

「東京モーターショー」のセッション数流入元(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

グラフより、自然検索による流入が最も多いことがわかります。テレビCMを連日放送したり、今回から高校生以下の入場料を無料にするなどして話題を作ったことが、自然検索の増加につながったと思われます。

では、ユーザーはどんなキーワードで東京モーターショーのページに流入していたのでしょうか。

東京モーターショーの自然検索キーワード(対象はPC、「eMark+」画面より)

流入につながった検索キーワードを見てみると、そのほとんどが「東京モーターショー」と当該イベントの名前になっていました。

このことから、既に別チャネルで東京モーターショーのことを認知しており、興味を持ったユーザーがサイトを訪れて情報を得ていたと言えるでしょう。

3位:全国概況

10月の急上昇サイト3位は、国土交通省が運営する川の防災情報ページでした。こちらのサイトのUU数が増加した理由も台風19号の影響によるものと思われます。

1位のサイト「国土交通省 関東地方整備局」が関東地方の河川情報を取り扱っているサイトである一方、こちらのサイトは全国の河川情報を発表しています。複数のサイトを訪れ、状況の理解に努めていたユーザー像が想定できるでしょう。

6周年感謝キャンペーンでモンスターストライクに注目が集まる

ここからは4位以下でUU数増加の原因に特徴があったものをいくつかピックアップします。

まずは4位「モンスターストライク」です。10月10日から31日にかけて外食産業5社と手を組み、超肉祭というキャンペーンを行っていました。

コンテンツランキングを見てみると、やはりこの「超肉祭」キャンペーンがユーザーを集めていたことが分かります。

「モンスターストライク」コンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は超肉祭キャンペーンのURLとなっていました。

今年6周年を迎えたモンスターストライクは様々なキャンペーンをおこなっており、10月は特に外食産業5社(吉野家、松屋、ガスト、モスバーガー、ケンタッキー)と協力して、これら5社でつかえるクーポンを配布していました。この施策が功を奏し、急上昇ランキング4位になったと考えられます。

即位礼正殿の儀に伴う交通規制で警視庁がランクイン

10月の訪問ユーザー数急上昇ランキング、7位には警視庁のWebサイトがランクインしました。

なぜ警視庁のサイトで10月の訪問者数が急上昇したのでしょうか。

コンテンツランキングを見てみましょう。

警視庁コンテンツランキング(対象はPC、「eMark+」画面より)

1位は「即位の礼」期間中の交通規制情報ページとなっていました。

即位礼正殿の儀に伴って外国要人が来日し、その影響で都内各地に交通規制がかかるため、警視庁ページにアクセスして規制情報を得ていたと考えられます。

まとめ

最後に10月の急上昇サイトと、その増加要因をまとめます。

10月は観測史上最大級の台風19号が各地に多大な被害を及ぼした月でした。その影響により、防災情報関連のサイトが急激にアクセスを集めたことが特徴だったと言えるでしょう。

また、即位礼正殿の儀に際しての交通規制情報を得るために、警視庁のWebサイトに多くのユーザーが訪れたことも特筆すべき点です。そのほかにも東京モーターショーといったイベントや、広告キャンペーンではモンスターストライクが注目を集めるなど、多くの出来事が起こった月となりました。

マナミナでは毎月の急上昇サイトを定点観測しています。世の中の流れをチェックするためにぜひご活用ください。過去のレポートはこちらからどうぞ。

過去の急上昇サイトレポート記事

ハウス食品がハロウィーンキャンペーンでサイトUU数を大きく伸ばす。8月の急上昇サイト調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/594

8月はハウス食品のハロウィーンキャンペーンサイトや、Yahoo!道路交通情報サイトがランクイン

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

三越伊勢丹やメルカリからオウンドメディアの集客方法を学ぶ。ステイホーム需要をすくい取ったヒットコンテンツとは

本稿では、新型コロナに大きく影響されたこの期間に、訪問者数が伸びたオウンドメディアを調査。動きが顕著だった4メディア「FOODIE(三越伊勢丹)」「メルカリマガジン(メルカリ)」「Hayakawa Books & Magazines(β)(早川書房) 」「SMART MAGAZINE(ジェイトリップ)」のヒットの背景を分析します。


2020夏の旅行への意欲を全国調査 ~ 旅行実施時期は8月予定の割合が昨年より増加。コロナ禍で“家族・友人と温泉旅館でゆっくり”がトレンドに

2020夏の旅行への意欲を全国調査 ~ 旅行実施時期は8月予定の割合が昨年より増加。コロナ禍で“家族・友人と温泉旅館でゆっくり”がトレンドに

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女18,427人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。また一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。


dトラベル、アソビュー!など旅行予約サイトの訪問者数が復活傾向に。GoToとの関連は?【20年6月急上昇サイト調査】

dトラベル、アソビュー!など旅行予約サイトの訪問者数が復活傾向に。GoToとの関連は?【20年6月急上昇サイト調査】

2020年6月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

顧客の購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニーと、それを図式化したカスタマージャーニーマップ。カスタマージャーニーでは「認知・注意」「興味・関心」などの購買ステージごとに顧客とのタッチポイント(顧客接点)と、その際の顧客の行動や感情・思考を洗い出し、そのタッチポイントにおける課題と改善施策を検討します。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

中国におけるアフターコロナのネット利用・購買行動を探る|中国市場セミナーレポート

日本国内では、依然として感染拡大の収束が見えない新型コロナウイルス。第3波が懸念されている中国では一定の収束が見られるものの、局地的に感染が発生したケースもあるようです。生活様式の変化だけでなく、経済活動にまで甚大な影響をもたらし続けている今、中国市場でもどのような変化があったのでしょうか。今回はロックダウン前後の中国人のネット利用や購買行動などの変化に焦点を当て、株式会社ヴァリューズがアンケート調査にもとづき開催したオンラインセミナーをレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら