新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで変化した化粧品業界の動向を調査 化粧品業界の調査レポートまとめ

新型コロナで消費者のニーズや美容意識が変化した「化粧品業界」に注目。化粧頻度が減少したとされるコロナ禍で消費者のニーズや美容意識はどのように変化したのでしょうか。インバウンド業界のターゲットである中国における化粧品市場の動向も調査。各レポートは全て無料でダウンロードできますので、リンク先のフォームからお申し込みください。


目次

化粧品市場の消費者動向

いま化粧品市場では何が起きている?

新型コロナウイルスの感染拡大による、店舗の営業自粛や人々の外出自粛措置。これらは化粧品業界にも百貨店休業やインバウンド消費の減少という形で大きな影響を及ぼしました。このレポートでは、このような状況下での消費者からの化粧品への関心度合の変化や注目度が高くなった商品に加え、ユーザー数を伸ばしてるECサイトを分析しています。

「デジタル・トレンド白書2021 - 消費財・耐久消費財編 -」

このレポートでは、化粧品業界に関して、「コロナ禍での化粧品市場の動向」「注目されているコスメサイト3つの比較調査」「オーガニックコスメを扱う「Cosme Kitchen」の流行分析」「男性を主役としてメンズケアブランド「BULK HOMME」の競合分析」「パルス型消費を起こす「バズコスメ」の実態の分析」を調査し、結果をまとめました。その他にも、自動車、食品、製薬・ヘルスケア、アパレルの4業界のデジタル動向も分かります。

長引くコロナでの化粧品へのニーズの変化

新型コロナウイルスの影響が長引く中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。コロナ禍で化粧をする頻度が減少する中で、新たに生まれたニーズはあるのでしょうか。このレポートでは、化粧品領域の消費者の関心の変化を分析し、ニーズを「不の解消」と「伸びが見込める領域」の2つに分類することで、今後の消費者へのアプローチ方法をまとめました。

コロナ禍における男性のスキンケアニーズの変化

身だしなみの一環として、スキンケアを気にかける男性が増えています。メンズ用やユニセックスのスキンケア商品も多く販売され、男性にとってもスキンケアは身近なものになりつつあります。このレポートでは、そんな男性のスキンケアについて、コロナ影響によるニーズの変化を調査しました。スキンケアをする男性が掛け合わせて検索するワードや、彼らが気にしていることなどが分かります。

コロナ禍におけるコスメの需要を調査

高い気温と湿度で「マスク荒れ」に悩む人が増加したコロナ禍の夏、スキンケアや肌に優しいメイクアップコスメに注目が集まりました。このレポートでは、そんなニーズに応え、急成長した2つのジャパンブランド、「ETVOS(エトヴォス)」と「shu uemura(シュウ ウエムラ)」に注目しました。具体的にどのような商品への関心が高まっているのか、ユーザー属性に変化は見られたのか、という観点から、コロナ禍における化粧品の需要を分析しています。

美容アーリーアダプター分析

情報感度が高く、市場への影響も大きい「アーリーアダプター」。このレポートでは、最近注目を集めている「シカクリーム」と「ロムアンド」という商品・ブランドを用いて、web行動ログから定義した「アーリーアダプター」について分析しました。ここで用いられているエスノグラフィー調査では、消費者も企業側も気づいていないインサイトを発見できる可能性があります。

美容意識の差異・変化

女性の美容意識の差異を分類し可視化。5つの「女性美容クラスター」を発表

若年層からシニアまで幅広い年代に利用される美容商材。多様化した消費者のニーズに対して、どのようなターゲット設計をすればいいのか困っていませんか。このレポートでは、アンケート回答とWeb行動ログに基づいて、因子クラスター分析を実施し、美容商材の購入や美容・身だしなみに関する価値観などから、5つの「女性美容クラスター」に分類しました。女性の美容・身だしなみに関するインサイト把握に役に立ちます。

外出自粛期間前後における女性の美容意識の変化調査

新型コロナウイルスの感染拡大で女性の美容意識にはどのような変化が起きているのでしょうか。このレポートでは、アンケート調査とWeb行動ログ分析結果をもとに、自粛期間中の女性の美容意識の変化や美容に関する悩みをまとめました。美容意識が高まった人とそうでない人では、Web行動にどのような違いがあるかなどが分かります。

男性内の美容意識の差異を分類し可視化。6つの「メンズ美容クラスター」を発表

近年、徐々に高まりを見せている男性の美容意識。男性専用のスキンケア用品も登場するなどメンズ美容市場も大きな注目を浴びています。このレポートでは、アンケート回答やWeb行動ログに基づいて、美容意識の差異を6つの「メンズ美容クラスター」として分類しました。各クラスターの特徴および、年代ごとに美容意識がどのように変化するのかが分かります。

紫外線対策に関する調査

コロナ禍で「マスク焼け」などの新たな悩みも浮上し、紫外線対策やUVケアは通年の関心事になってきました。また、日焼け止めや日傘、帽子など紫外線対策方法は多岐にわたっています。このレポートでは、全国の20歳以上の女性を対象にアンケートを行い、紫外線対策への意識ごとに区分した3つのセグメントに対して、そのユーザー像の分析や訴求ポイントをまとめました。

ECサイト上での化粧品業界

化粧品購入プロセス調査

新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな業界でEC需要が拡大してきました。実際に試すことが重要である化粧品業界においては、EC利用には課題がまだあるものの、その需要は拡大しています。このレポートでは、店舗利用者とEC利用者の購買行動の比較から、EC利用者拡大のための糸口を探りました。年代別の化粧品EC利用に対する考え方なども分かります。

デジタル上での化粧品業界の変化

コロナ禍でマスク着用が習慣化された今、化粧をする頻度が減っている人や化粧の仕方を変えた人も多いはずです。このレポートでは、そんなコロナ禍における化粧品業界の動向を、全体(市場概況)/流れ(トレンド)/細部(ユーザーニーズ)の3つの観点から詳しく分析しました。コロナ後に集客を伸ばしているサイトの特徴やユーザーニーズの変化などが分かります。

消費者に刺さるクリエイティブ

<バタフライサーキット>から読み解く、 化粧品広告コミュニケーション調査

ひとくちにコスメと言っても、アイテムによって検索行動はさまざまです。このレポートでは、化粧品をアイテム単位に分解し、新消費行動「バタフライサーキット」から見えてきた購買に至るまでの行動やモチベーションを深掘りしています。また、化粧品広告のコミュニケーションに対しての「バタフライサーキット」の応用方法も分かります。

コロナ禍でも消費者の心を掴み続けるプチプラブランド『OPERA』の秘密に迫る

外出時にはマスクが欠かせない。そんな生活が始まってから半年が経過しました。どうせマスクをするのだからと以前ほどメイクをしないという人も多いかもしれません。このレポートでは、メイクアップ系の化粧品需要が落ち込む中、人気を保ち続ける『OPERA』がどのようにして消費者の心を掴んでいるのかを分析しました。SNS上の集客戦略やどのサイトからユーザーが流入しているのかなどが分かります。

「バタフライ・サーキット」が示す情報探索動機と消費者に刺さるクリエイティブのつくり方

Googleと博報堂、ヴァリューズの共同研究で発案された情報探索行動モデル「バタフライ・サーキット」。このレポートでは、「化粧品の購入」をテーマに実施したアンケート調査と消費者Web行動ログの分析から明らかにした「バタフライ・サーキット」の実態と、施策への応用方法をまとめました。「さぐる」「かためる」それぞれに情報収集媒体が異なることや、情報探索動機によってバナー広告の反応度にも明確に違いが生じることが分かります。

中国の化粧品市場

中国女性の敏感肌

スキンケアの分野において、注目を集める「敏感肌」。これは国内にとどまらず、中国でも同様です。このレポートでは、中国の敏感肌のユーザーはどのような特性があるのか、具体的ニーズや消費行動の特徴、国内外のブランドの認知度などをまとめました。中国での敏感肌ケアのトレンドやスキンケアブランドの認知度がわかります。

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査

日本のインバウンド産業の最大のターゲット層である中国。その中で、訪日中国人が日本滞在中に最も多く購入するのは化粧品です。このレポートでは、日本と韓国のブランドを比較しながら、中国人女性の化粧品ブランド認知状況、購入状況を探りました。中国人女性が美容のために意識していること、日本ブランドの認知率がわかります。

中国ECクチコミ分析(メンズスキンケア編)

世界全体の4割を占める中国EC市場。このレポートでは、その一つであるT-MALL国際で近年レベルアップしている中国人男性向けのメンズスキンケアアイテムの日本のブランドを含めた3商品について、購入した人のクチコミをまとめました。中国の消費者は日本メーカーの商品をどのように評価しているのでしょうか。

中国の次なる巨大マーケット 「下沈(かしん)市場」購買実態調査【一般消費財編】

中国の3級都市以下の都市及び農村のことを指す「下沈(かしん)市場」。このレポートでは、都市市場在住者と下沈市場在住者の特徴に加え、化粧品(スキンケア、メイクアップ)、オーラルケア商品、ヘアケア商品、調味料、レトルト食品について、購入者の特徴、情報収集媒体、購入重視点と購入チャンネルを都市市場在住者と下沈市場在住者とで比較しています。

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法

中国都市部に住んでいる男性は、カラダに関してどんな悩みを持っているのでしょうか。このレポートでは、髪・頭皮、肌、オーラルケアのそれぞれについて、中国都市部在住男性の持つ悩みとその悩みを改善するための意識と実際に利用しているアイテムについて調査しました。それぞれの悩みに対して、日本のブランドのアイテムがどれだけ認知されているかがわかります。

中国における「機能性スキンケア製品業界」

コロナ禍でも著しい経済成長を続けている中国。その市場の中でも、「機能性スキンケア製品」は特に成長率が高い業界です。このレポートでは、この「機能性スキンケア製品」の歴史から、それを求める消費者の特徴、業界動向までをまとめました。女性に限らず、男性のニーズがあるこの業界の今後の動向がわかります。

マナミナでは化粧品業界の市場調査を多数公開しています。下記リンクよりぜひチェックしてみてください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

女性ファッション業界ではお馴染みの骨格診断。自分の魅せ方を知るため、体験するにはとても楽しいコンテンツです。骨格診断は女性人気が高いイメージですが、メンズ自身のニーズの高まりは見られるのでしょうか。また、骨格診断を活用したビジネスは今後どうなっていくのか。海外で長年ラグジュアリーブランドに従事してきたビューティーアナリスト、東風上尚江が、業界のプロの目線から考察します。


コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

新型コロナウイルスと戦い続けて3年。2022年は9月のシルバーウィークで、長い連休を取って遠出した人も多いのではないでしょうか。感染症の流行がある程度落ち着いていた2022年のシルバーウィークは、「コロナが落ち着いたら旅行動向はどう変化するのか」を分析するのに適した時期でもあります。そこで今回は、旅を計画したときに検索するであろう「旅行」と「観光」という2つのワードを中心に、消費者の要望や行動を調査しました。


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022年は行動制限のない夏ということもあり、ウィズコロナの生活様式を守りつつ、旅行予約が活況を見せました。コロナ禍で「オンラインでの検討・予約」という流れがさらに定着している今、旅行業界関係者として、どのような顧客とどのような接点を持てばよいか、悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、アンケート調査とWeb行動ログ分析から、夏の国内旅行検討者のトレンドや、宿泊サイトの勝ち負けパターンを解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら