競合サイトのアクセス数を測るには?競合分析に欠かせない5つのポイントを解説

競合サイトのアクセス数を測るには?競合分析に欠かせない5つのポイントを解説

Googleの検索ロジックが複雑化していく中で、競合サイトの調査・分析は、自社サイトのSEO対策に役立ちます。検索上位のサイトには、Googleから評価される要素があるとみなし、自社サイトに足りない分を補いましょう。競合サイト分析に使えるツールも紹介します。


競合サイトの見つけ方

SEO対策を目的として、これから競合サイトを見つけようという場合、自社で重視するキーワードを決めます。その選定にあたっては、自社サイトのアクセス流入上位のキーワードこれから検索上位を取りたいキーワード、この2つを用います。

ターゲットとするキーワードが決まったら、そのキーワードで検索上位のサイトを競合サイトとします。数ページのサイトより、コンテンツもよくできているサイトを選ぶと分析しやすいでしょう。

競合サイトの調査については、以下の記事で詳しく解説しています。

今日から始める!SEOに効くWebサイトの競合調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/738

オウンドメディアを企画したり、新たに自社サイトのSEO担当になったとき、どこから手を付けたら良いでしょう?メインの流入キーワードを見つけ、そのキーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトを比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。

競合サイト分析の指標 その1:アクセス数・UU数

競合サイト分析にあたって、アクセス数やUU数(ユニークユーザー数)を調べる目的は、自社サイトのアクセス数と比較し、その差から自社サイト改善の手がかりを得ることです。もし、アクセス数の差が競合サイトと自社サイトでかなり開いているのであれば、自社サイトにまだ伸びしろが多く残されていると言えます。

基本的な用語「アクセス数」と「UU数」について解説します。今回紹介する「アクセス数」は、ユーザーがそのサイトを閲覧した回数です。「PV数」とも言います。アクセス数は閲覧数の延べ回数となります。

「UU数(ユニークユーザー数)」は、サイトを閲覧したユーザーの人数です。もう少し具体的に説明すると、同一期間内に、同じデバイスから3回サイトにアクセスしたとします。この場合、アクセス数(PV数)は述べ回数なので「3」、UU数はユーザー単位なので「1」となります。Googleアナリティクス上の「ユーザー」の数値はUU数になります。

アクセス数やUU数は混同しがちなので、分析メンバーが複数いる場合、コンセンサスをとっておく必要があります。

アクセス数に関しては、情報量の多いECサイトなどは回遊率が高いので、必然的にPV数が増えます。そのため、流入に注目するならUU数を使えば十分です。

UU数の計測は、そのサイトがどれほどの人気があるのかを量る指標になります。競合サイトと自社サイトの差が大きい場合は、人気を高めるにはどのようなサイト構築を行えばいいか、またどのようなサイト誘導施策を行っているのかを知る指針に使えます。

競合サイト分析の指標 その2:属性

「属性」とは、性別、年齢、興味や関心という、競合サイトや自社サイトにアクセスしている人の「人物像」です。

属性を把握する意図は、自社サイトで作成すべきコンテンツ内容の精査、そしてそこから施策を出すためです。基本的に競合サイトと自社サイトはユーザー属性が近しい場合が多いので、これから自社サイトを構築する場合は用意すべきコンテンツを参考にできます。

競合サイトがもし自社と異なるユーザー属性でアクセス数を伸ばしているなら、自社サイトでもその属性も狙うべき、といった方針の検討材料にできます。

属性の調査で気をつけるべき点は、属性自体は同じようなものだとしても、サイト訪問回数によってニーズが異なる場合があることに留意する必要があります。初めて訪問する人とリピーターではそのサイトに求めているものが異なるという意識から、その後の施策の検討に移るのがよいでしょう。

競合サイト分析の指標 その3:直帰率

「直帰」とは、サイト内で1つのページを閲覧して、ほかのページには遷移しないでサイトから離れるユーザーの行動を指します。

直帰率の調査は、そのサイトがユーザーにとって良いか悪いかの基準となります。もし、自社サイトのあるページの直帰率がほかのページと比較して高いとします。この場合はそのページに改善の余地ありとし、改善を図るための施策を考えます。また、自社サイトと競合サイトの全体の直帰率を比較し、自社サイトの直帰率が高いようならば、コンテンツや誘導の導線を見直したり、UIの改善やモバイルの最適化といった施策に取り組む必要がある、と考えられます。

サイトの種類によっては、直帰率が高い=よくないサイトとは単純に言い切れない場合もあります。自社サイト(競合サイト含む)のジャンルや特性によって直帰率の高低の基準は変わるので、まずは類似するジャンル、特性のサイトの直帰率の平均を調査した上で自社サイトの立ち位置を把握します。

競合サイト分析の指標 その4:流入経路

「流入経路」とは、サイトに訪問したユーザーがどのような経路でそこにたどりついたかという経路を指します。おもな流入経路として、オーガニック(自然)検索、SNS経由、広告経由があります。

競合サイトの流入経路を分析することで、集客方法の確認にもつながります。自社サイトに集客するのはひとつの手段で、目的はそこからコンバージョンに結びつけることになります。

したがって、単に流入経路を探るのではなく、コンバージョン率を高められる流入経路の特定が重要です。もし、競合サイトで高コンバージョン率の流入経路があったとしたら、自社サイトでもその流入経路を強化する必要があります。

競合サイト分析の指標 その5:流入キーワード

「流入キーワード」とは、Googleなどの検索エンジンからサイト訪問につながったキーワード、サイト訪問したユーザーが検索エンジンで入力したキーワードです。

競合サイトと自社サイトの流入キーワードを比較することで、競合サイトとの優劣や自社が取り組んでいないキーワードがわかります。競合サイトと同等あるいは上回るコンテンツを作れば、同等の順位が取れると期待できます。また、当初考えていたキーワードでコンテンツを作り終えてネタ切れになった場合にも、便利です。

競合サイト分析はツール利用が効率的

これら5つの指標を用いての競合サイトの分析は、それぞれ行うのは非効率的です。競合サイトの分析はツールを用いるのが効率的かつ正確で、競合サイト分析の目的である、自社サイトのアクセス数アップにつなげやすくなります。

ツールはさまざまあり、それぞれの長所がありますが、ここでもっともおすすめしたいのが、Webサイト/アプリ分析ツールのDockpit(ドックピット)です。Dockpitでは国内の主要サイトのユーザー数やPV数、訪問者属性、流入元やその検索ワード、よく見られているコンテンツなどをすぐ調査できます。

その理由は、Dockpitの提供元であるヴァリューズが独自保有する国内250万人規模の消費者パネルの活用にあります。こうした背景から、花王やマガシークといった大企業に広告代理店など、多くの導入事例があります。

膨大な消費者Web行動ログデータを素早く可視化・分析。新リリースしたマーケターのためのリサーチエンジン『Dockpit(ドックピット)』とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1023

マーケティングにおいて重要な3C分析(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略へと導くダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』が「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズから新たにリリースされました。Dockpitは、消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査やユーザー理解をサポート。これ一つで短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。機能の特徴について詳しくご紹介します。

花王流・データによる顧客理解の実践とは。点ではなく線でストーリーを理解する分析の裏側

https://manamina.valuesccg.com/articles/1729

花王のDX戦略推進センターでは、商品を認知する前の生活者データからLTV向上のための購買体験データまで、あらゆるデータを集約し、事業プロセス全体に活かしています。鍵となるのは「点ではなく線で、顧客ストーリー全体を理解するデータ分析」。どのように実践しているのか、DX戦略推進センターの稲葉里実さん、有地拓也さん、瀧柳七海さんにお話を聞きました。

ファッション通販「MAGASEEK」が活用する競合データとは?常識の通じないコロナ禍を乗り越えた戦略の裏側

https://manamina.valuesccg.com/articles/1721

国内最大級のファッション通販サイトMAGASEEK(マガシーク)は2013年に株式会社NTTドコモの傘下に入り、ネット販売市場にてシェア拡大を続けています。そんなMAGASEEKのマーケティングを支援しているのは、株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツールDockpit(ドックピット)です。今回はコンシューマーサイト事業本部 本部長 小手川大介さんに、Dockpit導入から現在までの成長の秘話について伺いました。

Dockpitには一部機能を無料で使える無料版も用意されています。こちらでは「キーワード分析」「競合分析」「業界分析」の3つを無料で利用できます。Dockpit無料版の使い方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご参考ください。

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1205

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。

まとめ

競合サイトの分析は、自社サイトの検索結果をさらに高めるのがその目的です。闇雲に競合サイトを探すのではなく、まずは自社で重視するキーワードを決め、そのキーワードの検索結果で上位にあるサイトを競合サイトと定めます。

競合サイトが決まったら、その競合サイトのアクセス数や属性、直帰率、流入経路、流入キーワードといった指標について調査・分析します。ここから得られた結果は自社サイト改善の指針になります。

こうした調査・分析はツールを用いれば効率的に進められます。ツール分析でもっともおすすめできるツールはDockpit(ドックピット)です。無料版も用意されていますので、まずはこれをお試しいただくことをおすすめします。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SEO マーケティング

関連する投稿


滞在時間や回遊率が良いと検索順位は上がる?|「2022年9月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

滞在時間や回遊率が良いと検索順位は上がる?|「2022年9月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今を届ける本連載。今回は、検索順位とエンゲージメント指標の関係についてお届けします。Googleの公式発表では、アルゴリズムに含まれていないとされる滞在時間や直帰率などのエンゲージメント指標。でも、実際のところどうなのか、調査結果を解説します!


SEOの最先端を理解し、トップを目指す。課題の本質に向き合うヴァリューズのコンテンツマーケティングとは

SEOの最先端を理解し、トップを目指す。課題の本質に向き合うヴァリューズのコンテンツマーケティングとは

株式会社ヴァリューズは独自データを用いた調査分析や分析ツールの提供を広く行う調査会社です。データを活用したプロモーションやSEO・コンテンツマーケティングの領域にも支援を拡大。ヴァリューズの保有するデータの独自性は、SEOの施策を行う上で大きな価値を発揮するといいます。今回はコンサルタントとしてコンテンツマーケティングの戦略立案から実行までを推進する岩間隆志朗さんと岡村康平さんにお話を聞きました。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。インフルエンサーマーケティング3.0とは?バーチャルインフルエンサーの最新トレンドは?押さえておくべきSEO最新ニュースは?など、コンテンツマーケター必見のレポートを、今月もお届けします。(ページ数|53ページ)


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

競合サイトを分析してSEOの参考にするには、ツールの利用が効率的です。今回はSEOの観点からのWebサイトの競合分析、そして有用なツールをご紹介します。


最新の投稿


急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

急上昇ワードに「デジタル献花」「全国旅行支援」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/25~2022/10/1)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月25日~10月1日の検索急上昇ワードでは、9月27日に行われた国葬関連のワードを中心に、10月11日から始まる「全国旅行支援」に関するワード、先日放送が開始した「SPY×FAMILY」や「ポプテピピック」といったアニメ作品の検索も上位に見られました。


【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国市場のトレンド変化は非常に速く、激しいのが特徴です。そのため、中国市場をいち早く理解するためには、リサーチ方法が大きなカギとなります。本レポートでは、マーケティング・プロセスに合わせた分析手法を用いて、中国の「健康意識」と「美容」の2テーマのトレンドを調査しました。(ページ数|66ページ)


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら