ニュース

ニュース

新しくリリースされたサービスや調査など、マーケティングに関するニュースをお届けします。


ニュースの記事一覧

ECサイトで商品を購入する女性の約7割が、レビューの質の高さを長所と短所がバランス良く記載されていることで判断【ReviCo調査】

ECサイトで商品を購入する女性の約7割が、レビューの質の高さを長所と短所がバランス良く記載されていることで判断【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、ECサイトでの商品・サービスの購入時に、毎回レビューを確認している20〜40代女性を対象に、レビューの「質」に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。



unerryとSalesPlusと電通、テレビCM接触者の来店・購買計測ソリューションを提供開始

unerryとSalesPlusと電通、テレビCM接触者の来店・購買計測ソリューションを提供開始

株式会社unerryと株式会社SalesPlus、株式会社電通は、テレビCM接触者の来店・購買を計測・分析し、メディアプランニングをサポートする「TV de Sales+(テレビ・デ・セールスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。


LP制作における成果の鍵は「印象的なファーストビュー」「データの信頼性」「効果的なCTAの配置」【リンクアンドパートナーズ調査】

LP制作における成果の鍵は「印象的なファーストビュー」「データの信頼性」「効果的なCTAの配置」【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、自社でLP(ランディングページ)を活用している企業の担当者の方を対象に、「LP活用企業の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、株式会社ニッポン放送と共同で全国のZ世代を対象に、ラジオやポッドキャストなどの音声メディアに関する意識調査を実施し、その結果を公開しました。


職場のデジタル化に遅れを感じる人は約6割 進まない原因に「経営上位層の認識遅れ」や「古いシステムの継続利用」などの声も【TOA調査】

職場のデジタル化に遅れを感じる人は約6割 進まない原因に「経営上位層の認識遅れ」や「古いシステムの継続利用」などの声も【TOA調査】

TOA株式会社は、全国の20~50代の働く男女を対象に「職場環境・デジタル化の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


BtoBデジマに取り組む約8割が成果を実感 年間予算は5,000万円未満の割合が約7割 【リーディング・ソリューション調査】

BtoBデジマに取り組む約8割が成果を実感 年間予算は5,000万円未満の割合が約7割 【リーディング・ソリューション調査】

株式会社リーディング・ソリューションは、BtoB企業に勤務する経営者・役員、会社員の中でも、デジタルマーケティングに関与している方を対象に、「BtoBデジタルマーケティング実態調査」を実施し、結果を公開しました。


Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

CCCMKホールディングス株式会社は、全国16~24歳の男女を対象に『Z世代のSNS利用実態や生活満足度との関係性』について調査を実施し、結果を公開しました。


Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは、同社が運営する若者マーケティング機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキュウラボ)』にて、Z世代を対象に「Z世代の承認欲求に関する意識調査」を実施し、結果を公開しました。


約6割の企業が法人向けデジタルギフト利用経験あり 利用シーンは「アンケート収集施策」が最多【DIGITALIO調査】

約6割の企業が法人向けデジタルギフト利用経験あり 利用シーンは「アンケート収集施策」が最多【DIGITALIO調査】

株式会株式会社DIGITALIOが運営するデジタルギフト「デジコ」は、勤務先の業務で福利厚生やプレゼントキャンペーンなどの販促を実施する際にデジタルギフトを購入したことのある方を対象に「法人向けデジタルギフトに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


KDDIとAIQ、バーチャル空間上でデジタルスタッフを活用したAI接客の実証実験を開始

KDDIとAIQ、バーチャル空間上でデジタルスタッフを活用したAI接客の実証実験を開始

KDDI株式会社とAIQ(アイキュー)株式会社は、KDDI株式会社が提供するαU place(アルファユープレイス)において、デジタルスタッフを活用したAI接客の実証実験を開始することを発表しました。


電子書籍を現在利用しているのは37.9%、全年代で利用率トップは「Kindle」、満足度1位は「U-NEXT」【ナイル調査】

電子書籍を現在利用しているのは37.9%、全年代で利用率トップは「Kindle」、満足度1位は「U-NEXT」【ナイル調査】

ナイル株式会社は同社が運営する「Appliv TOPICS」にて、15~69歳の男女を対象に電子書籍サービスに関する調査を実施し、結果を公開しました。


4割以上がGA4への移行で既存データとの互換性に"課題を感じる"【アタラ調査】

4割以上がGA4への移行で既存データとの互換性に"課題を感じる"【アタラ調査】

デジタルマーケティング支援企業のアタラ合同会社は、GA4を使用した経験のあるサイト責任者・運用者を対象に「アクセス解析状況に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


LINEヤフー、Yahoo!広告 検索広告の「レスポンシブ検索広告」にて広告文を生成AIが提案する機能の提供を開始

LINEヤフー、Yahoo!広告 検索広告の「レスポンシブ検索広告」にて広告文を生成AIが提案する機能の提供を開始

LINEヤフー株式会社は、Yahoo!広告 検索広告の「レスポンシブ検索広告」において、広告管理ツール上で生成AIによるタイトル・説明文を提案する機能の提供を開始したことを発表しました。


YouTubeの利用率は若年層男女の7割と減少傾向 YouTuber関連での消費行動は「YouTuber公式グッズの購入」が人気に【テスティー調査】

YouTubeの利用率は若年層男女の7割と減少傾向 YouTuber関連での消費行動は「YouTuber公式グッズの購入」が人気に【テスティー調査】

株式会社テスティーは、若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、中学生から大学生の男女を対象に「YouTube/YouTuber」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


博報堂、独自調査データベースと生成AI技術をかけあわせ7000タイプのバーチャル生活者を生成 リアルな意見やニーズを聞き出す

博報堂、独自調査データベースと生成AI技術をかけあわせ7000タイプのバーチャル生活者を生成 リアルな意見やニーズを聞き出す

株式会社博報堂は、同社が毎年7,000人に調査を実施している独自の大規模生活者調査データベース「HABIT」と生成AI技術をかけあわせ、7,000タイプのバーチャル生活者を生成。生活者を深く理解するためのサービスプロトタイプを開発したことを発表しました。


電通、SNS用のマンガ・アニメ風動画をPCで簡易作成できるマーケティングツールを開発

電通、SNS用のマンガ・アニメ風動画をPCで簡易作成できるマーケティングツールを開発

株式会社電通は、企業がSNSなどのマーケティング活動で使用するマンガ・アニメ風の動画を、PC上にインストールするアプリケーションで簡単に作成できる「MAFA®(マーファ: Manga Anime For All®)」を開発したことを発表しました。


“推し”の広告を出稿する「応援広告」のポテンシャル市場は推計377億円に拡大 応援広告主催者の約9割がまた主催したいと回答【ジェイアール東日本企画調査】

“推し”の広告を出稿する「応援広告」のポテンシャル市場は推計377億円に拡大 応援広告主催者の約9割がまた主催したいと回答【ジェイアール東日本企画調査】

株式会社ジェイアール東日本企画の「jeki応援広告事務局(Cheering AD)」は、応援広告の浸透状況を把握するための調査として「推し活・応援広告調査2023」を実施し、結果を公開しました。


中高生の8割以上が「推し活」中 グッズ購入を中心に1日1時間以上・月5,000円以内での活動が主流【スタディプラス調査】

中高生の8割以上が「推し活」中 グッズ購入を中心に1日1時間以上・月5,000円以内での活動が主流【スタディプラス調査】

スタディプラス株式会社のStudyplusトレンド研究所は、学習管理アプリ「Studyplus」上で全国の中学生・高校生等を対象に「推し活についての調査」を実施し、結果を公開しました。


大企業の6割以上がリスキリング推進が「上手く行っていない」と実感 「社員の時間の確保」や「予算や設備などのリソースが不足」が課題に【グロースX調査】

大企業の6割以上がリスキリング推進が「上手く行っていない」と実感 「社員の時間の確保」や「予算や設備などのリソースが不足」が課題に【グロースX調査】

株式会社グロースXは、大企業(従業員数1000名以上)の経営者・役員、人事責任者を対象に、大企業のリスキリング予算の確保に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。