Amazonジャパン初のブラックフライデー、初日のPV数をセール前と比べると?昨年サイバーマンデーとも比較

Amazonジャパン初のブラックフライデー、初日のPV数をセール前と比べると?昨年サイバーマンデーとも比較

Amazonが日本では初開催となるブラックフライデーを、11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59まで計63時間のセールとして行いました。Amazonといえば夏のプライムデー、そして冬に行われ有料会員以外も参加できるサイバーマンデーが有名ですが、新たな施策のブラックフライデーはどのような集客効果をもたらしたのでしょうか。AmazonのWebサイトのユーザー数調査結果を、速報でご紹介します。


『クロいものセール』が話題を集めたAmazonのブラックフライデー

「ブラックフライデー」は11月の第4木曜日の翌日で、アメリカではサンクスギビングデー(感謝祭)の翌日にあたり、小売店などで大規模なセールが行われます。最近は日本でも、イオン、JAL、GAP、ビックカメラなど様々な業界でブラックフライデー・セールが取り入れられ、消費税増税で個人消費が減速する中、冬のボーナス商戦に向け起爆剤となるかに注目が集まっていました。

Amazonジャパンも国内では今年が初となる「Black Friday」セールを、11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59までの期間で開催。「クロ」にちなんだ黒毛和牛や黒ビール、家電などをセール価格で販売する『クロいものセール』や、動画配信「Prime Video」のレンタル対象商品、電子書籍「Kindle」のコンテンツを“96円”で提供するなど、目玉企画を打ち出しました。

AmazonのBlack Fridayページ

Amazonブラックフライデー初日のPV数は、セール前より70%増加!

ブラックフライデーによりAmazonを利用するユーザー数は増加したのでしょうか。

11月1日~25日のAmazonのWebサイトにおける日次ユーザー数を調査しました(調査対象デバイスはPC)。

ブラックフライデーが始まる前、11月1日~21日の1日あたりの平均ユーザー数は約676万人でしたが、ブラックフライデー初日の11月22日(金)のユーザー数は約793万人、約1.2倍に増加していることがわかりました。

AmazonのWebサイト ユーザー数推移(2019年11月)

AmazonのWebサイト ユーザー数日次推移(2019年11月)

※対象期間:11月1日~25日
※対象デバイス:PC
※ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

また、PV数は、より顕著に急伸していました。

下図は11月のPV数の日次推移になりますが、22日のPV数は推計で約1億9900万PV、ユーザー数と同様にブラックフライデーが始まる前の期間の平均PVと比べると、約1.7倍に伸びています

AmazonのWebサイト PV数日次推移(2019年11月)

AmazonのWebサイト PV数日次推移(2019年11月)

※対象期間:11月1日~25日
※対象デバイス:PC
※ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

ユーザー数が伸びていることに加え、PV数が大幅増加していることから、ブラックフライデーによって購入意欲が高まり、ユーザーは積極的にAmazon内で商品を検討し、Webサイト内を回遊していたことがうかがえます。

より詳しく検証するため、セール期間の4日間と、セール前週の同曜日で平均滞在時間や1セッション当たりのPV数を比較してみました。

AmazonのWebサイト セール中とセール外の比較

AmazonのWebサイト セール中とセール外の比較

※対象期間
・Black Fridayセール中:11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59
・セール外:11月15日(金)9:00~11月17日(日)23:59
※対象デバイス:PC
※ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

ブラックフライデーのセール期間中は平均滞在時間が約10分、1セッション当たりのPV数も11PVを超え、それぞれセール前と比べると約1.3倍に増加しています。サイトでの滞在や回遊の面では、通常の週末と比べてもプラス3割程度の効果をもたらしていることがわかりました。

サイバーマンデーはさらに盛り上がる?!

Amazonといえば、夏の7月半ばに開催されるプライムデーと、冬の12月に行われるサイバーマンデーが有名です。今年のサイバーマンデーは12月6日(金)18:00スタート予定で、既にTVCMなどのプロモーションも展開されています。

冬のボーナス商戦を狙ったサイバーマンデーとブラックフライデー。どちらが盛り上がるのでしょうか。昨年12月のサイバーマンデーと今年のブラックフライデーで、ユーザー数、PV数を比較しました。

2018年のサイバーマンデーは12月7日(金)18:00~12月11日(火)1:59の80時間、対して2019年のブラックフライデーは63時間とセール期間や時間帯が異なるので単純比較はできませんが、1時間当たりのユーザー数で比べると、サイバーマンデーが約20.5万人、ブラックフライデーが約22.7万人とブラックフライデーに軍配があがりました。

ただし1時間当たりのPV数では、サイバーマンデーが約1033万PV、ブラックフライデーが約914万PVで、サイバーマンデーが上回っています。どちらのセールも時間あたりで見ると大きな差はなく、Amazon大規模セールの集客力の高さが改めて明らかとなりました。

2018年12月のサイバーマンデーと2019年11月のブラックフライデーの比較

2018年12月のサイバーマンデーと2019年11月のブラックフライデーの比較

※対象期間
・サイバーマンデー:2018年12月7日(金)18:00~12月11日(火)1:59
・ブラックフライデー:2019年11月22日(金)9:00~11月24日(日)23:59
※対象デバイス:PC
※ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計

間もなく12月6日から始まる今年のサイバーマンデーは昨年よりも7時間延長され、87時間で開催されます。おなじみの「特選タイムセール」も企画されており、セール対象商品も家電から日用品、食品まで幅広いラインナップ。ブラックフライデーが終わったばかりとはいえ、今回も注目を集めるセールになりそうです。

AmazonのCyber Mondayページ

プライムデー、サイバーマンデーに並ぶ、Amazonの第三の集客の柱となった「ブラックフライデー」。マナミナ編集部では2020年もAmazonの動向に注目していきます。

関連記事

カインズの通販サイトがコロナ影響でユーザー急増!成長を遂げるホームセンターEC市場を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/984

新型コロナウイルスの影響で外出制限が続き、小売業界は大きな岐路に立たされています。そんな中で、ホームセンター業界は特にオンラインショップで売上を大きく伸ばしているようです。今回はホームセンター大手5社を取り上げ、オンラインショップのユーザー数推移や検索キーワードなどから、好調の理由を調査します。

身近なサービスからDXの本質・ビジネスプロセスの変革に迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/918

DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されるようになった理由のひとつに、経産省のDXレポートがあります。今後、多くの企業でDXの推進されるなか、実際に自社の発展につなげるために必要なこととは?まずは、DXの本質である「ビジネスプロセスの変革」を明確に理解することです。

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

https://manamina.valuesccg.com/articles/807

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」で調べてみました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 EC

関連する投稿


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、商品売買の場はオフラインからオンラインへの移行がさらに加速しました。このような状況下で、新たに自社ECサイトを開設したり、または既存サイトを強化したりという施策を打ち出す企業が増えてきています。11月にヴァリューズで行われたオンラインセミナーでは、新型コロナ流行から半年以上経過した今、ECサイトの現状がどうなっているのか、顧客獲得に繋げる施策にはどのようなものがあるのか、という点を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

オンラインとオフラインの垣根をなくすマーケティング施策「OMO」とは?

昨今、OMO(Online Merges with Offline)という、オンライン、オフラインの境界を意識せずに顧客の購買意欲を創出するマーケティング施策が広まっています。オンラインとオフラインの垣根をなくすOMOとは何か、解説します。


育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

昨今は父親の育休取得や新型コロナによるテレワークとの両立など育児スタイルが多様化し、育児向け商品も充実してきています。そこで本稿ではヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、育児系メディア業界の勢力図やトレンドを把握。また、子育てを行う読者のニーズやインサイトについてもデータから分析します。食品系や日用品メーカー等での広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立てみてはいかがでしょうか。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年10月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング