トヨタ「ぴったりクルマ診断」が自動車購入促進に?第三者データで分析

トヨタ「ぴったりクルマ診断」が自動車購入促進に?第三者データで分析

トヨタ自動車の提供する「ぴったりクルマ診断」は、数問の簡易的な質問に回答すると、自身にマッチした車種を提示してくれるツールです。この診断ツールにはトヨタのどのような集客戦略が背景にありそうか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査していきます。


トヨタ「ぴったりクルマ診断」とは

トヨタ「ぴったりクルマ診断」は、トヨタのオウンドメディア「toyota.jp」上で2021年9月にリリースされた診断ツールです。

自身が車に求める要素、例えば「見た目は可愛いほうが好きか、カッコいいほうが好きか」や、「どんな用途で乗りたいか」といった平易な質問項目に回答していくことで、約40車種のラインナップからマッチする車を探してくれます

診断の結果ページでは、マッチする車種のスペックや販売価格を見ることができるほか、支払い額の見積もりシミュレーションへ進むことができるなど、診断からシームレスに購入へと移行できるCXを提供しています。

なお、マーケジンに掲載された「toyota.jp」運営へのインタビューでは、検討期間の長い自動車という商材に対して「販売店で行われていた行動をどのようにオンライン上で前倒しができるか」「Web上でどこまで検討の解像度や購入意思の確度を高められるか」……といった部分に、同社のCX・DXが取り組むべき重要なポイントがあると語られています。

トヨタ公式LINEアカウントを活用した集客が好調か

以降は、「ぴったりクルマ診断」ページの集客状況について、Dockpit(ドックピット)を用いて調査していきましょう。Dockpitは、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツールです。

まずは、同診断ツールに訪問したユーザー数の推移データを見てみます。

「ぴったりクルマ診断」のユーザー数

「ぴったりクルマ診断」のユーザー数(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年6月〜2022年5月
デバイス: PC・スマートフォン

上記、ユーザー数のグラフを見てみると、2021年9月のリリース時から半年ほどは月間2、3万ユーザーほどを推移していた様子です。その後、2022年2月~3月にかけてユーザー数が急増し、直近では以前のように月間3万ユーザー前後の値に戻っています。

次に、集客構造の内訳を推移グラフで見てみましょう。

「ぴったりクルマ診断」の集客構造

「ぴったりクルマ診断」の集客構造(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年6月〜2022年5月
デバイス: PC・スマートフォン

春先にユーザー数が増加した要因を探ると、2022年2月は「ディスプレイ広告」からのユーザー数が増えており、3月はディスプレイ広告に加えて「ソーシャル」からの流入も大きく伸びていることがわかります。

さらに、ソーシャルの内訳を見てみると、ほとんどがLINE経由のユーザーであるとわかりました。以下は、流入元がLINEの訪問者数推移グラフです。

「ぴったりクルマ診断」のLINE経由ユーザー数(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年6月〜2022年5月
デバイス: PC・スマートフォン

これらのデータから、2022年2月からディスプレイ広告を活用した診断ツールの認知拡大を行い、3月からはLINEの企業アカウント上でも、同ツールへの誘導を開始していたのではないでしょうか。

実際に今年4月に、トヨタのLINEアカウントをフォローすると、下の画像のようにぴったりクルマ診断への導線が表示されていました。

トヨタ自動車 LINE公式アカウント

3月以降、継続的にソーシャル(LINE)からのユーザー訪問が発生している点を考えると、LINEの公式アカウントを活用して、ユーザー接点を維持し続ける取り組みが行われていそうですね。

【コンサルタントが解説】withコロナの自動車業界 ~ 各社のWeb動向と消費者行動を徹底解説!|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1475

コロナ禍で、オフライン営業や外出需要が減少する一方、中高年層のネット利用の増加や、リモートワーク下での地方への移住の増加など、自動車を取り巻く消費者のライフスタイルも大きく変化しようとしています。 また、EVや自動車サブスクリプションサービス等、新しいビジネスチャンスも注目を集めています。今回のセミナーでは、これらに焦点を当て、自動車メーカー各社のWeb動向や、消費者の最新の行動を解説しました。 ※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。

もっとも多いユーザー層は50代。40代ではヘコみが見られる

ぴったりクルマ診断を利用しているユーザーの属性についても掘り下げてみましょう。Dockpitで、ユーザーの性別と年齢のデータを見てみます。

「ぴったりクルマ診断」の性別ユーザー属性

「ぴったりクルマ診断」の性別ユーザー属性(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年6月〜2022年5月
デバイス: PC・スマートフォン

「ぴったりクルマ診断」の年代別ユーザー属性

「ぴったりクルマ診断」の年代別ユーザー属性(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年6月〜2022年5月
デバイス: PC・スマートフォン

性別のデータでは、男性58.5%・女性41.5%と男性が6割弱を占めることがわかります。また、年代のデータでは50~60代の年配層が最も多く、次いで30代という結果になりました。ネット利用者全体と比較すると50代以上のユーザーが多く出ており、40代はヘコみが大きいのが特徴的です。

現在の50代以上のユーザーは、国内の新車販売台数がピークに達していた90年代を経験しています。「車は新車で買うもの」という意識を持つ方も多いと考えられ、若者よりも積極的に診断ツールを利用する傾向があるのではないでしょうか。

【関連記事】自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/1765

コロナ禍を通じてサービスへの認知が高まってきた自動車のサブスクリプション・サービス。本記事では、黎明期から数年経過したいま現在の自動車サブスク市場と、サービスを提供する各社の現状を、Webサイト訪問者のデータを用いて分析・解説していきます。

【関連記事】自動車メーカー公式アプリMAU数ランキングは?「MyTOYOTA」の属性や興味関心も分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1663

自動車メーカーの公式アプリのユーザー数ランキングを調査します。トヨタの「MyTOYOTA」について、ユーザーの性年代、子ども有無や個人年収といったデモグラフィック属性や、興味関心などの特徴も分析しました。

まとめ

自動車の購入となると顧客の検討期間が長く、販売する側にはターゲットのインサイトを的確に捉えた「ナーチャリング(顧客育成)」が求められます。そのためには、購入を迷う顧客との継続的な接点を保ち、どういった興味・嗜好を持つ相手なのかを知ったうえでのアプローチが重要です。

今回の調査を経て、「ぴったりクルマ診断」はLINE経由で利用ユーザーを募っていることがわかりましたが、トヨタのLINE公式アカウントは診断ツールのほかにも、ナーチャリングのための新しい取り組みが散見されます。

たとえば、LINE上のやり取りで自動車の購入に関するアンケートが実施されたり、「在庫検索」や「試乗予約」が行えたりと、ユーザーが画面上でシームレスに様々なアクションが行えるような機能が備わっています。

ネットがなかった時代、実店舗では何度も顧客と商談を重ねることで、徐々にその購入意思を固めていくというセールスが行われていたことでしょう。Webのツールを通じて、すぐに購入には至らないユーザーとも同様のコミュニケーションを確立させようとする、トヨタの新しいナーチャリング手法が形成され始めているのを感じました。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年6月〜2022年5月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


Audi drivers like to shop? Personas of non-Japanese luxury car drivers

Audi drivers like to shop? Personas of non-Japanese luxury car drivers

Automotive industry has evolved to where "self-driving," AI, and IoT is becoming ordinary. Many automakers offer smartphone apps, and manufacturers are competing on functionality. In this issue, we analyze personas of Audi users using their "myAudi" app and VALUES' online behavior analytics tool Dockpit.


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら