最新スマホアプリインストール数ランキング、ワクチン接種証明アプリが1位に(2022年1月)

最新スマホアプリインストール数ランキング、ワクチン接種証明アプリが1位に(2022年1月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年1月の1位は「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」という結果に。2位にはマイナポイント事業の影響で「マイナポータル」がランクインするなど、政府系アプリが上位を占めました。


スマホアプリの最新インストール数ランキングは

こんにちは、マナミナ編集部です。本記事ではヴァリューズが保有する全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。まず、下図をご覧ください。

アプリインストール数 TOP3

2021年12月

1位
kifutown

2位
新型コロナワクチン接種証明書アプリ

3位
ファミペイ

2022年1月

1位
新型コロナワクチン接種証明書アプリ

2位
マイナポータル

3位
Tver
▼先月のアプリインストール数ランキングは下記よりご覧ください。

最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

https://manamina.valuesccg.com/articles/1632

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2021年12月の1位は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ「kifutown」。実業家の前澤友作氏がTwitterを通じて実施した「前澤友作 全員お金贈りfrom宇宙」が影響しました。そのほか「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」や「ファミペイ」も上位にランクイン。

政府が運営するアプリが複数ランクイン!

2021年12月のアプリインストール数1位は、前月2位の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」でした。これはデジタル庁が運営する、新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書をデジタル上で取得できるアプリです。その利便性の高さから、前月に続き着実にユーザー数を伸ばしているようです。

また、2位には「マイナポータル」がランクインしました。こちらも1位の新型コロナワクチン接種証明書アプリと同様に、政府が運営するオンラインサービスです。マイナポータルとは、マイナンバーカードを読み取ることで、行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政機関からのお知らせを受け取れたりするアプリです。

2022年1月1日から政府は新型コロナウイルス感染対策の経済対策として、マイナポイント第2弾を開催。マイナポイント事業とは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を普及させるのを目的にした還元キャンペーンです。今回もマイナンバーカードを新規に取得した人に最大5,000円相当のポイントが付与されたり、マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込みを行った人に7,500円相当のポイントが付与されたりするなど、お得な内容になっています。

キャンペーンに参加するためにはマイナポータルアプリでマイナンバーカードを読み取る必要があります。そのために、マイナポータルのインストール数も急増したと考えられます。

今月3位は、民放5社が共同で行っている公式のテレビ番組配信サービス「TVer」でした。民放番組の見逃し配信を中心に、毎週約400の番組を配信しています。TVerは1月31日に「北京2022冬季オリンピック」で500時間に及ぶライブ配信を行うと発表。民放の五輪動画配信サイト「gorin.jp」と連携して実施する予定で、来月もユーザー数を伸ばすことが期待できます。

マイナポイント事業効果でマイナポイントアプリもランクイン

その他、上位にランクインした人気アプリを男女別にまとめました。下の表をご覧ください。

【凡例】
↑↑:インストール数が前月比150%以上(※前月が圏外も含む)
:インストール数が前月比100%より大きい
-:インストール数が前月比100%
:インストール数が前月比100%未満


男女、総合ともに4位に「マイナポイント」アプリがランクイン。マイナポイント第2弾では最大で20,000円相当のマイナポイントを獲得できます。その還元ポイント分は、マイナポイントの専用アプリである「マイナポイント」で決済事業者を選ぶと、各決済事業者のアプリに付与されます。そのため、キャンペーンに不可欠なマイナポイントもマイナポータルアプリと同様にインストール数を伸ばしたようです。

マナミナでは本記事で紹介した毎月のアプリインストール数の分析のほか、様々な調査を掲載しています。下記の業界別アプリランキングもぜひチェックしてみてください。

業界別アプリランキングに関する記事|マナミナ

https://manamina.valuesccg.com/keyword/138

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、業界別アプリランキングの調査結果をご紹介します。

「業界別」アプリランキング - ライフスタイル編 -

https://manamina.valuesccg.com/articles/1383

「業界別」アプリランキング、今月は「ライフスタイル」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「セブン-イレブン」、2位「楽天ポイントクラブ 」、3位「Tポイント」…という結果に。トップ20まで掲載しています。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

我々の生活に必要不可欠なスマホアプリ。今回は、2022年最新のトレンドアプリを年代別で調査しました。コロナ禍の影響が強く見られたり、同カテゴリのアプリであっても年代により使用するアプリに違いがあったりと、興味深い傾向が多く見られる結果となっています。


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


「インフォデミック」「漫画アプリトレンド」など...ベスト記事「ランキング」編

「インフォデミック」「漫画アプリトレンド」など...ベスト記事「ランキング」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第7弾の今回は「ランキング編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら