2021年ヒット記事から読み解く消費者トレンド

2021年ヒット記事から読み解く消費者トレンド

2021年のマナミナ年間人気記事ランキングから消費者トレンドのトピックを紹介します。コロナ禍で生まれた新しい消費者ニーズ、Uber Eatsをはじめとした群雄割拠のフードデリバリー業界、通信キャリア各社の格安プラン、スマホゲーム「ウマ娘」やアーティスト「YOASOBI」のヒットの背景まで、最新の消費者動向がわかるWeb行動ログデータを調査・分析した記事に注目が集まりました。2022年のマーケティング戦略のヒントもここに詰まっているかもしれません。


2021年1月~12月末の期間に新たに公開した記事から、閲覧数の多い記事をマナミナ編集部でランキング化しました。本稿では、そのTOP30を発表します!

1-10位 「ウマ娘」「YOASOBI」ヒットの背景、携帯新料金プランに関心

まずTOP10からご紹介していきましょう。1-2位は、コロナ禍で頻繁に行われるようになったリモート会議でよく使うZoomの操作方法について。特に画面共有や背景の設定方法に関して検索して調べる方が多いようです。

3位はSNS利用率の調査、4位はネットの急上昇ワードからトレンドをリアルタイムに調べる方法など、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報がランクイン。5位は2021年の3月に売却が発表され話題になった転職メディア「転職アンテナ」のメディア特徴を分析した記事でした。

【1位】ホスト以外もOK!Zoomで会議資料を画面共有する方法

【2位】Zoomのバーチャル背景設定方法を解説。うまくいかない場合の回避方法も!

【3位】【最新版】情報通信白書から見るSNS利用率と傾向

【4位】ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

【5位】10億円で売却された「転職アンテナ」のメディア特徴をWeb行動ログデータから徹底分析

6-10位は以下の通り。コロナ禍で化粧品への消費者ニーズはどのように変化したのかデータで振り返る記事や、スマホゲーム「ウマ娘」YOASOBIなど「夜好性」アーティストのヒット要因躍進するドラッグストア業界のネット勢力図や、2021年春にサービスを開始した携帯キャリアの新料金プランの動向に注目が集まりました。

【6位】コロナ禍から1年、化粧品への消費者ニーズはどう変わった?業界動向をデータで振り返る

【7位】躍進するドラッグストア業界。気になるネット勢力図やエリア特性は?

【8位】覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

【9位】ヨルシカ・YOASOBIなど「夜好性」アーティストのヒットの要因を検索データから分析

【10位】携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

11-20位 「マイクロD2C」など新業態や、仕事管理ツール「Notion」に注目

続いて、人気記事の11-20位を見ていきましょう。生産者が自社ECを通じて消費者へ直接販売するビジネスモデルD2Cは様々な商材で展開されるようになり、スモールブランドによるマイクロD2Cがサブスクで収益をあげる事例も多くみられるようになってきました。マイクロD2Cに関する記事は13位にランクインしています。

また、withコロナによるリモートワークで様々な仕事管理ツールの導入が加速しました。中でも人気記事16位に入った「Notion」は注目に値すると言っていいでしょう。

【11位】「デジタル・トレンド白書2021-withコロナ編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

【12位】Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

【13位】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

【14位】Salesforceの標準オブジェクトとは?初心者向けの解説まとめ

【15位】急上昇ワードに“緊急事態宣言”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/18~2021/4/24)

【16位】仕事管理ツール「Notion」がデザイナーやエンジニアの間で人気な2つの理由とは?関心層をログデータで調査

【17位】スマホ決済アプリ市場の最新動向を調査!PayPayが変わらず独走もファミペイが存在感発揮

【18位】ホスト以外でもできる?Zoomの画面共有方法の基本と応用

【19位】市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

【20位】「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

21-30位 「メタバース」や「Cookieレス」などのトピックが話題に

さらに、21-30位の人気記事をご紹介します。21位は「Facebook」が社名を「Meta」に変更するなど、話題のテックトレンドとして注目度が急上昇した「メタバース」の定義と歴史をまとめた連載がランクイン。国内企業からも熱い視線が注がれており、2022年、見逃せないテーマです。

Uber Eatsを中心に、すっかり日常に定着した感のあるフードデリバリーサービスのアプリユーザー数比較調査記事も24位と人気を集めました。「フードパンダ」は2022年3月までに日本市場から撤退することを発表しており、今後の業界動向が気になるところです。

リターゲティングなどの広告配信や効果測定に使われてきたCookieが使えなくなるCookieレス時代も、マーケティング業界で注目トピックとなりました。デジタル広告での3つの問題点と4つの対策について解説した記事は27位に入っています。

【21位】話題のメタバースとは?定義と歴史|メタバースの現在地と未来を考える

【22位】Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

【23位】行動ログデータから分析!ECモール「Amazon」と「楽天市場」はどのように使い分けられている?

【24位】競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

【25位】新人マーケター向けマーケティング基礎知識まとめ

【26位】KATEの「リップモンスター」は、なぜマスク着用下でバズったのか?

【27位】ITP/クッキーレスで何が変わる?デジタル広告での3つの問題点と4つの対策

【28位】国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

【29位】ドコモの「ahamo」に関心を寄せるユーザー層は?併用サイト分析から他キャリアとの比較状況も考察

【30位】「デジタル・トレンド白書2021 -ネット・サービス業界編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

いかがでしたでしょうか。人気上位の記事は今後の動きも気になるテーマばかり。マナミナでも引き続き、追跡調査やデータを公開していきますので、2022年もお楽しみに!

ご紹介した記事の多くは、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いています。Dockpitは消費者のトレンド調査に役立ちます。一部無料で使える機能もありますので、ぜひ下記よりご利用ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


トレンド調査

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

ヴァリューズでは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。今回は、その中から注目の12領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。「デジタル・トレンド白書2022」はwithコロナ・ライフスタイル編、消費財・耐久消費財編の2部構成になっています。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(第2部:ページ数|118p)


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

1996年女子高生を中心に大ブームを起こした「たまごっち」。新語・流行語大賞、ノーベル賞のパロディ的な賞であるイグノーベル賞も受賞した、記憶に残る玩具のひとつです。そんなたまごっち、いま再ブームがきていることご存じでしたか? ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」で調査しました。


BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「完全栄養食」。この言葉自体はまだなじみが薄いかと思いますが、「BASE BREAD」「完全メシ」などはコンビニで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「完全栄養食」3種類の検索ワードデータから、「完全栄養食」が秘めるポテンシャルを分析します。


The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

COVID-19 impacted the fashion industry, contributing to temporary, yet prolonged, closures of shopping centers. Despite tough circumstances, SHEIN, an apparel brand established in China in 2021, continued to grow rapidly. We used VALUES' web behavior analytics tool, Dockpit, to understand SHEIN's strengths.


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら